[0450] ハロウィン来たりて笛をふく

投稿:  著者:  読了時間:16分(本文:約7,800文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.0450   1999/10/25.Mon発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 14160部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 <このページから呼びかけゆよのさ>

●デジクリトーク
 ハロウィン来たりて笛をふく
 神田敏晶

●セミナー案内
 ~オンライン通販の現場から~
 オンラインショップ何でも大質問会!in 京都

●デジクリWebサイト案内
 投げ銭システムのWebサイトが更新された

●デジクリWebサイト案内
 Webページを『大阪弁』『ピノコ語』『現代思想風』に変換するページ 



■デジクリトーク
ハロウィン来たりて笛をふく

神田敏晶
───────────────────────────────────
KNN神田です。

本日は、サンフランシスコ最大のアダルトなハロウィンパーティ「エキゾチッ
ク・エロティック・ボール」に参加してきました。このイベントは今年で19
年目になるというもので、カウンターカルチャー系のラブ&ピース全盛の頃か
らのイベントです。

http://www.exoticeroticball.net/

もう、このサイトを見ると、「こんなんにホント参加して大丈夫かいな~?」
と思いながらもサンフランシスコ在住の人々のレコメンドの多さに興味を抱き、
101号線をサンフランシスコ空港を目ざしたのです。ベイショア・ブルーバ
ードを10分ほど走ると、闇夜を照らすサーチライトが見えてきました。あと
は、そのサーチライトの光源をめざして、ひたすら車を走らせるだけ。アメリ
カの大きなイベントはこのサーチライトが目印なので、会場を見つけるのにと
っても便利です。

目の前にあらわれたのが、「COW PALACE」という巨大なホール。かなり周りの
建物とパースペクティブが狂っているほどの大きさです。思わず合成写真かと
思うほど巨大。

http://www.exoticeroticball.net/Main_Event.htm

すでに会場にはたくさんの車がつめかけ、かなり離れたところでないと車はと
められません。交通機関のないアメリカでは、みんな車でかけつけるから、そ
の数だけでも大変。駐車場から会場までの距離が長くなります。

さて、会場に到着する駐車場から、既に大仮装大会がはじまります。この「エ
キゾチック・エロティック・ボール」は、「メイクラブ・ノットウォー」のコ
ンセプトで開始されたカウンターカルチャー系のイベントであり、コンセプト
が「エキゾチックなエロティック」で、それぞれ衣装がスゴすぎです(汗)。

また、ハロウインの時期でもあり、毎年、大仮装パーティーと化しているので
す。しかも、レイブ系のようなパーティーではなく、もう誰もが仮装して、そ
の世界にはまりきっているところですでにイッてしまった感があります。

主催者のリリースでは、なんと参加者は、1万5000人のエントリーを迎え
るといいます。本当にすごい数です。そりゃあ、すごくなりますわ。しかも、
当然、ポリスもたくさん警備にきているのですが、ポリスの仮装の人もいて、
非常にややこしいのです。しかし、一瞬にして判断できます。

上半身はポリスなんですが、なんと下半身はズポンとパンツがなく、靴下と靴
だけというポリスです。あの松田優作主演の「探偵物語」のオープニングをイ
メージしていただくといいでしょう。非常におマヌケなんです。

会場で念入りにボディチェックを受け(危険物の持ち込み検査のようです)、
中にはいると、もうそこは、スターウオーズの酒場とターミネイターが氾濫す
る未来と、猿の惑星がミックスしたような光景です。まさに宇宙の一角に人類
が迷いこんだかのような光景です。

黒革ボンテージ系を核として、スーパーマン、バットマン、スパイダーマン、
ワンダーウーマンなどのコミケ系がウヨウヨいるのですが、さすが、みなさん
超マッチョな筋肉を誇らし気に見せます。よくまあ、あれだけの筋肉が作れる
ことか…。女性もすごいのです。

入場者の2/3が仮装で占められ、その約半分が黒革系のボンテージ系です。
もちろん、いろんなところに穴があいてあります。最初はやはり"乳房"を露出
している女性(?)がガンガン目の前をとおるたびにドキドキしていたのです
が、もう30分もすると、"乳房"ごときでは、ビクともしない体質になってい
く自分に驚きます。

巨大な女性(きっと男性)もいて、厚底ブーツで軽く2メートルを超えていま
す。もう、マジンガーZのロボットのようです。それが、ドラッグクイーンた
ちとノシノシ会場を渡り歩いているものですからすさまじい。いよいよ世紀末
的雰囲気がただよってきました。

メインホールのステージでは、ハスラー誌のモデルらが、かけつけ、大サービ
スタイムを繰り広げています。ほとんど裸同然の人たちが、セクシー度を競う
コンテストをステージで繰り広げています。あまりにも堂々と見せられるとだ
んだん食傷気味になってくるもんですね。

バックステージの会場では、ハスラー・ドットコムのライブ中継がおこなわれ
ていますが、インタビューとパフォーマンス、そしてステージからの中継が主
のようでした。アクセス数を聞くと、カウントできないほどすごいとの事。な
んじゃ、それ。

さらに出演者の控え室となると、もう無茶苦茶。SMあり、拷問系ありなので
道具がコワイコワイ。申し訳ないけれどそっちの趣味がないので、おそるおそ
る一般の席にもどりますが、あとでコンサートを見にいって理解できました。
続々とライブバンドが登場しますが、ハードコアなバンドが多いのです。結構
疲れます。ふぅ…。

しかも、ステージ上では、ランナウィズもチューブスも、ロッキーホラーショ
ウもぶっ飛ぶようなステージがずっとずっとくり返されています。最後のバン
ドなどは、もう全身ピアスされている人がいて、その先に風船がつけられ、一
気にその風船が割られ、ピアスが抜かれて鮮血が飛び散ります…。手品かと思
っていましたがホンマもんでした。

申し訳ありませんが、月曜日の朝からレポートするような内容でないため、深
くは書けませんが、すごすぎでした。しかし、音がナカナカよかったのに、そ
っちにばかり目がいってしまいバンドとしては逆効果かも…。

ステージ上のパフォーマンスとちがって、参加者の方は、もう思いっきり楽し
んでいます。まさに男女同権の国なんでしょうね。首に鎖をつながれて、覆面
をかぶされ引きづられている男もたくさんいました。ウーマンリブ健在といっ
たところでしょうか。

また、おじさん、おばさん、お爺ちゃんやお婆ちゃんのカップルも、たくさん
みかけました。おばさんも下腹の貫禄十分ってな感じでアダルトなハロウィン
を楽しんでいます。これは日本ではブーイングものですが、アメリカでは見せ
る勇気を称えるようです(^^)。日本の市場で買い物をしているおばさんのボン
テージ姿は想像できませんからね。

一見物凄い、いでたちの人たちも、実は「写ルンです」でお互いを記念撮影し
て回って歩いているのがこのイベントで一番印象に残りました。もちろん、す
ごいファッションの人ほど人気者です。声をかけあうだけで気軽に撮影に応じ
て仲良くなっているんですね。なんとも楽しそうです。

ハロウィンを子供だけでなく、大人までが満喫する人たちを十分に見させてい
ただきました。やはり、このイベントは取材側でなく、参加する側にまわらな
いと楽しくなさそうです。さすがハロウィンの先進国です。かといってどんな
仮装をしようか困っちゃうのが日本人ですね。

帰りに、デニーズに寄ったら、赤鬼、バニーガール、バーバレラ、ランボーな
どが食事をしていました。このシーズンでは当たり前の光景です。日本もクリ
スマスだけではなく、このハロウィンを本格的に持ってくるのもありかもしれ
ません。仮装やパーティー用の専門店の需要がふえそうです。

さて、いよいよ、おばけサイズの巨大なパンプキンも2つで5ドルで売り出し
が始まりました。これからがハロウィンの本番です。これぐらい、ぶっ飛んだ
事をやると日本の景気も変わるかもしれませんね。

【かんだ・としあき】
Y2K-Tokyo http://www.knn.com/y2k/y2k-j.html
The smallest digital TV station in the world
KandaNewsNetwork http://www.knn.com
International Journalist & Travelist
Toshi Kanda kanda@knn.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■セミナー案内
~オンライン通販の現場から~
オンラインショップ何でも大質問会!in 京都 
http://http://osmc.ippin.com/forum/seminar/19991102.html
───────────────────────────────────
<以下は主催者情報>

主催 オンラインショップマスターズクラブ 協力 京都リサーチパーク
日時 11月2日(火)10時30分~14時30分
会場 京都リサーチパーク 西地区会議室ルーム2
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町17 TEL.075-322-7800

滅多に見られない、京都の有名ショップ先駆者3名のパネルディスカッション
1時間30分の長時間、皆様方のご質問に講師がお答えし続けます!

各報道機関様、企業オンライン販売企画関係者様、シンクタンク様、コンサル
関係様、各団体様、商店様、濃い部分も含めて思う存分質問ください、オンラ
イン通販の先駆の地、京都の代表、皆様もよくご存じの3名が疑問をスッキリ
解決いたします。どうぞ何でもご質問ください、そのための機会です。

21世紀へ向かって大幅に伸び、必須のモノとなるオンライン通販の先駆の地
京都の先駆者現場からの声と、皆様のために公開できる限りのノウハウを開示
いたします。

3名とも京都の地にいながらも、3名揃って皆様にお答えできる機会はなかな
か取れません。どうぞこの機会をお見逃しなく日頃疑問に思われておられるこ
とや解決したいこと、また将来に向かってやっていくべきことへのきっかけに
なさって下さい。ご参加お待ちしております。

【講師】
家具のアオキ      青木良夫
Cave de Vin 小仲酒店  小仲律子
イージー        岸本栄司
【コーディネーター】
合資会社逸品 オンラインショップマスターズクラブ 森本繁生

【スケジュール】
10時30分~12時 オンラインショップの現状と展望 
           各講師の事業とノウハウの紹介
12時~13時 昼食休憩(各自でお取りください 施設内食堂は有)
13時~14時30分 皆様方からのご質問に一気にお答え!質疑応答大会

【定員】下記手順でのお申し込み先着順40名
【参加費用】5000円 (税込、振込手数料はご負担願います)
参加ご希望の方は、下記フォームにて申込後、申込をお受けした旨のメールを
お届けしますので、そちらで定員に達しておらず参加可能であることを確認後、
事前にお振り込みください

お問い合わせ等は mailto:shige@ippin.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■デジクリWebサイト案内
投げ銭システムのWebサイトが更新された
http://www.shohyo.co.jp/nagesen/
───────────────────────────────────
このホームページについて
<新しい時代の小さい発信者と受信者のために>

ホームページは大道芸。こいつが生きてけた方が世の中楽しいと思ったら帽子
にお金を放り込む、拍手する。通りすがりのネットワークだ。「投げ銭システ
ム」は、わたしたちがいいと思ったHPや活動やテキストに、インターネット
を通じてその場で投げ銭のようにお金を送るシステムです。

個人と個人、個人と小組織が気軽に少額のお金をやりとりできる小さな市場を
インターネットのなかに立てたい、という試みです。その仕組みを実際に稼働
させるための本格的な組織を立ち上げることを目的とするページです。すべて
の「WEB 大道芸人」とすべての「観客」の人々に新しい仕組みを一緒につくろ
うとこのページから呼びかけます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■デジクリWebサイト案内
Webページを『大阪弁』『ピノコ語』『現代思想風』に変換してくれるページ
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4078/osaka/htmlconv.html
───────────────────────────────────
インターネット・ウォッチの情報欄で、「さくらさくらWORLDによるWebページ
を『大阪弁』『ピノコ語』『現代思想風』に変換してくれるページ」というの
があった。他人のHPのテキストを好きな言語(?)に変えて楽しめるおそろ
しい仕組なのだ。もちろん、変換したのを勝手に公開してはいけない。

柴田はこういうのが好きで、仕事に追われながらもついハマッてしまったのだ。
上記の<投げ銭システム>を作例にしてみた。身内だからいいでしょ。

・大阪弁バージョン
ホームページは大道芸。こいつが生きてけた方が世の中楽しいと思ったら、帽
子にお金を放り込む、拍手するちゅうわけや。通りすがりのネットワークや。
「投げ銭システム」は、わいたちがええと思ったHPや活動やテキストに、イ
ンターネットを通じてその場で投げ銭のようにお金を送るシステムや。個人と
個人、個人と小組織が気軽に少額のお金をやりとりできる小さな市場をインタ
ーネットのなかに立てたい、ちう試みや。その仕組みを実際に稼働させるため
の本格的な組織を立ち上げることを目的とするページや。ずぅぇえええぇぇえ
えんぶの「WEB 大道芸人」とずぅぇえええぇぇええんぶの「観客」の人々に新
しい仕組みを一緒につくろうとこのページから呼びかけまんねん。

・ピノコ語バージョン
ホームページは大道芸。こいつが生きてけた方が世の中楽しいと思ったら帽子
にお金を放り込む、拍手すゆ。通りすがりのネットワークよのさ。「投げ銭シ
ステム」は、あたちたちがいいと思ったHPや活動やテキストに、インターネ
ットを通じてその場で投げ銭のようにお金を送るシステムなのよのね。個人と
個人、個人と小組織が気軽に少額のお金をやりとりできゆ小さな市場をインタ
ーネットのなかに立てたい、てゆう試みなのよのね。その仕組みを実際に稼働
させるための本格的な組織を立ち上げることを目的とすゆページなのよのね。
じぇんぶの「WEB 大道芸人」とじぇんぶの「観客」の人々に新しい仕組みを一
緒につくろうとこのページから呼びかけゆよのさ。

・現代思想風バージョン
ホームページは大道芸。こいつが生きてけた方が世の中楽しいと思ったら帽子
にお金そのものを放り込む、拍手する。通りすがりのネットワークだ。この点
は本稿の可能性の中心として特に銘記しておきたい。「投げ銭システム」は、
我々がいいと思ったHPや活動やテキストに、インターネットそのものを通じ
てその場で投げ銭のようにお金そのものを送るシステムではある。器官なき身
体と器官なき身体、器官なき身体と小組織が気軽に少額のお金そのものをやり
とりできる小さな市場そのものをインターネットのなかに立てたい、(またメ
タフォリックで申し訳ないが)という試みではある。その仕組みそのものを実
際に稼働させるための本格的な組織そのものを立ち上げることそのものを目的
とするページではある。本稿で用いられるパラダイムによって捉えられるすべ
ての「WEB 大道芸人」と本稿で用いられるパラダイムによって捉えられるすべ
ての「此岸の人」の人々に旧来の物語では理解不能である仕組みそのものを一
緒につくろうとこのページから呼びかけはする。

・すいません。趣味で場所ふさぎしちゃいました。(柴田)

───────────────────────────────────
■編集後記(10/25)
・テレビ見てたら妙に元気でボケたこというタレントがいて、かわいいなと思
って妻に聞くと(芸能人やスポーツマンの顔と名前に異常にくわしいのだ)、
さとう珠緒だという。さとうって、耳と目がでかい娘だと思ったと言うと、そ
れは藍子だという。若いころの大竹しのぶみたいな顔だ。大物になるか?と聞
くと、トンデモだと言う。ところで、大竹しのぶが「黒い家」の主役の殺人鬼
のようだ。原作を読みながら、この役に合うのは昔の岸田今日子かなと思って
いた。大竹しのぶかぁ、サングラスして元気そうなスチル写真だ、こりゃ原作
大改造かな。大竹しのぶはいまでも最高にうまい女優なのよのね。(柴田)

・大竹しのぶ、好きですよ~。野田MAPで最前ド真ん中で見たことあるんで
すけど、オーラや迫力が凄くて。ストーリーや演出よりも「大竹しのぶ」に感
動してしまいました。見たことのない方は、ぜひ生の大竹しのぶの演技をご覧
になってくださいませ。女優~! (hammer.mule)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 
デスク     濱村和恵 
アソシエーツ  神田敏晶 
        森川眞行 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
広告の御相談はこちらまで   mailto:info@dgcr.com

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)

----------------------------------------------------------------------
■  日刊デジクリは投げ銭システム推進準備委員会の趣旨に賛同します ■
http://www.shohyo.co.jp/nagesen/ <投げ銭システムをすべてのhomepageに>
----------------------------------------------------------------------

★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.ne.jp/>、Pubzine<http://www.pubzine.com/>の
システムを利用して配信しています。

Copyright(C), 1998-1999 デジタルクリエイターズ
許可無く転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■