[0345] PNGデータは書き出し先を記憶している

投稿:  著者:  読了時間:13分(本文:約6,200文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊・デジタルクリエイターズ】 No.0345  1999/06/10.Thu発行
http://www.dgcr.com/      1998/04/13創刊
情報提供・投稿はこちらまで mailto:zacke@ppp.bekkoame.ne.jp
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
広告の御相談はこちらまで   mailto:zacke@ppp.bekkoame.ne.jp
前号の発行部数 12798部
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

---PR-----------------------------------------------------------------
******** 編集自在の3DCG素材集「3DCGアート・データ集」発売! ********
素材集でカメラ位置やライティングを変えたいと思ったことはありませんか? 
    3D素材なら、オリジナルのデータがあればそれができます。
 元データ付きの編集自在な素材集、それが「3DCGアート・データ集」です。
インクナブラ http://www.bekkoame.or.jp/~jin-k/3ddata/3ddata.html まで。
-----------------------------------------------------------------PR---

---PR-----------------------------------------------------------------
■■■■■■■■ Macromedia Director7でShockedCDが制作できる! 
■■■■■■■ ShockedCD Creator's Kit Ver.7 Mac&Win リリース!
■■■■■■ ただ今ショックドキャンペーン期間中 15,000円でご提供!
■■GIF,JPG,GIFアニメ,SWF,QT,QTVR対応のShockedCDが制作できます!
■販売 NetMedia.Inc.デモ版ダウンロード中 http://www.netmedia.co.jp/
-----------------------------------------------------------------PR---

●デジクリSPECIALコラム
 PNGデータは書き出し先を記憶している
 木曜日担当:森川眞行

●カラーマネージメントQ&Aについて(投稿)
 責任をとってくれといわれても困る。
 東広島リビング
 
●サイトオープン情報
 関西パソコンセミナー開催情報



■デジクリSPECIALコラム
PNGデータは書き出し先を記憶している

木曜日担当:森川眞行
───────────────────────────────────
サンフランシスコ風邪もようやく完治しつつあります。やっぱ無理なスケジュ
ールが堪えたのでしょうか? それとも酒の飲み過ぎ? まあいいや…。けど
明後日からは広島講演、来週はマクロメディアのUCON、その後すぐに大阪で
Fireworks のトレーニングスクール。相変わらずスケジュールびっしり、ドサ
周りの今日この頃であります。

大阪のデスマッチセミナーをはじめとして、何をこんなに必死になって
Fireworks2のことについて喋り続けているのでしょうか?それはFireworks 2
を使うことによってWebデザインの作業行程が大きく変わってしまうからです。
特にDreamweaver 2を一緒に使用することによってWebサイト構築の作業効率は
大きく変わります。Dreamweaver 2のHTMLドキュメントからFireworks 2のオリ
ジナル PNGファイルを呼び出して効率的にグラフィックを修正する方法は、デ
ジクリ297号で説明しました。

今日はFireworks 2を使ってWebサイトのグラフィックを効率的にメンテナンス
する方法について。デジクリに書いたつもりでいたのですが、実際には書き忘
れていた項目でした。実はこの機能はFireworksが「2」にバージョンアップし
た最大のメリットなのではないか?と個人的に思っていることで、5 時間耐久
のデスマッチセミナーでも、この機能を説明するために行っている…と言って
も過言ではありません(ほんまか?)

結論から書きます。

Fireworks 2はオリジナルデータとして作成したPNGデータを保存したディレク
トリから、書き出しを行ったディレクトリを PNGデータの中に記憶している…
ということです。

Webで使用するグラフィックをFireworksで作成するメリット。特にタイトルや
ボタンを作成する場合、Fireworks が持っているライブエフェクト機能を使っ
て、豊かな表現力とテキストデータやエフェクトの設定をパネル操作で行うだ
けで、修正や訂正が簡単に行えることです。その為にはオリジナルの PNGデー
タをちゃんと管理しておくことです。オリジナルの PNGデータはテキスト変更
やエフェクトやストローク、塗りの設定を簡単に行うことが出来ます。

Webサイトを構築する際に、素材や材料となるPNGデータをちゃんと管理しまし
ょう。今まではコンピュータの適当なディレクトリに適当なフォルダの名前を
付けて、適当な名称でドキュメントを保存していませんでしたか? それらの
フォルダは都合によってどこかのフォルダに収納したり移動したりしていませ
んでしたか?
あなたがもし、Fireworks 2を使ってWebサイトを構築し、メンテナンスを簡単
に行おうと思うのならば、必ず決められたディレクトリに PNGファイルを保存
するようにしましょう。それは仕事ごとのプロジェクト別に分類してよいです
し、テーマごとに分類するのもいいでしょう。ただし一旦決定したフォルダは、
今後構築する Webサイト(ローカルサイト)と相対的な関係を持つのだ、とい
う覚悟をしてください。

Fireworks 2はPNGデータを保存したディレクトリから、書き出しのディレクト
リを記憶します。ですから素材、材料としての PNGデータを保存したら、書き
出し先は構築中のWebサイト(ローカルサイト)に対してGIFやJPEGを書き出す
ようにしましょう。PNGデータを書き出しデータの相対的な関係を作るのです。

もし、その後グラフィックの訂正があった場合、分類された素材や材料のフォ
ルダからあ修正したい PNGデータを開き、グラフィックの修正を行います。そ
の後の書き出しはPNGデータが記憶していますので、Fireworksでは[ファイル]
→[再書き出し]を実行するだけで、以前に書き出しを行ったローカルサイト
のフォルダに対して修正されたGIFやJPEGが書き出されるのです。

森川は、この機能を発見した時、本当に飛び上がるほどびっくりしました。
Dreamweaver 2からFireworks 2を呼び出して連係プレーを実行する以上に、効
果的なサイトメンテナンスだと思いました。残念ながら森川の知っている限り、
この素晴らしい機能に関して書かれた記事や本がありません(森川は現在執筆
中ですが)。ですからセミナーやトレーニングで時間をかけて、しつこくしつ
こく説明しているのです。

Web サイトデータの修正は忘れた頃にやってきます。昔作ったデータを探し出
し、それをローカルサイトのどのディレクトリに保存すればよいのか…半年も
経ったら忘れてしまうことも多いでしょう。Fireworks2で素材や材料をしっか
り管理しておけば訂正も修正も、どんとこい!ですね。もちろん更新だって簡
単に行うことが出来ます。森川はこの機能によって安心して Webサイトのグラ
フィックを作成していますし、この恩恵は今後さらに大きく返ってくることと
思います。

そんなわけで、明後日は広島、来週は東京、その次は大阪でトレーニングスク
ール…とスケジュールがびっしりなのです。また機会があれば会場でお会いし
ましょうね。

【森川眞行】もりかわまさゆき
17日のマクロメディアのUCON。森川のセッションはまだ空席があるようです。よろし
ければ起こし下さい。その他のセミナーやトレーニングの情報はSilicon Cafe'のWeb
サイトを御覧下さい。
http://www.siliconcafe.com/

───────────────────────────────────
■カラーマネージメントQ&Aについて(投稿)
責任をとってくれといわれても困る。
東広島リビング 
───────────────────────────────────
初めてお便りします。毎回「日刊デジクリ」を楽しみにしています。慣れない
メールなので、メール上でのルール等おかしなところがあれば失礼します。

さて、最近ホットなカラーマネージメントQ&Aについて、私もクリエイター
の方々にご意見を聞きたくてお便りしました。

私は、現在フリーペーパーを発行する新聞社で編集&制作を担当しています。
DTP に切り替わった当初は、印刷会社にCMYKの分解値をたずねたり(といって
も、印刷会社もうちに対応するためマックを導入したため、お互い手探り状態
でしたが)、テストデータを揃え、何度か試し刷りをして、なんとか自分たち
で完全データを印刷会社に納めるまでにこぎ着けました。

これで自分たちが作るデータはよかったのですが、媒体業には「広告代理店」
とのおつきあいがあります。代理店からの広告入稿でも、MO受けがほとんどに
なり、データのチェックをしてから画面集版をしています。

ここでいつも疑問に思うのが「この版下を作ったデザイナーは、本当にこの色
で出力したかったのか?」ということです。入稿するときには、カラーカンプ
を添えてもらうようになっていますが、画面で見た色(入力されている色)と
カンプの色味が全然違っていたり、写真の発色が悪かったり…。

前回、かなり大きめの版下を入稿していただいたときも、うちの社で出したカ
ラーカンプでは、えらく濁った色の出力になってしまい「本当にこれで大丈夫
なのかな?」と思いながら、印刷所に入稿しました。

幸い、クライアントからの苦情はでなかったようですが(分からなかっただけ
かもしれませんが)、今後とも広告代理店に「色が悪い。責任をとってくれ」
といわれても、困るのが現状です。

これでも、自社で印刷部門を持っている新聞社(媒体業)なら、責任の所在も
はっきりするのでしょうが、そうでない媒体(うちのようなところ)は、印刷
会社と責任の押しつけあいみたいになって、うやむやにしてしまっているよう
な気がします(これもよく考えたら、印刷会社は割が合わないし、おもしろく
ないですよね…)。

このような背景で仕事をしている中で、笠井さんたちのやりとりを目にして、
興味深く読ませていただきました。

・ここでいう版下とは、従来の版下の代わりとなるデジタルデータのことでし
ょう。わたしもCG年鑑を編集したとき、色見本プリントを添えてくれた作家の
ものはともかく、簡易なプリンタで出したもので色が不正確なものとなると、
モニタの色とエーカラーの色と校正の色がみんな違って見えてしまい、ええい
出たとこ勝負だ、となかば運を天に任せたものでした。

・東広島リビングさんのコメントに反応してください。(デジ栗)

───────────────────────────────────
■サイトオープン情報
「関西パソコンセミナー開催情報」
───────────────────────────────────
関西一円のパソコンセミナー開催スケジュールが一目でわかるサイトがオープ
ンした。地域、OS、ジャンル(アプリケーションなど)、期間等の条件を設定
することによって、目的のセミナーを即検索できるというもの。現在、約30教
室 800件のデータを公開している。同時にスケジュール掲載教室を募集中。も
ちろん掲載は無料。

このサイトは、全国で唯一の「アップル認定ベーシックトレーナー」「MOT
(Microsoft Official Trainer)」両資格取得者である木村仁美氏が全くのボラ
ンティアで行っているというもの。学ぶ機会を逃すことのないよう上手に利用
してみたらいかがだろうか。

http://iproduct.here.ne.jp/seminar/seminar.htm

───────────────────────────────────
■現在募集中
http://www.dgcr.com/etc/invite.html

読者プロフィール(投稿大歓迎!)
ホームページリニューアルインフォメーション(見て見て更新したよ!)
新刊情報(編集者が著者が宣伝しちゃう!)
デジクリClassifieds(売ります買います)など、
クリエイターに有益なもの全般!!

■編集後記(6/10)
・昨日新潟入りした。あさひの2階席窓際は快適だった。新潟市の知足美術館
でアナログとデジタルの東海道五十三次を見てから、柏崎に。明日の大仕事に
備えて豪華海の幸を暴食、これくらいの役得はあたりまえである。(柴田)

・デジクリメーリングリストが爆発している。嬉しい。沢山の人が、沢山の人
と感応してどんどん膨らんでいって欲しい。遠い場所にいる近い気持ちの人た
ちとの交流、自分だけでは出口のないものへの突破口。(ハマムラ)
───────────────────────────────────

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 
デスク     濱村和恵 
アソシエーツ  神田敏晶 
        森川眞行 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.htm
広告の御相談はこちらまで   mailto:zacke@ppp.bekkoame.ne.jp

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊・デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

----------------------------------------------------------------------
■  日刊デジクリは投げ銭システム推進準備委員会の趣旨に賛同します ■
http://www.shohyo.co.jp/nagesen/ <投げ銭システムをすべてのhomepageに>
----------------------------------------------------------------------

★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.ne.jp/>、Pubzine<http://www.pubzine.com/>の
システムを利用して配信しています。

Copyright(C), 1998-1999 デジタルクリエイターズ
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■