[0338] MKチャット対談(噂のFlash4を探ってみよう:前編)

投稿:  著者:  読了時間:27分(本文:約13,300文字)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0338 1999/06/02.Wed.発行
http://www.dgcr.com/      1998/04/13創刊
情報提供・投稿はこちらまで mailto:zacke@ppp.bekkoame.ne.jp
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
広告の御相談はこちらまで   mailto:zacke@ppp.bekkoame.ne.jp
前号の発行部数 12653部
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

---PR-----------------------------------------------------------------
******** 編集自在の3DCG素材集「3DCGアート・データ集」発売! ********
素材集でカメラ位置やライティングを変えたいと思ったことはありませんか? 
    3D素材なら、オリジナルのデータがあればそれができます。
 元データ付きの編集自在な素材集、それが「3DCGアート・データ集」です。
インクナブラ http://www.bekkoame.or.jp/~jin-k/3ddata/3ddata.html まで。
-----------------------------------------------------------------PR---

---PR-----------------------------------------------------------------
無料!簡単!「Gatecity.net」で世界に向けてあなたもいますぐ情報発信!
┏━━━━━━━━━━━━━┓ ┃ ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃世界初瞬間ホームページ作成┃ ┃ ┃画期的無料ホームページサービス┃
┗━━━━━━━━━━━━━┛ ▼ ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ─────>> http://www.gatecity.net/ <<────────
-----------------------------------------------------------------PR---

<本日は重量級につきご注意>

●MKチャット対談(噂のFlash4を探ってみよう:前編)
 水曜日担当:笠居トシヒロ&まつむらまきお

●えむのHot Space! MP3で楽しんでますか?
 山口 壮/ えむ

●ギャラの話(投稿)
 「個人だとデザイン&制作実費だけ」ではない! 
 オクツヒロフミ

●セミナー案内
 投げ銭システムをすべてのホームページへ 決起集会+ワークショップ
 
●プレゼント
 「3DCGアート・データ集」



■MKチャット対談(噂のFlash4を探ってみよう:前編)
水曜日担当:笠居トシヒロ&まつむらまきお
───────────────────────────────────
かさい: まいど
まきお: どもどもー
かさい: さてと....
まきお: ほいほい
かさい: では本日の話題
まきお: Macromediaに黒坂さんなき今
かさい: Flash4はどうなっちゃうのか、です(^^;)
かさい: なははは(^^;) えーと、アメリカのサイトでは、どの辺まで情報が上
    がってるのかな?
まきお: このまえ見たところでは、Flash4のプレイヤー(プラグイン)配布と
    新機能のプレゼンswfとUCONのジョナサンのビデオかな
かさい: ジョナサン(注1)のビデオ見れるの?
まきお: ジョナサンのビデオ見てたら、Macおちたー(^_^;)
かさい: あらま(^^;) リアルG2だよね?<ビデオ
まきお: そうそう。ジョナサンってさ、ダークキャッスル作ったんだって!
かさい: だあくきゃっする?
まきお: Macの超初期のゲームだよ。しらんか
かさい: しらん(^^;) すまん
まきお: なかなかコアな人みたいよ、やっぱり。アメリカのラショウ(注2)
    かも
かさい: それは.....(^^;)
まきお: だって Flashってさ、まともな人間が作れるシステムじゃないよな
かさい: まともな人間......(笑)
    まあ、まともなソフトじゃないな、いい意味でね
まきお: まともじゃないソフトがこんだけメジャーになったんだから、やっぱ
    世紀末だ
かさい: 世紀末ね~(^^;)
まきお: で、世紀末のバージョンアップですが
かさい: ほいほい、肝心の新機能は?
まきお: えー、なんだっけ(^_^;) Webみてくるわー(^_^;)
かさい: ワシも見よう、見ながらやろう。
    --------------------------------------------------------------
まきお: はい、でました。テトリスみたいやね(^_^;)
かさい: どこどこ?
まきお: http://www.macromedia.com/software/flash/productinfo/features/
    おお、MP3のストリーミングができると書いてあるぞ!
かさい: おおおお、それはすごい! MP3だと今までとは比べ物にならんくらい
    音質が向上するではないか!
まきお: MP3 compressionつーことは、いわゆるMP3ファイルではなく内部圧縮
    で使うってことっすかねぇ?
かさい: たぶんそうでしょう、swfにMP3を埋め込めるってことですね多分
まきお: しかし、この図を見ると、トラックが5本くらいあるぞ(^_^;)
かさい: ほんまや、こんなに同時に音ならして、まともに聞こえるのんかいな
まきお: うるさーてしゃーないぞ(^_^;)
かさい: これでみると、8kbpsから160kbpsまでありますね<圧縮。
    普通64kbps以下では聞けたもんじゃないんだが...<MP3
まきお: アニメーションフレームとシンクロとか書いてあるねぇ、今までのス
    トリーミングとは違う、なにかいいことがあるのかな?
かさい: さて、そこらへんはナゾですねえ
    --------------------------------------------------------------
まきお: ナゾがナゾを呼び、つぎのページへいくと...おお、新アクション!
かさい: なになに.....If?Loop?Call?
まきお: ブロックをドラッグできるー
かさい: をを!!
まきお: ドラッグはわしら、F3でも無理やりやってたが(^_^;)
かさい: これってアクションでできるんだねえ...ちゃんとDrag Movie Clipっ
    ていうアクションがあるよ。ワシらの苦労っていったい.....(^^;)
まきお: hierarchical menuってなんや?
かさい: 辞書辞書...
まきお: 階層だってさ
かさい: 階層....メニューに階層?
まきお: わかめ....あ、海草とちゃうんか
かさい: 自分でツッこまんでも....(^^;)
まきお: だって、だって(;_;)
かさい: ごめんごめん(^^;)、ちゃんとツッこむから(^^;)
まきお: しかしIfやLoop、Set propertyとかあって、それから推察するにかな
    り本格的なプログラムが組めるみたいだけど......それにしては、ア
    クション、少なくない?
かさい: うん少ないねえ、setってどこでセットするんだろ?
まきお: 前からあるのを入れても20くらいしかないな...
かさい: これでどうやってプログラム組むの?
まきお: 見た限り、アクションのインターフェイスは前と同じだね
かさい: そうだねえ、手書きできるようにならないか期待したんだけど
まきお: 手書き認識?
かさい: いや、キーボードからの直接入力<アクション
まきお: タブレットでプログラム書かされるんかと思った(^_^;)
かさい: なんでやねん(^^;)
まきお: さてさて、ナゾは深まってきますなぁ
かさい: ナゾばっかりですなあ(^^;)
    --------------------------------------------------------------
まきお: んでは次のページ
かさい: インスペクタやな
まきお: タブがあるで
かさい: ふむふむ
まきお: 4つにふえてるなぁ、オブジェクト、シーン、フレーム、変形...前か
    らあるのはオブジェクトかな
かさい: そやね...あ、変形のインスペクタにコピーボタンがついてるぅ
    うううう、やっと変形とコピーが同時にできるんやね(i_i)
まきお: あ、丸と四角がツールに出世しとる(^_^;) 直線もそうか 手のひら
    も出世やね
かさい: ほんまや、あ、線と塗りと両方設定できるみたいやで
まきお: ほんまやねぇ~いっぺんに、中身を塗った丸がかけるんかぁ
かさい: って、他のアプリではアタリマエやけどな(^^;)
まきお: (^_^;) そこがFlashの変態たる所以や。だいぶまともになってきたん
    かな
かさい: 変態とまでいうか(^^;)
まきお: なんかさびしいな(^_^;)
かさい: 変態アプリを愛する男....
まきお: スマスケの昔がなつかしいなぁ...(^_^;)
かさい: あ、角丸の四角が描けるって書いてあるぞ
まきお: おお、幻の角丸シカッキーズ(注3)は幻のまま終わるのか(^_^;)?
かさい: 出し惜しみせんとさっさと公開しときゃよかったな(^^;)
    でもまだ角丸タカッキーズがあるがな
まきお: がくぶっちーずもあるし(^_^;)
    あれ、エンボスやから、あれはあれで存在意義はある
かさい: Flash-JPリニューアル時に大放出しよう
まきお: 在庫一掃や(^_^;)
    --------------------------------------------------------------
かさい: さて、次のページ
まきお: フィールドやぁ
かさい: あう!文字の入力ができるぅ
まきお: 前、笠居さん、予想書いてたね。フォントの埋め込みもできるんかぁ
    日本語はどうなのかな
かさい: さあて?文字数多いからねえ、日本語は
まきお: おお、データがCGIやげねれーたに渡せるとかいてあるぞ!
かさい: そりはすごい
まきお: パスワードとかいうのもできるのか...
かさい: パスワードって...?
まきお: わからんけど、オプションにある
かさい: 打った文字が●とかで表示されるんかな?
まきお: サーバとのやりとりかぁ。いろいろ面白いことができそうやけど、
    どの程度の情報がやりとりできるかが問題やね
かさい: なにができるんかなあ
まきお: できると、使えるはまた違うしね(^_^;)
かさい: しかし、CGIやサーバーの勉強もせなあかんのかぁ...
    おじさんデザイナーには辛いなあ(^^;)
まきお: つらいつらい
    --------------------------------------------------------------
かさい: さて、次のページ
まきお: タイムライン...おぷちまいずど?
かさい: なんじゃこりゃ?おそろしい数のレイヤー
まきお: アホやな、こんなムービーつくるやつ(^_^;)
かさい: ロックや非表示のボタンがレイヤーごとについたみたいやねえ
まきお: なんか細々と書いてあるけど要はインターフェイスが変ったのかな?
かさい: うーん、ようわからんなあ。でも、一つトピックつくるくらいやから
    なんかエラク変わったところがあるはずやけど。
まきお: でも、Directorみたく、最初からフレームがあるようになるかと予想
    してたんやけど、そうではなさそうね
かさい: そうやねー、でもドッカブル・タイムラインとかかいてあるで、どう
    いうこっちゃこれ?
まきお: ゴッカブリならしっとるけど....あ!複数のレイヤーがマスクされる
    のか!?
かさい: やった、予想が当たった<複数マスク これって、Photoshopのクリッ
    ピンググループみたいな感じやね
まきお: 予想って、あーたがリクエストだしたんとちゃうん?(^_^;)
かさい: わはははは(^^;) そうです、私がリクエストしたんです(注4)
まきお: あーただけではないような気もするが(^_^;)
かさい: (^^;)
まきお: でも、こんなレイヤーアホほどつくらないよねぇ、普通。
かさい: つくらんつくらん、静止画でもつくらんわこんなに。
    あ、でもフリーハンドの作例とか見ると、こんなんけっこうあるでぇ
まきお: いや、イラレでもあるけどさ、 Flashでは折角インスタンスが階層化
    できるのに
かさい: そやねえ、シンボルの中でつくっていくわなあ
まきお: わし、自慢やないけど5層以上のレイヤー管理でけへんねん(^_^;)
かさい: (^^;)次いこ次
    --------------------------------------------------------------
まきお: おお!?
かさい: お!?

二人がそこに見たものは? はたして謎は明らかにされるのか?!
(つづく)

注釈
1)Jonathan Gay
その昔、ダークキャッスルを作り、スーパーペイントを作り、インテリドロー
を作り、スマートスケッチを作り、とうとうFlashを作ってしまったおっさん。
カニが好きらしい。
2)ラショウ
ソフトハウス「イタチョコシステムズ」社長。その昔 MSXでボコスカウォーズ
を作ったおっさん。
3)角丸シカッキーズ
その昔まつむらが作った、 Flashで角丸四角のエンボスボタンが簡単に作れる
システム。なぜかお蔵入りし、この時まで作者も存在を忘れていた。
4)リクエスト
Macromediaのサイトではリクエストのページがあり、各アプリケーションに対
する要望を受け付けている。

【笠居 トシヒロ/グラフィックデザイナー】
Macromedia Flash - Mailing List 主宰  NIFTY-SERVE FGRAPHIC Sub-SysOp
デジタルクリエイターカレッジ WAO! 大阪校 Webコース講師
共著書:みんなのFlash2・クリエイターが遊ぶWebデザイン等
< http://www.mad-c.com/ > < mailto:kasai@mad-c.com >

【まつむら まきお/まんが、イラスト、アニメーション作家】
世界一わかりやすくて笑えるFLASH攻略本「おしえて!!Macromedia FLASH3」
(まつむらまきお/たなかまり共著 毎日コミュニケーションズ刊)
< http://www.asahi-net.or.jp/~GU5M-MTMR/ > < mailto:makio@luna.email.ne.jp >

●ふたりの共著書「Flash3J Professional Technique」定価:2800円+税
 D-ART刊(ISBN4-88648-523-5)が好評発売中!
 この本の作例を元にしたWebセミナーを、Macromediaのサイトで展開中!!
 < http://www.macromedia.com/jp/software/flash/training/ >
●6月のMacromedia J-UCONでは、最終日の最終コマ「Flash Tips & Tricks」
 で2人の漫才…もといセッションを見ることができるぞ、請うご期待。

───────────────────────────────────
■えむのHot Space! MP3で楽しんでますか? No.24
----------------------------------------------------------------------
◇MP3で楽しんでますか?

朝日新聞の一面に取り上げられたり、札幌の少年が検挙されたりと、MP3 の名
が唐突に一般の人の目にもふれるようになりました。マスコミでは、著作権の
問題などに絡んだ悪いイメージで取り上げられることが圧倒的に多いですね。
これにはそれなりに不満を感じてもいますが、新しいものに対する世間の反応
はえてしてこういうものですから、当分は仕方ないのかもしれません。

そんなことはさておき、この MP3 専用のプレーヤーといえば「Rio」(他にも
ありますけど、なぜかこれの印象が強いんですよねー)。多少なりとも興味が
あれば、実際の使い勝手などはどうなんだろう?などと気にもなります。

そんなあなたに、少々前になりますが、CNET Japan のサイトには「Rio PMP
300」と「MPMan F-10」とを比較した記事が掲載されています。また、ZDNet
では、MP3 のポータブルプレーヤーに関するレビュー記事の連載が始まってい
ます。両者とも予備知識として役に立ちそうですよ。

<ポータブルプレーヤーレビュー
第1回:Diamond Multimedia「Rio PMP300」>
http://www.zdnet.co.jp/news/9905/21/rio.html
<MP3アイテム対決 ― MP3 shoot-out → Rio VS. mpman ―>
http://cnet.sphere.ne.jp/Content/Gadgets/Showcase/RioVsMpman/?mn
<MP3配布で少年検挙。警告か,それとも……>
http://www.zdnet.co.jp/news/9905/28/mp3.html

◇MELISSAウィルスの進化版

今年の3月から4月にかけて、かなり騒がれたウイルス「メリッサ」の新たな
変種が、またもや登場しているそうです。これまでのメリッサは MS Word の
doc ファイルを対象としていましたが、今回のものはrtf ファイルに感染する
とのこと。電子メールの添付ファイルには、お気をつけ下さい。

<MELISSAウィルスの進化版が登場--今度の標的はrtfファイル>
http://www.ascii.co.jp/ascii24/call.cgi?file=issue/990528/netw01.html

◇メールマガジンを発行していると......

本誌『日刊デジクリ』は、その名の通り日刊で発行されていますが、メールマ
ガジンの発行に伴う苦労には、(僕も含めて)余人の考え及ばないものがある
ようです(毎日本当にお疲れさまです>柴田編集長&濱村デスク)。

そんなメールマガジン発行者の”グチ”が、「SOHO、ベンチャー&なりたい人
のオンラインマガジンべんべん」のサイトに掲載されています。

発行を続けていくために、毎日ある程度の時間を割かなければならないのはも
ちろんのこと、いろんなメールが読者の方々から届いて、その対応に追われる
こともしょっちゅうだったりするそうで、長所もある反面、なかなか大変なよ
うです。

また、インターネットを利用する人が増えるにしたがって、自助努力の足りな
いユーザーも増えているそうです。確かに、僕が利用している NIFTY SERVE
の各種のフォーラムでも、ちょっと調べてみればすぐに分かることや、マニュ
アルにちゃんと書いてあるようなことまで質問している人が、数年前に比べて
増えているような気がします。

ネットワーク社会は実社会の縮図のようなものですから、こういうこともある
程度は仕方のないことなんでしょう。これからネットワーク文化を作っていく
過程で、参加者1人1人が、マナーに気を配る習慣を身につけていく努力が必
要だということですね。

すべての小学校にはパソコンが導入されているんですから、授業の中でパソコ
ンを利用して、こういったこともきちんと教えていってほしいものです。

<業界のウラ話-メールマガジン発行者のグチを聞いてみました。
いやいやけっこう切実な問題を抱えているようだ>
http://ven.liba.co.jp/ren/ren02.html

【山口 壮/ えむ】 mailto:PXX06120@nifty.ne.jp
http://member.nifty.ne.jp/yamaguchi/

───────────────────────────────────
■ギャラの話(投稿)
「個人だとデザイン&制作実費だけ」ではない! 
オクツヒロフミ
───────────────────────────────────
初めてメールします。いつも「かゆいとことに手の届く」記事をありがとうご
ざいます。ちょっと前の記事ですが、「ギャラの相場」について。

>あの「^_^」の絵は カツさんが今まで描いてきたすべてを経て、あの
>絵に至るわけよ

カツさんという方が描いているのは知りませんでしたが、メダママークと同じ
人だったというのはとても分かるような気がしました。メダママークが登場し
た当時、確か中学生くらいでしたが、スゴイインパクトがあったのを覚えてい
ます。大きな企業があんな好き嫌いの分かれるマークを採用してしまうところ
に、ちょっと日本的じゃないものを感じました。

「^_^」の絵をCM で見たときも「おお、さすがキリン。アサヒ(失礼)じゃこ
の「^_^」は使いこなせないでしょ」と思いました。僕はその時「子どもの絵」
とは感じなかったので、きっとその道では有名な人が描いてるんだろうなぁ、
と思ってました。

それで、この記事を読んで、つながった、というか、スッキリしたので、うれ
しくなってしまったのです。

ところでギャラの話ですが、これも参考になりました。フリーでweb デザイン
をしていますが、3年くらい前に自分のサイトを立ち上げ、気がつくと仕事が
舞い込み、それが増えていって本職になってしまったので、「ギャラの相場」
にはいつも悩まされています。

特に新しい業界なので、相場というものがなく、だいたい代理店自体もが素人
の場合が多いので、どのくらいのコストがかかるかを先方が分かっていないこ
とが多いのです。そして必ず聞かれるのが「×ページでいくらくらいかな?」

「×ページ」だけでは全く見積の材料にならないのですが、それを説明するの
も一苦労です。「×ページ」は1万でも10万でも50万でもできるじゃないです
か。違うのは出来上がったサイトのクオリティです。

>だってさぁ、内職で書くDMの宛名書きと、デザインやイラストやマン
>ガやアニメが同じように1枚ナンボって考えるのがおかしいやんか

ココ読んでて「うんうん」とうなずいてしまいました。

「他の会社に聞いたら、1ページ3000円で制作してくれるって言ってましたけ
ど………」と言われたときが一番ツライです。その会社と僕がつくるのとデザ
インが同じで、サイトクオリティが同じで、1ページに費やす仕事量が同じな
ら「負けました」と言えますが、そうじゃないでしょう。Flash とか入れたら
どうなってしまうのでしょう。それに個人だからといってコストがかからない
って言うのは絶対間違ってます。

営業・打ち合わせから、クライアントからの相談、企画・デザイン・制作・納
品・請求書作りまで一人でやって、作業環境にも多大な投資をして、交通費も
自腹切っているのに、「個人だとデザイン&制作実費だけ」という風に勘違い
されやすくて。

「プロならば自分の値段を付けろ」というお言葉、ひしと感じました。

デジクリって活動拠点が関西ですよね。関東にもこういう集まりがあればいい
のに。SOHO同士、結構横のつながりって少ないんです。といっても僕は神奈川
の田舎なので、友達がいないのかもしれませんが。

ギャラ関係の話はとても参考になるので、これからも特集して下さい。なんか
うれしくて、思わずメールしてしまいましたが、乱筆乱文お許し下さい。

奥津裕郁
hiro@okty.net
http://www.okty.net

・デジクリって活動拠点が関西ですよね。いいえ。たまたま編集長は埼玉県浦
和市で、デスクとアソシエーツが大阪、兵庫ですが、活動拠点はあえて言えば
ニッポンです。オフ会は、まず最初は大阪ですけど。(デジ栗)

───────────────────────────────────
■セミナー案内
投げ銭システムをすべてのホームページへ 決起集会+ワークショップ
───────────────────────────────────
<以下は主催者情報>

日時:6月6日 12時半会場 13時開始16時半まで
懇親会 17時より 2500円から3000円予定
会費:2000円(会場代+資料代)~手弁当のプロジェクトです。
会場:飯田橋シニアワーク(JR・地下鉄 飯田橋駅から徒歩5分)*

・投げ銭の必要性 松本功(書評HP発行人・投げ銭システム推進準備委員会暫
定代表)
・オンラインマガジン三度目の正直 柴田忠男(日刊デジクリ編集長)
・あの小銭の音がもう一度聞いてみたい 橋本大也(アクセス向上委員会代表)
・フリーマーケットはじめます 石井研二(INAKA COM)
・スパイスネットの実際 八木(SPIS-NET)

・討議―寄り合い風に

当日は、小さな市を立てるということで、電子本出版のパイオニアである猫乃
出版社の田辺さんにフロアーで、電子本の実売を行っていただきます。

■呼びかけ

インターネットによって、個人でも小さな組織でも、情報を発信することがで
きるようになった。これによって、個人の出版社、新聞社、放送局が、Online
に雨後の竹の子のように、次々とニョキニョキとできるはずであった。

インターネットは、情報発信の市民革命をおこすはずだった。しかし、それは
未だできていない。どうやら、まだ、サハラ砂漠状態だ。雨はどこ? 雨雲は
まだ?

それはなぜか?

それは、情報発信のインフラができていながら、生業をたてていく、小さなお
金の受け渡しのネットワークが出来ていないからではないか? 風は吹いたが、
雨雲はまだきていない。

大地に雨を降らせるこの小さなオンラインのお金のやりとりのシステムのこと
を、大道芸人になぞらえて、私たちは「投げ銭システム」と呼ぶ。大道芸人の
前におかれた空き缶、帽子と同じように気に入ったウェブサイトを見つけたと
きに、ネットワークを通して、カンパや声援の声を送れる仕組みを創ろうと呼
びかけるものだ。

それは、おおざっぱにまとめると以下の二つのことを意味する。

SOHO・NPO (小規模事業者+個人)が、インターネット上での情報発信で生業
を立てることができるような「公的」な制度の確立すること

個人のパトロンシップを可能にし、支え合い、育み合うことができるような社
会を作ること

このため、すでにいくつかの実験を初めているが、より広くの人々にこの趣旨
をしっていただきたいとの願いから、この6月6日に飯田橋のシニアワークに
て、第1回目の集まりとして「投げ銭システムをすべてのホームページへ 決
起集会+ワークショップ」を開催する。

これは、インターネットを本当の意味で市民のためのものにする準備のための
記念すべき会合になるだろうと予感する。この集まりに、ぜひとも参集してほ
しい。

当日は、すでにインターネットで、情報を発信して生きいこうとして、いばら
の道を歩き始めている方々からの問題提起と加えて実際に個人が少額決済する
ことを可能にしている先駆け的な活動をしているSPIS-NETの方にもお出で頂い
て、何が問題であり、何を実現して行くべきなのか、明らかにしていきます。

補足
**クレジットカードのonline決済には、通信販売の年商5000万円以上の実績が
必要なために、個人や小規模の組織、SOHOやNPOは事実上、排除されています。
**インターネット決済推進委員会などについての新聞報道によって分かる範囲
では、SOHOやNPO、地域の代表、消費者の代表は、議論に参加していません。こ
のため、既存の大きな組織の覇権が、インターネット上でも継承される懸念が
あります。

■詳細・お申し込み方法は、投げ銭システム登録ホームページをご覧下さい。
http://www.shohyo.co.jp/nagesen/workshop1999/workshop.html

投げ銭システム推進準備委員会 http://www.shohyo.co.jp/nagesen/
暫定代表 松本功(isao@hituzi.co.jp)
101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-5 興新ビル206
03-3296-0687 FAX03-5281-0178 お問い合わせ 松本功・賀内麻由子

・いばらの道を歩むオンラインマガジン編集長の血の叫びを聞いてくれ、なん
ちゃって。ビジネス感覚がないからな~。持続すればそのうちいいことがある
なんて思っているから、あまり切実感のない話になっちゃうかも。主催者の期
待を裏切るわけにもいかんし~。じつは困っているわたしです。(柴田)

───────────────────────────────────
■プレゼント
「3DCGアート・データ集」
───────────────────────────────────
337 号で紹介した「3DCGアート・データ集」を有限会社インナブラさんの提供
で5名さまに!

>ビットマップの素材データに加えて、オリジナルの3Dデータも収録してある
>のです。オリジナルの3Dデータを収録することで、素材を自由自在に編集し
>てお好みのままにカスタマイズできるのです。ここがいままでの素材集と全
>く違う画期的なところなのです。

http://www.bekkoame.or.jp/~jin-k/3ddata/3ddata.html

ご希望の方はzacke@bekkoame.ne.jpまで下記フォーマットを
subject「3DCGアート・データ集」でお送りください。subjectが違う場合抽選
対象からはずれることがありますのでご注意ください。
締め切り:6月20日(日)、午後8時タイムスタンプ(日本時間)

【メールアドレス】
【氏名】
【職種・得意分野】
【郵便番号】
【住所】
【TEL】
【URL】
【好きなライター・クリエイター】
【コラムに登場して欲しいクリエイター】
【読みたいジャンル】例:DTP, 3DCG
【あったらいいなという企画内容】
【ひとこと】

───────────────────────────────────
■現在募集中
http://www.dgcr.com/etc/invite.html

読者プロフィール
ホームページリニューアルインフォメーション
新刊情報
デジクリClassifieds など、クリエイターに有益なもの全般!!

■編集後記(6/2)
・家のまわりの植物の手入れをした。予想通り手や腕が虫にさされてかゆい。
液体ムヒが頼もしい。一番いいのはちょっと熱めの風呂にいきなりつっこむと
熱いけどかゆみが緩和していく状態がヘンに快感。おためしあれ。(柴田)
・かゆみにはキンカンですよ。めちゃくちゃききます。昨日はごっつい幸せな
時間を過ごした。煮詰まりを吹っ飛ばしてくれるような時間。 (ハマムラ)
───────────────────────────────────

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     < http://www.dgcr.com/ >

編集長     柴田忠男 < mailto:tdo@green.ocn.ne.jp >
デスク     濱村和恵 < mailto:zacke@ppp.bekkoame.ne.jp >
アソシエーツ  神田敏晶 < mailto:kanda@knn.com >
        森川眞行 < mailto:morikawa@siliconcafe.com >

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
< mailto:zacke@ppp.bekkoame.ne.jp > 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.htm
広告の御相談はこちらまで   mailto:zacke@ppp.bekkoame.ne.jp

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊・デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

----------------------------------------------------------------------
■  日刊デジクリは投げ銭システム推進準備委員会の趣旨に賛同します ■
http://www.shohyo.co.jp/nagesen/ < 投げ銭システムをすべてのhomepageに >
----------------------------------------------------------------------

★日刊デジクリは、まぐまぐ< http://rap.tegami.com/mag2/ >、
Macky!< http://macky.nifty.ne.jp/ >、Pubzine< http://www.pubzine.com/ >の
システムを利用して配信しています。

Copyright(C), 1998-1999 デジタルクリエイターズ
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■