[0300] デジタルTVの未来にあるもの

投稿:  著者:  読了時間:19分(本文:約9,000文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0300 1999/04/12.Mon発行
http://www.dgcr.com/      1998/04/13創刊
情報提供・投稿はこちらまで mailto:zacke@ppp.bekkoame.ne.jp
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
広告の御相談はこちらまで   mailto:sales@dgcr.com
前号の発行部数 11640部
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

---PR-----------------------------------------------------------------
**************** デジタルクリエイターズ広告募集中! ****************
  デジタルでクリエイトすることに敏感な向上心のある読者に対して、
           広告を出してみませんか。
モニタや書評、プレゼント企画もお待ちしております。読者は全国規模です。
35文字×5行で2万円です。 mailto:sales@dgcr.com までどうぞ。
------------------------------------------------------PR--------------

●デジタルTVの未来にあるもの
 月曜日担当:神田敏晶

●イベント情報
 ◎MacDays in GW ~iWeek~

●Kanda News Network
NAB`99速報&取材完全版ビデオ販売のお知らせ!

●プレゼント情報
 ◎「DTPマルチメディア用語集」プレゼント
 ◎「バーチャル・ビューティコレクション」第3号・クリスタル編

●商品追加!! 読者限定「激安」キャンペーン

●現在募集中



デジタルTVの未来にあるもの
月曜日担当:神田敏晶
----------------------------------------------------------------------
KNN神田@シリコンバレーです。
さて、今週の17日からラスベガスではじまるNAB'99
(The NationalAssociation of Broadcasters全米放送連盟の機器展示会)
ですが、ボクが楽しみにしているショウのひとつです。

ノンリニア編集機の登場以来、放送機器展といっても、徐々にコンピュータシ
ョウとの区別がつきにくくなってきています。この数年の流行は、バーチャル
セットのような大がかりで何億円もしたものがもう既に何1000万円、そのう
ち何百万、いや何十万の世界へ突入することでしょう。同様にノンリニア編集
機もDVコーディックの登場により、きわめて今や数万円の規模にまで下がって
きました。

今回、ボクは世界で一番小さなデジタル放送局をアピールするためにNAB'99
に取材と称しながら自己宣伝に行くようなものです。というのは、彼らからす
ると日本人がヘタな英語で自分で自分自身を撮影しているスタンスは脅威なの
です。フランスのル・モンドが興味を持ってくれたのはそんなところでした。

というのは大規模の4大ネットワークは別格として、地域のCATV局なんて米
国には、はいてすてるほどいます。彼らの競争は熾烈です。放送機器のダウン
サイジング化はコンピュータのパソコン化によく似ており、参入障壁が低くな
ることにより、新規の参入業者を増やしながらも、広告主は増えないというジ
レンマに陥っているからです。

重なる人件費と機材のローンとプロダクションは大変です。そこに日本のあん
ちゃんが、カメラ片手にリポートしながら営業しているわけですから、彼らの
驚く顔は愉快でなりません(^_^)。

昨年のNAB'98ではデジタルTV元年ということで、低価格化ではなく、デジタ
ル機器へのリストア市場に向けて走りだしたところですが、今年はさらに拍車
がかかる事でしょう。しかしですよ。こちらに来てから何100チャンネルもあ
るデジタルのTCIのケーブルテレビに契約して見ていますが、どの番組もつま
らないボーリングTVばかりです。多チャンネル化はつまらない番組ばかりを生
み出しています。

そればかりか、ややこしいのが、テレビのインタフェース。せっかく見たいイ
ンデックスで検索できても、有料放送だったり、あと30分後だったり、今放送
していないとか、特別に契約が必要とか…。

さらにやっかいなのがケーブルテレビ局からのメールが頻繁にやってきて、読
まない限り、テレビの右上にメールが点滅しています。うっとおしいといった
らありゃしない。

ハッキリいって、チャンネルをまわしていた時代が恋しくなりました。ブラウ
ザのようにチャンネルのブックマークもあるのですが、そのインタフェースが
また、タコなのです。

今のデジタルTVに希望するのは、チャンネルサーフの機能です。学習機能を持
ってテレビを見る人の好みにあわせてチャンネルサーフィンしたいのです。ど
うしてパラメータを決めるかというと、ある時間見つづけている番組を好んで
いると判断してくれて自動運転モードであれば、適当にチャンネルが時間とと
もに変化していけます。

もちろんWebTVなどがハードディスクに録画して番組を見られるサービスを
開始中ですが、録画した番組なんて一生、いつでも見られるからボクは、見な
いと思います。また、優先順位は生で何も面白い物が無いことを確認してから
見ませんか?

むしろ、ライブでやっている番組をリコメンドしてくれるサービスの方が重要
です。今年のNABではそんなサービスを発見したいものです。また、デジタル
TVの場合は視聴率ではなく、実際に視聴者数が明確にはじくことができます。
するとテレビの広告スタンスも大きく変化をとげることができます。また、チ
ャンネルサーフプログラムそのものに広告をはさめば、これはこれで大きな広
告媒体となることでしょう。

しかし、テレビゲームをやったり、インターネット、さらにWebTVなど、TV
放送業界にとって、これからの数年は骨肉を争うディスプレイ時間の抗争に巻
き込まれます。

ボクは、こちらで先月から著作権をすべて自分で管理できる映像を集めだして
いますが、既存の放送局の著作権管理は再放送するつもりで作っていないので、
大変なこととなっています。タレント、制作プロダクション、スクリプター、
放送局、CATV局まで、いろんな人の権利がからんでいるのです。

ハリウッドの映画の利用率が300%あるにもかかわらず、TV放送はたった4.6
%しか再利用されていないのが悲しいTV業界の現状です。そういう意味ではTV
は広告でまかなう、所詮フリーペーパーの映像版にすぎないのです。しかし、
中には秀逸な番組がたくさんあります。たくさんの人手と予算と時間をかけて
制作された番組が瞬間、瞬間、空気の中へ消えさっていくのです。

その歯止めをかけるのがインターネットなのです。技術は融合しますが、それ
ぞれのメディアのメンタリティはそのまま形を変えても残っていくとボクは思
います。それは映画館がテレビに負けなかったように、演劇が映画に負けなか
ったように、ラジオがテレビに負けなかったように、時計がテレビに負けなか
ったように、新聞がラジオに負けなかったように…。いろんな意味でメディア
が残っています。

しかし、インターネットを今、ワイヤレスモデムでGPSで位置を確認して使う
とそれはもう、カーナビになりますし、MP3でステレオに繋げばカーステレオ
です。さらにインターネットフォンで使用すれば携帯電話、ストリーミングで
接続すればミニ放送局のできあがりです。どの国の電波の法律にもふれません。

そのうち、ボクのレンタカーは中継車となっていることでしょう。数年前のク
オリティならDVでIEEE1394を経由してしまえば十分というほどです。

さらに、過去のデジタルのテロッパーやDVEなどの特殊効果よりもAdobe
AfterEffectsの効果の方が数段、カッコいいものができます。しかし、むしろ
これからは手書きのテロップでもいいし、古いDVEのワイプを米国では使って
いますが、無茶苦茶カッコ悪いです(^_^)。

そんなところはMacとAFでがんばっていただいて、これからの人は、そんな従
来のフォーマットは無視して、デジタル時代の番組づくりが必要だと思います。

日本の使えない文字放送がありましたが、こちらのCC(クローズドキャプショ
ン)は、昨日、グッドガイという電気屋で買ってきたパナソニックの子会社の
Quasarの200ドルのVHS月13インチですら標準でついています。これだけで
も番組のすべてを英語の文字で確認できるため英語の勉強というよりも番組の
理解にかなり役立ちます。

そんな技術もインターネットで補完すればテレビはますます面白くなります。

かつて日本でケーブルテレビ局の申請にいきましたが、NTTの管轄である電信
柱の一本一本に許可のハンコをもらってこないと、ケーブルをはることさえで
きません。そんなこと、電信柱の許可を得るまでに一生かかってしまいます。
そんな状況では日本でインディペンデントな放送人が育つわけがありません。

これからは世界で一番小さなデジタル放送局であるとともに、インターネット
を駆使した世界の同胞たちと21世紀をにらんだ、映像コンテンツのネットワー
クを作って行きたいと考えています。世界中にいる問題意識を持っている人に
契約ジャーナリストになっていただき、ビデオを送っていただき、それをKNN
で放送するというスタンスを考えています。

CNNやABCが流しているニュースとは全く違った角度からの映像を見ることが
できるのです。上から見下ろした記者の視点ではなく、現場で生活する人と同
じ生活者の視点でお届けしたいのです。

そのうち、ICQやNetMeetingで世界中の人とリアルタイムに取材の指示がで
きれば、CNNのテッドターナー戦略と同じことが、数千万分の一の規模で可能
になると思うのです。

夢のような話かもしれませんが、KNNのデジタルテレビは今年暴れます!

ちょっぴり宣伝モードですが、商売もしっかりやっています(^_^)

----------------------------------------------------------------------
アスキー24でもNAB'99速報を提供いたします。
http://www.ascii.co.jp/ascii24/
----------------------------------------------------------------------
【神田敏晶】かんだ・としあき
世界で一番小さなデジタル放送局KandaNewsNetworkを個人で営む
http://www.knn.com/ mailto:kanda@knn.com
英語検定4級(中1程度)の腕前を活かし、珍英語で世界を駆け回るビデオ
ジャーナリスト。老後は世界の友だちの家を毎日泊まり歩く事を夢に地球的な
規模でネットワークを築く。年令不祥(自称27才独身)でマルチメディア界の
ドン・キホーテと異名をとる。デジタルクリエイターズでは企画・マーケティ
ングを担当。ビートルズバンド「The Beagles」ではバンマスをこなす(^_^)。

_____________________________________________________________________
■イベント情報
----------------------------------------------------------------------
MacDays in GW ~iWeek~
http://iweek.vow.ne.jp/
----------------------------------------------------------------------
<以下は主催者案内より。詳細はお問い合わせください。>

今、Macintoshをめぐる環境・状況は、大きな「うねり」の中にあると言えます。

「5色のiMac」に代表されるAppleブランドおよびMacintoshの認知度アップ、
Internetの普及による、コミュニケーション・ネットワークの広がりといった
現状のもと、ユーザー・グループの手作りによる“関西で一番元気なMacのお
祭り”を、下記の要領で開催いたします。

展示内容:
◎Macintosh博物館(立野コレクション)/日本における有数のMacintoshコレ
 クターである立野康一氏とMacFan編集部の協力のもと、Apple II時代からの
 発売された当時のシステムで動く歴代Macintoshが勢揃いします。
◎Macintosh関連ベンダーによる商品展示、デモなど/Macintoshのソフトウェ
 アや各種ツールなど、最新の製品をデモンストレーション。初心者からヘ
 ヴィ・ユーザーまで必見のイベントです。
◎iMac & New G3コーナー(周辺機器を含む)/大人気のiMacを一斉に展示する
 とともに、周辺機器も一堂に集めます。特にUSB対応のものや各種コネクタ、
 アダプタなど、すぐに役立つ情報がぎっしり。
◎ユーザー・グループによるよろず相談室とオリジナル展示/名うてのパワー
 ユーザーが、来場者の疑問や悩みにずばりと答えるフレンドリーな企画です。
 特に初心者の方には心強い味方です。

記念講演:毎日コミュニケーションズ『MacFan』 滝口直樹 総編集長 他

ステージ:
Mr. Tipsこと立野康一氏による楽しいおしゃべり/スーパーロックグループの
TUBEのベーシスト角野秀行や関西のMacファンにはお馴染みの人気アナウンサー
等によるトークショー/ Mac愛好アーティスト(嵜田ハジメ、石野桜子など)
による各種ライブ公演/協賛各社による製品紹介/参加ユーザグループによる
ユニークな活動紹介 等

プレゼント:ご来場者の方に様々なプレゼントを取り揃えています。

会場:OAP(大阪アメニティパーク)12階会場(911m*2)
大阪市北区天満橋1-8-30 (JR桜宮駅西口より徒歩5分)
期間:平成11年5月1日(土)~5月4日(火)
開催時間:午前11時~午後5時(5月4日は午後4時まで)
入場料金:無 料

主催:iWeek実行委員会
後援:讀賣テレビ放送株式会社
協力:株式会社毎日コミュニケーションズ/アップルコンピュータ株式会社
制作:近畿マッキントッシュ・ユーザグループ会議(KUGC)/gyoukai Macな会
運営:株式会社サウンドクリエーター
動員見込:延べ10,000人(4日間)
問合せ先:iWeek実行委員会事務局
Tel/06(6357)9944 
e-mail/iweek-info@fishbone.tm

_____________________________________________________________________
■Kanda News Network
NAB`99速報&取材完全版ビデオ販売のお知らせ!
----------------------------------------------------------------------
Kanda News Network(KNN)の神田敏晶編集長が、ラスベガスで行われる
『NAB`99』の取材を行いそのビデオを販売いたします。

<商品内容>
1.NAB`99速報ビデオ(約30分)
神田編集長の最新レポートをダイジェストにまとめた速報ビデオ。
19日の初日の展示会映像です。●●●の発表があるかも!
Fedexで東京へ直送し、それをダビングしたものをVHSでお手元へ宅配便でお
届けします。

2.NBA`99取材完全版ビデオ
入り口から展示ホール、カンファレンスまでKNNが総力を上げて取材をした完
全版ビデオ 最新のラスベガスの情報も満載です!
(なお、ビデオ音声のL・Rは神田編集長の声と現場音に分けてあります)

<商品お届け予定日>
1.速報ビデオ・・・・・NAB終了後、1週間以内にお届け
2.完全版ビデオ・・・・NAB終了後、3週間以内にお届け

お申し込みはFAXでお願いします。
FAX番号:03-5467-6657(ニュクス株式会社)
【 NAB`99速報&取材完全版ビデオ販売のお知らせ! 】
<フリガナ>
■会社名 部署名
<フリガナ>
■申込者 役 職
■TEL ■FAX
■E-Mail
  (〒   )
■ご送付先
■特に取材をしてほしいポイントを3つ以内でご記入ください。
 【1】
 【2】
 【3】

<販売金額>
■定価:8万円 
お問い合わせ先:
ニュクス株式会社 TEL:03-5468-7631/FAX:03-5467-6657
E-Mail:knn@neux.co.jp  <担当:久保木>

______________________________________________________________________
■プレゼント情報
----------------------------------------------------------------------
「DTPマルチメディア用語集」プレゼント
http://www.DailyM.monz.co.jp/
----------------------------------------------------------------------
印刷之世界社「デイリーM」提供の
ハイブリット版CD-ROM「DTP・マルチメディア用語集」(2000円)を抽選で5名
様にプレゼント

・これからのデザイン・印刷関連の社内研修、教材などに最適
・インターネットにつなげば最新用語集がゲットできる「古くならない用語集」
・この春話題の印刷資機材情報も収録

文字組版からインターネットまで、約1500語を収録。「マルチメディア」関連
の用語を充実。HTML形式で作成されており関連用語へのジャンプ機能も充実。
また、この春話題になった印刷関連資機材・サービス一覧(50社200種以上)も
付加。用語から簡単に関連資機材を見られる。

▼用語集
・DTP関連用語
・フォント関連用語
・パソコン関連用語
・文字・画像関連用語
・デジタルプリンティング関連用語
・ネットワーク関連用語
・総索引
・最新用語集(インターネット上)
▼印刷資機材・サービス一覧
・印刷資機材一覧
・サービス一覧
・会社一覧

----------------------------------------------------------------------
「バーチャル・ビューティコレクション」第3号・クリスタル編
http://www.dgcr.com/present/
----------------------------------------------------------------------
書店で平積み大ばく進中であり、3D制作者&ファン層を広めたといわれる「
バーチャル・ビューティコレクション」第3号のクリスタル編(283号で紹介済
み)のプレゼント受付中です!

「バーチャル・ビューティコレクション」の第3号のクリスタル編
http://www.agosto.com/

----------------------------------------------------------------------
■プレゼント応募方法
----------------------------------------------------------------------
●締め切りは
「バーチャル・ビューティコレクション・クリスタル編」
 4月15日(木)、午前8時タイムスタンプ(日本時間)

「DTPマルチメディア用語集」
 4月30日(金)、午前8時タイムスタンプ(日本時間)

下記フォーマットを
zacke@ppp.bekkoame.ne.jpまで
subject「バーチャル・ビューティコレクション・クリスタル編」
subject「DTPマルチメディア用語集」
で、ご応募下さい。

【電子メールアドレス】
【氏名】
【得意分野】
【郵便番号】
【住所】
【TEL】
【URL】
【好きなライター・クリエイター】
【コラムに登場して欲しいクリエイター】
【あったらいいなという企画内容】
【ひとこと】

______________________________________________________________________
■「現在募集中」の一覧ページ完成
http://www.dgcr.com/etc/invite.html
----------------------------------------------------------------------
●読者プロフィール
●ホームページリニューアルインフォメーション
●新刊情報
●デジクリClassifieds など、
クリエイターに有益なもの全般!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長  森川眞行 
     柴田忠男 
     神田敏晶 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.htm
広告の御相談はこちらまで   mailto:sales@dgcr.com

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊・デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.ne.jp/>、Pubzine<http://www.pubzine.com/>の
システムを利用して配信しています。

Copyright(C), 1998-1999 デジタルクリエイターズ
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■