[0177] デジタルなクリエイター

投稿:  著者:  読了時間:17分(本文:約8,000文字)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0177 1998/11/12発行
http://www.dgcr.com/      1998/04/13創刊
情報提供・投稿はこちらまで mailto:zacke@ppp.bekkoame.or.jp
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.htm
広告の御相談はこちらまで   mailto:sales@dgcr.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

---PR-----------------------------------------------------------------
インターネットのプロモーション&マーケティング、しっかりしていますか?
最初だけコストをかけて立ち上げて、後は何もしない。典型的な失敗例です。
『我々は、インターネットマーケティング&プロモーションのプロです!』
    インターネットでのプロモーション、バナー広告の依頼は、
株式会社パイナップルカンパニー http://banana.pineapple.co.jp/dgcr.cgi
------------------------------------------------------PR--------------

●「デジタルなクリエイター」
 木曜日担当:森川眞行

●連載 ユーザーのナマの声を聞く
「G3カードは買いか?」8

●主要サイト情報
 Adobe Systems/ Netscape

●本日キャッチしたコンピュータニュース関連

●セミナー情報
「デジタル・ビッグバン」セミナー
 ~情報産業に変革をもたらすデジタルテクノロジーとビジネスチャンス~

●2000年問題ご意見募集



「デジタルなクリエイター」
木曜日担当:森川眞行
----------------------------------------------------------------------
デジタルクリエイターという人種(?)について考える。森川はクリエイター
である。大学を卒業してから、クリエイターと言う職業だけで、生計をたてて
きた。現在もクリエイターとして妻と娘を養っている。クリエイターというコ
トバを使うようになったのは最近で、実はあまり好きなコトバではない。何故
かというと、中途半端にかっこいいイメージがあるから。ボク自身はクリエイ
ターって特別にかっこいい職業だとは思わないし、特殊な職業だとかも思って
いない。以前はグラフィックデザイナーと言っていた(今でも)。これはわか
りやすいでしょ。グラフィックデザインをするひと。

しかし、このグラフィックデザイナーというカタカナの職業名も、就職してか
ら5~6年はあまり人前で名乗りたくない職種だった。何故か?それは余りにも
苛酷な職業だから。大学を卒業してデザイナーになった。5~6人の規模のデザ
イン会社に就職した。大学で学んだことは何一つ役に立たなかった。自分なり
の美意識なんてものは、現実の仕事の前にはクズみたいなものだった。毎日最
終電車まで働いて、プライドはぼろぼろになって、なおかつギャラは大学の同
級生が勤めている普通の会社の半分以下だった。実に情けない丁稚奉公時代を
何年も過ごした。

デザイナーになろう、なんて人間は幼い頃から、それなりに絵が上手くて、時
にはおだてられたりして自分なりに「表現」みたいなものに自身を持っている
人間が選択する職種だと思う。しかし、自分本来の持っている世界観なり才能
なりをデザインの仕事の中で発揮できる人間は極めて稀だと思う。そりゃ森川
が単に才能ないだけじゃん、と言われればそれまでだが、ボクがこの世界に
入って同じ悩みを持っているデザイナーはゴマンといた。大阪の南森町の居酒
屋では若いデザイナーの愚痴ばかりが聞こえてくる。そしてこの世界から消え
ていった仲間もたくさんいる。

デザイナーという仕事の中で、もっとも重要なのは、クライアントをどれだけ
満足させることができるか?ということである。その中で納期と予算をコント
ロールして、なけなしのクリエイティブをする。自分の世界感だとかを考えて
いる余裕なんてない。デザイナーって仕事は、そのクリエイティブな部分が目
に見えて露出するので、なかなか理解してもらえない事も多い。単純に作業費
として請求できない部分、損をすることが大きい(もちろん逆の場合はウハウ
ハだけど)多くのデザイナーが写植とか製版とかは、やった分だけキチンと請
求できるからええなあ…と言っていた。実は壁をペンキで塗ったりとか、釘を
打ったりとか、そんな仕事に近いのがデザイナーだと思う。

クリエイターという職業は、アーティストとは違う。ここんとこ大事。すごく
大事。日刊デジクリは著名なデザイナーやクリエイターの方も読者に多くいる
ので、「なんや、そんなチンケな話」と言われそうだが、本当は頷いている読
者の方が多いのはボクがよく知っている。

そりゃだれだって、「いい仕事」がしたいに決まっている。まがいなりにも自
分なりの世界を表現したみたいぜ、と思いながら、とりあえずは目先の仕事を
やっつける。でもね、それがクリエイターのプライドってもんよ。媒体に貴賤
なし。どんな仕事でも完成品として仕上げる。ギャラをもらう限りはできる限
りの努力をする。それがクリエイターってもんだ。

先週、以前にボクが在籍していたデザイン会社を久しぶりに訪れた。そこはデ
ザイン会社としては20人以上という大きな規模の会社。ボクがいた頃の仕事は、
アナログな仕事な環境で、それぞれの机にはレイアウト用紙とカッターナイフ
とスプレーボンドがあり、複数のコピー機とトレスコがあった。ところが3年
前についにここもフルデジタルになった。ボクより年上の版下のプロの先輩も
MacintoshでQuarkXPressを使っていた。アナログで版下が綺麗に作成する人は
デジタルになっても変わらない。文字詰めソフトを使わずに、手作業ですべて
の文字を綺麗に詰める。まさに職人ワザ。当時、デジタルに否定的だった何人
かのスタッフもMacintoshをばりばりに使いこなしていた。

もう、コンピュータを使ってデザインするとか、新しい表現の可能性だとか、
そんな次元ではない。普通の出来事なのだ。デジタルクリエイターなんてコト
バはどおでもいいのだ。モノを作る(クリエイティブする)作業に欠かせない
道具としてデジタルがある。それだけなのである。だからデジタルクリエイ
ターというコトバ自体もホントはもう死語なのかもしれない。

アナログ時代にデザイナーの読む雑誌って、あまりなかったように思う。とこ
ろがデジタルクリエイティブ、デジタルデザインの本って最近めちゃめちゃ多
いじゃん。これって何なんだろう。クリエイターにとって仕事の道具が変わっ
たから…と言ってこの業界の人口が、雑誌のように急に増えたとは思えない。
もちろんデジタルになってクリエイターが、今までの「紙」中心の世界から、
それ以外の部分が増えてきたことは確かであるが。

どうもクリエイターの前に、デジタルってコトバがくっついてから色々と業界
もややこしくなってきているようである。クリエイターのことはわからなくて
もデジタルが分かっているだけでエラソーにするひととかが多くなって(また
こいつらの声は大きいんだな)踊らされている若い衆も多いように思う。デジ
タルクリエイターってかっこいい職業だと思っている若い衆が多い。可哀相に。
ついでにいうと、デジタルをかじったおかげで急にアーティストになっちゃう
人もおおい。困ったものだ。それがモノホンのアーティストなら納得もするが、
どうもデジタル系のアーティストはパチもんが多い。見たいのはソフトウエア
の機能とか、マシンの性能とかじゃないのにね。

【森川眞行】もりかわ・まさゆき/ Silicon Cafe'
1958年茨木市生まれ・1981年大阪芸大学美術学科卒業。デザイナー歴17年。
10年前Macintosh に遭遇して、カッターナイフとシャープペンと写植見本帳を
窓から捨てる。以降の活動はサイトを見に来てね!
http://www.siliconcafe.com/profile/

______________________________________________________________________
■連載 ユーザーのナマの声を聞く
 <G3カードは買いか?>8
----------------------------------------------------------------------
デジタル・イメージのメーリングリスト(会員制)で、興味深い話題があった。
Painter の使い手であるイラストレーターの服部幸平さんの質問<G3カードは
買いか?>に対して、何人ものアーティストから回答が寄せられた。実際の
ユーザーの声であるから、大いに参考になる。彼等の許可を得て、デジクリの
しょくんにも、そのやり取りをご紹介するものである。(柴田)

■服部幸平さんの質問<G3カードは買いか?>
実はいま、G3カードの購入をしようかどうしようか悩んでいます。初心者のよ
うな質問でスミマセン。

皆様、G3カードの件の発信者、服部です。
皆様からの貴重な体験の御返事、ありがとうございます。
御返事の数々は私のFDに保存し、再度考えてみます。

今回の疑問も、『CPUだけの交換でそれほど変わるのか?』という考えがそもそ
もの発端です。
例えていうなら、軽自動車のシャーシ(そこまでヒドクはないか)にフェラー
リのV12エンジンを搭載するようなもので、マシンが本来の性能を発揮するには、
各パーツごとにバランスよくグレードアップをしないとダメなのでは?と思っ
たからです(ナガイさんの御意見のように)。

あと、マシンとの相性があると聞いていたので、それもひっかかっていました。
マックはまだ買って1年チョットなので、新型を買うにはもったいないし、で
きればあと2年ぐらいは現役で使いたい。それまでのつなぎの役割をG3カードで、
と考えていました。

う~~~~~~む。

*制作環境の補足です。
グラフィックボードは『MGA Millennium (8MB) 』を入れています。これにメ
インの21インチモニター、マックのモニターポートは14インチに接続。ツイン
で使用しています。

______________________________________________________________________
■主要サイト情報
----------------------------------------------------------------------
Adobe Systems/ Netscape
----------------------------------------------------------------------
▼Adobe Systems
~~~~~~~~~~~~~~~
Heidelberger社は、Adobe社が特許権を侵害したとしてデラウェア地裁に告訴
した。Adobe社はそれには値しないと判断、抗弁していくとのこと。
http://www.adobe.com/aboutadobe/publicrelations/HTML/9811/981110.heidelberger.html

アドビシステムズ社社長の木村八郎氏の辞任を発表。12月1日以降の後任は現
在アジア地域マネージングディレクターのJesse D. Young氏。
http://www.adobe.com/aboutadobe/publicrelations/HTML/9811/981111.chginjapan.html
http://www.adobe.co.jp/whatsnew/pressrelease/9811/11JDY.html

▼Netscape
~~~~~~~~~~
新しい技術NGT(コードネーム)を発表。将来のクライアントソフトウェアの
開発への革命的な技術とのこと。コアとなるNGLayoutエンジンのソースコード
はMozilla.Orgにてダウンロードできる。
http://home.netscape.com/newsref/pr/newsrelease698.html
http://www.mozilla.org/newlayout/

【▼担当 土井 宏紀】 mailto:h-doi@pop13.odn.ne.jp
http://www1.odn.ne.jp/happy/imst/
<Adobe ImageStylerリファレンスサイト、リニューアルオープン!!!>

【▽担当 山口 壮/ えむ】 mailto:PXX06120@nifty.ne.jp
http://member.nifty.ne.jp/yamaguchi/

______________________________________________________________________
■本日キャッチしたコンピュータニュース関連
----------------------------------------------------------------------
コンピュータハードや一般など
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●iMacユーザーグループ「iMUG」が結成。アップル公認
http://qube.tandemsite.co.jp/groups/imug/

ソフト関連
~~~~~~~~~~
●恒陽社、HTMLエディター「HotDog PRO 4.0J」13日発売。Win95/98/NT4.0対応
http://www2.koyosha.co.jp/news/redirect.tmpl?number=1

●Mac用 Transit 1.1.1
http://www.panic.com/transit/download.html
*FTPクライアント 英語版

●Mac用 RecStrip1.0.0
http://www.246.ne.jp/~kykz/
*各種情報を保存するコントロールバー

●Mac用 uCalendar Ver1.4
http://www1.odn.ne.jp/~cac25790/soft1/
*スケジュール管理。Mac OS 8.5対応版

●Win用 Goma Ver2.01
http://www.orangesoft.co.jp/Goma2/
*暗号プログラムPGP5.5をWin上から使用するためのライブラリ

●Win用 FFFTP V1.49
http://www2.biglobe.ne.jp/~sota/product.html
*FTPクライアント

●Win用 ジャストシステム、Shuriken アップデートモジュール
http://www.justsystem.co.jp/download/shuriken/1.0win2a.html
*メーラのアップデータ

●Win用 小さなJPEGサムネイラ Ver1.6
http://www.asahi-net.or.jp/~ri3a-okn/chipro/chipro.html
*JPEGビューアー

【強力!べんりDesse -Mac/Win最新ソフト情報と役立つリンク集-】
mailto:joy@osk.3web.ne.jp
http://www2.osk.3web.ne.jp/~joy/benridesse/

______________________________________________________________________
■セミナー情報
----------------------------------------------------------------------
「デジタル・ビッグバン」セミナー
~情報産業に変革をもたらすデジタルテクノロジーとビジネスチャンス~
----------------------------------------------------------------------
主催者から以下のような案内が届きました。

■内容/
第一部「21世紀のデジタル社会と情報通信」
講師;古川 亨氏 マイクロソフト株式会社会長 
[講演主旨]
目前に迫った21世紀。急速に進むデジタル革命がビジネスや家庭、社会を変え
てゆきます。デジタル化を押し進める様々な最新技術の現状と今後を考察する
と共に、情報産業にとって生命線ともなる情報通信分野におけるマイクロソフ
トの戦略を紹介していただきます。

第二部「コンテンツビジネスにおけるインターネット」
講師;手嶋 雅夫氏 マクロメディア株式会社取締役社長
[講演主旨]
アメリカにおける情報産業は、ペーパーメディアからデジタルメディア、とり
わけインターネットにシフトしつつあります。特にインターネット技術を利用
したコンテンツビジネスは、紙やCD-ROMなどの各メディアと連携するマルチ
ユースの考え方と、情報を分析、活用するデータベース技術が不可欠です。世
界の動向を踏まえ、次世代のコンテンツビジネスで成功するためのポイントと
最新技術を紹介していただきます。

■会場/
梅田ステラホール
大阪市北区大淀中1-1
06-440-3901

■日時/1998年11月16日(月)
開場 13:30
開演 14:00~18:00

■参加費/2000円
■主催/
関西DTP協会
■協賛/
日刊・デジタルクリエイターズ/凸版印刷/(大阪商工会議所)/(NTT)

■問合せ/申込予約:y.abe@tic.tpk.toppan.co.jp

お申し込みの予約は以下のアドレスまで参加人数を明記して、送信してくだ
さい。
y.abe@tic.tpk.toppan.co.jp

______________________________________________________________________
■2000年問題ご意見募集
----------------------------------------------------------------------
167号の2000年問題について、いくつかのご意見をいただきました。専門的な見
地からのご意見、知識などもいただきましたが、この件に関しては、「2000年
問題を前にして、クリエイターは何をすべきか?」というテーマで、もう少し
募集してみたいと思います。ユーモアのあるご意見も大歓迎です! よろし
くっ! mailto:zacke@ppp.bekkoame.or.jp まで。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長  森川眞行 
     柴田忠男 
     神田敏晶 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.htm
広告の御相談はこちらまで   mailto:sales@dgcr.com

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊・デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.ne.jp/>で配信しています。

Copyright(C), 1998 デジタルクリエイターズ
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■