[0076] セミナーやりました

投稿:  著者:  読了時間:24分(本文:約11,900文字)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0076 1998/07/09発行
http://www.towers-inc.com/mag/daily/
情報提供・投稿はこちらまで mailto:daily@towers-inc.com
登録・変更 http://www.towers-inc.com/mag/daily/regist.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●本日のコラム「セミナーやりました」
 木曜日担当:森川眞行

●レポート
 ◎「松下とマイクロソフトが業務提携」
 ◎「今回の合意内容について」

●本日のニュース
 ◎Fireworks90日間トライアル版ダウンロード開始
 ◎主要サイト情報
  Apple/ Microsoft/ Sun Microsystems/ Netscape/ Adobe/ Macromedia
/ Strata
●イベント・情報
 ◎Macromedia + TOWERS Seminar & User's Session
 「WEBデザインで儲かりまっせ」
●本日のTIPS/3Dアプリケーション「LightWave3D」編



●本日のコラム「セミナーやりました」
 木曜日担当:森川眞行

先週、関西DTP協会の主催でFireworksのセミナーを行った。急遽決定したセミ
ナーで告知期間が短かったにも関わらず、多くの人が集まってくれた。
セミナーを行う側の人間として、受講者のみなさんの反応を見るのは楽しい。
やはりライブエフェクトでは会場がざわざわする。コンバートアルファやロー
ルオーバーでは溜息が洩れる。それは、それぞれが抱えている仕事の問題点を
具体的にイメージしてFireworksを見るので、リアルなんだと思う。
今までやったことのない3DCGやデジタルビデオやMIDIのデモを見て、簡単にで
きるのだな~とか、やってみよう!ではない。

セミナーの開始前に受講者の皆さんに聞いたところ、ほぼ100%の方々が
PhotoshopとIllustratorを使われていた。講師をするボクもそうだ。この二つ
のアプリケーションのおかげで、ここ何年か生計を立てていると言ってもいい。
セミナーを開始する前にボクはこう言った。「これはAdobe PhotoshopとAdobe
Illustratorが合体したソフトウエアです。つまりベクターをラスターを同時に
ハンドリングできるソフトなのです」

セミナーが終わって「PhotoshopとIllustratorが合体した、なんて最初は大袈
裟やな~と思ったけど、本当にびっくりしました」と言われた。そしてその翌
日も電子メールでセミナーの感想が送られてきた。それも4通も。これは嬉し
かった。今まで沢山のセミナーを行ってきたが、終わった後に感想が聞ける
ケースは少ない。というよりほとんどない。やったらやりっぱなし。今回はボ
クの方が勉強になったり参考になったりした。

2時間のセミナーで、会場には自分が普段使っているマシンを持ち込んだ。それ
でも2時間で全てを説明できない。それだけ奥が深いというか多機能というか…。
ベジェ曲線とアルファチャンネルを同時に説明しなければならないソフトウエ
アだから。加えてGIFアニメーションやJAVAスクリプトによるロールオーバー…。
Fireworksの機能を細かく説明しようと思うと半日かかってしまうかもしれない。
今度合宿でもやろうかしらん(笑)

Fireworksは7月31日に、39800円という激安価格で発売される。「激安」という
のはボク個人の勝手な見解だ。実際にはこれだけの機能をもって39800円で発売
されたら困る(笑)一応プロのデザイナーとしては、口八丁手八丁でメシを
食っているので…。
今までのセミナーやMLやBBS、個人的なメールで意外に多いのが、プロではない
方々からの問い合わせ。趣味でホームページを作ったり、プロ志望の方々。販
売側がユーザーを分類する時には、この層は「コンシューマ」と呼んでいる。
39800円はコンシューマ層にも手が届く範囲のソフトウエアだと思う。そして実
際に使ってみると、ライブエフェクト機能をばんばん使って一応プロの仕事ら
しきものが出来上がってしまう。勉強熱心な人、元々のセンスがいい人などは、
プロの仕事を越えてしまう可能性が大きい。

ソフトウエアの進化によってスキルはどんどん解放される。ロットリングペン
が登場したことによって、カラスグチを自在に操れることは不必要になった。
そしてIllustratorの登場によってさらに繊細なラインを引くことは当然のワザ
になった。
タイトル文字にエンボス処理をしてドロップシャドウを効かす。初期の
Photoshopで、このテクニックを身に付けるにはアルファチャンネルの観念を完
全に理解しなければならなかった。だからそれだけで付加価値を付けることが
できた。当然デザイン料金にも反映された。それがテクニックの解説本が発売
されて、専用のプラグインソフトが発売されてしまうと、誰でもエフェクトを
効かすことができる。最新のPhotoshop5では標準になってしまったし、
Fireworksでもそうである。

エフェクトってのは本来、スパイスみたいなもので、ちょこっと効かすから美
味しいと感じる。エフェクトだらけの画面はスグに飽きてしまうどころか不味
くて食えない…ってことになる。
では、何が重要なのか?それはデザイン。…こう言ってしまうと身も蓋もない
が…。やはりデザイン。基本的に画面を構成する美的感覚が重要なのである。
バランス感覚である。

最近、新聞の折り込みチラシなどで目に付くドロップシャドウオンパレード。
やたら文字にはグラデーションがかかり、ブレンドの嵐、フチククリの応酬。
しかし、肝心のデザインはなにが中心なのかわからない。なにを訴えたいのか?
それにエフェクトはばりばり効いていても、文字ツメはバラバラで実に見に
くい。
印刷の仕事で、色指定の際に使うフチククリ。これはデザイナーとしては、ど
おしようもない場面以外は使わなかった。フチククリで処理するということは
一種の恥なのである。ちゃんと色指定できないデザイナーはやたらとフチクク
リを使う。

タイトルやヘッドにしても、打ち上がった写植をそのまま貼り込むと、上司の
デザイナーに蹴りを入れられた。必ずバラバラにして詰め直して加工した。こ
の経験があるデザイナーは、仕事の道具がコンピュータになっても同じことを
する。細かい部分にこだわらないと全体がだらしなくなる。文字詰めやエフェ
クトをデフォルトで使うほど恥ずかしいことはない。

Fireworksのように多機能に進化したアプリケーションが登場すると、それなり
の完成度を持ったWebページが増えるだろう。以前にも書いたが、大切にしなけ
ればならないのは作る側の人間の美意識なり、デザインのこだわりである。
Fireworksの機能を見せびらかすことではない。
確かにコンシューマにとってFireworksは手軽なアプリケーションだし、その効
果も大きい。Fireworksに使われるのでなく、Fireworksを使いこなすようにな
れば、あなた自信の言いたい事・表現したい事が全面に出てくれば…。そのあ
なた自信、の美意識に対して報酬を支払うクライアントが現れる可能性は高い。

FireworksのセミナーやWebでの解説ページ、MLやBBSを見ていると、プロとコン
シューマの層の両方がFireworksに興味を持っている。今回のセミナーはプロば
かりだが、インターネットではコンシューマの方が多いような気がする。

果たしてFireworksはどの層が指示するのだろうか?
プロフェッショナルがWebデザインで儲けるため?それともコンシューマが趣味
のために使うのか?それともプロの仕事を目指すのか?いずれにしても、今年
の夏以降は面白いことになりそうだ。

【プロフィール】
もりかわ・まさゆき
1958年大阪府茨木市生まれ。 1981年大阪芸術大学美術学科彫塑専攻卒業。
以降、17年間グラフィックデザイナーとして活動。
1989年Macintoshに遭遇して、カッターナイフとシャープペンと写植見本帳
を窓から捨てる。1993年シリコンカフェの名称でフリーランスになる。同年
関西DTP協会を設立して初代会長に就任。1996年G-TOOLという素材フリーサ
イトを作り、爆発的アクセスに腰を抜かす。1997年、ボクのアイデアに出資
者があつまり、G-TOOLをコアにした新会社・タワーズ株式会社を設立。取締
役に就任。

*********************************************************************
●松下とマイクロソフトが業務提携

松下電器産業株式会社とマイクロソフトコーポレーションが、デジタルAVと
パソコン技術の融合に向けて、長期にわたって協力することに合意した。

7月8日午後4時より、大阪西天満の電子会館で記者発表があった。渡された資
料は英文と日本文のニュースリリース、及び代表取締役社長森下氏と会長ビル
ゲイツ氏が握手しているカラープリントアウト。会見の席には、松下側から、
取締役の脇野氏、同三木氏、広報の深川氏、マイクロソフト側からは常務の大
浦氏が出席。

シアトルで7月7日午前10時、日本時間7月8日午前2時に合意。内容としては、
1 デジタルテレビ放送を受信・処理出来る次世代AVパソコン用技術の共同開発
2 本年冬期を目指したWebTV端末の国内販売計画、及びセットトップボックス
 の共同開発
3 松下電器AM33マイクロプロセッサシリーズで適切なチップへのWindowsCEの
 移植並びに松下電器による同マイクロプロセッサの全世界への販売
4 今後松下電器がWindowsCEを使用するオプション権つき、ライセンス条件の
 策定
以上の4点。

松下電器産業としてはTVでInternetが出来るようにするのは第一ステップとし
て考えており、これから増加するであろうデジタル放送をにらみ、パソコンで
放送受信が出来るようにしたいとのこと。パソコンとTVの融合という意味で、
TV側からのInternet融合を目指したソニーとは逆に、パソコン側からの
Internet及びデジタル放送の融合の方をメインとしているようだ。マイクロソ
フトと提携したのは、WindowsCEがモバイル(パソコンの延長デバイス)用として
優れ、パソコン以外のものに組み込み易いため。排他的な提携ではなく、今後
必要な技術があれば別会社と組むことも考えているそうだ。パソコンと電化製
品とのコミュニケートは必要で、それによって新しく技術的に高度で複雑なこ
との出来る製品が生まれる可能性があるという話だった。

と、ここまではお決まりのレポートであるが、ここからは、ちょっと感想を。

私の弟は、TVとInternet画面を同時にモニタに表示している。裏番組の見られ
るTVのように片隅に縮小された画面が表示され、必要に応じて切り替える。こ
のようなことを家電メーカーである松下が狙っているということなのだなと、
発表を聞きながら思っていた。家庭にパソコンは当たり前になり、家電として
の位置づけとなるのかもしれない。デジタル放送もInternetも双方向性のある
ものだ。これらが融合されるということは、例えば個人がストリーミングによ
り発信する情報が、メディアとして従来のTVと区別なく受け入れられる時期が
来るかもしれないということなのではないだろうか。新たなサービス業務が生
まれることも予想される。松下側としても、未知数のものとしてWindowsCEの技
術を受け入れている。

そしてそんな未来の話をしている時、ほとんどの取材記者は大判でノートに
(ノートパソコンにあらず)メモをとっていた。質問内容を聞いていると、
Internetについて初歩的なものも多く、詳しい人は多くはなそうだった。私に
ノートパソコンとPHSがあれば、会場から日本で一番早い号外が出せたのにと残
念である。どの大手のTV局や新聞社よりも早いニュースだ。マスコミはチーム
で来ているのに、私はひとりでメモして画像を撮って録音もしてきた。そして
それが一番早いニュース発信になり、それが松下の開発している次世代AVパソ
コンやWebTVから一般家庭に当たり前のように流れれば、こんな凄いことはない。
早く開発してくれることを望んでいるが、松下側の話では、完成のめども目標
もたっていないそうだ。今のうちに本気でストリーミングやWEBの技術を学ん
でおきたい、そういう努力する者が勝利する時代がくるのだと思う。(濱村)

当日の会見の画像は下記URLで見ることが出来る。
http://www.towers-inc.com/mag/repo/report/report7_8/index.html

プレスリリース
http://www.panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn980708-1/
jn980708-1.html
http://www.microsoft.com/japan/info/releases/0708mei.htm
http://www.microsoft.com/presspass/press/1998/Jul98/MEIpr.htm (英文)

---------------------------------------------------------------------
●今回の合意内容について

1 デジタルテレビ放送を受信・処理出来る次世代AVパソコン用技術の共同開発

 今回Windows98の日本語版では、この機能がOS上から省かれているので、直接
 的に影響を受ける事になるのは、 米国の秋からのデジタル放送開始以降で
 しょう。さらにコンピュータディスプレイを利用するとなると、ハイディフィ
 ニッションではなくスタンダードな480プログレシッブデジタル放送フォー
 マットを利用するということになると思われます。でもデジタルテレビ放送
 そのものの普及スピードに委ねられていそうです。

2 本年冬期を目指したWebTV端末の国内販売計画、及びセットトップボックス
 の共同開発

 ソニーに次いで、WebTV端末への魅力を感じているようですが、LAN間接続や、
 ルータ接続できるようなWebTVが欲しいものです。電話をかけてのPPP型イン
 ターネット端末としてはちょっとつらいです。アメリカのように何分かけて
 も市内電話料金が一緒の国だったらいいんですが…。

3 松下電器AM33マイクロプロセッサシリーズで適切なチップへのWindowsCEの
 移植並びに松下電器による同マイクロプロセッサの全世界への販売

 これが一番、相互のビジネスとして地味なようですが現実味がありますね。

4 今後松下電器がWindowsCEを使用するオプション権つきライセンス条件の
 策定

 炊飯器や掃除機、冷蔵庫、電子レンジ、クーラーなど、いろんな物に
 WindowsCEを搭載していくつもりなのでしょうか?ネットワーク経由でご飯が
 炊けたり、スケジューラにあわせてクーラーが作動したり、するなど、便利な
 ようで使いにくいかもしれませんね。携帯電話とPHSとWindowsCEが一緒になっ
 たモデルをぜひお願いします(神田)

HDTVの規格のチャート図は
http://www.knn.com/cyber/data/img/hdtv.gif

Gabbyのコラムでの解説。
■1998年5月4日(月)
「デジタル放送 480プログレッシブでどう変わるのか?」
http://www.gabby.net/core/colum/0504.html

*********************************************************************
■本日のニュース

●期限切れでも使えるFireworks90日間トライアル版ダウンロード開始
http://www.macromedia.com/jp/software/fireworks/trial/90/

お待たせしました。30日の期限が切れて、困っていらした皆様、朗報でござ
います。今度は90日間使えるトライアル版です。これで10月くらいまで、製
品が売れなかったらどうするのだマクロメディアさんー。

毎度毎度うるさく、しつこくプッシュしてすみません。ほんと、いいんです
よ、これ。便利だし、マスターはさほど難しくないし。こんないいソフトが
大人の事情なんかで消えたら勿体ないので書いております。

ぜひ、本格的に「Fireworks徹底検証」を参考に取り組んでくださいませ。
http://www.towers-inc.com/mag/fireworks/
マクロメディアサイトからリンクされているお墨付きでございます。

タワーズがマクロメディアさんと組んだセミナーも宜しくお願いいたします。
詳細は97行後っ。(濱村)

---------------------------------------------------------------------
●主要サイト情報

Apple
~~~~~
Macworld Expo開催に向け、セットアップの様子を、写真などを交えライブリ
ポート。
http://www.maccentral.com/news/9807/06.setup.shtml

Apple Store、アメリカのK-12スクール及び高等教育施設の個人に向けてサービ
スを拡大。生徒や教師はApple Storeから、特別に割引された教育価格でApple
の教育製品を購入可能に。
http://www.apple.com/pr/library/1998/jul/7store.html

Microsoft
~~~~~~~~~
Microsoft、高度なストリーミングメディア技術でWindows OSをアップ
デート。
http://www.microsoft.com/presspass/press/1998/Jul98/StrmTcpr.htm

Microsoft、オンライン広告主に高度な広告技術を提供。オンラインサービスの
Microsoft Network、Windows Media Technologiesを使用した最初のネットワー
クに。
http://www.microsoft.com/presspass/press/1998/Jul98/Netshwpr.htm

Windows Media Playerがダウンロード可能。WAV、AVI、QuickTime、
RealAudio/Video(4.0以前のバージョン)を含むほとんどのメディアタイプを
サポートし、ストリーミングマルチメディアコンテンツも再生できるアプリ
ケーション。
http://www.microsoft.com/windows/mediaplayer/defaultie4.htm

電子メール&情報管理ソフトウェアの最新バージョン「Microsoft Outlook 98
for Windows」日本語版、7月25日(土)に発売 。
http://www.microsoft.com/japan/info/releases/0707outl.htm

ATEC/MSU 新コース情報&スケジュール更新
http://www.microsoft.com/japan/partners/mtc/msu/

Netscape
~~~~~~~~
Fujitsu PC、LifeBookノートPCシリーズにNetscape Communicatorをバンドル。
http://home.netscape.com/newsref/pr/newsrelease643.html

Netscape Netcenter2.0のポータルサイト公開(6/30米国発表)の和訳を掲載。
http://home.netscape.com/ja/newsref/pr/newsrelease640.html

Sun Microsystems
~~~~~~~~~~~~~~~~
富士通、サン、ユーザ団体の3者がJava適用拡大のために協調。Javaの基幹系
システム本格開発を推進。
http://www.sun.co.jp/Press/release/1998/0708.html

米Sun発表記事6月25日~30日分の和訳を掲載。
http://www.sun.co.jp/Press/flash/

Adobe
~~~~~
Adobe ImageReady 1.0 出荷。ウェブグラフィックス作成時間を大幅にカット。
199ドル。
http://www.adobe.com/aboutadobe/publicrelations/HTML/9807/980707.imgrships.html

Bob Campbell氏が空中撮影した写真が今週のAdobe Galleryに。Photoshopを用
いて加工された「鳥の視野の世界」の美しい写真が紹介されている。
http://www.adobe.com/studio/artgallery/campbell/main.html

アメリカで最も視聴率のあるTVネットワークNBCの事例紹介。NBC 2000の画像を
オンラインで新鮮に見えるよう、Adobe製品を活用。
http://www.adobe.com/studio/casestudies/nbc2000/main.html

Adobe Photoshop 5.0のティップス紹介。選択をより簡単にするMagnetic
Lassoツール、タイプツールの使用、ワンステップでのシンプルなレイヤー作成
など。
http://www.adobe.com/studio/tipstechniques/phsthreenew/main.html

Macromedia
~~~~~~~~~~
mscc参加校の学生を対象に、msccロゴマークの制作発注をコンペ形式で行う。
発注金額は30万円。
http://www.macromedia.com/jp/

Strata
~~~~~~
STRATAユーザーセミナー in 東京(7月21日開催)の申込受付中。
http://www.strata3d.co.jp/

嶋田美香

*********************************************************************
■イベント・情報
 今見られるイベント・アート・セミナースケジュール
http://www.towers-inc.com/mag/daily/event.html
---------------------------------------------------------------------
●Macromedia + TOWERS Seminar & User's Session

これはまたまた大事件だ!Fireworks新発売記念イベント
「WEBデザインで儲かりまっせ」
セミナー&セッション

Macromedia Flash 3
Macromedia Dreamweaver
Macromedia Fireworks

WEB制作に最強の三種の神器が現れた。

マクロメディアがインターネットだけにフォーカスした新製品を発売します。
「日刊デジクリ」「 G-TOOL」でおなじみのタワーズでは早くから発売前の
Fireworksをホームページで徹底検証。今回のイベントではこの三種の神器を一
挙大検証いたします。とことん使いこなし、技の全てを披露します。

Fireworks「先攻」予約キャンペーン特価を用意しています。

1998年7月27日(月)
会場12:30
開演13:00
ご来場先着順で素敵なプレゼントをさし上げます。

■場所/エルシアター(エル・おおさか内)大阪市中央区北浜東3-14
    :天満橋徒歩5分
■主催/マクロメディア株式会社 タワーズ株式会社
■特別協賛/アップルコンピュータ株式会社
■協力/関西DTP協会、mACademia、関西インターネットプレス
■聴講料/3,000円(ひとり:税込み)当日受付にてお支払ください。
■募集人数/800名 完全登録制
      (申込多数の場合は先着順とさせていただきます)

■イベント事務局
大阪市中央区高麗橋1-5-6東洋ビル3F タワーズ株式会社内 Tel.06-231-1011
Fax.06-231-0838 http://www.towers-inc.com/

●登録方法
1. ホームページから申し込む http://www.towers-inc.com/ にアクセス
2. E-Mailで申し込む mailto:event@towers-inc.com へ送付
3. FAXで申し込む FAX:06-231-0838へ送付

いずれの場合も必要項目を必ずご明記ください。
●お名前●御社名●部署名●お申込み人数●ご住所●TEL●FAX
●E-メールアドレス

<お申込み確認>
FAXまたはE-メールで整理番号を発行します。当日必ずプリントアウトしてご持
参ください。

●プログラム
■Keynotes
 「マクロメディアのWEBデベロップメントにおける世界戦略」
 マクロメディア株式会社 代表取締役社長 手嶋雅夫
■Seminar
 『「Macromedia Flash 3、Macromedia Dreamweaver、Macromedia Fireworks」
  によるWEBデザイン新機軸』
 マクロメディア株式会社
■User's Session & Tutorials「Macromedia Flash 3はこう使え」
 有限会社ルナパーク まつむらまきお
 mad-C Design 笠居聡宏
■User's Session & Tutorials「Macromedia Dreamweaver簡単操作術」
 ビスタ・アーツ 杉山敦
■User's Session & Tutorials「Macromedia Fireworks徹底検証」
 タワーズ株式会社 取締役クリエイティブディレクター 森川眞行

*********************************************************************
■本日のTIPS/3Dアプリケーション編
 【日刊・デジタルクリエイターズ】では毎日クリエイティブ関連のアプリケ
 ーションのTIPSを掲載していきます。
 TIPSの難易度は、5段階で★印を文末に付けています。
---------------------------------------------------------------------
●LightWave3D編/「はじめてのLightWave(Layout)-2」

オブジェクトデータは「Modeler」で作られた拡張子「lwo」のオブジェクト
ファイルのみ読み込み可能です。レイヤー別で保存された物や、ネタナーブス
状態の物は読み込めません。DXF等の汎用データは「Modeler」でlwoファイルに
変換しておきましょう。

シーンデータは拡張子「lws」のシーンデータで「LightWave(Layout)」で保存
されたデータです。オブジェクトデータを直接含まず(リンク情報のみ)アニ
メーションに関する情報が記録されています。データ自体はテキストデータで
すので、記述内容を理解すれば手作業で書き換えることも可能です。
(PostScriptみたいですね)

Mac版では「開く」がメニューバーから選択(従来のMac用ソフトと同様)出来
るようになっており、そのあたりのインターフェースが他のOS版と少し異なっ
ています。実際の利用には全く支障ありません。

★★
松岡アキラ(ディジタルクリエーター)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0076 1998/07/09発行
発行社  タワーズ株式会社
     <http://www.towers-inc.com/>
     大阪市中央区高麗橋1-5-6 東洋ビル3F
     TEL:06-231-1011 FAX:06-231-0838

編集長  森川眞行 
     柴田忠男 
     神田敏晶 

情報提供・投稿はこちらまで 
              担当:濱村和恵
------------------------------------------------------------
※リアルタイム編集後記「編集長はつらいよ」はこちら↓
http://www.towers-inc.com/square/editor/visit.shtml
※討論・激論・あったか感想・なんでもありの「日刊デジクリBBS」↓
http://www.towers-inc.com/cgi-bin/towers-inc/daily/dailybbs.cgi
※バックナンバーはこちらから手繰ってくださいね↓
http://www.towers-inc.com/mag/daily/
------------------------------------------------------------
★【日刊・デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

Copyright(C), 1998 TOWERS INC.
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■