[0108] デジクリの夢

投稿:  著者:  読了時間:14分(本文:約6,700文字)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0108 1998/08/24発行
http://www.dgcr.com/
情報提供・投稿はこちらまで mailto:ringo@knn.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●「デジクリの夢」
 月曜日担当:神田敏晶

●主要サイト情報
 Microsoft

●本日キャッチしたコンピュータニュース関連

●イベント・情報
 ◎プラネタリムジャック!『天球連画1998』へのお誘い



「デジクリの夢」
 月曜日担当:神田敏晶
----------------------------------------------------------------------
デジクリ法人設立委員会へたくさんのお申し込みありがとうございます。

手作業で登録している為、少々デジクリ会員番号を発行するのが遅れています。
…というのは神田の助っ人がちょっと水曜日まで留守にしているのです。ごめ
んなさい。
 
しかしながら、皆さんの熱い思いにスタッフ一同、胸がキュンキュン鳴ってい
ます。自己紹介のプロフィールをみていても、それぞれの人生が凝縮されてい
ます。これらのパフォーマンスが、今まで仕事や家庭の中だけだったのを、デ
ジクリの法人化に向けてネットワークで活かせるかと思うと、とてもワクワク
してきました。

日本のインターネット界へ、一石を投じることができればと考えております。
アメリカでは、「Webonomics」という本がヒットしています。日本語では「ウ
エブサイト・ビジネス・マネジメント」という名で七賢出版より出版されてい
ます。この本は目からウロコでした。2000円のハードカバーですが、一読をお
勧めします。チラシのようなホームページだけでは意味がないことを痛切に感
じさせてくれます(^^;)。

gabby本日のコラム「ウエボノミクスの到来!」
http://www.gabby.net/core/colum/0824.html

デジタルクリエイターズは、本当に今、試行錯誤ですが、読者、そして経営陣
のみなさんと一緒に、スケールメリットだけではない、血の通ったネットワー
クづくりを真剣に考えています。

情報メディアとしてではなく、有機的なネットワークにする為に法人格にして、
世界にひろがる大きな屋根の下で、同じカマの飯を全世界で食いたいと思って
います。ボクは本当に「世界を変える」こともできると信じています。誰もが、
これっておかしいよなあ?っと思っていても、まっいっか…。ですませてしま
うし、大きい物に逆らっても、負けるだけ…という考え方を変えたいと思って
います。

これでは、21世紀が来ようとしているのに、18世紀の産業革命のままでかわり
ありません。またメディアの世界は今だに、18世紀以前の封建主義社会そのも
のなのです。また、15世紀グーテンベルグが発明した印刷術によって書籍が流
通されるようになりましたが、実際に影響を与えたのは、印刷術ではなく、教
会や学者の聖なる「言葉」であったラテン語からの解放だったのです。ラテン
語より低俗であったイタリア語やギリシャ語などさまざまな言葉によって世界
中の方言が息を吹き返したのです。それによって何がおきたかというと、「ル
ネッサンス」なのです。

ぼくたちはもしかすると、インターネットによってデジタル・ルネッサンス時
代を予期しているのかもしれません。この不景気な時に何をノンキなと思われ
るかもしれませんが、アメリカのクリエイターたちは、バブリー絶頂!です。
彼らとの壁はもはや「言葉」だけです。確かに「文化」や「感性」の違いがあ
りますが、15世紀からくらべるとビビたる差です。

今年はじめ、取材の帰りにフィレンツェに寄り道する機会がありましたが、ル
ネッサンスの都市建築物が今もなお機能しているのです。馬車道は車が走り、
その頃のデザインはいまでもオーラをはなっています。柱の模様を彫刻するの
に20年かかるから20年間は柱の彫刻をまたなければなりません。自分の城をつ
くるのに、孫の代まで建築がかかったり、メディチ家などの豪商が考えた事は、
「自分たちの勢力は何代かは継続する、しかしそれで終わりだ。1000年先にも
自分たちの力を伝えるために」だったのです。よく企業が文化や芸術を語りま
すが、10年先さえも見えていないような気がします。ボクはデジタルクリエイ
ターズを通じて、20世紀の最後にあらわれたインターネットという、発明の力
で30世紀になっても残るような「何か」をしたいのです。
 
ミケランジェロはシスティーナ礼拝堂で、4年間も天井画をイヤイヤかかされ
ました。レオナルド・ダ・ビンチは締め切りをやぶるばかりか、ほったからし
て男色にこうじたりしていたそうです。現地に行くと教科書だけでは学べない
先人の失態ぶりもうかがえました (^^;)。すると、先人たちも自分の書きたい
ものを描けない一下請け業者だったんだと思うと、勇気がわいてきました。企
業と組んで「1000年先のために」やりましょう!、というプレゼンを一度でも
やってみたいです!

また、ルネッサンスの絵画や建築物に宗教はきってもきれません。最近、デザ
インを勉強するには聖書のストーリーも知らねばと手塚治虫のマンガの「聖書」
を読み始めました。すると、システィーナ礼拝堂の意味がわかったのです。教
科書で学んで暗記することよりも、大事なものを経験しました。来週から、ハ
イテク産業の取材でイスラエルへ飛びます。そのついでにエルサレムに入って、
キリストの誕生した場所を体験しにいってきます。するとボクの中には、新た
な体験情報がきっと増えるでしょう。インターネットで簡単に情報が入手でき
る今だからこそ、自分の足で汗を流して情報を手に入れてくるのです。

神田さんは、いつも海外を飛びまわれていいネとよく言われます(^^;)。でも、
半分は自分への投資です。ボクの情報は販売する時にはいつも高価です。だっ
て一から作ってますからね。単身で命をかけてますから…。

タネあかしをします。クレジットを入れれば、著作権はありながらも、自由に
つかっていいいという契約で調査報告書とビデオコンテンツを販売しているの
です。1セット5万円です。だから6本売れれば、モトが取れます。7本目か
らはギャラとなります。しかも、行った旅先からこんなネタどう?、って営業
もしてます。自分の目でみて足で体験しているから、自信があります。テレビ
や新聞がなんといおうとも、「オレはそこにおってんから!」ほど信憑性のあ
るものはありません。大学の先生も有識者も、現場にいた人には、かないませ
ん (^^;)。彼らは知識の倉庫にしがみついているだけですからね。この繰り返
しが、ボクの小さな自信の積み重ねだと思います。宇宙に行けば、さらにこの
徳(?)はアップするでしょうね。ああ、ペプシあたんないかなア…。家を売
らずにすみます。

ロイターや時事通信などの通信社の焼き直しのニュースを大メディアから、有
り難く読んでいた時代はもうすぐ終焉をとげるでしょう。だって、記事の元は
すべて卸してもらっているんですからね。すると新聞の意味はどうなることで
しょう。テレビのニュースはどうなるでしょう。ボクは、日本の銭湯が大好き
です。銭湯にはいろんな情報が満ちあふれていました。おじいちゃんから、子
供まで、そしてヤーさんまで。子供の頃いつもヤーさんの紋々の自慢話を聞か
されていました。とても美しいデザインの背中もおじいさんのヤーさんになる
と龍の目がタレ目になったりしてるんですね(^_^)。

いろんな人が銭湯の時間帯と空間で、情報のコミュニティを作っていました。
そこには相手にあわせた的確なローカルで、ヤバイ話もたくさんありました。
でも、それは本当に必要な情報でした。クラスの好きな女の子の名前を友だち
が教えてくれたのも銭湯でした。学校ではそんな話ができませんでした。きっ
とインターネットもそんな銭湯のようなマナーとトーンのあるコミュニティに
なっていくような気がします。

デジタルクリエイターズは、そんなクリエイターにとっての「ワールドワイド
銭湯」を実現するチャンスなのです。さあ、木戸銭もこれからきめるので、と
にかくこの湯舟につかってくださいな。

まるで、マルチメディアのドン・キホーテですが、机の上で何もしないでキー
だけたたいてインターネットしている奴よりましでしょ?。動かなきゃ!

【神田敏晶】かんだ・としあき
KandaNewNetwork ビデオジャーナリスト
mailto:kanda@knn.com
http://www.knn.com/
年令不祥? B型 大阪学院大学経済学部卒業 出身地=神戸
東京でワイン関連のマーケティング業からコンピュータと出会い、コンピュー
タの道にハマル。以後、神戸で 1991年、関西のMacintosh生活情報誌
「MacPress」を発刊。1995年、コンピュータ雑誌の連載コーナー名がそのまま
社名となり独立ビデオジャーナリストとして、デジタル業界をリポートする。
1997年、関西発信のデジタル生活情報誌「関西インターネットプレス」発刊。
1998年、関西のマルチメディア情報が毎日届くメールマガジン「日刊!関西 イ
ンターネットプレス」発刊。世界で一番小さなデジタル放送局
KandaNewsNetwork代表。テレビ、新聞、雑誌、講演、世界旅行、ワイン、 ロッ
クバンド、インターネットとリビドーの命ずるまま行動する。
2001年12月01日バージニア州の民間航空宇宙企業が開発した「ツー・ビークル
式スペース・クルーザー」で宇宙旅行を遂に予約してしまった(^_^)。
1998年6月10日より、ワールドカップのインターネット放送を数十万人規模でお
こなう。毎月第1金曜日・第1日曜日はライブハウスでポール・マッカトニーに
なっています(^_^)

______________________________________________________________________
■主要サイト情報
----------------------------------------------------------------------
Microsoft
----------------------------------------------------------------------
Microsoft
~~~~~~~~~
▽米マイクロソフトはWindows 98のアップデータの配付を開始。DirectX 6.0や
新しいWeb Font、Microsoft Chat 2.5などが含まれている
http://www.microsoft.com/windows/news/August1998/w98updatesie4.htm

▽Windows 98の使い方を簡単・快適に学習できるマルチメディア・チュートリ
アルCD-ROM、Windows 98 Starts Here日本語版を9月18日に発売予定
http://www.microsoft.com/japan/info/releases/0818w98s.htm

【▽担当 山口 壮/ えむ】 mailto:PXX06120@nifty.ne.jp
http://member.nifty.ne.jp/yamaguchi/
やっぱり日曜日は海外のサイトも変更が少ないんですね。でも、土曜日に更新
されている所があるということは、日本人だけでなく、アメリカ人も土曜日に
働いているわけですね~(笑)。アメリカ人は働き者なのだということを、
ちょっとだけ実感しました(^^)。

______________________________________________________________________
■本日キャッチしたコンピュータニュース関連
----------------------------------------------------------------------
ハード関連
~~~~~~~~~~
ネットジャパン、ハードディスクの情報を別のハードディスクへコピーするソ
フト「DriveCopy Ver2.0」9月25日発売。Win3.1/95/98/NT3.51/NT4.0、DOS5.0
以上、OS/2対応
http://www.netjapan.co.jp/

サイキューブ、ノートPC用「LFM-105 LANモデムカード」「FMC-561ファックス
モデムカード」2製品9月1日出荷開始予定。ITU-T V.90、K56Flex対応。
対応OSはWin3.1/95/98/NT4.0
http://www.cyqve.co.jp/

ソフト関連
~~~~~~~~~~
Mac用 Email Checker 2.7.4
http://www.carnationsoftware.com/carnation/EmailChecker.html
*メール着信チェック

Mac用 PictWave 0.6b
http://www.alles.or.jp/~hiramas/pictwave.html
*ピクチャーを水面の様にゆがめることができる

Win用 IrfanView32 ver2.85
http://stud1.tuwien.ac.at/~e9227474/
*画像ビューア

Win用 OkeyWeb V2.0
http://www.hitachi-ns.co.jp/pro/okeyweb/
*ホームページ更新ができるツール

【強力!べんりDesse】 mailto:joy@osk.3web.ne.jp
http://www2.osk.3web.ne.jp/~joy/benridesse/

______________________________________________________________________
■イベント・情報
----------------------------------------------------------------------
プラネタリムジャック!『天球連画1998』へのお誘い
http://www.renga.com/heavens.htm
----------------------------------------------------------------------
ハイジャックならぬプラネタリウムを一夜奪って、キャンバスにしてしまおう
と企ててます。
.
日時:1998年8月27日(木)
受付:18時~
(特設、「Painterium’ペインタリウム’」という受付窓口においでください。)
開場:19時10分
開始:19時30分~20時30分

場所:(財)天文博物館 五島プラネタリウム
   〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-21-12 東急文化会館8階
   TEL:03-3407-7409, FAX:03-3797-7354

安斎利洋、中村理恵子、木原民雄(NTT 情報通信研究所)が全天周対応の巨大
ペイントシステムを試動します。うまく天球を捕えられるか?しくじるか?!。
ぜひ、”プラネタリムジャック”『天球連画1998』実験現場に立ち会ってくだ
さい。当日は、ライブペインティングとゲストによるトークありの構成になっ
ています。

★なお、座席数に限りがあるため、電子メールによる事前申し込みが必要です。

メールは、こちら→  mailto:interium@dq.isl.ntt.co.jp
もう少し詳しい情報は、こちら→  http://www.renga.com/heavens.htm

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長  森川眞行 
     柴田忠男 
     神田敏晶 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊・デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して
発行しています。( http://www.mag2.com/ )

Copyright(C), 1998 デジタルクリエイターズ
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■