[0501] みんなのデジクリに参加しましょう!

投稿:  著者:  読了時間:18分(本文:約8,800文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.0501   2000/01/08.Sat発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 14699部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

---PR-----------------------------------------------------------------
|【ネットワークカンファレンス2000】開催 ...「WEBビジネステクノロジー」
|日 時:2000/1/20 Linux,1/21 XML(両日13:00~),1/21交流会18:30~WTC20F
|会 場:大阪南港WTCホール    主催:大阪市・ソフト産業プラザiMedio
|テーマ:20日Linuxが選ばれる理由 21日XML、WEBビジネスで活かせる新手法
|詳細・申込みはホームページまで URL:<http://www.imedio.or.jp/nwc/>
-----------------------------------------------------------------PR---

日刊デジクリをご愛読ありがとうございます。
2000年は本日の501号をもってスタートします。
今年もよろしくお願いします。

 <Y2Kをクリアして(?)またお会いできましたね>

■編集部から
みんなのデジクリに参加しましょう!

■展覧会案内
ビジュアルアーティスト 倉嶋正彦「DANCE WIND」作品展

■展覧会情報
JACA日本ビジュアルアート展開催中

■展覧会情報
1980→1999 MEMORIAL ART展

■新刊紹介
玄光社DG(デジタルグラフィ)9号は1月11日発売

■プレゼント
DG(デジタルグラフィ)9号を5名様に

■公募展覧会案内
Shade美術館年賀状展“U.H.2000!!”作品募集中

■キャンペーン案内
印刷之世界社「DIGITAL WINNER」リニューアル記念企画を発表

■プレゼント
「DIGITAL WINNER」10号「フレキソCTP印刷」を10名様に
 
 


■編集部から
みんなのデジクリに参加しましょう!
mailto:info@dgcr.com
───────────────────────────────────
デジクリはみなさんのコミュニティです。ROMしてるばっかりではなく、積
極的に参加してください。ここにある以外の企画でもけっこうです。どんどん
ご寄稿ください。硬派、軟派なご意見もどうぞ。

●ホームページリニューアルインフォメーション
ホームページで作品をどんどん公開しているデジタルクリエイターからの更新
情報を掲載します。更新内容を簡単にまとめて(200字以内)URLを添え
てお送りください。新規オープン情報も歓迎。ただし、掲載するしないは編集
部の判断によります。

●クールサイト情報
国内外問わず、クールと思われるサイトや、クリエイターにとって便利・勉強
になるというサイトの情報をお寄せください。自薦他薦問いません。

●新刊情報
デジクリ諸君に読んでもらいたい本を出版した著者、あるいは版元の担当者か
らの情報を募集します。本の内容、体裁、価格などの情報を簡潔にまとめてお
送りください。また関連URLも。一部手を入れて掲載することもあります。

●いい本情報
国内外問わず、クールと思われる雑誌や、クリエイターにとって便利・勉強に
なるという雑誌や書籍の情報をお寄せください。これはクリエイター雑誌やコ
ンピューター関連雑誌に限定いたしません。

●展覧会やイベント、コンテスト、セミナーなどの情報
クリエイター向けのイベントやコンテスト、セミナー情報、展覧会やギャラリ
ー情報などもお送りください。

●モニター情報やプレゼント
クリエイター向けのモニター情報や、プレゼント情報をお送りください。企業
の方のタイアップ企画もお待ちしております。

●プレスリリース
クリエイターに有益だと思われるプレスリリースをお待ちしております。

●イベントやセミナーなどのレポート
イベントやセミナーなどのレポートをお待ちしております。画像がございまし
たら、それも一緒に添付してお送りください。できましたらレポーターの方の
プロフィールも一緒にお送りください。

●スクール情報
国内外問わず、クリエイター向けのスクール情報をお寄せください。

●おもしろ写真館
自慢のおもしろ写真をお見せください。デジクリWebで掲載します。

●このハードはいいぞレポート
コンピュータ本体、デジカメ、プリンター、スキャナー、タブレットなど、じ
っさいに使用して、これはイイ!というレポートをおよせください。

●このソフトはいいぞレポート
じっさいに使用して、これはイイ!というレポートをおよせください。

●なんでもランキング
ノンジャンルで勝手なランキングをつくってご披露ください。

●わたしのブックマーク
あなたの情報源、娯楽の殿堂、定番Web散歩コースをご披露ください。

●ペット自慢
デジクリさんの癒しとなるペットにかんするあれこれを。

●デジクリClassifieds
「売ります、買います、あげます、ください」などのクリエイターにとって有
益な情報をお待ちしております。不要になったものが、案外ほかの方には有益
なものかもしれません。なお、取り引きは個々の読者と直接コンタクトをお取
りください。編集部ではトラブルの責任を負いません。

●その他、クリエイターに有益と思われるもの全般
クリエイターに有益と思われるものでしたら、何でもお気軽にご連絡ください。
(ぜったいに有益ではないが面白い、というのでもヨイ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■展覧会案内
ビジュアルアーティスト 倉嶋正彦「DANCE WIND」作品展
1月8日より表参道・新潟館ネスパスで開催
http://www1.odn.ne.jp/~kurashima/news2000.html
───────────────────────────────────
ディジタル・イメージでは「パテンテ」のイラストを発表している倉嶋正彦氏
の、もうひとつのアートワークである「DANCE WIND」 の作品展である。ダ
ンスをテーマに独自のスタイルで制作して6年。そのすべての作品を展示する。
作品点数は8点だが、ある作品は長さ14メートル。またある作品はA3サイ
ズ54枚で構成されているとか、そのスタイルは特殊。
初期の作品も、近年の大型プリンターにより鮮やかに出力された。また、各作
品の映像バージョンもあり、50インチモニターとプロジェクターで上映。さ
らに、本展では3回にわたり、ゲストダンサーを招いてのパフォーマンスを行
なう。ダンサーの鼓動と、映像の光りとリズム、そしてライブドローイングの
残像。それらを紡ぐように音が加わる。これらは倉嶋氏にとってのもうひとつ
の「身体表現」であり、あらたなダンス表現を模索するものである。

「皆様の御来場をお待ちしております。作家は毎日、会場におりますので、気
軽に声を掛けて下さい。御意見、御感想を承り、今後の活動の参考にさせて頂
きたいと思います。 宜しくお願い申し上げます」(倉嶋)    

タイトル 倉嶋正彦「DANCE WIND」作品展
日時 1月8日(土)~16日(日) 午前10時30分~午後7時
会場 表参道・新潟館ネスパス 1階及び地下1階アピールスペース
   東京都渋谷区神宮前4-11-7(地下鉄表参道A2出口、徒歩1分。
   JR原宿、徒歩10分)03-5771-7711(期間中のみ)

イベント日時 8日(土)午後5時から ゲスト 紙田 昇
       9日(日)午後5時から ゲスト 室野井 洋子
      15日(土)午後5時から ゲスト 御之頭 似奎
      *イベントは、地階で直にご覧になる方、支援金1000円。
      尚、1階のモニターでライブ中継します。こちらはフリー。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■展覧会情報
JACA日本ビジュアルアート展開催中
1月4日(火)から1月26日(水)まで
───────────────────────────────────
JACA日本ビジュアルアート展開催中 入場無料。
会期 1月4日(火)から1月26日(水)まで。午前10時~午後6時。
   特別休館日 8日(土)9日(日)
会場 フジタヴァンテミュージアム
   東京都渋谷区千駄ヶ谷4-6-15 電話03-3796-2486
主催 社団法人国際芸術文化振興会、フジタヴァンテ

・「日本グラフィック展」その後の「アーバナート」とならび、日本の公募展
の老舗がこの「JACA日本ビジュアルアート展」。デジタルも多数展示。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■展覧会情報
1980→1999 MEMORIAL ART展
http://www.parco-city.co.jp/parco/index2.html
───────────────────────────────────
<以下は主催者情報>

1980年に始まった「日本グラフィック展」、それから派生した「オブジェ
TOKYO展」、そして2つの公募展が合体した「アーバナート」。20年間
の応募作品総数は76000点を上回り、そこからは多くの作家達が輩出され
た。本展は、中でもさらに先鋭的な作家を集結し、展開するメモリアル展。立
花ハジメ、日比野克彦氏らのトークイベントや、大賞受賞者らによるパフォー
マンスも実施。

・トークイベント/トコトントーク
1月15日(土)14時~18時 展覧会場にて
(出演)粟津潔、立花ハジメ、タナカノリユキ、日比野克彦(司会)榎本了壱
入場料 一般700円、学生500円 *1ドリンクつき
申し込み パルコギャラリー 03-3477-5873(要電話予約)

・スペシャルパフォーマンス
各日15時~16時半 展覧会会場にて
1月16日(日)海津研、パルコキノシタ、横山豊蘭
1月22日(土)グラインダーマン、さとうりさ、田中偉一郎
1月23日(日)飛魚姉妹(淨夢現尚伽&できやよい)、N・キデヒト(仲里
秀樹)

・1980→1999 MEMORIAL ART展
期間 1月15日(土)~30日(日)
   15日(土)は18時にて閉場。イベント混雑時は閉場することもある。
会場 渋谷パルコパ-ト1・8F/パルコギャラリ-
料金 一般500円 学生400円(中学生以下無料)
問い合わせ パルコギャラリー/03-3477-5873

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■新刊紹介
DG(デジタルグラフィ)9号は1月11日発売
http://www.genkosha.co.jp/dg/
───────────────────────────────────
日刊デジタルクリエイターズの読者の皆さん、あけましておめでとうございま
す。昨年は駄文を読んでいただき、時にはメールなどもいただいてしまい恐縮
です。土曜日の原稿は、仕事やデジタルと関係ないものをと心がけております
が、本日はDG(デジタルグラフィ)9号の宣伝をさせてください。

DG9号は「創刊2周年リニューアル号」で11日の火曜日に書店に並びます。
まず、デジタル制作のグラフィックス広告の紹介が8ページ、宇多田ヒカルの
B倍5連ポスターやhideを使ったマクセルのB倍2連ポスターなど盛りだ
くさんです。

特集は「デジタル表現の現在」と題し、写真・デザイン・イラストなどのこの
10年のデジタル表現を総括し、現在の状況をクリエイターたちの証言と作品
で構成します。広告写真家・白鳥真太郎氏、グラフィックデザイナー・中川憲
造氏、向井裕一氏、イラストレーター・ダバカン氏など。また、ディジタル・
イメージ代表の長田智行氏にもインタビュー。さらに山咲千里や藤原紀香の写
真集で話題の大沢尚芳氏が一眼レフタイプのデジタルカメラでファッションポ
ートレートに初挑戦しデジタルカメラの現在を検証する企画もあります。

ソフトウェアの使いこなしも充実させました。フォトショップの体系的なセミ
ナー(8ページ)と写真家たちが自らのノウハウを公開するケーススタディ的
フォトショップセミナー(6ページ)と、イラストレーターのテクニックセミ
ナーが8ページ。また、今回は新製品レビューとして「Corel DRAW 8J for
PowerMac」と「Adobe GoLive ver.4」を掲載しました。

ハードウェアレポートとしては、話題の一眼レフタイプのデジタルカメラ、ニ
コンD1とコダックDCS330を詳細にテストします。また、画像確認や作
品出力のためのデジタルプリンタ選びのためのプリンタカタログも16ページ
で特集しました。

その他、作品紹介やプロフェッショナルの現場レポート、デジタルグラファー
養成講座など、ひとつひとつの記事のヴォリュームがある構成をこころがけま
した。表紙は写真家・八倉巻弘行氏の作品。少女ふたりが唇を合わせている絵
柄でちょっとドキッとしますが、モノトーンのとてもきれいな作品です。書店
で手に取ってみてください。

DG編集部・十河進 DG@genkosha.co.jp 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■プレゼント
DG(デジタルグラフィ)9号を5名様に
───────────────────────────────────
DG編集部の提供で、11日(火)に店頭に並ぶ本書を、読者5名様にプレゼ
ント。希望者は、デジクリ編集長にメール、サブジェクトは「DG9」。デジ
クリにたいする感想、希望など書き添えること。締切りは10日(月)正午。
発送は11日、お手元には12日着、という超高速進行。当選者に発送をもっ
て発表にかえる。送り先を忘れず書いてくださいよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■公募展覧会案内
Shade美術館年賀状展“U.H.2000!!”作品募集中
http://www.ex-tools.co.jp/museum/nenga-Y2K/index.html
───────────────────────────────────
エクスツールスサイトで開催中の「うれしはずかしShade美術館」が「年
賀状展“U.H.2000!!”」を開催中。締切りは1月末日。

年賀状展“U.H.2000!!”は、うれしはずかしShade美術館にふさ
わしい “Ureshi-Hazukashi”い年賀作品を交換する目的で開
設されたという。“U.H.2000!!”の定義は、「来年使うと周囲の苦笑
を誘うもの、12年後ではさすがに引いてしまうもの」とか。応募規定などく
わしくはサイトで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■キャンペーン案内
印刷之世界社、季刊誌「DIGITAL WINNER」リニューアル記念企画を発表
http://www.monz.co.jp/
───────────────────────────────────
印刷之世界社では、2000年ミレニアム到来にちなんで、同社発行の季刊誌
「DIGITAL WINNER」のミレニアム特価+1冊キャンペーン実施する。この期間
に「DIGITAL WINNER」を年間購読すると送料が無料になり、さらに同誌のバッ
クナンバーもしくは最新号を1冊プレゼントする。キャンペーン期間は、1月
末日まで。

同誌は、1年に4回発行で、1冊980円(税込・送料別)。年間購読をする
と、4冊3920円(税込・送料無料)。これが、この期間中に、同社のホー
ムページ上から申し込むと、5冊3920円となる。

同誌は、「新技術と変革の謎を探る発見・遭遇マガジン」をテーマに「新しい
技術の誕生の謎を理解し、その技術がもたらす状況を利用できる環境にある企
業がチャンスをものにできる」という基本概念で作成されている。最新号は、
12月後半に発行されたばかりで、メインテーマは、「フレキソCTP印刷」
について。同社ホームページでその内容の一部が無料で閲覧できる。

今後、バックナンバーについても順次内容の一部を公開して行く予定。
Vol.1『インターネットと印刷ビジネス』
Vol.2『進化する印刷ネットワーキング』
Vol.3『日本のCTP・90's最後のトライアル』
Vol.4『StartUpカラーマネジメント』
Vol.5『'98CTP前夜 初めにDDCPありき』
Vol.6『RIPとServerでプロになる』
Vol.7『WindowsDTPは共存できるか?』
Vol.8『動き出すCTPへの技術投資』
Vol.9『デジタル複写機で拓く印刷新市場』
(既刊は、1480円 税込送料別)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■プレゼント
「DIGITAL WINNER」10号「フレキソCTP印刷」を10名様に
───────────────────────────────────
印刷之世界社の提供で、読者10名様に最新号をプレゼント。希望者は、デジ
クリ編集長にメール、サブジェクトは「DW10」。デジクリにたいする感想、
希望など書き添えること。締切りは10日(月)正午。当選者に発送をもって
発表にかえる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(1/8)
・Y2Kが心配の年末年始だったが、どうやらクリアできたようだ。わたしは
カタストロフィの本命はアンゴルモアうんぬんじゃなくて、Y2Kだと思って
いた。だから、ライフライン壊滅とかのどえらい事態におちいらなくて本当に
よかったと思う(反面、不謹慎ながら世界的な危機に立ち会えないのが少し残
念な気持ちもする、というと抗議メールくるだろうなあ)。正月の蒲鉾はキテ
ィちゃんだった。元日に、調神社ふきんを車で通過したらとんでもない行列、
初詣から撤退、2日の午前9時に行ったらすいていた。2日から浦和競馬やっ
ていた。駅前「×船」の琴の音放送がうるちゃい。4日に実家に行ったらおや
じが80歳とかで、ぼけたふりして子供をからかってくれた。Y2Kが心配で
年賀状は年内には1通も出さなかったので、3カ日は毎日書いていた。12月
中ずっと風邪が直らず毎日ボーッとしていたが、今年になってようやく頭も正
常になりつつある。デスクも正月は病気で寝ていたといい、念願のweb の再構
築もできずに過ごしちゃいました。みなさん、今年もデジクリをよろしくお願
いします。ぜひ積極的に参加してくださいね。          (柴田)

・皆様明けましておめでとうございます。編集長のお言葉にもありますように、
ウエストラインがヘルペスになってしまい、ただの腹痛と虫さされの混合かと
思っていたらどんどん悪化してしまい、歩行や座ることさえも困難に。今も治
療中です。ここ数年のことを考えてみたら、健康っ!、と思える日々がほとん
どないような気が。ま、こんな暗い話題はパスしてですね、「ドンキーコング」
は見られましたかっ? テレビ東京系列で放送されているもので、フルCG。
あの質のものが毎週見られるなんてびっくりです。それからドリキャスのゲー
ム「スペースチャンネルT」、独特の世界があって面白そうです。うららちゃ
んが可愛いです。Tシャツが欲しいです。誰か売ってください。今年はもう好
きなことしかしたくないぞ、とか無謀なことを思っております。正月にまとめ
てするはずだったデジクリ強化やメール・マシン環境強化にもふられたくせに。
動けよ、私のポンコツなからだ! 休むと仕事が溜まるのよ!(hammer.mule)
http://www.spacechannel5.com/

----------------------------------------------------------------------
■ 日刊デジクリは投げ銭システム推進準備委員会の趣旨に賛同します ■
http://www.shohyo.co.jp/nagesen/ <投げ銭システムをすべてのhomepageに>
----------------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 
デスク     濱村和恵 
アソシエーツ  神田敏晶 
        森川眞行 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
広告の御相談はこちらまで   mailto:info@dgcr.com

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.ne.jp/>、Pubzine<http://www.pubzine.com/>、
E-Magazine<http://www.emaga.com/>のシステムを利用して配信しています。

Copyright(C), 1998-2000 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■