[0221] 皆さんも創作活動に行き詰まったら、猫を飼いましょう。(^-^)/

投稿:  著者:  読了時間:19分(本文:約9,000文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0221 1999/01/09発行
http://www.dgcr.com/      1998/04/13創刊
情報提供・投稿はこちらまで mailto:zacke@ppp.bekkoame.or.jp
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.htm
広告の御相談はこちらまで   mailto:sales@dgcr.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

---PR-----------------------------------------------------------------
**************** デジタルクリエイターズ広告募集中! ****************
  デジタルでクリエイトすることに敏感な向上心のある読者に対して、
           広告を出してみませんか。
モニタや書評、プレゼント企画もお待ちしております。読者は全国規模です。
35文字×5行で2万円です。 mailto:sales@dgcr.com までどうぞ。
------------------------------------------------------PR--------------

●「皆さんも創作活動に行き詰まったら、猫を飼いましょう。(^-^)/」
 ゲスト:大賀葉子

●書評:「Painter Super Art Paradise」大賀葉子著
 「必然性のある生きた作例」で紹介されている
 吉井 宏

●怒濤のMACWORLDサンフランシスコもいよいよ終焉!

●ノストラダムスエンジン情報
 ◎現在登録数19件。カテゴリ情報と、昨日の新着情報

●展覧会情報
 ◎第50回全国カレンダー展
 ◎不思議建築のレントゲン-欲望の巨大装置-

●イベント情報
 ◎パテント&デザインフォーラム'99 -知的財産権とデザインビジネス-

●現在募集中
 ◎ ホームページリニューアルインフォメーション
 ◎ 新刊情報
 ◎ デジクリClassifieds



■私のニャンコ道 =^. .^=
「皆さんも創作活動に行き詰まったら、猫を飼いましょう。(^-^)/」
ゲスト:大賀葉子
----------------------------------------------------------------------
今ではすっかりネコ人間として生きている私も、以前はまさか自分が熱狂的ネ
コ信者になるとは思っていなかった。気がつくと「シンラ」の猫特集を読みあ
さったり、テレビやビデオや雑誌で猫を見かけると「猫!猫!」と叫ぶような、
まして、絵を描こうとするとすべて猫になってしまうというような人間では決
してなかった。
それ以前の私は動物全般(鳥を除く)が好きなだけの、柴田さんの愛犬「ハ
ニーちゃん」のくだりを読むたびに、目が糸になるような普通の(?)「哺乳
類好き人間」であった。

いや、こう言うと悪いが私はネコ人間たちを軽蔑してすらいた。猫好きという
人種は本当に熱狂的だし、猫に関する本や写真集は鬼のように出ているが、そ
れが逆に排他的に見えた。自分の猫に「ごはんでちゅよ、にゃんこたん~で
ちゅでちゅ~」と意味不明の幼児語を使うねこ人間達を見ていると決して美し
いとは思えず、理解もできなかった。

しかし今の私はそれを笑うどころか、その馬鹿者、その人だ。自分の猫が世界
一かわいい、ただのネコ馬鹿野郎だ。
財布に我が家の猫の写真を入れて持ち歩き、相手がすきさえ見ればそれをみせ
る大親ばか(というのか?)だ。子供を持っていないのでわからないが、親馬
鹿が見苦しいのと同じくらいネコ馬鹿を人にさらすのはとっても恥ずかしい。
しかし、猫への愛情は誰も止められないまでに、ふくれあがってしまうものな
のだ。当然、私のホームページの自己紹介は猫紹介のために作られている。

ふくれあがりついでに、最近は街の野良猫さんたちを見ても、遠い知り合いと
いった感情さえ湧いてくる。さらに、それが高じると、他の生き物全般にも妙
に親近感が湧いている。そして、テレビ等で熊を見かけても、「くま!く
ま!」と叫んでいるのだ…。今となっては、哺乳類好き人間というよりは、哺
乳類信者と言えるかもしれない。この現象は、猫好きの数人から報告されてい
るので多分私だけではないと思う。

ネコ信者になってしまった自分は今でも謎だが、猫は本当に不思議な魅力に満
ちた動物だ。これは「むくわれない相手を恋し続ける感情」にもよく似ている。
ネコ種は犬種と違って愛情を受け止めて反応してはくれない。全然つれないし、
こっちの言動にもおかまいなしだ。猫の毛はとても柔らかくて、撫でるとそれ
は気持ちがいいのだが、それも機嫌のいいときしか触らせてもらえない。

それだけに、たまに気が向いて、とか、単に空腹でなついてくれたりすると、
日頃つれなくされているぶん、ものすごい喜びとなってしまう。まるで、恋愛
経験豊かな女に翻弄される、ヴァージン青年のようだ(男性もヴァージンと言
う)。そんなことに反応している自分が哀れと言えば哀れだが、多分それも猫
の魅力のひとつだと私は思う。

猫は気が向いた時に気が向いたことをやっているだけなのだが、それにしては
不可解な行動が多い。それらの奇行がこちらの想像力を刺激し、いろいろな事
を空想させてしまう。「もしかして、人間の言葉も全部わかっているのに、解
らないフリをしているだけなんでは?」なんて、SF的想像にも火がつく。じっ
とこちらを見ているので振り向くとぱっと目をそらす、とか、気持ちよさそう
に撫でられていたかと思うとガブッと噛みつかれる、とか、ミステリアスな行
動(?)は枚挙に暇がない。

うちの猫は、夏になると仰向けにひっくりかえってバンザイして寝ている事が
多いが、寝ていると思ってちらっと見ると、ひっくりかえった逆さの姿勢のま
ま眼球をきょろきょろ動かしている。謎だ。スパイ活動か?時々何もいないの
に「何か」がいるかのように空中をずっと眼で追っていたりもする。謎だ。
時々舌をしまい忘れて、舌を出したままでしばらく過ごしている。…謎だ。 顔
を洗っている(毛づくろいしている)のでそれを見ていると、急にピタッと動
きをとめて30秒くらい私の眼を真剣に見つめ、急にものすごい勢いで走りだす。
そしてアクビ。…謎だ。

私はうちの猫が食欲にしか頭を使わないのを逆手にとって、いろいろ、芸も仕
込んでみた。煮干しで引き寄せた「手のり文鳥」ならぬ「肩のり猫」の芸や、
「ごはん?」という言葉に反応して「にゃん!」と鳴かせる芸などだ(これは、
会話中にその語をつかった場合にも反応してしまうため、お米に関する話がこ
の猫の前でできなくなり、困った事にになってしまったのだが)。猫に芸は仕
込めないというのはよく聞くが、うちの猫のような食欲の旺盛なタイプなら大
丈夫だ。人様におみせできるかどうかは別として…。

「猫で遊ぶ」のもまた楽しい。耳をひっくり返してみる、後ろ脚を手で持って、
前足だけで歩かせてみる、耳を倒して変な顔にして大笑いする、しっぽの中身
を触ってみる、等々は私がよくやる遊びだ。よく独身女性が猫を飼うと縁遠く
なるという説があるが、もっともだと思う。独身でない私でもこの有様なんだ
から。猫で遊ぶ、または観察していれば、半端な娯楽施設よりも楽しめる。ク
リエーターとしては偏った道を歩むことになるかもしれないが、まっいいか、
と諦める今日この頃の私である。皆さんも創作活動に行き詰まったら、猫を飼
いましょう(^-^)/。

最後に、ノラさん達の間で圧倒的な勢いで猫エイズが蔓延しておりますので、
外に出している猫飼いの人々はお気をつけくださ~い!

猫の話だと、まだこの百倍も書いてしまいそうなですが、柴田さんに「短編
で」と釘をさされているので、とりあえずここまで。
ありがとうございました。

【大賀葉子】 ディジタル・イメージ会員
ogre@ratio.co.jp
http://egg.tokyoweb.or.jp/questions/ogre/TobiNeko.html

______________________________________________________________________
■書評
「Painter Super Art Paradise」大賀葉子著
「必然性のある生きた作例」で紹介されている
吉井 宏 hiroshi@yoshii.com
----------------------------------------------------------------------
僕は(たぶん大賀さん自身も)Painterでは「手で描く」のがほとんどで、特殊
効果フィルタなどはあまり使わない。むしろ「フィルタ類を使わずに全部手で
描くのがエライ」と思ってる。

しかし、この本にはプラグインフィルタをはじめとする特殊効果を作品制作に
生かす方法がぎっしり載っていて、「こんな豊かなノウハウやプラグイン資産
を利用しない手はない」と思わせる。それぞれのプラグインや機能が「必然性
のある生きた作例」で紹介されていて、見ているだけでも楽しい。

1998年12月2日発売 ISBN4-87966-855-9
秀和システム 3400円+税
http://www.shuwasystem.co.jp/

●著者本人のコメント:
大賀葉子 ogre@ratio.co.jp

初めてPainterを手にした時に、それまでの「コンピュータに描かせて頂いてい
る」的な世界から「コンピュータを使用して描いている」世界に来た気がした。
バラ色の世界がいきなり広がった(ような気がした)。

これを手に入れたというだけで大いに舞い上がった。でも、その時点ではまだ
まだマイナーな存在であったPainterが、マイナー扱いされるたびに、我が子を
けなされた親のごとく、くやしさにハンカチのはじを噛み、枕を涙で濡らした。

そして、「私の」Painterを、何とか、RPGゲームで言うところの「最強の装
備」にしてやりたくて、私はプラグインに手を染めるようになった…。

…といった経緯でプラグインに手をのばしたPainter信者の本です。プラグイン
云々はともかく、Painter好きの方々とPainterを手に入れたばかりの方々には、
とりあえず手にとってみてほしいです!

http://egg.tokyoweb.or.jp/questions/ogre/TobiNeko.html

______________________________________________________________________
■怒濤のMACWORLDサンフランシスコもいよいよ終焉!
----------------------------------------------------------------------
いやあ、今回のMACWORLDサンフランシスコはすさまじかったですね! 今度の
Macは、デザインだけではなく、本当に新しいコンピュータ時代の幕開けだと感
じました。ただ、残念なのは価格を2万円アップしてでもフルーツカラーの
iMacにFireWireポートをつけて欲しかった。また、NewPowerMacG3マックも国立
公園のような名称のまんま、出せばいいのに…。新しいG3Macって古くなったら、
どう呼べばいいんだろう…。とにかく、周辺環境も一新する動きといえますね。

また、今回のエキスポ、特徴はインターネットの速報合戦! 国内でも手にと
るように現地の情報がわかるようになりました。インターネットジャーナリズ
ムはマスメディアを凌駕するかもしれませんね(…でも行きたかったなあサン
フランシスコ)。(神田)

インディペンデントなメディアが大健闘しています。

●Macお宝鑑定団
http://www.tcp-net.ad.jp/danbo/
コミュニティが成長すると、メディアの羅針盤となります。

●hagure-x
http://hagure-x.vow.ne.jp/index.html
魚井センセと岡村氏のレポート。等身大の情報を提供しています。

_____________________________________________________________________
■ノストラダムスエンジン情報
http://www.dgcr.com/
----------------------------------------------------------------------
思ったよりも出だしの悪いクリエイター系検索サイト「ノストラダムスエンジ
ン」。現在登録数18件。アマもプロもない、ボーダーレスな検索エンジン。つ
まり実力が勝負って感じですね。

今あるカテゴリは、
■コンテスト情報 ■イベント情報 ■団体・コミュニティ■リンク集
■マスコミ・出版 ■美術館・ギャラリー ■ニュースサイト ■スクール
■モニター・プレゼント ■検索サイト
■アニメーション ■CG ■コミック ■デザインアート ■DTM ■DTP ■DTV
■文字・フォント ■ゲーム ■写真 ■WEBデザイン ■ライティング関連
■コンピュータ ■インターネット ■その他マルチメディア

足りないものがあれば教えてください。クリエイターに役に立つものであれば、
なんでもOKです。ショップ関係や、プログラミングの方の場所もあります。ア
ピールのためにも使ってみてくださいね。

【昨日の新着】
●MUGCUP.COM - メールマガジンショップ。Mac関係、音楽、情報、生活なども。
●スタジオウッキー - RDやLWを使ったCGや、Photoshopのアクション集あり。
●「印刷之得夢」 - DTP・印刷・マルチメディアに関心のある人の交流の場。
●GOOFY BOX - デジタル絵描き・きみしまゆきこワールド。CGやデジフォト等。
●世界中のクールサイトへ「STRAIGHT FLASH!!」 - 動的技術サーチエンジン。

●スラッシュサーフネットワークス - ウエブサイトの企画、制作、管理など。
●佐藤健二 On The Web - 2D、3D、コラムのるつぼ。人間の絵を中心に描く。
●HSCM - ストラタ等を使って作成したCGの紹介、デジタルカメラによる写真。
●kk-0462 - 作詞、作曲、作画のshockwaveアニメ、ギャグGifアニメ。
●Imaginary Garden - デジハリ卒業生の2D、3D、Shockwave、Flash、Web作品

●factory ISI - グラフィックデザイナー。印刷物、Web のデザイン承ります。
●GOTO STUDIO - プライベートで撮りためた写真を掲載や、趣味の旅行記事。
●防人瞬華のHP - CGサイト。
●G-TOOL - 無料で3万点のホームページ用素材を提供。
●FIREWORKS徹底検証 - Macromedia Fireworksを徹底検証したページ。

●シリコンカフェWebサイト - デジタルクリエイター、森川眞行サイト。
●mi's page - グラフィックデザイナー疋田美幸。Expressionのマニュアルも。
●site of miku - Macに関するニュースと出張サポート。

______________________________________________________________________
■展覧会情報
----------------------------------------------------------------------
第50回全国カレンダー展
----------------------------------------------------------------------
第50回全国カレンダー展の展示が東京及び大阪でおこなわれる。この催しは公
募展で、886点の応募作品の中から88点の入賞作品を選出した。内閣総理大臣賞
には、(財)2005年日本国際博覧会協会の作品が選ばれた。予備審査で選ばれた
677点の入選作品の展示会は下記の通り。

東京会場 1月11日(月)~13日(水)
東京国際フォーラム地下1階ロビーギャラリー
大阪会場 1月12日(火)~14日(木)
大阪マーチャンダイズ・マート2階Fホール

日本印刷産業連合会
http://www.jfpi.or.jp/

______________________________________________________________________
■展覧会情報
----------------------------------------------------------------------
不思議建築のレントゲン-欲望の巨大装置-
http://www.inax.co.jp/Culture/g-space/gallery/gallery_top/go_sch.html
----------------------------------------------------------------------
<以下は主催者案内より抜粋。詳細についてはWEBをご覧ください。>

日常風景の中にみる不思議な巨大な構築物。あまりにも巨大なために「この建
物はいったい何だろう?」、「なぜこんなに大きいんだろう?」、「内部はど
うなっているんだろう?」と首をかしげます。本展ではこれら不思議建築をレ
ントゲン撮影するかのように内部構造を透かし視ることでわたしたちの疑問を
解き明かします。レントゲン写真の代わりのイラスト、そしてドアスコープか
ら目に飛び込む不思議建築の数々を会場でご紹介します。

キー・ワード<都市の生活を支えるさまざまな施設>

●開催期間 
1999年2月19日(金)まで。毎週水曜日休館

●会  場 
INAX大阪ショールーム2F
〒550-0013 大阪市西区新町1-7-1
INAX大阪ショールーム2F
TEL.06-539-3518

______________________________________________________________________
■イベント情報
----------------------------------------------------------------------
パテント&デザインフォーラム'99 -知的財産権とデザインビジネス-
http://www.mydome.or.jp/oidi/
----------------------------------------------------------------------
以下は主催者案内より。詳細はサイトにて。

産業の国際化、情報化が進展する中、デザインをはじめとして、ソフト、情報、
技術等の知的生産物の活用がますます重要になってきています。このフォーラ
ムでは、これらの権利を守り、産業や生活の発展・向上に貢献する知的財産権
とデザインビジネスをテーマに、各種講演会、討論会、デザイン開発提案の発
表などを行います。皆様、奮ってご参加下さい。

●開催趣旨
・デザイン、ソフト、情報、技術等の知的生産物の重要性の理解と、これらの
 権利の保護・育成の役割を担い、産業の発展や生活の向上に積極的に貢献す
 る知的財産権についての認識を深めます。
・デザイナーおよび企業のデザイン開発にとって、現行の工業所有権、著作権、
 不正競争防止法等の知的財産権が、有効に機能しているかどうかについて、
 様々な角度から議論を行い、問題点や課題を整理します。
・デザイナーによる休眠特許を活用したデザイン開発提案の事例紹介を行い、
 新しい製品開発のためのシーズを発掘します。

●開催日 平成11年1月12日(火)、13日(水)、14日(木)
●開催場所 関西特許情報センター …大阪市天王寺区伶人町2-7
●受講対象者 中堅・中小企業者、デザイナー、企画開発担当者、起業家等
●定員 各セッション150名
●参加費 無料(全セッション)
●お申込方法 ホームページ・FAX・郵送のいずれか
●お問い合わせ先
 大阪府立産業デザイン研究センター 研究指導班
 〒541-0054 大阪市中央区南本町4-3-6 大阪府商工会館内
 TEL 06-281-0327  FAX 06-281-0328
●主催 大阪府立産業デザイン研究センター、大阪府立特許情報センター、協
 同組合大阪デザインオフィスユニオン、社団法人発明協会大阪支部、弁理士
 会近畿支部、関西特許情報センター振興会、社団法人大阪府技術協会 
●後援 特許庁、近畿通商産業局、社団法人関西ニュービジネス協議会、財団
 法人大阪府研究開発型企業振興財団、大阪府研究開発型企業振興協議会、神
 戸ファッションクリエーターズクラブ

______________________________________________________________________
■現在募集中
----------------------------------------------------------------------
「ホームページリニューアルインフォメーション」
「新刊情報」
「デジクリClassifieds」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長  森川眞行 
     柴田忠男 
     神田敏晶 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.htm
広告の御相談はこちらまで   mailto:sales@dgcr.com

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊・デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.ne.jp/>で配信しています。

Copyright(C), 1998 デジタルクリエイターズ
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■