[0186] ストリーミングビデオが目指す課金制度は?

投稿:  著者:  読了時間:9分(本文:約4,100文字)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0186 1998/11/23発行
http://www.dgcr.com/      1998/04/13創刊
情報提供・投稿はこちらまで mailto:zacke@ppp.bekkoame.or.jp
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.htm
広告の御相談はこちらまで   mailto:sales@dgcr.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

---PR-----------------------------------------------------------------
○○○○○○ デジタルクリエイターズ広告募集開始! ○○○○○○○○○
○○○○○○  このスペースに広告をだしませんか? ○○○○○○○○○
○○○○○○   35文字×5行で2万円です。    ○○○○○○○○○
○○○○○○ sales@dgcr.comまで お申し込みください。○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
------------------------------------------------------PR--------------

●「ストリーミングビデオが目指す課金制度は?」
 月曜日担当:神田敏晶



「ストリーミングビデオが目指す課金制度は?」
月曜日担当:神田敏晶
----------------------------------------------------------------------
最近、日本のテレビ局でも、インターネットへのコンテンツ進出が目立つよう
になってきました。単に放送局のWebサイトを構築するだけでなく、テレビ番組
との連動が考えられるようになりました。

その一つの答えが、先日のクリントン来日時に、おこなわれた「筑紫哲也
NEWS23クリントンスペシャル」です。
http://www.tbs.co.jp/uspresident/
テキスト、PICT、映像と非常によくまとまったWebサイトであり、この番組を見
損なった人でもこのWebを見れば、テレビ放送の8割はフォローしたことになる
でしょう。残りの2割はCFと共有できなかった生放送の時間帯です。

このような特別番組の影響は、局側のプロモーションとしても効果があったと
思われます。実際にCNN、ABC、NBCなど、海外のメディアは、こぞってこのクリ
ントンの出演に関しては、ルインスキー問題について日本の主婦が質問したこ
としか報じていません。それに対してTBSは、それはこの番組の一部であったこ
とをWebで証明しています。Webがなければ、きっと全世界の人々はクリントン
が日本でルインスキー問題で、ヤリ玉にあげられたと感じていたことでしょう。

しかし、せっかくの露出チャンスにもかかわらず、このWebには、CFがカットさ
れています。テレビ番組スポンサーには国際的な企業のスポンサーがいるにも
かかわらず…。そこに日本の広告事情を察することができます。タレントから、
製作プロダクション、広告代理店までがインターネットの二次利用までを、よ
く考えていないからです。いや、考えていたとしても明確な価格決定が現在な
されていないからでしょう。また、テレビ・メディアからするとインターネッ
トはまだまだメディアとしては認識されていないようです。

今後、このような番組は、ひとつの結果をテレビ局にもたらします。それは、
ゴールデンタイムの測定方法です。テレビメディアのゴールデンタイムは、
朝、夜、と家庭生活の時間に依存していますが、インターネットの場合は、9時
以降の出勤してから、というゴールデンタイムがあるからです(深夜の11時以
降のテレホタイムは、日本だけの特例)。テレビ局のウエブマスターは、その
事実を早く真剣に番組会議で検討すべきなのです。ビジネスマンを対象にした
ニュース番組などは、さらにセンシティブになるべきでしょう。Webの統計情報
からは、視聴者のドメインから、属性がどこのISPの個人なのかどこのco.jpな
のかが明確に収集できるからです。

ビデオリサーチ、ニールセンなどの、有意抽出されたサンプル視聴率だけに頼
らず、ウエブサイトによるページビューによる新たな評価が加わるからです。
ページビューの測定方法は簡単で、テレビで関連URLをオンエアーするだけで、
個々の番組に対する20代~40代の男性を中心にしたインターネットマジョリ
ティの評価が瞬時にして集めることができるのです。視聴率では、見えなかっ
た属性が見えることは明確です。
現在テレビ局側は、それらのマーケティングツールとしてのインターネット活
用ではなく、打ち上げ花火的効果を期待しての実験段階であるといえます。

海外のテレビ局はインターネットでもテレビ番組と同じものを放送するという
「暴挙」がCNNを中心に流行っています(^_^)。CNNはテレビに限らず、ニュース
サイトのポータルを目指しているからこそ、この「暴挙」もプラスに出ていま
すが、それ以外は、あまり得策と思えないタレ流しを24時間おこなっています。
CNN
http://www.cnn.com

現在は局側のインターネットプロモーションという事で無料で放送されていま
すが、そのうち、その「暴挙」さに気がつくはずです。無料で見ている人は世
界でたくさんいますが、レジストレーションもなく放送されています。ページ
に告知されている広サービスを受けることができない国の人たちが無料で楽し
んでいる結果となっているのです。それであれば、ウオールストリートジャー
ナルの会員制で検索エンジンを提供する方がよほど得策なのかもしれません。
ウオールストリートジャーナル
http://www.wsj.com/

実際にビデオデータの将来は、コンテンツ属性をテキスト上で検索した上での
利用、さらにその放映に対しての少額課金に生き残りの道があるからです。実
際に一番少額課金が活用されているのはアダルトサイトですね。試しに
「live」」や「stream」で検索してみるとビデオ課金の現状がよくわかります。
18歳未満は禁止です(^^;)
http://www.naughty.com/

RealSystemG2等が、XMLをベースとしたSMIL(Synchronized Multimedia
Integration Language)を使用している事に対して、あまり有効な活用はされ
てはいません。今後は個々のビデオデータが検索できるような仕組みでないと
HTMLにぶら下がったコンテンツの呪縛からも抜けだせないことでしょう。

テレビ番組を新聞で調べていた時代のように、今後は検索エンジンで、自分に
あった番組を抽出して推薦してもらって、見ることが今後は「普通」になって
くることでしょう。また、もし見ることができなければ後から、割高な「再放
送」を引っ張ることも可能となるでしょう。

そのためには、階層構造を持ったXMLなどのドキュメントデータがビデオデータ
にも必須であり、新たな課金のシステムが必要なのかもしれません。しかし、
大事なのは、自分のサイトを訪れた人たちの属性データを収集できる方法や、
交換可能な貨幣に価するポイント制度を持つことなのです。

相手の属性がわかれば、推薦したり、地域を限定することができるのです。ま
た、飛行機会社のマイレージポイントは対価としての価値さえもっています。
自分のページにリンクを置いてもらったポイントが別のサイトの支払いに利用
できれば、Webの中だけの貨幣価値が生まれるのです。

これらの対価で少額課金がポイント制でエクスチェンジできる両替商のような
商売は今後インターネットでは十分考えられます。ブルーチップやロータス
クーポンのWeb版ですね。マイクロソフト社がリンクエスクチェンジ社を買収し
た要因のひとつがそこにあるように思えて仕方がありません。

【神田敏晶】かんだ・としあき
世界で一番小さなデジタル放送局KandaNewsNetworkを個人で営む
http://www.knn.com/ mailto:kanda@knn.com
英語検定4級(中1程度)の腕前を活かし、珍英語で世界を駆け回るビデオ
ジャーナリスト。老後は世界の友だちの家を毎日泊まり歩く事を夢に、地球的
な規模でネットワークを築く。年令不祥(自称27才独身)でマルチメディア界
のドン・キホーテと異名をとる。デジタルクリエイターズでは企画・マーケ
ティングを担当。
ビートルズバンド「The Beagles」ではバンマスをこなす(^_^)。

----------------------------------------------------------------------
●休日版としてお送りしました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長  森川眞行 
     柴田忠男 
     神田敏晶 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.htm
広告の御相談はこちらまで   mailto:sales@dgcr.com

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊・デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.ne.jp/>で配信しています。

Copyright(C), 1998 デジタルクリエイターズ
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■