[0050] 猪股裕一さんのこと、山名一郎さんのこと

投稿:  著者:  読了時間:22分(本文:約10,600文字)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0050 1998/06/09発行
  <http://www.towers-inc.com/mag/daily/>
  情報提供はこちらまで 
  登録・変更<http://www.towers-inc.com/mag/daily/regist.html>
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●本日のコラム『猪股裕一さんのこと、山名一郎さんのこと』
 火曜日担当:柴田忠男

●柴田のコネタ
 ◎「あなたのE-mailアドレス名の由来を聞かせて」第9回
 ◎「Bullcall」解明

●本日のニュース
 ◎「Dyna Fontお宝パック3」が7月3日に発売
●オススメサイト
 ◎Ray Dream Studioを使ったスゴイページ
 ◎Expressionは、こう使え!、なページ。
●イベント・情報
 ◎NHKBSスペシャル「ネットワークジャングル」
 ◎残り座席 あとわずか!!「Expressionセミナー」
 ◎まだ間に合う!「Ray Dream Studio セミナー!」
●本日のTIPS/3Dアプリケーション「LightWave3D編」



●本日のコラム『猪股裕一さんのこと、山名一郎さんのこと』
 火曜日担当:柴田忠男

MdN発行の「デジタルで変わるメディアビジネス」という書籍を読んでいる。サ
ブタイトルは「出版・印刷・コンピュータ・通信のキーマン15人に聞く」とい
うもので、大変なボリュームである。なかなか読み終えることができない。著
者は山名一郎さんだ。山名さんは私より8歳年下だが、SOHO編集者としては先輩
である。

ずいぶん昔になるが、一時期一緒の会社にいた。しかし、編集部が別なのでほ
とんどまともな会話はしないまま、彼は先に辞めていった。DTPもインターネッ
トも初めて手掛けながら原稿を書いてしまうという彼の実践的なスタイルは新
鮮で、日本実業出版社のシリーズ本は売れに売れた(と思う)。最初は、DTPの
ことを私がちらっと教えた記憶があるが、たちまちおいていかれてしまった。

その後、何回か彼に取材されて、私はいくつかのメディアに出してもらった。
取材のときにテレコを使わない。全部メモで済ませてしまうのがすごい。たぶ
ん、取材に入る前からストーリーはできているものだと思う。こちらはそれに
肉を付けるだけの役目だ。本になってから彼の書いた記事を読むと、へぇ、私
はこういうことを考えてこういうことをしているのかと客観視できるありがた
さがあった。

それはともかく、この15人の取材である。
安田均(東大先端科学技術センター 教授)
深瀬弘恭(IIJ取締役会長)
ジョン・E ・ワーノック(アドビシステムズ会長 CEO)
原田永幸(アップルコンピュータ 代表取締役社長)
古川 享(マイクロソフト 代表取締役会長)
萩野正昭(ボイジャー 代表取締役)
大前純一(朝日新聞社電子電波メディア局企画開発セクションマネージャー)
井芹晶信(インプレス 取締役 編集人)
吉田望(電通総研 研究主幹)
佐藤政一(大日本印刷 取締役 C &I 総合企画開発部)
道下勝男(リクルートフロムエー 取締役 事業開発室長)
高橋理人(リクルート 電子メディア事業部 事業部長)
小笠原治(日本印刷技術協会 理事)
猪股裕一(MdN代表取締役 JPC理事長)
津野海太郎(「本とコンピュータ」編集長)

正直に言おう。この中で話したことのある人はわずか6人しかいない。他は名前
だけはかろうじて知っている程度だ。すごい人選なんだろうな。私にはちょっ
と企画できないぞ。

やはり、もっとも知っている人から読みはじめる。
猪股裕一さん。「にっぽんのパブリッシングを牽引するデジタルデザインの伝
導師」か。猪股さんはJPCの理事長だから、副理事長の私の上司(?) だ。こう
いう団体はいろいろめんどうなことが多いが、猪股さんは対処が早い。修羅場
も国際会議も場数を踏んでいるから、年齢以上の風格がある(アタマのせいで
年齢が読めないが……スイマセン)。

猪股さんは、私の最初の印象をしっかり記憶しているようだ。今でも「あのと
き、怒ってましたよね~」と言う。そう、1990年の夏、猪股さんがシーボルト
セミナーズに出掛ける前の日、私は渋谷並木橋のMdN編集室を訪ねた。その時は
右翼団体の事務所の上に編集室があった。よく冷えたカルピスウォーターを
買ってきてくれた猪股さんは、予想以上にきさくで親切だった。

もしかしたら、私を怖かったのかもしれない。なにしろ、アンチ・マッキン
トッシュ、DTPなんぼのもんじゃい、の立場で雑誌を創刊するという呆れたこと
を考えていたから、教えを乞いに行きながらも、態度は挑戦的だったのだろ
う。以下は「SUPERDESIGNING」創刊号の記事から。

柴田「近い将来、カラープリプレスはすべてマックに流れるということは」
(おっ、なかなか核心に触れるいいこと聞いてるゾ)
猪股「流れていく、とは思わないですね。ある意味でミドルエンドは出てくる
と思うけど。すべてをマックでやろうとすると負荷が高すぎる。(略)」(さ
すがの猪股さんも、当時はまだDTPのハードとソフトの劇的な進展はまだ読めな
かったようだ。誰も分からなかった)
柴田「いろいろな本で猪股さんの文を読んでいますと、マックでなんでもでき
るって言ってるような感じがします」(おっ、挑戦的だねー)
猪股「できるよ、って言いたいんですよ。無理やりやっているとも思われてい
ますが。いろいろ試行錯誤やりながら、それを『MdN』の誌面で反映していけ
ば、(略)マックって便利なんだなってことが確実に分かってもらえると思い
ますね」
柴田「『MdN』編集部ではトラブルは数限りなくいっぱいあるようですね」(オ
イオイ……)
猪股「ええ、ありますよ。毎日あります」
柴田「だからDTPは駄目なんだ、まだまだなんだ、ってことじゃあないんですよ
ね」(オイオイ……)
その後も柴田の無謀な快進撃(?)は続く。猪股さんもよく我慢してきちんと
答えてくれたものだ。

そして、何年もたって、JPCができて外苑前のテピアホールで「DTPの現状」み
たいなセミナーがあった。もうその当時は、完全にDTP推進派に鞍替えして恥じ
ない私は、理屈だけはかなり進歩的だったよね。技術は知らなかったけど。
「SUPERDESIGNING」で「JPCのセミナーでは未だにああだこうだとトロイことを
言っている。こんなことでは日本のDTPの進路は暗いぞ」と書いたら、その記事
のせいかどうかは知らないが、しばらくたってからJPCの運営中枢から理事に推
薦したいと言ってきた。わが社では、柴田を団体の理事にすることについて経
営会議がもたれた。けっして祝福されたわけではない。いろいろ制限付きでお
許しが出た。

というわけで、いまも猪股さんと、アドビの森脇青年(独身!働き者)、スク
リーンのマスター郡司(舞妓はんに夢中な単身赴任者)、プレゼンハウス・
トゥーの森山(栗坊と密かに呼んでいる少年的中年)の各副理事長さん及び堀
口健事務局長らと一緒にJPCの運営にあたっている私だが、正直あまりお役には
立っていない。たんなる年長者だ。

さてさて、この本でインタビューに答える猪股さん。
「デジタルはアナログあってこそっていう軸で見ていかなければならないので
す」という主張には激しく共感するのだが、デッサンより先にパソコンに入っ
た若い人には理解できないことかもしれない。

「ほんとうの問題は、真のデジタル化のためには日本特有のワークフローを変
えなければならない、ということだったんです」これが核心だ。製版・印刷の
現場で道具がアナログからデジタルに変わっても、ワークフローの再構築がな
されれないのでは、逆にアナログ時代のワークフローよりも問題が出てくる。

出版業界はいまだにデジタル化に遅れている。大手の出版社は大手の印刷会社
に牛耳られている。「このことは結果的に、印刷所が日本のパブリケーション
の足を引っ張っていることになる」との発言は、インタビューする山名さんを
「活字にしにくい話だ」と困らせている。出版社、印刷会社、デザイナーに対
する猪股さんのコメントはそうとうキツくて私は快い。

「DTPからウォッチしてきている私たちは、これ(注・インターネットのこと)
がどうなっていくんだろうって早く結論づけたいのはわかるんだけど、その時
代認識なり歴史認識なりがわかるには最低10年はかかるでしょう」そうですか……。

ああ、この激動の10年(とくに最後の方の個人的な激動も含めて)は面白かっ
た。あと10年健康にやっていけたら、もっと面白いことにぶちあたりそうだ。
しかし……いままで多くのデジタルパブリシング関連の取材をしてきたが、相
手は猪股さんをはじめ、みんな私より若い(試しにこの15人の年齢を見たら、
私より上は4人しかいなかった)。いい歳してこんなとんがったこと関わってい
ていいのかと思う。でも、尊敬するボイジャーの萩野さんは同年だし、あの津
野さんはもっと上だ。がんばっている人はいるのだ。

れれれ、新刊紹介しようと書き出したら結局自分のこと書いている。ほかの登
場人物については、また次の機会に書こう。山名さんにコメントを求めたら
「最初のインタビューから本ができるまで1年半近くかかったので、細かなこと
は忘れてしまったんですよ」とのこと。それでも無理やり、誰のインタビュー
がお勧めかと聞いたら、「とくに安田、深瀬、萩野、大前、吉田、小笠原、津
野の各氏には●●●(聞き取れず)の安さも吹っ飛ぶほど、お話できてよかっ
たと思った」とのことだ。

■デジタルで変わるメディアビジネス ISBN4-8443-5478-7 発行:エムディ
 エヌコーポレーション刊 A5判300 ページ 発売:インプレス販売 定価
 (本体1900円+税)

【プロフィール】
しばたただお お気楽な(ト装っている)SOHO編集者。早寝早起き。休日なし。
デジタル部活日記を「STEP-BY-STEPアート&デザイン」誌で連載中。日経デザ
インで毎号8ページのレポート連載中。

*********************************************************************
●柴田のコネタ

自分で毎日コラム書くのは大変だ、誰かに助けてもらおう、ということで<業
界の愛犬家たち>という史上最強のテーマを出したが、その後が続かない。そ
こでまた考えた他力本願。<あなたのE-mailアドレス名の由来を聞かせて>と
いうの。ディジタル・イメージの名簿を整理していて思いついた企画(ってほ
どのものではないね)だ。さて、ディジタル・イメージのメンバーの中から変
わったアドレス名を持つひとたちにこれから登場してもらう。読者で、わたし
のアドレス名はこんなにかっこいいゾという人は投稿してください。

<あなたのE-mailアドレス名の由来を聞かせて>第9回
ZENITHD@安井千博(ディジタル・イメージ会員、アートディレクター)

簡単にいうと。
ZENITHDとは社名です。
約3年程前、フリーで仕事をするにあたり、社名?を取り合えず付けるというこ
とでZENITH.D.と付けることにしました。
なぜ ZENITH.D.なのか……?
社名というと皆さんはなにかと”A”や”あ”から始まる名前を付けられます。
結構”A”等で検索すると、どどぉーーーっと出てくる出てくる。それなら…
…っと、アマノジャクな私は「”Z”とから始まるつづりにしよう!」

詳しくいうと。
でもなぜ ZENITH.D.なのか……?
私は、生まれてから犬が5匹、鳥が8羽とつねに動物が家にいる中で育ちまし
た。以前、家で飼っていた(昨年引っ越した際に姉が引き取っていったのです
が)犬の名前を付ける際に、”ZENITH”という文字からジニーと名付けました。

彼は、前から見るとコリーの様で後ろから見るとシバ犬?という様な風貌をし
ています(細い面持ちに上に巻いたシッポ)。要するに雑種です。貰った時は
シェルティー(ミニコリー?)だと聞かされていたのですが、1ヵ月が過ぎ 2ヵ
月、3ヵ月が過ぎても一向に毛の長くならない彼に、「なぜ、君の毛だけが長く
ならないの?頭の打ち所が悪かったのかしら?」っと 諦め切れない母だけが、
その後3ヵ月も彼に語りかけていました。

実は、ちょうど2ヵ月目の時に二階のベランダから転落してしまい、見事に生還
したものの、親の飼い主の話しによると他の小犬がシェルティーになったのに
(本当だろうか?)彼だけがならないので諦め切れなかったようです。
なにはともあれ、元気いっぱいワンパクに育った彼は、教えた訳でもないの
に、足を上げるとジャンプ! 回れっと言うと車の周りを一周してお座りを
し、私を痴漢から助けてくれたなかなか賢い奴? なのです(飼い主の欲目で
しょうか?)。

時々、叱られると牙をむいたりしますが、誰かが泣いてたりすると傍に寄って
きて涙をペロペロ嘗めてくれたりします。そんな元気で優しい彼に「きっと名
前がよかったんだわ!!」っと。
……ただの親ばか?ですね。
もちろん単語そのものの意味が気に入ったというのも事実ですが……。

ZENITH.D.
”D ”とは、ただの語呂合わせというより”D”からはじまる文字を皆さんに連
想していただこうと付けたものです。

なるほどねえ。辞書にもない言葉。関西だからと銭(ゼニ)を連想してしまっ
た私って下品。<柴田>

---------------------------------------------------------------------
●昨日のBullcallについて
http://www.towers-inc.com/mag/daily/9806/08.html#2

Bullcallって、たぶん「雄叫び」でしょ。
Bull=雄牛
call=叫び(大声で話す、大声で叫ぶ)
でしょうね、たぶん。
水無月実さんの解釈

*********************************************************************
■本日のニュース

●「Dyna Fontお宝パック3」が7月3日に発売

ダイナラブ・ジャパン株式会社は新しいDynaFont、Macintosh &Windows95/98/
3.1/NT4.0対応のTrueTypeフォント「DynaFontお宝パック3」を販売する。発売
日は7月3日。

特長は、新発表書体「20書体」の和文TrueTypeフォントに加えて、筆文字や中
国古筆シリーズなど古来からの書体から、現代的なPOP系フォントまでバリエー
ション豊かなフォントが多数収録されている。

特典として中国語TrueTypeフォント-中国語繁体字3書体,毛筆短文成句400種
-四季のことのは,テンプレートソフト-TempWriter (テンプライター体験
版) が収録されている。
価格は12,800円。

問い合わせ先 ダイナラブ・ジャパン TEL 03-3224-3170
http://www.dynalab.co.jp/

*********************************************************************
■オススメサイト

※セミナーの情報をいただいたので、折角だからーと、「RayDreamStudio」
 「Expression」のオススメサイトを教えていただきました。三輪洋子さん、
 情報ありがとうございますー!! こんなのが出来るんですねー。
 初めてExpressionを使った日、私はクールなフォントを買わなくて済む
 なぁ…と思いましたです、はい。莫山先生にもなれるし。あんまり人に教え
 たくないソフトベスト3に入りますねぇぇ。あ、このソフトの凄さは、文字
 だけに収まりませんよー、もちろん! 体験してみてみて!! え?RayDream?
 毎週金曜日のコラム、読んでみてくだされーー(濱村)
---------------------------------------------------------------------
◆ Ray Dream Studioを使ったスゴイページ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://www2s.biglobe.ne.jp/~ystm/
Ray Dream Studioで作られた迫力ある3DCG作品が見られます。

http://www.pluto.dti.ne.jp/~youpi/
難しいモデリングの解説がのっています。RDSユーザー必見のページ。

http://www.linkclub.com/~heisan/
イラストレーター"たいらあきら"さんの作る愛らしいCGキャラクター達。

http://www.mnet.or.jp/~akinko/
ミステリアスな近未来的3D画像が盛りだくさん。HPの作りもかっこいい。

http://www.metacreations.com/products/rds/studio.html
本家メタクリエイションでのレイドリームサイト。

http://www.fortunehill.com/rd5.html
国内フォーチュンヒルのサイト。
http://www.fortunehill.com/answer.html
FAQもあり。

◆ Expressionは、こう使え!、なページ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://www.ceres.dti.ne.jp/~koike-t/
Expressionならではの暖かみのあるイラストが満載。育児漫画もおもしろい。

http://www3.justnet.ne.jp/~mkano/
美少年の漫画も美しいが、その他役に立つトレンディな情報がいっぱい。

http://www.metacreations.com/products/expression/expression.html
本家メタクリエイションのエクスプレッションサイト。

http://www.fortunehill.com/exp.html
国内フォーチュンヒルのサイト。体験版あり。今すぐダウンロード!
http://www.fortunehill.com/answer.html
FAQやチュートリアルはここ。

*********************************************************************
■イベント・情報

※2つめの情報である「Expressionセミナー」のゲスト、大賀葉子氏には、今
 週土曜日にゲストライターとして登場していただきます。お楽しみに。
 生で観れるチャンス。セミナーお見のがしなく!! なんで東京なんだよぅ(濱)
---------------------------------------------------------------------

●NHKBSスペシャル「ネットワークジャングル」
~インターネットを感じる4日間~

世界を縦横無尽にはりめぐらしているインターネットの波。トップレベルにあ
る日本のデジタル技術、そしてゲームをはじめとするデジタルコンテンツのク
リエーターたち。デジタルとネットワークの世界を分かりやすく、具体的に楽
しめる4日間。今回は日本国内をフィールドに、インターネットを追ってみま
した。
http://www.nhk.or.jp/zenbuyaru/base/lineup/culture.html

第1夜  6月8日(月)22:10~22:59
     「ゲームソフトの最前線」
       ・Dの食卓2制作現場から
       ・センソリウムの新作「ナイト・アンド・デイ」

第2夜  6月9日(火)22:00~22:49
     「ビジネスを変える電子メール」
       ・レッツノート開発秘話
       ・TV電話SOHO実験
       
第3夜  6月10日(水)22:00~22:49
     「電子マネー時代の落とし穴」
       ・オンラインショッピング戦争
       ・セキュリティビジネスの現状

第4夜  6月11日(木)22:00~23:29
     「ネットワーク・ジャングル・ライブ」 (生放送)
  出演:月尾嘉男、サエキけんぞう、大桃美代子、藤森夕子、
   飯野賢治、伊藤穣一、センソリウム、その他

---------------------------------------------------------------------
●残り座席 あとわずか!!「Expressionセミナー」

スケルタルストロークという独自の技術によりナチュラルタッチな表現ができる
グラフィックソフトとして脚光を浴びている"Expression"のセミナーを開催します。

特別ゲスト:大賀葉子氏

書籍の表紙、雑誌等で活躍中のイラストレーター。
昨年、米MetaCreations社のBeyond the Canvas Contest97にてインタラクティブ
部門受賞。
http://egg.tokyoweb.or.jp/questions/ogre/TobiNeko.html
 
【日 時】1998年6月19日(金) 
    13:30~15:00
    ※30分前から受付開始

【場 所】東京オペラシティタワー 48偕アップルコンピュータセミナールーム
    京王新線・都営地下鉄新宿線「初台駅」前

【参加費】無料(要予約)

【定 員】100名

【主 催】フォーチュンヒル株式会社

■お申込・お問い合わせ:Ray Dream Studioセミナー事務局 
            TEL.03-5421-1011
セミナーの申込はホームページからお願いします→
http://www.fortunehill.com/event2.html

---------------------------------------------------------------------
●まだ間に合う!「Ray Dream Studio 5Jセミナー」
~驚きの低価格3Dグラフィックス&アニメーション作成ソフトでここまでできる~

3Dグラフィックソフトを普段ご使用になられているプロユーザー様を対象に
Ray Dream Studioの機能をフルに活用して高度な3D効率のいい作成方法や、
現在主流の3Dソフトと併用して希望に近い画像を作りだすテクニックなどを一
挙、多数ご紹介します。

【日 時】1998年6月19日(金) 
    1.11:00~12:30
    2.15:30~17:00
    ※30分前から受付開始

【場 所】東京オペラシティタワー 48偕アップルコンピュータセミナールーム
    京王新線・都営地下鉄新宿線「初台駅」前

【参加費】無料(要予約)

【定 員】各100名

【主 催】フォーチュンヒル株式会社

■お申込・お問い合わせ:Ray Dream Studioセミナー事務局 
            TEL.03-5421-1011 
セミナーの申込はホームページからお願いします→
http://www.fortunehill.com/event2.html

*********************************************************************
■本日のTIPS/3Dアプリケーション編
 【日刊・デジタルクリエイターズ】では毎日クリエイティブ関連のアプリケ
 ーションのTIPSを掲載していきます。
 TIPSの難易度は、5段階で★印を文末に付けています。
---------------------------------------------------------------------
●LightWave3D編/「Mac版使用上の注意」

安定性を増してきたMac版LightWaveですが、まだ改善されていない?のが、
QuickDraw3D関連のトラブルです。
特に「Modeler」で右上のプレビュー画面をグリグリ動かしているとよく爆弾に
出会います(笑)。

ノイズ状の表示になりますので、その直後なら「s」(保存のショートカット)
で保存できる場合がありますが、その直後は爆弾表示→再起動の(おきまり
の)パターンです。

ハードウェアQuickDraw3Dアクセラレーター機能を持ったビデオカードを使って
いると、この症状は起きなくなります。MacでLightWaveをやるならQD3Dアクセ
ラレーターは必要ですね。

「Layout(LightWave)」でも、Eボタン(エンベロープ設定)でのグラフ設定後
に落ちることがたまにあります。

こまめな保存はくれぐれも忘れずに・・・・
★★
松岡アキラ(ディジタルクリエーター)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0050 1998/06/09発行
発行社  タワーズ株式会社
     <http://www.towers-inc.com/>
     大阪市中央区高麗橋1-5-6 東洋ビル3F
     TEL:06-231-1011 FAX:06-231-0838

編集長  森川眞行 
     柴田忠男 
     神田敏晶 

情報提供はこちらまで 
           担当:濱村和恵
------------------------------------------------------------
※リアルタイム編集後記「編集長はつらいよ」はこちら↓
http://www.towers-inc.com/square/editor/visit.shtml
※討論・激論・あったか感想・なんでもありの「日刊デジクリBBS」↓
http://www.towers-inc.com/cgi-bin/towers-inc/daily/dailybbs.cgi
※バックナンバーはこちらから手繰ってくださいね↓
http://www.towers-inc.com/mag/daily/
------------------------------------------------------------
★【日刊・デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

Copyright(C), 1998 TOWERS INC.
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■