[0433] 誰がためにデフォルトはある?

投稿:  著者:  読了時間:21分(本文:約10,300文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.0433   1999/10/04.Mon発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 14126部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 <錨は巻き上げられ、炎の時代が始まる>

●デジクリトーク
 誰がためにデフォルトはある? 
 神田敏晶

●デジクリトーク
 デジクリ予備軍にとってなぜ「都営新宿線」沿線が最強なのか
 第1話「そう、そして森下駅なのである」
 鷺 義勝

●セミナー案内
 まなびピア広島'99「CG-ARTS LAND」
 CGに関するセミナー・シアター・ワークショップ  
 SIGGRAPHやImagIna受賞作品もやってくる[予約申込受付中]

●セミナー案内
  Lingoスーパーマニュアル出版記念
 大重美幸 Macromedia Director 7 集中セミナー



■デジクリトーク
誰がためにデフォルトはある?

神田敏晶
───────────────────────────────────
KNN神田です。

デジクリのWebサイトの来訪者のOS別統計では、世間のWindows ユーザとMac
intoshユーザの比率に偏りがあることがよくわかります。53%の人がMac ユ
ーザなのです。Mac ユーザにとって、初心者にもプロユーザにも悩みの種はシ
ステムエラーではないでしょうか?

実は今、旅芸人モードのPowerBook3400cのパーティションで分けたハードディ
スクの半分が壊れてしまい「Macのフォーマットではない。初期化しますか?」
と聞かれ続けています。このテキストは雑誌の付録のCD-ROMのオンラインソフ
トの項目からエディタだけ「Jedit3.0」をひっぱってきて、Eudora4.0Jで送信
しています。

途中で何度もフリーズするために、ため息をつき、この原稿を書いている間に
何回リスタートしたことか…。順番に登場するアイコンをしげしげとながめな
がら、犯人はこの中にいるのか? と思いながら探しています。

データを外付けに移動し、フォーマットをかけてなぜか8.6、8.5ではダメ
で、8.0に戻してようやく起動成功…。3400cはもはや新しい時代のOSには
ついていけないのでしょうか? すでに、タメ息トホホモードです…。いや、
締め切りの言い訳ではなく、すべて締め切りには一応、間にあっているのでこ
んなコラムも書けているのですが…。

ボクは熱烈なMac ユーザですが、あまりシステムやハード面には詳しくありま
せん。どちらかというとチンプンカンプンな方なのです。さらにWindows とも
なれば、ストリーミングでの関係で使ってはいますが、まったくわからない状
態です。

気がついたら、いつのまにかWindows のCドライブは満杯!状態で、毎回、何
かを捨てろと催促され、カリカリとたかが数メガバイトの容量を空けている状
態です。以前、Mac と同じように、Cドライブから使っていないようなシステ
ムファイルをバシバシ、ゴミ箱に捨ててしまったら二度とWindows が立ち上が
らず動かなくなってしまいました。再インストールをしても、更に EtherCard
や、グラッフィクスカード、サウンドカード、ビデオキャプチャカードと各社
のドライバのFDを総動員して、ようやく復旧した記憶があります。

Windowsの場合、FDドライブがAドライブ、Bドライブがあった名残りから、
デフォルトのドライブはCドライブとなっています。また、どんなソフトもデ
フォルトでCドライブに行きたがるのでそのままにしていると、いつの間にや
ら、Cドライブが超満員になってしまうのであります。増設するのにHardDisk
をつけましたが、マスターとスレーブがわからず、Dドライブ、Eドライブに
パーティションとなり、ますますカオス化してきました。

さらに、その後もWindows マシンは勝手に、せっせとマイクロソフト社へアク
セスし、情報をなぜか知らせたがるのです。その精神のあさましい事! 何も
なければ従うところなのですが、その手口がとてもイヤらしい。

ブラウザは標準にするか? とかメールもこれにするとか? 「No」といえな
い日本人はさておき、「No」といった初心者は、その瞬間からWindows の奈落
の底のほったらかしモードへズドーンと突き落とされてしまうのです。しかし、
「はい」と答えた従順な人には手厚い加護が待っています。正しいWindows ラ
イフが始まるのです。マイクロソフトを信じる者は救われるのか?

RealPlayerをいれて、MediaPlayer を入れると原因不明な予期せぬ出来事が多
発したり、マイクロソフトの情報を常に信頼しないとすると、いつまでたって
も「まだ信用しないのか?」というメッセージに脅され続ける日々です。果て
しない抵抗を続けながらも、Windows の要領のよさに、アップルの段取りの悪
さを苛立たしくも感じます。

Windows は、ソフトウェアのアップグレードなどは頻繁にお知らせしてくれま
す。インターネットに繋がっていさえすれば、いつでもソフトの最新アップグ
レードをうながしてくれるのです。アップルはページにいったり雑誌のCD-ROM
をゲットしない限り、アップデータを送ってきてくれることなどありません。

視点をアップル側に移してみれば、OSをわざわざ買っているユーザ=Mac ユ
ーザであり、ハード、ソフト共にユーザだとわかっているはずなのに、アップ
ル社から、DM一本、メール一本、サービスチケットひとつ送ってきたことが
ありません。

わが家には、何台のMac があることやら…。ユーザ登録用紙は保証書発行と無
料サポートの期限を知るためにあるのかと思ってしまいます。マイクロソフト
にはソフトのユーザしかいないにもかかわらずです。

アップルはようやくQuickTime だけが、買え! 買え! と営業してくるよう
になりました。しかし、きっとOS9.0が出荷されても、知らない人はいつ
までたっても知らないままなのかも知れません。それだけアップルは営業に関
しては引っ込み思案な会社なので、マイクロソフト社のツメの垢を煎じるべき
でしょう。

日経新聞に全段の広告を打つと同時に、ユーザに電子メールで、OS9.0の
出荷をお知らせすべきでしょう。アップグレードも考えるべきです。MSオフィ
スにどれだけのアップグレード案があることか? Macユーザはもしかするとア
ップルよりも、すでにMSのほうが正確に把握しているのかも知れません。

また、G3を購入してびっくりしましたが、Mac OSの使い方の詳細なマニュ
アルがなくなっていたことです。Mac OSが添付されているんだから、アップ
ルの「最初にお読みください」ではじまるソフトとハードが一体になったマニ
ュアル添付は、メーカーとしては必須のことだと思うのです。それともG3は
ハードでオマケでソフトが添付されるようになってしまったのでしょうか?

現在、アップルのOSで標準でOSをインストールしていて疑問に思うことが
あります。なぜ、デフォルトで「仮想メモリがオン」になってしまうのでしょ
うか? いつもこれをオフにすることを忘れて、フリーズだらけでおかしくな
ってしまうのです。今回も原因はこれでした。

いちいち「仮想メモリがオン」を「オフ」にと覚えておくのって、直感的では
ないですよね。仮想メモリなんて、メモリが足りていない人が「オン」にすれ
ばいいんじゃない? と思います。デフォルトで、メモリが足りている人の足
をひっぱることはないんじゃないかなあ? 他にもっと重要な意味があればこ
の話は撤回しますが…。

デフォルトモードというのは、万人に共通する事、最低限必要な事、安全に使
用できる環境へ適するモードを目ざすべきだと思うのです。混乱を招いたり、
事故を招くようなものは、デフォルトにすべきでないと思うのです。

とにかく…。"今そこにある機器"の問題を解決しようにもMacOS付属の Disk
First Aid では、「問題を見つけましたが解決できません」といわれてしまう
だけです。

Windows のシステムツールをみてください。デフラグ、スキャンディスク、デ
ィスククリーンアップ、バックアップ、受信トレイ修復ツールとタスクで動い
ていたりします。きっとWindows の繁栄は人から文句をいわれた事を、ひとつ
ひとつ潰していって精度をあげているように思えます。
OSがアップグレードしても、修復ツールが揃うのに時間がかかってしまって
は安全に使えません。デスクトップの最高兵器が最終兵器にもなりかねません。
他の会社を訴えている余裕があれば、Windows の欠点を補う早さをもっともっ
と見習うべきではないでしょうか? 誰がためにデフォルトはある?

【かんだ・としあき】
The smallest digital TV station in the world
KandaNewsNetwork http://www.knn.com
International Journalist & Travelist
Toshi Kanda kanda@knn.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■デジクリトーク
デジクリ予備軍にとってなぜ「都営新宿線」沿線が最強なのか
第1話「そう、そして森下駅なのである」

鷺 義勝
───────────────────────────────────
諸君! なんて力む必要は全くないのですが、東京進出ひいては会社設立なん
て考えておられるデジクリ予備軍の方達に向けて、所謂「御当地自慢」企画の
ように唐突に始めてしまう「何故~が最強なのか」シリーズ!
 
仕事場所を選ぶなら、マスコミやありもしない「業界」のイメージなどという
たわい事などに惑わされず、実際に起業した人間の話が一番(資料として)参
考になるのでは!? という主旨に乗っ取り、早速スタート致します。

第一回の今回にいきなり「都営地下鉄新宿線」を選ぶというのは、正直賛否両
論の「否」を支持される方の勢力分布が東京に於いてはかなりの優勢、ほとん
どグラフィックソフト業界の「ア」で始まる社名の企業と同等のシェアを握っ
ていることは火を見るより明らか。

しかし!「都営地下鉄新宿線」の真価をこれから知るあなたこそがこの地図分
布を塗り変える真の実力を持ちうる「ディジタルクリエイター」なのです。そ
う、恰もそれはリヌクス(ないしはリニュクス、英語表記はちなみに Linux)
の開発者達のように。そしてまたスクリーン上に浮かび上がる試作3号機「デ
ンドロビウム」が天駆ける一輪の豊穰な美女であるかのように。

理由その1.「都心とは渋谷ではなく、新宿であり、銀座である」

そう、「渋谷」でしか得られない価値あるもの物など何もない。街は荒び「巨
大なコンビニシティ」に成り下がってしまったステージ、マスメディアの夢の
島であるハチ公前交差点に鬱積したエゴの山。「悪魔=代理店」に「魂」を売
り渡してしまった街に永遠に火は灯らない。どんな値を入れても何も産まれな
い「0×1=0」を末代まで繰り返し続ける「デジタルバブル」は「意識のコ
ンセンサス」を何ら得られぬまま崩壊の一途を辿り、地域全体が公衆トイレ化
するのも時間の問題である。JR埼京線と京葉線が結ばれ、お台場がフルオープ
ンするまでの場繋ぎ的存在。

それに比べ、新宿南口の復興には正直目を見張るものがあった。もちろん建築
の規模などではなく、「箱に何を入れるべきか」の価値基準=危機管理の懐の
広さが「ここまで努力してくれたら新宿まで足を伸ばしてもいい」と思わせて
くれるほど、充実した内容になるとは思っても見なかった。

駅ビルから(感覚的には)一歩も出ずに「青山ブックセンター」2軒!に「タ
ワーレコード」「タワーブックス」通り沿いの「まんがの森」まで回れ、深夜
営業の銀行も当然ながら充実している。西口にはあの「ビデオマーケット」が
聳えたつ。世界中のビデオ/DVDソフト、プレーヤーの輸入・販売を行っており、
妖しげな、しかし視るべきものを見極めるには格好のロケーションである。

特に2階「モンド」フロアなどは3DCG系の方に一見の価値あり(「FLICKER!」
vol.3 AXIS刊にて掲載)。絵面の参照ではなく、制作者の意識から作品の完成
度を推し量る訓練が表現力を高める事の方が往々にして多いからである。「パ
ッと見で飽きられてしまう作品」と「ずっと見ていたくなる作品」の違いが分
かるようになるかも知れない。「ビデオマーケット」は多少離れているが、こ
れだけの情報量のアクセスを会社帰りに行えるメリットが現在の新宿駅南口に
は集中している。

もちろんこの程度の「情報量」では都営新宿線は「済まされない」。巨大おた
くマーケット「秋葉原」「神保町」が君臨し、あの「ディジタルクリエイター」
のためのメインストリーム(=保守本流?)マガジン「MdN 」編集部も「市ヶ
谷」駅にあるため、機動性の面からも売り込み体制は完璧なのだ!

また、都営新宿線沿線での情報・資料収集のメリットとして「駅から近い店が
多い」という点が挙げられる。渋谷・青山・表参道・西麻布・六本木といった
いわゆる「高いだけでマズい飯を無理矢理食わせる街ベスト10」の常連タウン
では駐車もしずらい上に、駅からも遠く片道だけでヘトヘト、おまけに中味の
ないオシャレ本が堆く積み上げられ、本当に自分の読みたかった本はどこにあ
るのやら「何となくあるような店の雰囲気」に付き合わされ、一日中街を彷徨
い歩く羽目になりかねない(そして大概の場合はない)。

周辺の検索エリアを拡大すれば、意識の高い経営者の方が真剣にセレクトされ
ておられるショップも少なくはない。かつてアールビバンとしてその名を時代
に馳せていたNadiffやワタリウム美術館+オン・サンデーズ、最近オープンし
たPROGETTO等。

しかし、この2大最強ディジタルタッグの前では、「街」の後光はもはや何ら
効力を放つ事もなく「根強いファン」と呼ばれる盲目な崇拝者達によって維持
される運命にある。戦後50年を軽々しく語るつもりは毛頭ないが、ひたすら
システムに媚びることや、業界の惰性に身を委ね続けることを「良質な仕事」
と誤解したクリエイターに、もはや未来はない。

だが、世界の"AKIBA" には市場の論理を超えた熱き猛者達が集結した。彼らに
は「餓狼の群れに自らを放ち、手なずけられるかどうか」という唯一無二の論
理しか通用しない。ただひたすらにフックとジャブで確実に相手にダメージを
与え続けてきたクリエイターにしか、ウイニング・ザ・レインボー=右のアッ
パーの真の破壊力が理解出来ないように。

これまでソフトといってもビデオ・CD・LD・ゲームが関の山であった街に、大
挙して「今後の日本を代表するクリエイター文化の筆頭と言っても、もはや過
言ではないカテゴリーにまで成長しつつあるジャンル=ガレージキット」メー
カーが、JR秋葉原駅「電器街口」前徒歩0秒「ラジオ会館」という言うなれば
「秋葉のシンボル」に3フロアブチ抜きで乱入してくるとは、全身から体液が
溢れ出るような思いがした。

MOのメディアを7Fの「エフ商会」に買いに行った帰りに激ノロエレベーターが
待ちきれず、ボロ階段で降りて行った自分は、「彼」を前に運命の女神に跪ず
き覚醒する以外、対策の講じようがなかった。「よもやラジ館でボークスのツ
インタワーが拝めるなんて…」文字どおり「錨は巻き上げられ、炎の時代が始
まる」である。以下次号。

【さぎ・よしかつ】
dnest@gol.com
http://www2.gol.com/users/dnest

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■セミナー案内
まなびピア広島'99「CG-ARTS LAND」
CGに関するセミナー・シアター・ワークショップ  
SIGGRAPHやImagIna受賞作品もやってくる[予約申込受付中]
───────────────────────────────────
会期 10月7日(木)~11日(月)
参加費 いずれも無料
定員 70名/セミナー・シアター
場所 広島総合体育館中会議室 〒730-0011 広島市中区基町4番1号
   JR広島駅からバスor市電で「紙屋町」(10~15分)
申込方法 セミナーとシアターは予約申込を受付中

CGセミナー

【S-1】10月7日(金)14時~15時
    カーデザインとコンピュータグラフィックス
    吉富健二(マツダ株式会社経営革新プロジェクト室主幹)

【S-2】10月8日(金)14時~15時
    世界のメディアアートの現在と未来
    草原真知子(神戸大学大学院助教授)

【S-3】10月8日(木)16時~17時
    Shadeで3DCGを作ろう !
    園田浩二(エクス・ツールス株式会社製作部部長)

【S-4】10月9日(金)11時半~12時半
    Shadeで3DCGを作ろう !
    園田浩二(エクス・ツールス株式会社製作部部長)

【S-5】10月9日 (土)14時~15時
    情報のデザインとWebデザインの基本
    若林尚樹(岡山県立大学デザイン学部助教授)

【S-6】10月10日 (日)14時~15時
    コンピュータグラフィックスで人間の顔を知ろう
    原島 博(東京大学工学部教授)

【S-7】10月10日 (日)16時~17時
    魅力あるCGキャラクターデザイン
    江口響子(Zou Studio Inc. 代表/東京造形大学講師)

    *S3とS4は同一の内容。

CGシアター

【T-1】10月7日(木)15時半~16時半
   「SIGGRAPH99 Electronic Theater」

【T-2】10月8日(金)10時半~12時
   「ImagIna99受賞作品」

【T-3】10月9日(土)15時15分~16時45分
   「ImagIna99受賞作品」

【T-4】10月11日(月)10時半~11時半
   「SIGGRAPH99 Electronic Theater」
 
   *T1とT4、T-2とT-3は各々同一の内容。

申込/問い合わせ先 
CG-ARTS協会「まなびピア広島」係
〒104-0031東京都中央区京橋1-11-2 TEL:03-3535-3501 FAX:03-3562-4840
E-mail:info@cgarts.or.jp

詳細はCG-ARTS協会
http://www.cgarts.or.jp/manabi99/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■セミナー案内
Lingoスーパーマニュアル出版記念
大重美幸 Macromedia Director 7 集中セミナー
───────────────────────────────────
<以下は主催者情報>

Director史上最大の進化を遂げたD7で、あなたの技術もアップグレード!
長年にわたり、数多くのDirector関連著書や講義、あるいは読者を対象とした
メーリングリストを通じて、これまで多くのDirectorユーザーを支えてきた大
重美幸氏を講師として迎え、マシンを使った5時間の集中講座を開催します。
壁を越え、一気に中級へジャンプアップするチャンスです。

日時 10月14日(木) 13時~18時
会場 デジタルクリエーターカレッジWAO! 2階マルチメディア実習室
   大阪市北区中崎西 1-5-14 TEL: 06-6377-5613
講師 大重美幸(おおしげ よしゆき)
定員 20名
受講料 15000円(受講者には宴会の会費割引が有ります)

内容 Macromedia Director 7 集中講座
   新刊「Lingoスーパーマニュアル - Director 7 対応 -」を教材として、
   Director 7の新機能に焦点を当てながら、Lingoの基礎から実践までを一
   人一台のマシンを使って実習と理論で学びます。
   教材のサンプル例: http://www.oshige.com/shockwave/

   ・Director 7のトライアル版、ゲーム作成用テンプレートを含む最新版
   CD-ROM(Macromedia社発行)をもれなくプレゼント。
   ・セミナー終了後、大重氏を交えて、Directorユーザーが多数集まり、
   楽器持ち寄りで楽しむLIVEセッション宴会もあります。

申し込み方法
   電子メールでお申し込みください(仮申し込み)。折り返し、申し込み
   フォームを含んだメールをお送りします。受講料振り込みの確認後、受
   講票を郵送いたします。なお定員になり次第、締め切らせて頂きます。
mailto:seminar@loop-net.co.jp

申し込み締め切り:10月8日(金)    
お問い合わせ先:
mailto:seminar@loop-net.co.jp
主催 Candy Craft & Create 柴田忠浩
協力 株式会社ループ
協賛 デジタルクリエーターカレッジWAO!
   マクロメディア株式会社
    
講師プロフィール
大重美幸(おおしげ よしゆき)
http://www.pa.airnet.ne.jp/oshiget/
初代Macintoshの時代からテクニカルライターとして雑誌などで活躍。Excel、
HyperCard、FileMaker、Director等々、数多くの解説書の執筆を手がける。
Macromedia Director に関する著書は9冊におよび、そのわかりやすさとポイ
ントを押さえた無駄のない解説には定評がある。仕事の範囲はライティングの
みならず、企画・制作など実際の制作現場でも活躍し、最近ではタレント中谷
美紀CD-ROM「裸婦」のテクニカルディレクションをつとめる。

Director関連の著書
オーム社
・Lingoスーパーマニュアル - Director 7 対応 -
・Director 7 スーパーマニュアル
翔泳社
・Director 6 パワーマニュアル(上巻/下巻)
Spike
・Shockwave for Director 5.0テクニカルマニュアル
・Directorテクニカルマニュアル 3.1、
・Director 4.0 アニメーションテクニック
・Director 4.0 Lingoテクニック
BNN
・Lingo ハンドブック

───────────────────────────────────
■編集後記(10/4)
・創刊号を2冊買う。ソフトバンク刊「月刊ネットライナー」は、まだ全部は
読んでいない。だって、読む気を失わせるデザインで、本文なんか流し込んだ
だけってかんじなんで。いまどき珍しいよ、このセンスのなさは。ロッキング
オン刊「SIGHT 」は表紙にたけしの死んだふりの写真もってくる、やぶれかぶ
れ休刊号みたいな印象の創刊号。ま、特集が「死と向き合う」だから。まだ全
部は読んでいない。だって、けっこうカタイんだもん。すごいのは何本もある
インタビューをすべて渋谷陽一編集長がやっていること。いろんな分野の有名
人に鋭く突っこんでいて、こりゃなみの知力じゃない。ロッキング・オンの本
はあまり興味がないけど、創業以来28年間、6冊創刊して1冊も休廃刊を出
していないというのはすばらしい。雑誌屋の鏡である。尊敬!(柴田)

・渋谷陽一が参加しなくなってからのポップジャムは、民放と出演者層が同じ
になってしまった。つまらないぞ。氏のラジオ番組は、ツボな音楽がいっぱい
で面白くついつい聞いてしまっていた。「SIGHT 」買いにいこうっと。 目の
ことを書いたら眼科医に行くようにというメールをいただいた。ありがとうご
ざいます。 ジェットコースターな日々。まいっちんぐ。(hammer.mule)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 
デスク     濱村和恵 
アソシエーツ  神田敏晶 
        森川眞行 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
広告の御相談はこちらまで   mailto:info@dgcr.com

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

----------------------------------------------------------------------
■  日刊デジクリは投げ銭システム推進準備委員会の趣旨に賛同します ■
http://www.shohyo.co.jp/nagesen/ <投げ銭システムをすべてのhomepageに>
----------------------------------------------------------------------

★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.ne.jp/>、Pubzine<http://www.pubzine.com/>の
システムを利用して配信しています。

Copyright(C), 1998-1999 デジタルクリエイターズ
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■