[0081] Flashとタイプフェイス

投稿:  著者:  読了時間:18分(本文:約8,800文字)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0081 1998/07/15発行
http://www.towers-inc.com/mag/daily/
情報提供・投稿はこちらまで mailto:magazine@towers-inc.com
登録・変更 http://www.towers-inc.com/mag/daily/regist.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●本日のコラム「Flashとタイプフェイス」
 水曜日担当:笠居トシヒロ

●本日のニュース
 ◎つなさんのタレコミ情報
  *RealSystemG2ベータ版公開
  *サンリオ、キティーのBIBLOを限定販売
  *Macromedia Dreamweaver 1.2J -> 1.2aJへのアップデータ公開
 ◎主要サイト情報
  Microsoft/ Sun Microsystems/ SGI/ Adobe/ MetaCreations/ Macromedia
GoLive/ RealNetworks
●イベント・情報
 ◎ハリウッドCG業界 最新レポート Vol.2
●本日のTIPS/3Dアプリケーション「LightWave3D」編



●本日のコラム「Flashとタイプフェイス」
 水曜日担当:笠居トシヒロ

今回はちょっと辛口にデザイン論的なものを書いてみようと思う。(まあ性格
が性格なのでどこまで持つかしらんが、とりあえずそういうスタンスで書きは
じめてみよう)なので、今回は「ですます調」はヤメである。

ぼくが講師をしている学校で先日、課題作品の講評会があった。その時生徒の
みなさんに共通の問題点として注意したのが「文字の扱いが非常におろそかで
ある」ということだった。
平面のデザインワークというのは、グラフィックと文字が一つになって初めて
成立するものだ。というか、「文字もグラフィックの一部」という考え方をす
べきだと思う。極端な例を挙げれば、文字だけのポスターはありえても、グラ
フィックだけのポスターは存在しない。もちろん文字をただ並べただけではデ
ザインしたとは言えないけどね。

伝達を目的とした文字が入っているか否か、というのは、その作品がアートな
のかデザインなのかを分ける、ひとつの目安になると思う。こんな理屈を考え
なくても、普段ぼくたちはそうやって区別し、認識しているはずだ。
#じゃあポップアートは? という反論はしないでね(^^;)
#どしても知りたい方は専門書でも読んでください。(笑)

さて、ではデザインと単なる文字列とを分ける目安はなんだろう? それは文
字がデザインされているかどうか、だ。なんじゃそれ? というご意見もあろ
うが、それ以外に言葉を思いつかない(貧相なボキャブラリーだ、われながら)。
文字に意匠が施してあるかどうか..........わー、これってただ日本語に訳し
ただけじゃん(⌒▽⌒;
#そろそろ底が見えてきたな.......(早い(^^;))

じゃあ文字に装飾が施してあればデザインか? ちがう。 それもデザインの
一部ではあるけれど、それだけではダメだ。ウソだと思うならその辺にある雑
誌でも本でも開いてみてみるといい。装飾はされていないが、紙面と調和した
文字が美しくレイアウトされているはずだ。(最近そうじゃないものも結構あ
るので困るんだけど)これももちろんデザイン。こういうのの専門家をエディ
トリアルデザイナーと呼ぶ。

ようするに、そこに並べてある文字が「美しく」並んでいるかどうか、画面と
の調和が取れているかどうか、ということだ。こんなことは今までデザインを
生業にしてきた人達にとっては「常識」だった。空気や水のようにアタリマエ
のことだった。それが、なんだか今おざなりにされているように感じるのは、
ぼくだけではないと思う。
#ここまで書いて前回の森川さんのコラムと似てきた事に気づくワタクシ....

ぼくが以前からFlashの有用性を主張するときにあげている大きな理由のひと
つとして「フォントのアウトラインを埋め込むことができる」というのがある
(やっとFlashがでてきた(^^;))。Webページで自分の意図したタイプフェイ
スを思うままに使える、というのはデザイナーにとってはかなり重要なことだ
と思っているからだ。
それ以前のWebにおけるタイプフェイスは、FONTタグの拡張などによってある
程度は解消されても、視聴者のマシン環境・システム環境で左右されてしまう
儚いものだし、ことレイアウトに至っては、作者のデザインをそのまま伝える
のは不可能といってもよかった。

Flashが現れたとき「これでやっと自分のデザインをそのまま見てもらうこと
ができる!」と喜んだものだが、最近そうでもないのかなあ...と思うときが
よくある。せっかくジャギのない美しい表示でタイプフェイスを見せることが
できるのに、文字のレイアウトやデザインに気を使ってない作品が目に付く。

一文字づつ字詰めしろ、とまでは言わないが(プロならして欲しいけど(^^;))
せめて文字の配置やサイズ、配色なんかにはもっと気を配ってもいいんじゃな
いだろうか?やたら動かすばかりがFlashのよさでもあるまい。
文字をアニメーションさせることは、レイアウトのまずさをある程度ごまかし
てくれる。でも、それだけではホントに見て美しいと感じる物にはならないと
思うんだが..........少なくとも、文字そのものも「デザインされたもの」で
あることを思い出してみれば、どう使えば美しいか?が見えてくると思うな。
きっと、そんなに難しいことじゃないはずだ。

///////今週のFlash TIPS///////
レイアウトに気を使った文字アニメーションを作るには、まず最終形態となる
「最後のコマ」をデザインするところからはじめよう。ステージ上できっちり
レイアウトが終ってから、それをシンボルに登録、さらにそこから細かい部品
シンボルへと分解しながら作成していく。文字に限らず、Flashではこのよう
に「逆廻し」的な作業方法の方が効率的な場合が多い。お試しアレ。

【プロフィール】
かさい・としひろ
デザイナー・テクニカルライター
兵庫県伊丹市在住
Macromedia Flash - Mailing List 主宰
NIFTY-SERVE FGRAPHIC Sub-SysOp
共著書:みんなのFlash2・デザイナーが遊ぶWebデザイン等
http://www.mad-c.com/

*********************************************************************
■本日のニュース

●つなさんのタレコミ情報

お久しぶりです。森川さんもWin World Expoに来ていたんですよね。それにし
ても、RealScan3Dっておもしろそうですね。そんな面白そうなものやってるな
んて気づかなくて残念です。次回どこかで機会があったら是非スキャンして欲
しいものです。もちろん娘をですよ。自分じゃあまりにも..。

さて、今日のたれこみネタは3件です。

◎ RealSystemG2ベータ版公開(7/13)
G2のベータが公開です。どんな風になっているか必見ですよね。
プレビュー公開の時はデモもRealが用意したものだけって感じでしたが、
今回はデモも各社からたくさん準備されていて結構楽しめそうです。
会社ではProxyに引っかかって見ることが出来ないので早くても今晩
自宅で視聴することになりますので感想はまた今度ですね。
=> http://www.jp.real.com/g2/index.html

◎ サンリオ、キティーのBIBLOを限定販売
何も言えません。良くぞ作ったって感じです。まだサンリオのHP上では
公開されていませんが、プレミアものになりそうですね。
下のリンクで写真が見れます。あなたなら欲しいと思いますか?
=> http://www.watch.impress.co.jp/pc/docs/article/980714/sanrio.htm

◎ Macromedia Dreamweaver 1.2J -> 1.2aJへのアップデータ公開
何が変更されたのか良く分かりません。
カスタマイズしたconfigurationファイルや設定が上書きされてしまう
ようなので、ガイドを注意して読んでからあてましょう。
なお、Mac版は6M弱、Win版は6M強のサイズがあります。
=> http://www.macromedia.com/jp/support/dreamweaver/update.html

先日マシンをPentiumII 400Mhzのものに買い換えました。まだ、アプリの導入
が片付かないので寝不足気味です...。ここのところ関東地区は定温の日が続い
ていますので夏風邪をひかないようにしましょうね。(^_^;)

mailto:tmtsuna@mail.goo.ne.jp

---------------------------------------------------------------------
●タレコミ担当のつなさん、お疲れさまです。今回はボクも同じ展示会に行っ
たのですが、あれだけのスケールになると正直、どこから見ていいのか判らな
くなりますね。【日刊デジクリ】でも毎日のようにイベントスケジュールを掲
載していますが、読者の方も全てのイベントを見ることは不可能なんじゃない
かな(そりゃそうだ)イベントの事前情報だけじゃなくって、「何が行われた
のか?」も読者の皆さんにお伝えしたいのですが、なんせこれだけのスタッフ
ではどうにもなりまへん。

そこでイベント・展示会・セミナー・展覧会のレポートを読者の皆さんから募
集します。メールを通じて外の世界との媒介になってくれるボランティアの募
集です。今は儲かってないのでギャラは出ませんけど(^^;) 前向きに考えます。
ときどき没もあります(ボクも没がありました)。原稿量も多い場合は、編集
する場合があります。

…というわけで、自分の行動を読者にシェアしてもいいよ…という方の投稿を
お待ちしています。(森川)

*********************************************************************
●主要サイト情報

Microsoft
~~~~~~~~~
Microsoft Visual J++ 6.0 Technology Preview 2、無償ダウンロード
<http://www.microsoft.com/visualj>可能。
http://www.microsoft.com/presspass/press/1998/Jul98/vjtechpr.htm

オンライン不動産サービス「Microsoft HomeAdvisor」のプレビュー版
<http://www.homeadvisor.com/>を公開。
http://www.microsoft.com/presspass/press/1998/Jul98/Launchpr.htm

「Microsoft Office 98 Macintosh Edition」日本語版、9月4日発売。最新の
Mac OSに対応し、Office 97 for Windowsとのファイル互換を実現。
http://www.microsoft.com/japan/info/releases/0713maco.htm

「Microsoft Office 98 Macintosh Edition」日本語版トレーニング環境を提供。
製品発売に伴いセミナーテキストおよび充実したトレーニング環境を提供。
http://www.microsoft.com/japan/info/releases/0713atc.htm

Microsoft SQL Server 7.0 Developer's Conference開催概要(8月19、20日)
http://www.microsoft.com/japan/bkoffice/ntsql/devcon/

Sun Microsystems
~~~~~~~~~~~~~~~~
自己ペースのJava技術コースウェア「InSight to JavaBeans for Program
Managers」をリリース
http://www.sun.com/smi/Press/sunflash/9807/sunflash.980713.1.html

日本サン、ネットワーク環境に最適なマルチプロセッサ・ワークグループ・
サーバのエントリ・モデル「Sun Enterprise 250」を販売開始。卓越した安
定性、信頼性、管理/運用性を実現する環境をMicrosoft Windows NT搭載のPC
サーバと同価格帯で実現。
http://www.sun.co.jp/Press/release/1998/0713.html

Silicon Graphics
~~~~~~~~~~~~~~~~
SIGGRAPH 98情報に「シリコングラフィックスブースのご紹介」を掲載
http://www.sgi.co.jp/Headlines/1998/Jul/siggraph98/

Adobe
~~~~~
セールスアピールのあるウェブグラフィック作りのため、ImageReadyや
Photoshopに頼る専門リテーラーThe Sharper Imageの事例紹介
http://www.adobe.com/studio/casestudies/sharperimage/main.html

MetaCreations
~~~~~~~~~~~~~
MetaCreations、人員削減計画を発表。現在300名の従業員のうち、約75名を減
らす模様。
http://www.metacreations.com/press/restructure.shtml

Macromedia
~~~~~~~~~~
'98 Internet Show in 秋葉原(7/17~20)マクロメディア製品デモのお知らせ
http://www.macromedia.com/jp/macromedia/events/internetshow/

GoLive
~~~~~~
CyberStudio 3.1、オンラインでオーダー可能。3.0からのアップグレードと
CyberStudio 3.1の30日間トライアル版のダウンロードあり。
http://www.golive.com/three/hotnews.html

RealNetworks
~~~~~~~~~~~~
インターネット、イントラネットに向けた次世代ストリーム・メディア配信シ
ステム「RealSystem G2」のベータ版をリリース。50社以上のメディア企業が、
RealPlayerG2でのRealChannelsに向けたプログラムを提供。
http://www.real.com/g2/news/g2beta.html

嶋田美香

*********************************************************************
■イベント・情報
 今見られるイベント・アート・セミナースケジュール
http://www.towers-inc.com/mag/daily/event.html
---------------------------------------------------------------------
●デジタルハリウッドThe Multimedia School主催 特別公開セミナー

「ハリウッドCG業界 最新レポート Vol.2」
DHIMA(デジタルハリウッドU.S.A.校) 現地責任者 /鶴谷武親
メインインストラクター /クリス・エッカート

デジタルハリウッドU.S.A.校に駐在するスタッフの凱旋講演。前回ご好評をい
ただいたCG業界最新レポート、さらに現地で活躍する日本人クリエイターの様
子など、ハリウッドの今をリアルにお届けします。

●ハリウッドCG最前線
・この夏話題のGODZILLA開発裏話
・サンタモニカのCGプロダクションの現状
・SIGGRAPH '98速報
●DH U.S.A.校 DHIMA最前線リポート
・DHIMA卒業生、現地プロダクションでのインターンシップ奮戦記
・デジタルハリウッド卒業生が映画「TITANIC」のDIGITAL DOMAIN社で活躍開始!
・DHIMA受講生作品一挙上映!

■日時 :7月27日(月) 17:00-18:30(16:45開場)
■定員  :150名
■会場 :デジタルハリウッド東京校 セミナーホール
     (JR御茶ノ水駅下車 徒歩2分)
■参加費 :無料
■申込方法:事前に電話・メールでお申し込みください。当日の受講票を
発送させていただきます。
・電話/03-5281-9221
・Eメール/ mailto:dh@dhw.co.jp
※タイトルを「公開セミナー0727DC」としてください。
※日刊デジタルクリエイターズでお知りになった旨、ご記載ください。
※住所/氏名/年齢/職業/メールアドレス/電話番号をご記載ください。

*********************************************************************
■本日のTIPS/3Dアプリケーション編
 【日刊・デジタルクリエイターズ】では毎日クリエイティブ関連のアプリケ
 ーションのTIPSを掲載していきます。
 TIPSの難易度は、5段階で★印を文末に付けています。
---------------------------------------------------------------------
●LightWave3D編/「カメラは1つだけ」

私がLightWaveを使った最初の疑問点が、タイトルの通り「複数のカメラを扱え
ない」ことです。編集作業中に「Top」「Side」「Perspective」「Front」など
の切り替えが出来ますが、あくまでも編集用の視点であって、レンダリングは
出来ません。

どのような視点で作業をしていても、レンダリングは「Camera View」で行われ
ます。同一シーンでカメラ視点を変えた別カットを用意したい時でも、このた
めに別のシーンを用意する必要があるのです。カメラ軌跡を保存する機能
(「グラフ編集」→「Save Motion」)があるので、それを使ってカメラの動き
自体を保存しておくことで、別シーンを作らずに済ますこともできますが、
データ管理がややこしくなるので個人的にはこの方法は使いません。

★★
松岡アキラ(ディジタルクリエーター)

*********************************************************************
●今日の朝日新聞に、以前レポートしたマイクロソフトと松下の提携について
記事があった。記者会見についてのいくつかの新聞記事は、私が確認した限り
では「マイクロソフトの脅威」というようなものが中心で、今回の提携につい
て詳しい内容は書かれていなかった。レポートを日刊デジクリやASCII24に掲
載した手前、他の記事のような視点を持つべきだったのだろうか、と考えたも
のだ。今回の記事は会見で松下が述べたことと同じようなものであった。やっ
と松下側は伝えたかったものを記事にすることが出来たようだ。

会場で記者達は、沢山のメモをとっていた。あのメモはどうなったんだろう。
(濱村)

●まあ、新聞といえども、日本のマスメディアは、話題になる事に群れたがる
傾向があります。マスメディアであっても、ジャーナリズムではないようです
ね。「Windows98が米国で評判」だって?!。MSの広告掲載してるもんね。
無理ないけど…。Windows98米国でもりあがったのは発表会場だけです。
接待を受けた記者にはそのように見えただけでしょう。(神田)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0081 1998/07/15発行
発行社  タワーズ株式会社
     <http://www.towers-inc.com/>
     大阪市中央区高麗橋1-5-6 東洋ビル3F
     TEL:06-231-1011 FAX:06-231-0838

編集長  森川眞行 
     柴田忠男 
     神田敏晶 

情報提供・投稿はこちらまで 
              担当:濱村和恵
------------------------------------------------------------
※リアルタイム編集後記「編集長はつらいよ」はこちら↓
http://www.towers-inc.com/square/editor/visit.shtml
※討論・激論・あったか感想・なんでもありの「日刊デジクリBBS」↓
http://www.towers-inc.com/cgi-bin/towers-inc/daily/dailybbs.cgi
※バックナンバーはこちらから手繰ってくださいね↓
http://www.towers-inc.com/mag/daily/
------------------------------------------------------------
★【日刊・デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して
発行しています。( http://www.mag2.com/ )

Copyright(C), 1998 TOWERS INC.
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■