[0606] 拝啓、IP2000川井拓也様

投稿:  著者:  読了時間:10分(本文:約4,900文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.0606   2000/05/22.Mon発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 16242部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 <世界一周出航しちゃいます!>

■デジクリトーク
 拝啓、IP2000川井拓也様
 神田敏晶

■連載「ip2000」プロジェクト奮闘記 0076(5/22)
 東京最後の味がなぜ「あんずクリームあんみつ」だったか……
 ------(フェーズ1)世界一周出航しちゃいます!-------
 ------(フェーズ2)南十字星出航(8/31)まで残り100日--
 川井拓也 



■デジクリトーク
拝啓、IP2000川井拓也様

神田敏晶
───────────────────────────────────
KNN神田です。

いよいよ、本日5月22日月曜日「IP2000」プロジェクトが本当に出航します。
http://www.ip2000.net/

5月21日現在、Webでも準備をしている模様がビンビン伝わってきます。

思えば、この1月よりはじまった「IP2000プロジェクト」の連載ですが、連日
手にとるように舞台裏を堪能させていただきました。まさに企画とプレゼンと
本業の熱い日々であったと思います。

本当によくがんばってこられました。ホント敬服します。そしていよいよ本日
より本番開始!

洋上のポストプロダクションは、きっと新しいデジタル放送文化を築くものと
確信しております。それはお世辞でもなんでもなく、このようなインターネッ
トを使った企画ドキュメンタリーの手法は今後ますます増えていくからです。
企画の立ち上げから、コミュニティの中でいろいろなリアクションがあり、今
回のように企画書にまでなってしまうという手法は新しいネゴシエーションツ
ールなのかもしれません。

さらに、洋上、しかも世界一周、観光ではないピースボートというミッション、
閉鎖された空間、そこに流れる人間模様。そのどれをとってもファインダーに
は格好の被写体となることでしょう。むしろ、これからジメジメした日本で毎
日「痛勤」を強いられている人にとっては、洋上での数カ月の生活はまさに未
体験の生活です。

そして、この約半年間の連日連載で川井拓也さんという人のパーソナリティー
は、デジクリ読者であればすべて把握していることでしょう。会ったことがな
い人でさえ、何か親近感を覚えてくれているはずでしょう。これがコミュニテ
ィの力だと思います。

自分のやりたい事を「宣言」するのって、本当はとても難しい事です。「希望」
と「宣言」では意味がまったく違います。ましてや、それを「実現」させるの
はさらに難しいことだと思います。さらにゴール、完成が目に見えない成果物
ほど「超難関」です。

「旅」や「冒険」にはスケジュールがあったとしても、何が起きるのか全く予
想できません。逆にその中で何をレポートするのかが非常に重要です。読者や
視聴者に何を一番訴求したいのかを考えながら生活するからです。今までは、
これから起きうる未知の体験を説明される仕事でしたが、今日からは、日々に
おきる日常の中から非日常な事をレポートする日々がスタートでしょう。だか
ら、全くちがったライフスタイルになるものと思われます。

何もない1日をどうレポートするのか? 3カ月も世界一周する人たちってど
んな人なのか? 食事やパーティーや友だちは? 本当は優れたテレビ番組ネ
タであったりもします。きっとこの長旅が終わった頃には、BSデジタル放送の
格好のコンテンツになっていることでしょう。

また、多媒体への寄稿が増えると、同じ原稿ではなく各媒体ごとの特性と読者
を考えての執筆や編集が必要となり、1日の生活に複数の目が必要になってき
たりすることでしょう。さらに、何かにトラブルが発生すると連鎖してさまざ
まなトラブルが続くことも…。しかし、読者はそんなトラブルを楽しんでくれ
る冷酷なものでもあります。

ところが、同時に、トラブルにあっても読者と同じ気分でトラブルを楽しんで
いる自分にも遭遇することがあります。ボクもフランスのワールドカップのレ
ポートでは、パスポートとクレジットカードが盗まれてからの方が圧倒的にア
クセスが多かったりしました。普通は途方にくれるのですが、読者がいる限り
途方にくれずにもすみました。

ハプニング、事件、トラブルが多ければ多いほど「IP2000」もアクセス数が爆
発すると思うのです。シージャックなど起きると……、不謹慎な発言すみませ
ん……。

しかし、洋上生活うらやましい限りです。これから毎日ip2000Webサイトで、
デジクリ読者にも非日常な生活ぶりをリポートしていただければと思います。
お体に気をつけながら、ハラハラドキドキさせてくれるレポート期待しており
ます。また、世界のどこかで合流できる日を期待しています。

とにかくここまでこれたんだから、きっとこれからは、世界のメディアもだま
っていないことでしょう。英語版のスタッフもぜひ募集されてはいかがでしょ
うか?

というか、日本に帰国の時期にあわせ、もしくは次の発展に向けての報告イベ
ントをぜひ企画させてください。同時にデジクリでチャレンジ企画をやりたい
人のプレゼン大会もありかと……。第二、第三の川井さんの登場にも期待した
いものです。

ボンボヤージュ!

The smallest digital TV station in the world
KandaNewsNetwork http://www.knn.com
Toshi Kanda mailto:knn@rr.iij4u.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■連載「ip2000」プロジェクト奮闘記 0077(5/22)
東京最後の味がなぜ「あんずクリームあんみつ」だったか……
------(フェーズ1)世界一周出航しちゃいます!-------
------(フェーズ2)南十字星出航(8/31)まで残り100日--

川井拓也
───────────────────────────────────
【ip2000とは?】
本日12時に晴海埠頭で「妄想」から「現実」に変わるプロジェクト

【今日のコラム】
3日前に家にシャワーを浴びに帰る機会があり、40分ほど自分に贅沢をさせま
した。家の近くに甘味屋さんがあるのですが、そこの「五目ごはん+よもぎそ
ば定食」を食べたのです。品のいいおばあさんが経営しているその店は、内装
のセンスなど決して上等ではないのですがおいしいのです。で、その食事のあ
とに悩みました。おなかはいっぱいだったので、もう出ようと思ったのですが
「あっ、これがゆっくりひとりで食事をする最後かもしれない」と…。そこで
「アレ」を注文することにしました。

それは「あんずソフトクリームあんみつ」です。スポーツ新聞など読みながら
とんと遠ざかっている世事を復習していると、ようやく出てきました。やわら
かい起伏のアイスクリームとip2000カラーでもあるオレンジのあんずが4つ。
それにピンクとグリーンのお餅…。素敵な風景です。どこからどの組み合わせ
で食べてやろうか少し楽しみながら贅沢にも「あんず」と「ソフトクリーム」
と「ピンクのお餅」を一緒に口に入れました。「甘い~、おっ、酸っぱい……
もちもち……つめた、あまい、す……」どんどん口の中の表現が変わっていき
ます。

アメリカのパフェなどはとにかく甘いだけだったりしますが、このあんみつは
いろいろな味のハーモニーが楽しめます。メロンに塩をかけるのは嫌いでも、
甘さと酸っぱさが入り混じる「あんみつのコラボレーション」は大好きなので
す。違う味が混じるからこそ、そして一瞬一瞬が微妙に変わりつづけるからこ
そ「楽しい時間」なのです。

今日から私は600人の未知の友人が乗る船に飛び込みます。酸っぱい思いをす
るのか? 甘い思いをするのか? 苦い思いをするのか?

いずれにせよ、すべてを味わい尽くそうと思っています。そしてその「味」を
さまざまなメディアを使い、ユニークなかたちで皆さんにお伝えするのが私を
始めとするip2000クルーにかせられた「注文」だと思っています。
お勘定は8月まで「ツケ」で結構です。

さあ、ご来店ください。新鮮な船が入りましたよ!
http://www.ip2000.net

▼本当に実現してしまったんですね。妄想かと思っていたのに~。これから、
いろいろなメディアでの展開が楽しみです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(5/22)
・今日、晴海からip2000部隊が出航する。うらやましいなあ。若いっていいな
あ。希望を実現させてしまうエネルギーってすばらしいなあ。成功を祈る、っ
て月並みなことを言ってしまうが、どうだったら成功なのかというと、今日を
迎えられたことが成功なんだと思う。これからも毎日いろんなトラブルに遭遇
して、それを乗り越えていくのが苦しみでもあり楽しみでもあるだろう。おも
しろい日々だろうなあ。見送りにはいけないが「お気楽にな~」(柴田)

・在宅ネタの続き。したくない理由はいくらでもあるけど、もう少し突っ込ん
で聞いてみる。「でもその仕事ってたくさんあるんでしょうか。」「もちろん、
たくさんあるわ。こちらでは斡旋はしません。コミュニティの掲示板に書かれ
てある情報の中から、自分で選択して申し出る形になってるの。」(…それっ
て意味ないじゃん)「えーっと、ということは仕事は自分で探せということな
んですね? 永久登録という会員制の人だけが知り得る掲示板にある情報で。
会員数が増えたら仕事の取り合いになりますよね。」「仕事の量は多いから大
丈夫。まだやる気にならない?」「いや費用が高いですよね。」「ああ、それ
なら大丈夫よ。ローンもあるし。月々2万円の返済となれば、仕事を3万円分す
れば返せるでしょ。」(…それって意味ないじゃん2)(続く)(hammer.mule)


----------------------------------------------------------------------
■ 日刊デジクリは投げ銭システム推進準備委員会の趣旨に賛同します ■
http://www.nagesen.gr.jp/  <投げ銭システムをすべてのhomepageに>
----------------------------------------------------------------------


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 
デスク     濱村和恵 
アソシエーツ  神田敏晶 
        森川眞行 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
広告の御相談はこちらまで   mailto:info@dgcr.com

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.com/>、カプライト<http://kapu.cplaza.ne.jp/>、
Pubzine<http://www.pubzine.com/>、E-Magazine<http://www.emaga.com/>、
のシステムを利用して配信しています。

Copyright(C), 1998-2000 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■