[0699] シドニーにきてみれば…

投稿:  著者:  読了時間:16分(本文:約7,500文字)



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.0699   2000/09/25.Mon発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 16810部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

---PR-----------------------------------------------------------------
★★★ 日本HPがCGアーティスト,CGクリエータの活動を応援!!★★★
◆◆ 最優秀賞に『hp visualizeパーソナル・ワークステーション』進呈 ◆◆
★★★   HPデジタルデザインコンテスト開催 2000/9/1~9/30  ★★★
   【募集作品】アニメーション(動画)【テーマ】自由
◆◆◆◆◆詳しくは http://www.jpn.hp.com/go/visualize ◆◆◆◆◆
-----------------------------------------------------------------PR---

 <オリンピックのスタジアムにいればいるほど情報が少ない>

■デジクリトーク
 シドニーにきてみれば…
 神田敏晶

■連載「ip2000」プロジェクト・サンドイッチコラム 149 9/25
 フェーズ2への胎動「密な一日の予感」
 川井拓也@land

■展覧会案内
 第16回ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ金賞受賞 柏本郷司展「I am」

■公募案内
 デジタルコンテンツグランプリ東北2000 締切は9月30日

■展覧会案内
 2000 ADC展



■デジクリトーク
シドニーにきてみれば…

神田敏晶
───────────────────────────────────
KNN神田です。

シドニーでのオリンピック模様は、きっと日本ではガンガン放送されているこ
とでしょう。しかし、実際にシドニーでオリンピック専門放送をやっている
「Channel7」を見てみれば…、やっているのは、オーストラリア戦ばかり…。
日本のゲームの結果は…あれ、どこにもない…本当に日の丸をさがすのは至難
の技…。日本の参加しているゲームそのものが放送されていない…。

深夜になると、「Channel7」はゲームのビデオをバックに歌の下手な人たちが
オリンピックのネタをテーマに替え歌を夜中にやったり、オリンピックのトー
ク番組が始まります。この質の低さに驚愕! です。

きっと世界から観戦に駆け付けた人たちからはブーイングの嵐というか、もう
笑うしかありません。そんな歌を流すのなら、それぞれの試合の結果をそれぞ
れの立場で見せてほしいものです。日本もそうだと思いますが、自国の参加し
ない競技はテレビで見るということは、もはや不可能に近いのです。これはか
なりのストレスですね。

シドニーには、ウエルカムムードと空港やホテルでのハードウェアは満点なの
ですが、リアルの観戦以外のメディアでは、国外オリンピックゲームがまった
くサポートされていません。もちろん新聞もそうです。オーストラリアがどう
だったか? その一点にただ、ただ、しぼられています。金メダル数のランキ
ングに国名が表示されても、外国の国がどんな結果を残したかという視点はま
ったくありません。逆にそれらをおぎなうメディアがインターネットだと痛感
しました。

連日、シドニーから日本のサイトへアクセスしてインターネットで結果を見て
います。サッカーの結果などは、日本から新しく到着した人のスポーツ紙をむ
さぼるように読んでいます。これほど日本のスポーツ紙が待ち遠しいことはあ
りません。

きっとシドニーの外国人の多くは、オリンピックの情報不足に悩んでいること
でしょう。それは試合を観戦しても一緒です。解説もビデオのリプレイもなく、
ズームもない、まるで点のようなリアルな選手を肉眼で見るだけの情報だから
です。

だからこそ、後でそれらの不足している情報をメディアによって収集し、リア
ルに体感した肉体とマージさせる事によって完全なる経験へと成就できるので
す。きっと現地で外国人向けのフリーペーパーを連日発刊するといいビジネス
になっていたのかもしれません。スポーツはやはり目で見て、活字で反芻し、
自分の理解と関連させる楽しみがあります。だからスポーツ紙で翌日にゲーム
を堪能できるんですね。

また、オリンピックという運営方法も非常に勉強になりました。IOCは企画会
社。オリンピックという昔のネタをひっぱりだし、5大陸という壮大なテーマ
にギリシアから聖火がやってくるというティザー告知と話題をふりまきながら、
オープニングへのカウントダウンを見せてくれます。

国際主義と都市戦略という、国家の威信と都市への経済効果を武器に4年に一
度というサイクルで計画的な世界をサーキットする国際大イベントとして動い
ています。ワールドカップがその間にはいるので、2年に一度の大スポーツイ
ベントともいえるでしょう。

実質面での運営スタッフのほとんどが現地のボランティア。オリンピックにボ
ランティアで参加という"名誉"というブランドエクイティ力があるので非常に
意識も高いです。

シドニーでは50代のおじさん、おばさん、そして若い学生をよく見かけます。
ボランティアも選手もメディアもVIPも統一された"オリンピックファミリー"
という同じパスを持っていますのでさらに、ERM(従業員満足度管理)を高め
ています。莫大なメディアへの放映料金。サポート企業、チケット収益、など
まさにイベントプロモーターとしての力量をあまねく発揮しています。

今後はインターネットなどへのエクスクルーシブ契約なども発生していくと思
うのですが、ますます携帯端末や、いろんなものがスポーツ観戦に必要になっ
てきます。

実際にサッカーでは、AUの携帯電話を片手に日本のテレビからの情報をもらい
ながら、現地で観戦している人がいました。一体通話料金はいくらになること
やら…。ブラジル戦の時には、予選に負けたと感じた人がたくさん多かったの
です。

しかし、携帯電話のある人たちは、ブラジル戦の段階で予選通過の決定をトル
シエ監督が知るのと同じスピードで知ることができたのです。実際にブラジル
戦のロスタイム真際で、この大事な時にさっきまでイライラしていたトルシエ
が、いきなり喜ぶ異変をスタジアムで確認しました。この大事な時に何をトル
シエは喜んでいるんだ! という状況でした。もしやという期待がありました
が、ゲームが終わるまではそれがわかりませんでした。

オリンピックのスタジアムにいればいるほど情報が少ないのです。しかしです。
情報よりも、目の前で自分が見ているという経験情報はどんな専門知識のある
人よりも優位性を誇っています。

これはデータ的には何も意味がないのですが、人間は経験した人に対しては、
敬意を払うのと同時に、その場にいない事の絶対的な情報の根拠を経験できな
い事へのコンプレックスを持ち続けているのかもしれません。それをメディア
は拡大し、コミュニティは、経験を共有する場として成長する。インターネッ
トはどちらにも触手をのばせるメディアかなとさらに感じました。

The smallest digital TV station in the world
KandaNewsNetwork http://www.knn.com
Toshi Kanda mailto:knn@rr.iij4u.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■連載「ip2000」プロジェクト・サンドイッチコラム 149 9/25
フェーズ2への胎動「密な一日の予感」

川井拓也@land
───────────────────────────────────

上のパン●エコロジーとデジタル

エコロジーとデジタルを考える時に、重要なテーマになるのがプリンターであ
る。船でデジタルプロダクションをしていた時は、「紙」の節約に気を配った。
なにしろ、紙もプリンターのトナーも海に出たら補給できないのであるから。

濃度はもっとも薄いモードにして、なるべく一枚の紙に複数の要素を入れ込ん
でいっぱいになってから出力するという具合だった。衛星が故障してFAXで通
信しなければいけなかった時など、通信費の節約のために改行しないテキスト
のべたうちでA4にびっしり詰めて送信したりもした。

しかし、こんな作業も日本に帰ってきて「いつでも紙のストックがありかつト
ナーも充分」という環境になると、その節約精神を忘れてしまうことがある。
そこでプリンターと紙の関係を改めて考え直し、こんな製品があればというの
を考えてみた。(続く)

具●情報過多な一日

木曜はさまざまなアポが入り込んだ日だった。まずは、ip2000についていろい
ろと協力してもらったコンピューターチャンネルの担当の方に電話して、挨拶
しつつ「今度ストリーミング分野で共同制作、提携等が相談できないでしょう
か?」と打診。「では、隣の部署のソフトバンクブロードメディアを紹介しま
しょう」という話になり、10時から人形町で打ち合わせをすることになった。

フォーリンTVには代表メールアドレスにコンタクトをとりつつも電話でもアポ。
担当のプロデューサーと15時に会うことに。10月からの改変を前に「アジアの
視点」を含んだストリーミングコンテンツを強化するとのことで、ピースボー
トとの接点もなにやらありそうな気配である。

ビデオニュースドットコムも、メールと電話の問い合わせで担当者にたどりつ
き、神保さんは多忙のため無理とのことだったが18時に会えることになった。
そしてそのあとはピースボートの若手と情報交換の会という、まさにさまざま
な情報が動くであろう一日になりそうな予感だった。さてこの4つの打ち合わ
せでどう進展するだろうか?(続く)

下のパン●穴の話

「マルコビッチの穴」を見た。初日なのでお面を配っており、それでパタパタ
あおいでいる人が多いのはなんとも不気味だった。なにせマルコビッチの顔を
切り抜いたお面型のうちわなのだから。で、肝心の映画の方だがなかなかユニ
ーク。ギャグのテイスト濃いながらもその意味するところは「自分探し」的な
深いもの。

まっさきに連想したのがポストペットの八谷さんのアート作品「視覚交換装置」
(この名前はうろおぼえだが・・)だった。自分の視覚だけが他人のものにな
り、心は自分という状態におかれたとき他者と自分の関係を見つめ直すという
作品。天才たちの目のつけどころにはいつも驚かされる。

http://www.ip2000.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■展覧会案内
第16回ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ金賞受賞 柏本郷司展「I am」
http://www.recruit.co.jp/GG/2000/g8-0009.html
───────────────────────────────────
「ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ」は、グラフィックデザイン界で最も
権威と歴史のある賞のひとつである。世界3大ポスターコンペのひとつに数え
られており、毎回、数十か国のさまざまな文化圏から優れた作品が数百点も寄
せられ、その中から、国際審査員による厳格な審査を経て、イデオロギー、文
化・芸術、広告の3つの部門でそれぞれ金賞、銀賞、銅賞などの受賞作品が選
ばれる。

第16回(1998年)には、世界49か国の704人のデザイナーから、2018点もの応
募があり、うち445点に絞られた作品が展示され、審査の末、最終的に14点の
作品が選ばれた。そして広告部門では、柏本郷司氏が、リクルート『就職ジャ
ーナル』ポスターで金賞を受賞した。クリエイションギャラリーG8では、柏本
郷司氏の作品約60点を一挙に展示する。「社会」と「私」、「家族」と「私」、
「私」と「私」など、個人の内側を企業メッセージにした作品展となる。また、
会期中には、出品者と特別ゲストによるトークショウも開催する予定。

会期 9月18日(月)~10月6日(金) 土・日・祝祭日休館 入場無料
   11時~19時(水曜日は20時半まで)

会場 クリエイションギャラリーG8 東京都中央区銀座8-4-17 リクルート
   GINZA8ビル1F TEL.03-3575-6918 

・第118回クリエイティブサロン 入場無料 要予約
日時 9月27日(水)19時.~20時半
場所 ギャラリーカフェまたはリクルートGINZA8ビル1Fロビー(ギャラリー隣)
ゲスト(予定) 秋山孝、仲條正義、米村 浩、柏本郷司
予約、問合せは、クリエイションギャラリーG8受付(TEL. 03-3575-6918)へ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■公募案内
デジタルコンテンツグランプリ東北2000 締切は9月30日
http://www.navis.co.jp/todas/digital/
───────────────────────────────────
「デジタルコンテンツグランプリ東北2000」は、東北地域の産学官が連携して
実施する。企業・団体・個人を問わず、一般や学生から「海」をテーマとした
CG、静止画、動画、アニメーション、ウェブサイト、パッケージ作品などのデ
ジタル作品を公募している。公募締切は9月30日。

グランプリ1点(賞金100万円)、優秀賞2点(賞金50万円)、部門賞4点(賞金
10万円)。その他特別賞、奨励賞。審査委員長はCGプロデューサーの河原敏文、
審査委員にはモンキー・パンチ、高城剛、千葉麗子の各氏。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■展覧会案内
2000 ADC展
http://www.dnp.co.jp/gallery/contents.html
───────────────────────────────────
会期 9月8日(金)~10月12日(木)10時~18時 土日祝休 入場無料
会場 DDDギャラリー(DDD)
   大阪市北区堂島浜2-2-28 堂島アクシスビル1F TEL:06-6347-8780

DDDギャラリーでは、「2000 ADC展」を開催中。今年のADC賞の応募作品は9千
点。昨年5月から今年4月の間に制作された広告、グラフィック作品から4日間
にわたる厳正な審査でADC賞、年鑑掲載作品が決まり、2000年のアートディレ
クションの秀作が一堂に会する。DDDでは会員部門・一般部門作品を展示する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(9/25)
・昨日は高橋尚子のおかげでいい日だった。しかしフルマラソンのあとでもケ
ロッとしていられるのが不思議。しつこいインタビューにも、まったく普通に
飾りっけなしで応えているのもエライ。小出監督という人も面白いキャラクタ
ーだ。中継ではやはり増田明美がイイ。いつも落ち着いていて信頼感がある。
きちんと取材しているのであろうクサいエピソードもちらほら披露していたが、
増田の美声で淡々と言われるとまったく抵抗がない。勝負も最後にさしかかる
と、アナウンサーはしきりにもう安全圏と言わせたかったようだが、増田が大
丈夫と宣言しない限り安心できないのであった。あらゆるスポーツ中継の解説
で、増田以上はいません(キッパリ)。午後からクロスバイクで大宮の市営霊
園まで墓参りに行く。家族は車だ。10分くらい先行して途中で抜かれるのを覚
悟していたが、結果は30分以上先に着いてしまった。あまりの快調さにベンツ
と競争したりして。だが、これはみせかけの快調さであり、帰路はすっかり疲
労してサドルに座っているのさえいやになった。往きは45分、帰りは90分。今
日は体の節々が痛い。日常的に鍛えていないといけません。     (柴田)

・コンビニ総菜のお話。デザインユニット・ドロップエッグの船木さんから、
感想メールをいただきました。「今私は『つわり』のせいで、家事が思うよう
にできない状態です。すべての匂いに動物並みに敏感になってしまい、台所の
匂いだけで嘔吐する日々。この時期はおなかもまったく目立たなく、スーパー
で惣菜を買うのは炊事放棄主婦に見られて嫌なのですが・・」とのこと。そう
いう場合もありますね。安静に、ということでしょうね。  (hammer.mule)
http://www.jomon.ne.jp/~mimi/

----------------------------------------------------------------------
■ 日刊デジクリは投げ銭システム推進準備委員会の趣旨に賛同します ■
http://www.nagesen.gr.jp/  <投げ銭システムをすべてのhomepageに>
----------------------------------------------------------------------


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 
デスク     濱村和恵 
アソシエーツ  神田敏晶 
        森川眞行 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら <http://www.dgcr.com/regist/index.html>
広告の御相談はこちらまで  

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.com/>、カプライト<http://kapu.cplaza.ne.jp/>、
Pubzine<http://www.pubzine.com/>、E-Magazine<http://www.emaga.com/>、
melma!<http://www.melma.com/>のシステムを利用して配信しています。

Copyright(C), 1998-2000 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■