[0509] 《物欲の世界》

投稿:  著者:  読了時間:23分(本文:約11,300文字)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.0509   2000/01/19.Wed発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 14788部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

---PR-----------------------------------------------------------------
◇◆渋谷駅徒歩5分!土・日・祝日24時間営業!高速デリバリーサービス!◆◇
     「眠らない」デジタルデパート ■ダブル・クロック渋谷■
   業界最高水準EPSON PM-9000C出力から
   E-PRINT・展示/ディスプレイ制作から映像・Webサイト制作まで
   あらゆるデジタルパブリッシングをトータルサポート!
 TEL.03-3797-0621 FAX.03-5464-2435 http://WWW.koyosha-inc.co.jp
-----------------------------------------------------------------PR---

 <関西では安い買い物した人ほどエライ>

■デジクリトーク
 MKチャット対談 
 《物欲の世界》
 笠居トシヒロ&まつむらまきお

■えむのHot Space! No.50
 民主党による新サイトがオープン
 山口 壮/ えむ
 
■連載「ip2000」プロジェクト奮闘記 0003(1/19)
 ゼロからの出発
 川井拓也 

■新刊案内
 「100万ヒットホームページをつくった人々」本日発売

■クールサイト案内(自薦)
 Funkey House
 




■デジクリトーク
MKチャット対談 
《物欲の世界》

笠居トシヒロ&まつむらまきお
───────────────────────────────────
まきお: おばんですぅ
かさい: どもー
かさい: あのさ、Flash- MLで「Flashは嫌われているのか?」っ
    て話題に上がってたけど…    
まきお: (笑)何回か、触れた話題だよね
かさい: そうね、プロテクにも書いたし
まきお: あのチェーンみててさ、思ったのは「プラグインいや」という人がい
    るってことはWebで「グラフィックいや」ってひとだっているわけ
    でそれこそ「ネットは不毛だ」という人だっているし
かさい: おるやろね
まきお: JavaScriptで別ウィンドが開くよりFlashの方がよっ
    ぽどマシだとは思うが(笑)    
かさい: 別ウィンドウね、あれはボクもキライだ実は(笑)
まきお: 実に不毛な話題だと(笑)
かさい: だねえ(笑)そういえばさ、「ほぼニチ」で糸井さんも「プラグイン
    嫌い」って公言してるよな
    (http://www.1101.com/)
まきお: なんでもかんでも入れるからでしょーが(笑) QTとFlashと
    RealでOK あ、ShockWave入ってないや(^_^;)
かさい: 全部最初から入ってるよね、今は。つまりさ「プラグイン入れるのイ
    ヤ」っていってる人像を考察してみると、いまだに古いブラウザを使
    っている人もしくは、入ってるプラグインもわざわざ捨てちゃう人の
    いずれかだよね。そこまでサポートできないじゃん(^^;)
まきお: そそ。デフォルトインストール以外はサポート外(笑)
まきお: ところで話はぜんぜん変わるんだけど、例のCanonのうすべった
    ーいスキャナ買いましたぁ。税込み1万5500円(笑)
かさい: おお、スキャナ! とうとう買いましたか
まきお: とうとう、と言うような値段ではない(笑)
かさい: 何処で買った?
まきお: 近所のミ●リ電化~。どこも値段いっしょね、今。日本橋までいこう
    かと思ったけど、多分差額、電車賃にもならん(笑)
かさい: うそー、ウチの近所のミ●リ1万5000円やったで、今日見たんだ
    けど
まきお: あ、くやしい(笑)
かさい: (笑)しかし安くなったよねえ
まきお: 今まで、まつむらは5年モノのEPSONのGTをつかっとったんで
    すが
かさい: ほうほう
まきお: 今年の我が社の目標が「減らせSCSI&コンセント」でして(笑)
かさい: 我が社って…ヨメさんしか従業員居ないくせに(笑)
まきお: (笑)でですね、なんかEPSONのが調子わるかったんで、どしよ
    かなと
かさい: もうなんちゅーか今の周辺機器の価格考えたら、修理するより買っち
    ゃうよねえ
まきお: そうそう(笑)1万5000円ですよ、Flashの半値以下ですよ。
    フォトデラックスとOCRソフトまでついてくるんですよ。ほとんど
    TVショッピングの世界(笑)    
かさい: うーん、ソフトは付いてきても使わんけどねえ(^^; ま、それでも安
    いわな。ボクが最初に使ったスキャナなんか、モノクロだったけど当
    時200万近くしたもの
まきお: うひー
かさい: すげーだろ?(^^;)
まきお: すげーちゅーか、なんちゅーか、業務用でそ?(笑)
かさい: Agfaの最高級機だったよ、10年以上前の話だけどねえ
まきお: きっと今回買ったCanonの方がキレイだ(笑)
かさい: そうそう、今の2万クラスのスキャナのほうがずっと綺麗(笑)
まきお: CanonはUSB一本で電源もいらないんだよねー。でもって縦置
    きができる(笑)USBえらいっ
かさい: 今日みてて思ったんだけどさ、そのスキャナ、厚物は撮れんだろ?
まきお: ほとんどねー。蝶番部分が固定なのよね
かさい: それネックやなあ… 今の僕が使ってるUMAXのスキャナも固定だ
    けど
まきお: でもまつむらはほとんどペラの下絵のスキャンだからいいのだ。縦置
    きで快適なのさっ
かさい: ボクは本とか雑誌とかスキャンすることが多いんで蝶番が動くヤツの
    ほうがいいなあ
まきお: 古いGTアジャストできるで。うったろか?(笑)
かさい: いらん(^^;)
まきお: ソ●マ●プのWebで下取りみたら、最高で2000円やった(笑)
かさい: それでも2000円で売れるんか(笑)
まきお: あ、でもねーCanonは本体がうすべったいから、逆に本に本体お
    しつけてとれるよ
かさい: それでヘッドちゃんとうごくん?
まきお: 縦置きでもうごくんやから動くでしょー、やったことないけど(笑)
    ちょっとやってみる
かさい: いま試すんかい(^^;)
まきお: う、フタが90度までしかひらかん...
かさい: わはははは(笑)
まきお: あ、簡単にはずれるわ(笑)ふた。
かさい: はずれるんやったらええかな。で、画質とかはどう?なんか見た感じ
    「なかみからっぽー」って感じで頼りなさそうだったんだけど
まきお: 画質はねー、前つかってたのよりずーっとよい(笑)
かさい: そうか、いいのかー スキャニングソフトの使い勝手は?
まきお: ふつーかなぁ。ほかのわからんけどさ。あ、TWAINちゃうねん、
    Macはフォトショのプラグインなの。あ、天地逆でもちゃんとスキ
    ャンできる。すげー(笑)
かさい: ほほーできるか、すげーな(笑)
まきお: で、まぁ、画質やソフトは十分なんだけど、やっぱUSBは遅いわ。
日常的にたくさんカラーでとる人はSCSIじゃないとあかんやろなぁ
かさい: そらそうだろうなあ。ところでボクは先日20GBのハードディスク
    買ったよ。29800円、こっちも安くなったよねえ
まきお: そうそう、ぼくも買おうとおもってるんよ、20メガくらいの。
かさい: 20メガなんて売ってないぞ(笑)いまどき
まきお: あああ、ぎがぎが(笑) で、どこの?
かさい: アイオー・データのやつ
まきお: HDはSCSI?
かさい: これがね、最近の傾向なんだけど中味はATAなのよ。でSCSIに
    変換するボードを内蔵してて、ポートはSCSIなんだな
まきお: だよね、その値段だと。だいたい、ぼくがスキャナ買ったのは、ハー
    ドディスクを買うためでもあるわけよ。もう、SCSIもコンセント
    もふやしたくなかったからね
かさい: ああ、SCSIポートを空けようって魂胆ね。でさ、明日デジカメも
    買おうと思ってるんだよね
まきお: わたし、年末に買いましたよ、2メガピクセル
かさい: 前に使ってたヤツ知人に売っちゃったから
まきお: 前のはSONYのサイバーショットの初代のだったよね
かさい: 初代じゃないな、3代目くらいだったと思う
まきお: カールツアイスの前のでしょ?で、今度はなに買うの?
かさい: FinePix1700zってズーム付のヤツにしようと思ってるん
    だけど
まきお: やーい、150万ピクセルじゃーん。うちの200万ぴくせるー(笑)
かさい: くそー(^^;) でもズームが欲しいんだもん
まきお: うちのはズームないー。ズームはほしいよね、うん
かさい: 同じくらいの値段で2メガピクセルのFinePix2700も買え
    るんだけど光学3倍ズームレンズが付いてるんだよー1700は。店
    頭でさわってみて気に入っちゃって(笑)
まきお: うちのは安いのがトリエ。3万5000円だったもーん(笑)
かさい: 関西では安い買い物した人ほどエライってことになってるからなあ…
まきお: そう。これナンボやったと思う? って(笑)
かさい: でも、だからって同じものを買うのはヤダ!(笑)
まきお: こっちもいやや(笑)
かさい: 2700も、高木さんがライカ仕様のヤツもってたじゃん、だから避
    ける
まきお: だよね。あ、買ったら、まぢっくでかいたるわ「らいか」って(笑)
かさい: いらんわ(^^;。しかしこの話、実りのある結論にはならないねえ(^^;
まきお: ええねん、買い物自慢やから(笑)しかし、ささやかな自慢やなぁ。
    ぼくなんか総額5万や(笑)
かさい: あ、だけどさ、まつむらさんデータ取り込み用にUSBボードとスマ
    ートメディアリーダー買ったでしょ?
まきお: リーダーは買ってないよ。カメラ直結やもん(いばりっ)
かさい: それ足したらいくらになる?
まきお: カードとか足したら65くらいかなぁ(笑)
かさい: んじゃあ総額同じくらいじゃん(笑)こっちはPCカードスロットあ
    るからアダプタ5000円也プラスするだけだもん
まきお: まぁねー。で、次に考えてるのがG4なんだけど、どーおもう?
かさい: G4ねえ…どうなんでしょうねえ。ボクはとうぶんいらないけど
まきお: 気に食わないのがさーG4の一番安いの350でそ?iMacに負け
    てる(笑)
かさい: (笑) でも今のマシンよりは数倍速いでそ?
まきお: 今のマシン、10万くらいで売れるみたいなんよ、ソ●マ●プで
かさい: あ、でも350だとマザーヨセミテじゃなかったっけ?
まきお: だいじょーぶ、変わったのー。DVD- ROMもついてお値段すえお
きっ
かさい: そうなんか、じゃあ350でいいんじゃない?10万くらいの投資で
    最新機種になるしー
まきお: やっぱ買うかなぁ。今なら8.6で動くはずだしなぁ
かさい: OS9はあきませんか?(^^;)
まきお: なんか、いろいろ当たってるみたいやったんよ、ぼくの環境やと。
    買ったらいちおー挑戦してみるけど、どーせ夏にはOSXでるし
かさい: ボクもOS9は見送るつもりー
まきお: それが正解(笑)
まきお: あ、今のG3のメモリ、G4でも使えるのかな?
かさい: どうやったっけ?
まきお: 買い直した方がトラブルはないよな。
かさい: 今、メモリ高いからなあ
まきお: スキャナ2000円で売って足しにしよう(笑) DVD-RAMはど
    うしようかなぁ
かさい: DVD-RAMねえ、いろいろ物色したんだけど まだモノが少ないね
    えメディアも高いし。今日見たのは松下のヤツで6万くらい
まきお: Appleストアで組み込みだと安いから。確か3万5000プラス
    だったかな
かさい: あ、組み込みのヤツね、だったらいいかな。PBG3のスロットにさ
    せるDVD-RAMでないかなあ…
まきお: そのうち出るでそー。うん。ホントは24倍速くらいのCD- Rがあ
    れば使い勝手よさそうなんだけどね    
かさい: メディア安いしねー<CD-R
まきお: 所詮、普及してないメディアは自己完結のみだからね
かさい: だよねえ、データの受け渡しに使えないからなあ
まきお: でもDVDのメディアも500メガあたりだと300円位とちゃう?
かさい: そのくらいだね、でもデータ渡すのに気軽には使えないでそ?
まきお: それにどっちみち相手がもってないとね、DVD-RAM
かさい: やっぱCD-R買い換えるかなー、調子悪いんだー最近
まきお: うちはとりあえず、G4&iBooKだー
かさい: あー、iBookも買うのねー。なんかさ年末のイソガシ地獄からち
    ょっと解放されて、物欲が高まってるって感じだなあ(笑)
まきお: いや、もー、モノがさ、多すぎるでしょ、いろいろ。シンプルにしよ
    うと。椅子も買うぞー(笑)
かさい: まだ買ってないんか(^^;) 早く買いなさい!(笑)
まきお: だってさー、スチールケースのショールームが本町からATCに移っ
    てて、あそこまでいくのって、カクゴいるでそ(笑)?
かさい: げ、そら遠いな(^^; イスは坐ってみないと買うの躊躇するもんなー
まきお: なんですよ。まぁ、色々買い物できて楽しい今日この頃ですわ(笑)
かさい: 買い物するとストレス発散するしねー(笑)でも結局買ってるモノが
    全部仕事の道具だというところが…(^^;)
まきお: わーかほりっくやねえ(笑)

【笠居 トシヒロ/グラフィックデザイナー】
ようやく正月ボケがとれてきて、仕事に集中できるようになってきた。
すでにお仕事はいっぱいたまってるぞー、がんばれ>ヲレ(^^;)
<http://www.mad-c.com/>

【まつむら まきお/まんが、イラスト、アニメーション作家】
「おしえてFlash4」、台湾に続き、韓国でも出ることになりそーっすぅ。
焼肉たべたいなぁ(笑)あ、映画「シュリ」も見たいっす!
<http://www.asahi-net.or.jp/~GU5M-MTMR/>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■えむのHot Space! No.50
民主党による新サイトがオープン

山口 壮/ えむ
───────────────────────────────────

◇民主党による新サイトがオープン

ぱっと見ただけでは日本の政党が作ったとは夢にも思えないサイト「ウェブ・
ザ・きんた」がオープンしました。トップページのメニューには「交通」「雇
用」「インターネット」「世論調査」「教育」「年金」「起業」と、全部で7
つのカテゴリーが設けられています。(最後の3つは「Comming So
on!」などとなっていて、まだ利用できません)各カテゴリー別に掲示板も
用意されています。親しみやすい雰囲気がGoodです。

それにしてもこれがどうして「きんた」になったんでしょう? 党首のあだ名
? そうじゃないですよねえ。サイト全体の説明がどこにもないので、ネーミ
ングの由来などは分かりません。ぜひ解説してもらいたいところです。

「民主党」の文字は皆無に等しいので、トップページを見ただけでは政治に関
係あるサイトだとはとても思えません。ところがトップページのソース・コー
ドの「META NAME="keywords"」の部分には、しっかり「政
治、民主党、選挙」と記入されてます。

サーチエンジンで「政治」と検索して、トップに「きんた」なんて出てきたら
面白そうですね。年輩の方だと「なんやこれは? ふざけとんのか?」と見向
きもしないかもしれません。ま、比較的若いサラリーマン向けのような感じで
すから、これはこれでうまくいくんでしょう。

それぞれのカテゴリーでは、テーマを決めてアイデアの募集もしてます。例え
ば「雇用」のページでは「企業社会で通用する『自分価値』算出法のアイデア」
を募っています。いつの時代も政治家が民の声をくみ取るのはいいことです。
自分のアイデアや意見が、政治に直接反映される可能性があるというのも喜ば
しいことですね。最優秀アイデア賞には「ザウルス アイゲッティM1-P2」
が用意されてます。当然ながら欲しい人には魅力的です。

また、応募者の中から抽選で10名を「居酒屋車座談義」に招待してくれたり
もします。この「居酒屋車座談義」ですけど、党代表の鳩山由紀夫氏と会食で
きる企画のようです(またもや詳しいことが分からない...)。ただし開催
場所は都内を予定、交通費は自己負担です。

アイデアの説明は200字以内となっていますから、読者の皆さんも軽い気持
ちで応募してみてはいかがでしょう。応募の締切は今月末です。運良く「車座
談義」が当たったら、ぜひデジクリにレポートを寄せていただきたいですね~。

<ウェブ・ザ・きんた>
http://www.kinta.ne.jp/

【関連サイト】
<Web The Venus>
http://www.venusclub.net/
<民主党>
http://www.dpj.or.jp/

◇ちょっとだけウイルス情報

この原稿を書いている今は、火曜日の午前6時過ぎです。締め切りはとっくに
過ぎてますし、出社の時間も近づいているので、読者の方々には大変申し訳あ
りませんが、今週のウイルス情報はごくごく簡単に参ります。

<Presario 229xシリーズのコンピュータ・ウイルス混入について>
http://www.compaq.co.jp/athome/presario/pre_v.html
コンパック・ユーザーはご注意を。通常の使用では問題ないそうです。

<Windows 2000に感染するウイルスが発見される>
http://japan.cnet.com/News/2000/Item/000114-2.html?mn

<破壊力の強い3つの新種ウイルスに対する注意を呼びかけるトレンドマイク
ロ>
http://www.zdnet.co.jp/news/y2k/0001/01/j-001.html

<2000年代はワームの時代――ウイルスはネット指向で悪質に>
http://www.zdnet.co.jp/news/0001/05/virusy2k.html

【山口 壮/ えむ】 mailto:PXX06120@nifty.ne.jp
http://member.nifty.ne.jp/yamaguchi/
とりあえず3ケタを目標にしてきたこの欄も、ようやく50回目。日記もほと
んどつけたことがないのに、こんなに続けられるとは我ながら驚きです。他の
方々のコラムに比べて文字数が少ないのが玉にキズかな。(自分で「玉」なん
て言うか?(笑))。編集される濱村デスクに申し訳ないなぁと思いつつも、
その分短い時間で読んでもらえていいかも、と毎週自らを納得させているわけ
でして...。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■連載 「ip2000」プロジェクト奮闘記 0003(1/19)
ゼロからの出発

川井拓也
───────────────────────────────────
「90日世界1周の船旅」それは5日移動A2日寄港、5日移動、2日寄港。
こ、これは映像制作における「撮影」「ポストプロダクション」「撮影」
「ポストプロダクション」と同じサイクルではないか!!!

そう、船の運航サイクルは実は移動している時間の方が長いのです。つまりこ
こにプロダクションの機能をまるごと積めば船旅しながらコンテンツが制作可
能であると。物理的なひとつのひらめきはこのサイクルの奇妙な一致ではじま
りました。

しかし時間のサイクルが一致するだけでは「船旅」で映像コンテンツを作る意
味はありません。次に注目したのが船というのは800人以上が旅を共にする
ということです。私は大学時代にこれらの船旅に何度か乗る機会がありました。
船というのは逃場がありません。そこには奇妙な連帯感が生まれます。

話ははずれますが、 先日東京で大規模な停電がありましたね?自衛隊機が墜
落したあの時の事件です。私の会社は新橋にありますが、編集中にすべての電
源が落ちたのでびっくりしたものです。まずはその建物の停電かどうか確認す
るために、会社の違うビルの部署に携帯から電話をかけます。するとそちらも
停電していました。

ということは? と思い、窓から顔を出しました。すると隣のビルもさらに遠
くのビルも窓から人が顔を出しているのです。そして目が合うと「そっちもで
すかあ~!」と大声で声をかけあいました。

この瞬間、私は奇妙な感覚に襲われました。10年近く新橋で働いていても近
所のごく限られた人以外に交流はありません。しかしこの瞬間、街が奇妙な一
体感に包まれているのを感じました。ちょうど台風が来てなぜかワクワクする
思春期みたいな感覚です。普段意識しない帰属意識が芽生えるとコミュニケー
ションのドアがいつもより軽く開くことがあります。

船というのは人と人の関係を密にします。またそのロマンチックな非日常から
テンションが非常に高くなるわけです。空港に行くと見送りだけなのになぜか
気分が高揚するのに近いですね。つまり、船という環境に仮にクリエーターが
長い時間乗ることにより、船の他の人々と独特なコミュニティが生まれるだろ
うということです。そして現代においてそこに乗る多くの人が携帯するツール
があることにも注目しました。
それは・・・・・
(続く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■新刊案内
「100万ヒットホームページをつくった人々」本日発売
金田善裕著 アスキー刊 
───────────────────────────────────
「100万ヒットホームページをつくった人々」がアスキーから発行される。
数十万、数百万、数千万のヒット数を稼ぐホームページを作り上げた個人ペー
ジの作者たちの裏側を追うドキュメンタリー。「インターネットアスキー」連
載の「人気ホームページプロファイル」(金田善裕執筆)の人気が高く、それ
を大幅に加筆訂正し、まったくの新しい本として書き上げたものだという。

登場するホームページと作者は
個人ページの検索サイト「J.O.Y」の斎藤正紀
「東京福袋」のみやしたゆきこ
「ご近所さんを探せ」の山本高志
ソフトアダルトサイト「TokyoTopless」の工藤隆男
「Webやぎの目」「東京トイレマップ」の林雄司
「テレビドラマデータベース」の古崎康成
「WeeklyTeinou蜂Woman」の土屋遊
「ネットサーフレスキュー[Web裏技]」の谷中一朝
「PinkTrash」のSM嬢・水木乱美
「電脳風月堂」の江守純史
「Dream Baystars」のタコさん
「旅行リンク」の森田美紀子
寿司屋のデータベース「寿司奉行のページ」の寿司奉行
「全商品裁判所」のJUN裁判長
「サポートセンターの秘密」のヒロミさん

このホームページの中でわたしの知っているのは3つしかない。じっさいに見
に行ったのは「TokyoTopless」だけである。この本を読んでほか
のホームページも「超」がつくビッグサイトであることを初めて知り、その中
味や作者については興味が尽きない。じつに面白い人たちである。個人的には
「旅行リンク」の森田美紀子さんが「超」すごいと思った。

この本は、100万ヒットを狙えるホームページの作り方をレポートしたもの
ではない。一生懸命読んでも100万ヒットのホームページは「絶対に」でき
ない。この人だからできたのである。ベッコアメがサービスを開始したときに
はもう作り始めていた人も多い。まさに、日本のインターネットの恩人といっ
てもいい人たちである。面白い意義あるドキュメントである。   (柴田)

272ページ 四六判 本体1200円+税
http://www.ascii.co.jp/books/books/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■クールサイト案内(自薦)
Funkey House
http://www.interq.or.jp/www-user/funky
───────────────────────────────────
はじめまして、Funkey Houseというホームページをだしている山
本です、いつも日刊デジクリ楽しく読ませて頂いています。みんなのデジクリ
に参加しましょう! を見たので紹介させて頂きます。

Funkey House HPで自分や友達の顔で髪型をシミュレート出来
る髪型ソフト・データを作り紹介してます。宜しくお願いします!(月刊誌の
あちゃら2000.1月号に載りました)

山本正明 funky@a3.shes.net

───────────────────────────────────
▼面白い記事を見た 笑えます!
───────────────────────────────────
ZDNetWire 1月18日号
Macと一緒に極楽生活:Mac OSの完全日本語化計画の噂が…川村渇真
http://www.zdnet.co.jp/macwire/0001/17/c_gokuraku.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(1/19)
・トイレで本を読む。それ用の文庫本は概ねしばらくは同じだ。条件は、どこ
から読んでも面白いこと、何度読んでも面白いこと。で、いま愛用はナンシー
関「小耳にはさもう」「聞いて極楽」である。観察眼の鋭さ、独自のきめつけ
は本当に快感だ。しりあがり寿「カモン!恐怖」は何度読んでもわらえる深い
味わいがある。吉田戦車の不条理マンガもよい。トイレは面白い。(柴田)

・今日のMKチャットを読んでいて、ドラクエを思い出してしまった。古い武
器を売って、今まで稼いだお金を足して、より強い武器を買うというもの。今
のロールプレイングゲームは知らないが、私の知っている限りだと、主人公た
ちは戦いに関係のないものは買わなかったと思う。売ってもいないけれども。
いわゆるワーカホリックなのでは。(hammer.mule)

----------------------------------------------------------------------
■ 日刊デジクリは投げ銭システム推進準備委員会の趣旨に賛同します ■
http://www.shohyo.co.jp/nagesen/ <投げ銭システムをすべてのhomepageに>
----------------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 < mailto:tdo@green.ocn.ne.jp >
デスク     濱村和恵 < mailto:zacke@days-i.com >
アソシエーツ  神田敏晶 < mailto:kanda@knn.com >
        森川眞行 < mailto:morikawa@siliconcafe.com >

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
< mailto:info@dgcr.com > 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
広告の御相談はこちらまで   mailto:info@dgcr.com

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.ne.jp/>、Pubzine<http://www.pubzine.com/>、
E-Magazine<http://www.emaga.com/>のシステムを利用して配信しています。

Copyright(C), 1998-2000 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■