[0296] ただいま春休み中なのでガメラを観た

投稿:  著者:  読了時間:14分(本文:約6,900文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0296 1999/04/07.Wed発行
http://www.dgcr.com/      1998/04/13創刊
情報提供・投稿はこちらまで mailto:zacke@ppp.bekkoame.ne.jp
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
広告の御相談はこちらまで   mailto:sales@dgcr.com
前号の発行部数 11594部
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

---PR-----------------------------------------------------------------
**************** デジタルクリエイターズ広告募集中! ****************
  デジタルでクリエイトすることに敏感な向上心のある読者に対して、
           広告を出してみませんか。
モニタや書評、プレゼント企画もお待ちしております。読者は全国規模です。
35文字×5行で2万円です。 mailto:sales@dgcr.com までどうぞ。
------------------------------------------------------PR--------------

●ただいま春休み中なのでガメラを観た
 水曜日担当:笠居トシヒロ

●イベント情報
 ◎「フロッケ6」展

●プレゼント情報
 ◎「バーチャル・ビューティコレクション」第3号・クリスタル編

●商品追加!! 読者限定「激安」キャンペーン

●現在募集中



ただいま春休み中なのでガメラを観た
水曜日担当:笠居トシヒロ
----------------------------------------------------------------------
2回も続けてゲストの方に助けてもらった水曜日ですが、ボクのこと忘れてま
せんよね? ねね? で、今回は春休みのお話~~。

先日ちょっとばかり用事があって、珍しく繁華街へでかけた。世の中春休みと
いうこともあってか、街中には昼間から若者があふれていた(うわ、われなが
らジジくさっ)。いや、別に街中に若者があふれていることはワタクシにとっ
てどーでもいいことだ。短い青春の日々を思う存分謳歌していただきたい。

問題は家の中にあふれている幼児の嬌声である。春休みは当然幼稚園もお休み
であるからして、ヨメもムスコもムスメも遅くまで寝ている。いつもなら、朝
食の支度ができたところで仕事を切り上げ、食事の後ムスコが幼稚園へでかけ
てから床につく、というのがボクの生活パターンだ。小さな子どものいる自宅
で仕事をしようとすると、だいたいこんなパターンに落ち着くと思う。

ところが休みの日には、この仕事に区切りをつける「朝食」というイベントが
省略されてしまうことが往々にしてある。「なんかめっちゃ腹へったなあ」と
思ってふと時計を見ると、すでに11時を回っていたりするのである。しかたが
ないのでキッチンをあさって食料を探していると、物音に反応して子どもらが
起きてくる…「とーちゃんメシ食うのか、ワシらも食う。めしめし」…ガキに
メシ食わせて自分も詰め込みさて寝よう…するとガキどもエンジン全開で遊び
はじめる…お父ちゃんうるさくってまったく眠れない…ウトウトしたと思った
ら晩飯だと起こされる…メシ食って寝直すわけにもいかずそのまま仕事を再開
…気がつくともうお昼前、という最悪のループに突入するのである。

早く新学期になってくれ、体が持たんぞ。

しかし、お父ちゃんとゆーものは寝不足だろうが消化不良だろうが、お休みに
は「家族サービス」をせねばならんのである。こっちはフリーだから曜日関係
なく働いているのに、毎日遊んでいる幼児の遊び場所が公共施設から自宅にか
わったというだけで「サービス」を強要されるのは不可解を通り越して不愉快
ですらある。が、そうしないとヨメの機嫌も悪くなる一方でメリットが極めて
少ないのでそうする事になるのだ。したがって、どうせなら自分もある程度は
楽しめる「サービス」にするべきであろう。まちがっても土日の遊園地などに
足を運んではいけない。こっちには「ちょっと段取りすれば平日でも遊びにい
ける」というフリーならではの強みがあるのだからね。わかった?

というわけで月曜日にムスコを連れてガメラ3を観にでかけた。これなら自分
も結構楽しめそうだ。実は前作・前々作と全然観てなかったのだが「G3はス
ゴイ!」という周囲の噂をきいて、いっちょう観てやろうかという気になった
のである。もちろん、G1・G2も事前にビデオで学習しておいた。

白状するとボクは劇場で映画を観ることが極端に少ない。基本的に没交渉な環
境で楽しみたい作品を、見ず知らずの他人に気を使いながら、また見ず知らず
の他人から迷惑を被りながら観る、という映画館における宿命的環境がキライ
なのである。映画館の窮屈な椅子もキライだ。最近は多少マシな椅子のところ
も増えてきているが、ボク自身の体(とくにギックリ4回やってる腰)も正比
例的に長時間の座姿勢に耐えられなくなっているので、事態は改善していない
のと同じなのである。で、普段は観たい映画があってもビデオがでるまでじっ
とがまんし、さらに貸ビデオ屋で「NEW」のシールがはずされるのを今か今
かと待ち、ようやく自宅でゆっくり鑑賞できるという段取りになっている。

G3を劇場で観る気になったのは「同時上映がドラエモンである、したがって
G3のほうは平日昼間ならガラガラ」というまつむら情報を得たからだ(笑)
今回でかけた地元の映画館では「G3はいつもかなりガラガラ」な状態である
ようで、大小2つある映写室の小さいほうで上映(新聞には大のほうで上映と
書かれていたのに!)していた。観客もまばらで、おかげでゆっくり鑑賞でき
たが、いくら平日とは言えこれでは興業成績も芳しくなかろう、といらぬ心配
までしてしまった。都会の大劇場ではどんな具合なのか知らないが、おして知
るべしではあるまいか?

そうそう、地元の映画館にしたのは「地域振興券」を使えるからだ。子どもの
いる家庭に、と配られる金券の非常に正しい使い方であろう。そこの「自作機
改造資金にあててやろうかグフフ」とか思ってるしと、子どもの神様に罰あて
られちゃうかもしんないからやめときなさい。

G3自体のできは噂通りかなりエかった。筋立てやストーリーのテンポなども
よかったが、とくに特撮はすんばらしい出来栄えで、ガメラそのものの造形も
市街地の破壊シーンなども、従来の日本映画の常識を遙かに超える完成度だっ
たと思う。いや、京都駅の破壊シーンなんてマジで実物壊してるとしか見えな
かったもの。邪神イリスだけは造形も動きもなんか現実離れしすぎててちょっ
と浮いちゃってたけどね。

しかしここまで特撮(含CG)の完成度が高いと、役者の演技のほうが見劣り
してしまう。こういっちゃなんだけど、今回のG3で特撮に負けない演技をし
ていた役者っていなかったような....これってよくできたアニメーション映画
が声優(とくに普通の俳優を起用した場合など)の演技でダメになるのによく
似てるような....制作者側も、人間ドラマの部分を省略・ボカシ過ぎなんじゃ
ないかなぁ、特撮のアイデア練ってるほうが楽しいとは思うけどさー、ちと残
念であった。

と、なんだか今回はクリエイティブとまったく関係のない話ばかりのようだが
前半は「自宅でSOHO」をもくろんでいるフリー・クリエイター予備軍に対する
アドバイスがさりげなく散りばめられたハウツーものであり、後半はデジタル
に頼ってばかりいると、肝心の感性の部分でボロがでてしまうので気をつけま
しょうね、という自分自身を含めたクリエイター諸氏への警鐘が比喩的に含ま
れた、ありがたい啓蒙文なのである。そこんとこわかんなかったしとは、それ
を踏まえてもう一度読み直してみよう。

どう? 読み直した? え? そんなふうには読めなかった? …結構鋭いで
すね(^^;
こういうふうに後から適当なコンセプトをでっち上げることを「あと付け」と
いう(単なる屁理屈ともいう)。クライアントへのプレゼンの時や編集・代理
店などから直し・クレームが入ったときなど「あと付け」がウマイと実労力を
かなり削減できるのことがあるので、折を見て練習しておくとよいであろ~。
ちゃんちゃん。

【プロフィール】
かさい・としひろ(グラフィックデザイナー)
京都市立芸術大学油画科卒業後、某特殊印刷会社でMacintoshによるDTPシステ
ムの構築を手がける。 在職中に書いた本がきっかけで独立、現在はWebを中心
としたグラフィックデザイン全般を手がけながら後進の指導にもあたっている。
Macromedia Flash - Mailing List 主宰  NIFTY-SERVE FGRAPHIC Sub-SysOp
デジタルクリエイターカレッジ WAO! 大阪校 Webコース講師
共著書:みんなのFlash2・デザイナーが遊ぶWebデザイン等
<http://www.mad-c.com/>

まつむらまきお氏との共著書「Flash3J Professional Technique」
定価:2800円+税 D-ART刊(ISBN4-88648-523-5)が好評発売中!
この本の作例を元にしたWebセミナーを、Macromediaのサイトで展開中!!
<http://www.macromedia.com/jp/software/flash/training/>

______________________________________________________________________
■イベント情報
----------------------------------------------------------------------
「フロッケ6」展
http://www.digitalogue.co.jp
----------------------------------------------------------------------
<以下は主催者案内より。詳細はお問い合わせください。>

デジタローグギャラリーでは、4月25日(日)より5月31日(月)まで恒例の
「フロッケ6」展を開催いたします。

フロッケとはフロッピーマーケットの略称であり、つまりはフロッピーのコミ
ケです。フォント、アイコン、ムービーからTシャツ、書籍、ポストカード、果
てはヌイグルミまで、コンピュータを使ったオリジナルのモノであれば何でも
OK、誰でも出展できる「世界一作品数の多い展覧会」です。

また、これらの作品は、作家自身が値段を決めて販売されます。そこにはまさ
に「ダンボールをひっくり返して探す楽しさ」、「中身のわからない中古レ
コードを買った帰り道の楽しさ」があります。昨年の作品応募総数は460点あ
まり。入場者数も3000人を越える大盛況でした。

作品の傾向として、ここ数年オリジナルフォント作品が急激に増え、現在の
フォントブームはここから始まったとも言えるほどです。実用作品と呼ばれる
フォント、アイコン集とは逆に、玉が当たる位置によって音が変わる卓球ラ
ケットや、自作のコンクリートオブジェなどフロッケ展じゃないと手にはいら
ないモノなど集まる作品は毎年さまざまです。

そして、デジタローグが優秀作品とみなした作品を作った作家には、デジタ
ローグによって支援されプロデュースされる特権、「ゴールド・タレントカー
ド」が与えられます。今年も新しいもの、面白いもの、見たことのないものが
集まることを私共も楽しみにしております。

また会期中、デジタローグとボイジャーが運営するインターネットコンビニエ
ンスストア DiVO (http://www.divo.co.jp/) ホームページからのダウンロード
販売も行う予定です。

開催日:1999年4月25日(日)~5月31日(月)
作品の締切日:1999年4月20日(火)

______________________________________________________________________
■プレゼント情報
----------------------------------------------------------------------
「バーチャル・ビューティコレクション」第3号・クリスタル編
http://www.dgcr.com/present/
----------------------------------------------------------------------
書店で平積み大ばく進中であり、3D制作者&ファン層を広めたといわれる「
バーチャル・ビューティコレクション」第3号のクリスタル編(283号で紹介済
み)のプレゼント受付中です!

「バーチャル・ビューティコレクション」の第3号のクリスタル編
http://www.agosto.com/

----------------------------------------------------------------------
プレゼント応募フォームはこちら。
http://www.dgcr.com/present/

●締め切りは
「バーチャル・ビューティコレクション・クリスタル編」
 4月15日(木)、午前8時タイムスタンプ(日本時間)

フォームで送信できなかった方は、下記フォーマットを
zacke@ppp.bekkoame.ne.jpまで
subject「バーチャル・ビューティコレクション・クリスタル編」
で、ご応募下さい。

【電子メールアドレス】
【氏名】
【得意分野】
【郵便番号】
【住所】
【TEL】
【URL】
【好きなライター・クリエイター】
【コラムに登場して欲しいクリエイター】
【あったらいいなという企画内容】
【ひとこと】

______________________________________________________________________
■商品追加!! 読者限定「激安」キャンペーン
http://www.agosto.com/dp_special/
----------------------------------------------------------------------
254号でもお知らせしましたが、「読者限定」キャンペーン実施中です。今回、
お馴染みのPhotoshopやIllustrator、プラグインなど、ラインナップを増やし
ました。どうぞ価格チェックを!!

詳細は上記アゴストさんのサイトへゴー。今月の「アート&デザイン」や吉井
宏さんのペインター本、柴田編集長編の美少女本もよろしく。

アゴストさんのサイトでは、アンケートプレゼントも実施中。
http://www.agosto.com/dp/pre.html
アゴストのサイト
http://www.agosto.com/

______________________________________________________________________
■現在募集中
http://www.dgcr.com/etc/invite.html
----------------------------------------------------------------------
●読者プロフィール
●ホームページリニューアルインフォメーション
●新刊情報
●デジクリClassifieds など、
クリエイターに有益なもの全般!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長  森川眞行 
     柴田忠男 
     神田敏晶 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.htm
広告の御相談はこちらまで   mailto:sales@dgcr.com

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊・デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.ne.jp/>、Pubzine<http://www.pubzine.com/>の
システムを利用して配信しています。

Copyright(C), 1998-1999 デジタルクリエイターズ
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■