[0098] もっとFLASH!第12回/「時間の話」

投稿:  著者:  読了時間:23分(本文:約11,400文字)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0098 1998/08/05発行
http://www.towers-inc.com/mag/daily/
情報提供・投稿はこちらまで mailto:ringo@knn.com
登録・変更 http://www.towers-inc.com/mag/daily/regist.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●本日のコラム もっとFLASH!第12回/「時間の話」
 水曜日担当:まつむらまきお

●ディジタル・イメージ大阪展オープン情報
●ディジタルアート展日誌 「8月4日(火)晴れ」

●Windows98について言わせてもらいます

●本日のニュース
 ◎G3 Mac値下げ!

●イベント・情報
 ◎「デジタルカメラマガジン」読者投稿作品募集中!



■本日のコラム もっとFLASH!第12回/「時間の話」
 水曜日担当:まつむらまきお

僕たちはいろんな尺度をもって日々生活をしている。長さや広さ、高さ、重さ、
質感、臭い...そして時間。長さや重さという尺度以上に、時間というのはどう
も曖昧であやふやなモノのようだ

たとえば夏休み。こどもの頃の40日間はとても長かったのに、今では40日なん
てあっというまに過ぎてゆく。歳をとるにつれて、時間というのはどんどん早
く過ぎるようになる。1歳のこどもにとって、1年間は人生の100%だが、37歳の
自分にとっては1/37に過ぎない。1歳のころとくらべて、37倍の速度で時間が過
ぎている。

年齢だけでなく、その時の気分も時間の速度を変化させる。好きな人といっ
しょにいる時間はあっというまに過ぎるし、ヤや奴と顔をつきあわせていれば、
何倍にも感じる。さらに、それを後になって思い出せば、前者の方が長い時間
であったと感じたりもする。

また、時間というのは対比できない尺度でもある。絵を描いたり、グラフィッ
クデザインをするとき、見出しは本文より大きいとか、人物がモノを持ってい
るとか、そういうふうに対比させて大きさを伝えることができる。しかし、A
という映像とBという映像を時間を対比させて見せるなんてことはやったとこ
ろで意味がない。グラフィックと違い、映像は「一覧」することができないか
らだ。TVのCMは15秒という時間で次々と送り出されるが、同じ15秒でも長い
と感じたり、短いと感じたりする。対比させることなしに、こういった差が生
まれるところが面白い。

時間を使った表現には、映画、音楽、演劇、ダンスなどいろいろある。アニ
メーションもそのひとつだが、他の表現と決定的に違うのは時間を作り出す過
程だ。

映画や音楽というものは、まだ、その時間感覚を客観的に捉えることができる。
時間を作り出すのが自分自身の肉体が刻むリズムであったり、カメラの前で起
きる現象であったりするからだ。ところがアニメーションというのは、一コマ
一コマ絵を作っていく作業である。微細な時間の細切れを一つづつ積み上げて、
まとまった時間を作り出す。積み上げてみなくては時間は生まれない。5秒と
いう時間を生み出すのに、数時間という時間がかかったりする。コンピュー
ターという道具を使うことで、そういった作業は短縮され、試行錯誤もかなり
自由にできるようになってきたものの、頭の中にある時間を細切れにし、再構
築していくという作業にはかわりがない。細切れの時間を積み重ねていくとい
う作業は、まぁ、だれにでもできる。しかし、その前提となる「時間を分解」
するという作業が実はアニメーションを作る上で非常に重要なことなのだ。


アニメーションをつくりはじめた頃は、動かすことに情熱をそそぐ。自分自身
が過去につくったモノを見ると、3回まわってからワンと鳴くとか(^_^;)、こ
こはじっくりと質感をみせてとか、自分がやりたいことを、積み重ねて作って
いる。その結果、全体の流れが悪くダラダラとリズムの悪い作品になっている。
これはまさに、最初に行うべき時間の分解という作業を行っていないからだ。
3回まわってからワンと鳴くのに5秒かかってしまったのと、5秒間で3回まわっ
てからワンと鳴かせるのでは、出来上がった作品の質がまったく変わってくる。
さらに、それを5秒でやるのか、3.5秒でやるのか、それが作品の本質となる。
そんな風にいろんな映像を見てると、やっぱり心地よい映像ってのは、作者の
時間の感覚が非常に鋭い。今後、Webではアニメーション、モーショングラ
フィック、映像がますます溢れていくだろう。今はまだ、動いているだけで許
されている面も多いが、そういった時代にはやりたいことを積み重ねるだけで
はなく、時間ということをもっと真剣に考えなくてはクリエイターは生き残れ
ないと思う。

///////After Service///////
先日のセミナー、たくさんの来場、感謝感謝です。で、あのときに紹介した、
カーナビ式スクロールアニメーションの作り方がよーわからんかったという話
を後で聞きましたので、この場でフォローさせてもらいますね。

カーナビの地図を考えてください。自分自身は画面の中心に固定で、道に沿っ
て地図がスクロールしていくわけです。これをFLASHで作ろうというわけです。

地図が固定で、自分自身が道に沿って移動する場合は簡単ですよね?経路の
モーションガイドを作って、自分自身をトゥイーンさせるだけでオッケー。
じゃあ、自分が固定で地図がスクロールするってのはどういう事かと考えると、
動きの量はこれとまったく同じはず。じゃあなにが違うかっていうと、方向が
正反対、つまり自分が北へ移動ってことは、地図は南へ、西へ移動は地図は東
へって事です。ということは、運動の量はそのままで、動きの方向を反転させ
ればいいって事。運動の量と方向はさっきのモーションガイドにすべて記述さ
れているわけだから、このモーションガイドをくるりと180度回転させて(こ
れで方向がすべて正反対になりますよね)、地図をこのガイドの始点から終点
へトゥイーンさせると、カーナビのように、自分は固定で地図が経路通りにス
クロールしてくれるってわけです。わかりましたかぁ(^_^;)?このようにある
動きが欲しいとき、その動きを正直にアニメートするのではなく、動きの理屈
を考えると、カンタンに実現できたりするんですねー。
もうひとつの作例、スポットライト完全版。こちらの解説は次回にまわします。

///////After Service2///////
さて、もうひとつ。セミナーの時に、8/1に出るFLASH解説本「おしえて!!
FLASH3」(毎日コミュニケーションズ)の宣伝をさせてもらったんですが、製
本過程で事故があり(付録CD-ROMの封入ミス!)、2週間ほど発売がのびてしま
うことになりました。トホホ。盆休み明けの8/18にはちゃんとしたものが書店
に並ぶ予定です。一部書店にはすでに事故本(付録のCD-ROMが違う書籍のモノ
が入っている)が出回ってしまっているそうで、万一、それを購入した場合は
出版社に連絡、交換していただくようにお願いいたします(CDが違うだけで本
そのものには問題はありません)。あー、まいった(^_^;)。

【プロフィール】
まつむら まきお/まんが、イラスト、アニメーション作家
1961年大阪府大阪市生まれ。1985年武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。会
社員(プランナー)兼まんが家を5年程やったあと、1990年、Macintoshを購入、
3ヶ月後に脱サラ。1995年、FLASHの前身である「スマートスケッチ」と運命的
に出会い、束縛から解放される。雑誌、新聞、Web、CD-ROM等を舞台に、SF、
ファンタジー系から、OL、時代劇ネタまで幅広い芸風を誇る。
大阪府吹田市在住。

*********************************************************************
●日刊デジクリでは、ライター・情報収集者を募集中です! 我こそは、と思う
方は、是非ご連絡ください。今がチャンスです!! >>>mailto:george@knn.com

*********************************************************************
■ディジタル・イメージ大阪展オープン情報
伊藤範蔵

炎天地獄の中いよいよ大阪展がはじまりました。きのう初日は最後まで会場に
いましたが、初日だけで入場者300人を突破!昨年の軽く2倍のペースです。こ
の調子でいけば、みんなが目標に掲げていた「入場者5000人突破」もイケるぞ!
とみんなで喜んでいました。

HALの学生さんたちも受付、物品販売など一生懸命がんばっていてくれてありが
たいです。オール手造り特製小柴田ねこうちわ、チョーかわいいふじわらかず
えバッチ、よりどりみどりの絵はがきなどなどバンバン売れてまっせ!

目玉の凸版印刷さんの超高精細モニターはクリエイター必見。昇華型プリン
ターを上回る再現性で、ちょうど良質のでかいポジをライトテーブルで見てい
る感じなのです。

そして8日(土)はいよいよセミナーですね。パーティもあることだし1000人く
らい軽くくるんじゃないかなってみんなでタヌキの皮算用してました。第一部
は先生座談会。富山の大学から駆けつけてくださるメインパネリストの武山良
三さんが堅苦しくない本音の座談会を進行してくれることでしょう。関西人の
ノリにあふれた武山さんのこれまでかかれた文章は、個人的にとても好きです
ので、とても楽しみです。

第二部はデジタルクリエイターの老舗、所さんとダバカンさんの対談。なんと
言っても誰もが認めるデジタルデザインの草分けの両氏ですから、今では考え
られない非力な環境で工夫して素晴らしい作品を世に送り出してこられたエピ
ソードの数々は、あとあとになって環境くらがえ組のわたしめなんかには非常
に勉強になります。

そして全セミナーの総合進行が、今や人の集まるところには欠かせないお祭り
奉行、貧乏生活で有名な麗人、花山由理さん。ご本人も気合い十分です。会場
は詰め込んで200人が限度だそうなので、先着順です。お早めに!

いもとうげのでじたる屋  伊藤範蔵(いとうのりぞう)
mailto:visio@nn.iij4u.or.jp

*********************************************************************
■ディジタルアート展 日誌

「8月4日(火)晴れ」

DIGITAL IMAGE 1998 OSAKA-ディジタルアート展-5月の東京展に引き続き大阪
でもいよいよ今日からはじまりました。

初日の入場者数は325人。おそらく大阪展の新記録だと思います。去年の初日は
豪雨でしたのでそのまま比較できませんが、10日間の開催で300人を超えた日は
ありません。250人くらいが最高の数字でした。初日は150~200人だったと思い
ます。それからすれば325人というのはやはり増えています。大阪の地下鉄にも
大阪展のポスターが予定どおり貼られているようです。僕も今日、四ツ橋駅で
見たので証拠の写真を撮ってきました。他にも、西梅田駅で見たという人もい
ます。大阪地下鉄全120駅に貼られているはずです。Kansai Walkerをはじめ、
情報誌6誌にも掲載されていますし、今回はポスターやDMが早い段階で仕上が
っていたので、現代美術センター周辺の画廊にDMを置いたり、大学や専門学校
にポスターをたくさん配るなどの草の根作戦を展開する余裕があったので、そ
の効果もあったと思います。それになんといっても晴れた。

皆勤常連メンバーの花山さんは受付にMacを置いて仕事をしながら展覧会に参加
しています。なんてすごい人。ボランティアのHALの学生さんがしきりに後ろか
らその作業をのぞいていました。しかし、レジのシメが終わってさあ帰ろうと
したその時に最後のデータを間違って消してしまって一言、「信じらんな~い!」
という悲鳴をあげたのでした。かわいそうな花山嬢。明日がんばりましょう。
ひとつ前のデータがあるじゃないですか。パソコンではよくあることです。こ
のパフォーマンスが見たかったらぜひ、ディジタルアート展の受付へどうぞ。
ヘッドフォンをした花山嬢がすてきなMacパフォーマンスをしています。

http://www.towers-inc.com/mag/daily/9807/27.html#2
会期は8月4日~14日、会場は、大阪市北区中之島3-2-18 住友中之島ビル5F
大阪府立現代美術センター、開場時間は、午前10:00~午後6:00まで。

8月8日(土)は午前10:00~午後4:00まで。このうち午後1時から4時まで、主に
学生を対称にしたセミナーを開催。二部構成で、一部は武山良三さんを中心に、
第二部は所幸則さんとダバカンさんのダブル大阪芸大出身コンビです。
午後4時からは、簡単なパーティがあります。
8月9日(日)は休館日です。

柴田敏明
http://www.kcn.or.jp/~ko-shiba/
mailto:ko-shiba@kcn.or.jp

*********************************************************************
■Windows98について言わせてもらいます

Win98について、97号で情報が欲しいと書きましたら、沢山のメールをいただき
ました。もー感謝感激ですーー(泣)。やっぱりメールマガジンっていいっ!! 
くぅーーっ。まだまだ投稿・コラム等受付中です。よろしくお願いしますっ!!
実名可・不可、ペンネーム希望の方はその旨も御記入ください。(濱村)

---------------------------------------------------------------------
●いつも為になる記事を楽しませていただいてます。関西(神戸)あたりでは
印刷業界もついにWINDOWSにシフトし始めていると神戸のデザイン会社の方が
言っておられました。

WIN98ですが、私のマシン(PentiumPro200 Memory128MB) のTWOTOPのもので
すが、終了時に「Explorerの保護違反」というユーザーレベルでは、まず解決
できないエラーが出てます。まあ、窓を閉じれば支障は無いんですが気分がね。

WIN98のバグについては機種ごとに様々な形で出ているようです。Macと違って
ハードを自社で作らない弱みですね。

良く使うアプリが早くなるという「デフラグ」が魅力だったのでインストール
したのですが、これがムチャクチャ時間(3~4時間)がかかって話にもなら
ない。電源管理が対応していれば夜中にやる手もあるけれど、よっぽど新しい
PC以外は、ほとんど未対応。システム管理のアプリもおマケに付いていたけど
英語版のみ。「RegClean」の正式版でも付けてアンイストールしたアプリの痕
跡くらい消すくらいは出来るかと思ってたけど。現在の所では外そうかなと
思ってます。

入れて得したと思える事はほとんど無いかな。

(新潟県/ Webmasterさん)

---------------------------------------------------------------------
●Mac版のネットミーティングは具体的な計画はありませんが、サードパー
ティーから、対応のソフトウェアが出ています。Timbuktu Proというものです。
ご存知かもしれませんが、参考までに。

http://www.microsoft.com/netmeeting/
http://www.netopia.com/software/tb2/mac/

又、IE4の時も選択してインストールすることは可能であったと記憶しています。

Microsoft米国本社内では非常に需要があります。彼らは一人づつ個別の部屋で
働いているので、本気でミーティングに活用しています。はじめてみたときは
私も軽いショックをうけました。

(Microsoft社/ Mさん)

---------------------------------------------------------------------
●とりあえず、絶対にやめて欲しいのが ActiveDesktop。Win95 + IE4.0のとき
はインストール時に ActiveDesktop を入れない(OS と統合しない)設定にで
きたのに、Win98 は最初から統合されちゃってるんですよね。いくらオプショ
ンで ActiveDesktop を消しても、表示されないだけで統合されていることに変
わりはないんです。

それで、困るのが、まずその重さ。まさに Wintel を感じます。MS がどんどん
OS を重くしてくれるので、intel の最新 CPU が飛ぶように売れる。まあ、踊
らされる消費者が一番バカという気もしますが。大体、200MHz クラスの CPU
が既にゴミ扱いっていうのが、アホかと思う。このご時世に地球に優しくない!

あとセキュリティ。IE の起動中は、OS が危険にさらされているんですけど、
それが常に起動している ActiveDesktop では、ずーっと危険なわけですね。パ
スワード盗まれたり、容易にアタックされたり大変です。

んで、次が PnP。Plug and Play って正常動作していれば良いが、一度誤認識
されたら最後、削除しても削除しても違うデバイスが組み込まれます。デバイ
スを外すか、パッチを待つしかありません。特に ISA の PnP なんて、Plug
and Pray です(繋いで祈れ)。

なんか後半、口が悪くてスミマセン……。Win98 はハナから興味なかったので
良いのですが、NT5.0 も同じようかと思うとストレスがたまってしますのです。
お許しを。ではでは。

(Yutaka N. さん)

---------------------------------------------------------------------
●Windows98は秋葉原で並んだりせずにフツーに買って、インストールしました。
Win95からのアップグレードです。

よくなったと思う点
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1. 電源入れてから使える画面になるまでの時間が若干(心持ち、程度。計って
みると3秒くらいかも)短くなったような気がします。気のせいかも。でも、
ソフトの立ちあがりも早いような気もするし・・・。

2. FAT32(ファイルアロケーションテーブルが16bit→32bitになった)の採用
で2GB以上のハードディスクなんかをひとつのドライブとして認識させられ
るようになりました。Win98でフォーマットすれば、増設ハードディスクを
細切れにしなくてもいい、これは結構便利だと思います。それに、FAT32の
おかげで、ハードディスクの空き容量が増えます!我がPCではインストー
ル前130MB→300MB。はっきりいって、うれしかった!

3. スクリーンセーバーやデスクトップテーマのバリエーションが増えました。
スクリーンセーバーは落ち葉のやつを使ってますが、これってもしかして、
PLUS!98(ユーティリティソフト)だった・・・みたいですね(確認)。し
かし、今までが足りなかった。以前のバージョンのPLUS!に入っていたスク
リーンセーバー等が、Win98では標準で(やっと)入りました。

悪くなったと思う点
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1. 会社のCOMPAQ Presario4130に入れたら、スクロール関係が全くダメに。ス
クロールボタンがデブになってコントロール不能になるし、マウスのボタ
ンをはなしてもスクロールし続けたまま。この事象は3回に1回の割合で起
きました。イライラするので、会社のやつはWin95に戻しました。

2. ソフトウェア同士がぶつかってハングアップしたときに再起動をかけると、
勝手にスキャンディスクが走ります。(これは、Win98のひとつ前:OSR2か
らですが)親切設計のつもりでしょうが、たるい。 爆弾マーク出してあっ
さり死んでくれてる方がまだスッキリします。もちろん、スキャンディスク
はさっさと勝手に終了させていますが、今のところ不具合はありません。

やはり使う側としては悪い面ばかり目立つのでしょうか。
「USB対応」「省電力」「Web直結」などいろいろうたっていますが、全部使い
こなせる人はまだ少ないような気がします。
Win98はWin95のOSR2(アップデート版)のまたまたアップデートのようなもの
だと思ったのですが、OSR2の攻略本(?)を読んで、Win98が結構工夫されてる
んだなぁ、と感じました。
もう少したつとサービスパックが出て、メーカーor機種によって生じていた問
題も解決されるとのチマタの噂です。会社のCOMPAQは、それに期待しています。

(Mayumi. Mさん)

*********************************************************************
■本日のニュース

●G3 Mac値下げ!

こんにちは~。
毎日「日刊デジクリ」楽しく拝見させていただいております。(^^)

さて、私、名古屋在住の者なのですが、所用で大須へ行ってきましたところ、
かねてから噂のG3 Macの値下げが明日より施行されるとの情報をGETしてまいり
ました。(^o^)v

私の聞いた範囲では最も値下げ幅が大きいのがG3 MT300コンフィギレーション
モデルで11万円もの(^^;)値下げ(398,000→288,000)だそうです。尚、このモデ
ルについては流通在庫が現時点であまり無く早い者勝ち状態が予想されるとの
事でした。

次に値下げ幅があるのがMT266とDT266で共に4万円程度との事です。MT300グラ
フィックモデルとDT233については値下げはほとんど無いに等しいとの事でした。

(既存ユーザーの方、良かったですね。(^^) MT300コンフィギレーションモデ
ルの既存ユーザーさん、Appleに殴り込みに行きましょう。(笑)・・・MT266の
私を含む既存ユーザーさん、一緒に真剣に悩みましょう。(^。^;)

たぶん、秋葉や日本橋あたりでも同様な値下げ幅と思われますので、我慢して
た604ユーザーさんは明日はボーナス握り締めて行きつけのお店にダッシュしま
しょう。(笑)

この情報が皆さまのお役に立てれれば幸いです。
ではでは。ヾ ^_^

y-kondoh

●情報ありがとうございますー!! G3か・・パワーブックタイプは安くはなら
ないでしょうね・・。

*********************************************************************
■イベント・情報

●今日からディジタルアート展開催中! 14日まで。
http://www.towers-inc.com/mag/daily/9807/27.html#2
---------------------------------------------------------------------

●「デジタルカメラマガジン」読者投稿作品募集中!

デジタルデータの作品であれば、銀塩カメラで撮影されたものでもOKです。

●応募資格
年齢、プロ/アマ、経験、国籍、居住地は問いません。作品はデジタルデータ、
デジタルプリントでの応募を受け付けます。作品は純粋にカメラで撮影したま
まのものに限りません。コントラストやカラーバランスの調整はもちろん、各
種の特殊効果を施したものでもOKです。また、人物の場合は、モデルの許諾を
得てください。応募の作品は、すでに許諾を得たものと判断します。

●テーマ
特にテーマは問わない「自由投稿」と、決まったテーマに沿った作品を応募す
る「課題投稿」の2部門を設定します。「課題投稿」のテーマは「人物」、
「ヌード」、「自然」、「街」、「食べ物」、「旅」のいずれかを選んで応募
してください。

●賞
ホームページならびに誌面に紹介された方には、DIGITAL CAMERA MAGAZINE特製
テレカ、優秀作品には、DIGITAL CAMERA MAGAZINE特製リストウォッチを進呈い
たします。

●作品受付方法
作品に(1)氏名、(2)使用カメラ、(3)使用レタッチソフト、(4)撮影条件(日時、
場所、その他)、(5)コメントを添えてご応募ください。
デジタルデータ:e-mail(※1)、FD、MO、CD-R(※2)で受け付けます。但し、
メディアのご返却はいたしませんのでご了承ください。
デジタルプリント:郵送のみで受け付けます。ただし、作品のご返却はいたし
ません。
(※1)JPEG形式のみ。(※2)形式は問いませんが、特殊なファイル形式で送
られてきたものに関しては受け付けられないことがあります。

●作品点数
作品点数に関しては特に制限を設けません。e-mailの場合のみ、ファイルサイ
ズの合計が500Kバイト以内になるようにしてください。

●締め切り
特に締め切りを設定しません。いつでも気軽にご応募ください。ただし、郵送
によるデジタルプリントのみ、次号分の締め切りは1998年9月16日消印有効とさ
せていただきます。あらかじめご了承ください。

■宛先
e-mailでの受け付けは、以下のアドレスに作品を添付して送ってください。
WWWサイトやFTPサイトなどに画像データをおいている方は、そのURLと画像リス
トを送っていただいても結構です。郵送に関しては送料負担の上、以下の宛先
にご応募ください。

mailto:digitalcamera-pict@impress.co.jp
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-1-3日本ビルディング九段別館8階
デジタルカメラマガジン編集部「読者投稿」係宛

*********************************************************************
●日刊デジクリでは、ライター・情報収集者を募集中です! 我こそは、と思う
方は、是非ご連絡ください。今がチャンスです!! >>>mailto:george@knn.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0098 1998/08/05発行
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.towers-inc.com/mag/daily/index.html>

編集長  森川眞行 
     柴田忠男 
     神田敏晶 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
------------------------------------------------------------
※リアルタイム編集後記「編集長はつらいよ」はこちら↓
http://www.towers-inc.com/square/editor/visit.shtml
※討論・激論・あったか感想・なんでもありの「日刊デジクリBBS」↓
http://www.towers-inc.com/cgi-bin/towers-inc/daily/dailybbs.cgi
※バックナンバーはこちらから手繰ってくださいね↓
http://www.towers-inc.com/mag/daily/
------------------------------------------------------------
★【日刊・デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して
発行しています。( http://www.mag2.com/ )

Copyright(C), 1998 デジタルクリエイターズ
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■