[0700] 「継続」について思う

投稿:  著者:  読了時間:22分(本文:約10,900文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.0700   2000/09/26.Tue発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 16835部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

---PR-----------------------------------------------------------------
■■■■■ デスクトップがフォトスタジオに変わる!
■■■■  デジタルカメラによる商品撮影の美しいライティングが可能
■■■   「ベルフォートデスクトップスタジオ」新発売!
access!! >> http://www.too.com/netshop/dc.html
デザイン、クリエイティブの専門店 NetShop.Too
-----------------------------------------------------------------PR---
---PR-----------------------------------------------------------------
★★★ 日本HPがCGアーティスト,CGクリエータの活動を応援!!★★★
◆◆ 最優秀賞に『hp visualizeパーソナル・ワークステーション』進呈 ◆◆
★★★   HPデジタルデザインコンテスト開催 2000/9/1~9/30  ★★★
   【募集作品】アニメーション(動画)【テーマ】自由
◆◆◆◆◆詳しくは http://www.jpn.hp.com/go/visualize ◆◆◆◆◆
-----------------------------------------------------------------PR---
---PR-----------------------------------------------------------------
>      あなたのQuark,Photoshop,Illustratorスキルは本物?    <
                                   
            [ A Q U E N T . I N C ]          
                                   
□クリエイティブ人材のエージェント□ http://www.aquentpartners.co.jp
-----------------------------------------------------------------PR---

 <オレは今、モーレツに感動している!>

■デジクリトーク デジクリ700号を迎えて
 「継続」について思う
 森川眞行

■デジクリトーク
 ボクが引っ越した理由--CATV常時接続への道--(6)完結編
 古岡ひふみ

■デジクリトーク
 アナログからフレッツISDNへ・我が家の場合
 尾上まりあ

■連載「ip2000」プロジェクト・サンドイッチコラム 150 9/26
 フェーズ2への胎動「テンポアップの予感」
 川井拓也@land

■セミナー案内
 ヒットするWebサイト、成功するe-ビジネス Part3
 「ネットビジネス"次の戦略"」



■デジクリトーク デジクリ700号を迎えて 
「継続」について思う

森川眞行
───────────────────────────────────
改めて考えてみると、森川は「継続しない人」だと思う。デザイナーという仕
事に就いてから…特にコンピュータを操作するようになってからは、色々な仕
事や組織、プロジェクトに関わってきた。

関西DTP協会を作り、会長になっても震災で辞任。その後はまったくDTPの仕事
をしていない(ちなみに先月遂にPSプリンタを粗大ゴミで捨ててしまった)。
他にもDC工房やG-TOOL、デジクリ…言い出すのはいつもボクだ。けど継続しな
い。最近では、4年間も続いたSilicon Cafe'のWeb日記でさえ終わらせてしま
った。

きっと飽きっぽいのだと思う。…トゆうか、次々に新しいコトをやりたくなっ
てしまう体質なんだと思う。

ボクが中学、高校、大学と憧れてきたというか、影響を受けたアーティストに
「デビットボウイ」という人がいる。イギリスのミュージシャンで、現在でも
現役のはずだ。ボクが最初にボウイに遭遇したのは、お化粧グリグリのグラム
ロッカーだった。

彼は「シギースターダスト」と名乗り、その後は「アラディンセイン」「シン
ホワイトデューク」とキャラクターを変え、グラムからソウルミュージック、
そして最後はベルリンで電子音楽に遭遇する。

その10年位の間にボウイは、3度の引退宣言をしてファンを驚かせた。けど、暫
くすると別のキャラクターを名乗って再び、何ごともなかったかのように精力
的な活動を始めるのである。25年も前にこんなスタンスで自己表現をしている
ミュージシャンは皆無だった。ボクは、そんなボウイが好きで、レコードを集
め、雑誌に目を通し、コンサート会場に足を運んだ。中学から大学までの影響
を受けやすい時代に、ボクがボウイから学んだことは「変化しつづけるコト」
であった。

そんなボウイがメジャーになったのは「レッツダンス」というアルバムをリリ
ースしてからである。ボウイはまるで人が変わったようによく笑い、軽快なダ
ンスミュージックを完成させた。けど、ボクにとってはそれが最後のボウイだ
った。

人によっては「レッツダンス」でボウイは完成した…と言う。確かにその通り
で、作品としては極めて完成度の高いものである。しかし、ボクにとってのそ
れは、単なる優れたポップミュージックにしか感じなかったのである。

それ以来、熱心にボウイを追いかけるコトを止めてしまった。もちろん社会人
になりデザイナーとしての仕事が忙しくなったことも原因だが。

文頭に自分自身を「飽きっぽい」と書いたが、実はそうではなく「新しいこと
がしたい」のではないか…と思う。柴田編集長が言うように森川は「眠らない
男」だと自分でも思う。それは「飽きっぽい」こととは対極の姿勢で、新しい
ことをするときには、寝ないで仕事を続ける。なぜか…それは楽しいからだ。
新しいコトを開始することは楽しいのだ。

もちろん、継続することは大切だと思う。ボクだってテクニックを磨き、道を
極めることに対しての憧れがある。けど、自分の才能と(笑)集中する密度を
考えると、やっぱりどうも自分には向いていないスタイルだと思うんだな。

Silicon Cafe' / 森川眞行 morikawa@siliconcafe.com
http://www.siliconcafe.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■デジクリトーク
ボクが引っ越した理由--CATV常時接続への道--(6)完結編

古岡ひふみ
───────────────────────────────────

●祝、CATV常時接続ッ!

サクラ~吹雪のぉ~サライ~の空ウォ~~~♪
約5カ月という月日は長すぎました。CATVインターネットを使いたいがために、
今年の4月に引っ越しを強行して以来、幾多の困難や試練を乗り越え、ようや
く、ようやく感動のゴールを迎えました!\(;_;)/ 

お疲れさま、そしてありがとう! CATVは地球を救う!?

【前回までのあらすじ】
都会のマンション(集合住宅)で暮らす者にとって、個人の意思だけでは利用
することができなかったCATVインターネット。それならいっそ「CATV付きマン
ションへ引っ越す」という作戦で打開を計った彼なのだが、引っ越し先で原因
不明の流号雑音に悩まされ、さらにケーブルモデムの世界的な品切れにより、
入会すらできない不遇の期間を余儀なくされた。その極限状態の中で彼が見た
ものは? そして、苦しみのすえ決断した意外な行動とは…。

●な、なにぃ? フレッツ?

8月、一部試験サービスが行われていたNTTの「IP接続サービス」が、装いも新
たに「フレッツ・ISDN」と名称を変え、僕の住む大阪西区でもサービスが開始
された。まだCATVインターネットが使えない僕は、なんか置いてきぼりを喰ら
わされたような格好だ。

ん~こうなりゃ、フレッツに申し込んでやるぅ!

なんとも節操のないことだが、背に腹は変えられない。笑いたいヤツは笑えば
いいサ! はははッ!ハァ~。 速攻でNTTのホームページから申し込むと、
早々、確認の電話がかかってきた。世間では3週間~1カ月待ちとも言われてい
た大人気の「フレッツ」だというのに、なんと、申し込み3日後から使用可能
だと言う。これって超ラッキー?

もはやCATVによる常時接続も鮮度が薄れてしまっていて、このフレッツの幸運
に人生を賭けよう! とまで、僕の心境は著しく変化していた。それほどに
CATV側の対応のマズさにうんざりしていたのだ。

フフフ…これが、夢にまで見た常時接続!

フレッツの利用開始。電話代を気にせず、思う存分インターネットができるこ
とは素晴らしい。常時接続に背筋もゾクゾク。もう連続で2日間もつなぎっぱ
なし。僕の場合、月額4,500円とプロバイダ料金で合計6,500円。今までの通話
料が月額平均2万円くらいだったから、その差は非常に大きい。あぁ、フレッ
ツさまさま。 

しかし、喉元すぎればなんとやらで、常時接続後3日目にはインターネットへ
の興味そのものが、急激に失速してしまっていたのは、なんでか? あんなに
エロページを見まくってやろうと思ってのに、すぐに眠たくなってしまうのは、
なんでか?

●ポストに投函されていた一通の封筒

フレッツ利用開始から4日後、何とも皮肉なものがマンションの郵便受け(ポ
スト)に投函されていた。CATVインターネット接続会社のロゴ入り封筒、その
名は「ZAQ(ザック)」。なんか妙に分厚い…もしや! その時、脳裏に閃い
た煌びやかな“合・格”の2文字。

やった! 合格や! お母ちゃん、合格したでぇー!!

それはZAQへの入会申し込み用紙だった。CATVインターネットでは可否調査に
合格した者のみがもらえる、これが資格証明書のようなものだ。一足早く「フ
レッツ・ISDN」によって、常時接続の夢が叶えられていたものの、今までの苦
難の道のりを思えばやはりうれしい。否応にも気持ちは奮い立つ。どうだ! 
父ちゃんもねえちゃんも見てくれ! これが入会申し込み用紙だッ! 

オレは今、モーレツに感動している!

CATVインターネットは、プロバイダ料金を含んで月額6,000円。加入時費用は
既にCATVが引き込まれているので18,000円。ケーブルモデムは貸し出しで無料。
費用的には「フレッツ・ISDN」とほぼ同等だから、もはや迷うことはない。速
攻で入会申し込み用紙に記入し、留守電をセットするのも忘れるくらいの勢い
で郵便局へ。もちろん「速達」という念の入れよう(笑)。なんでもっと早よ
くれへんかったん?(;___;)

このようにして、僕の約5ヶ月に及ぶ「CATV常時接続への道」は、なんともあ
っけなく、事務的に(?)幕を閉じたのである。

●「フレッツ vs CATV」どっちが速いか対決ぅ~!

フレッツは「ダイヤルアップ接続」、かたやCATVは「LAN接続」。幸か不幸か、
両方のサービスを手中にしている僕は、同じマシンで切り替え、カンタンに速
度や特性が比べられます。PCは「iMac SE」、ブラウザは「IE5」。さぁ、どっ
ちが速い?と言いたいところですが、実はそのまえに決着はついていたのでし
た。(^^;

フレッツの場合、アナログ回線との差はほとんど感じられず、むしろ体感的に
は、一拍遅れるような違和感がありました。転送され始めるとツラツラと速い
気もしますが、サイトによりフリーズに悩まされることもしばしば。これはフ
レッツが直接原因しているのではなく、おそらく、TAやPPPとの相性によるも
のだと思うのですが、僕の「iMacちゃん」に関しては、アナログ回線の方が安
定していました…と、なれば、比較するまでもなくCATVに軍配が上がるぅ?
でしょ?

単刀直入に申します。CATVは間違いなくフレッツより速い! そんなの比較す
るのさえ間違ってる…という読者方の声も聞こえてきそうですが、笑っちゃう
ほど比較になりません。数値的には曖昧に遠慮しがちに、フレッツの2~3倍く
らい速いと言っておくべきか、体感的にストレスを感じない速度です。もちろ
ん、諸条件により格差はあるのでしょーが。

この転送速度が顕著に確認できるのは、動画や音声などマルチメディアコンテ
ンツを扱ってるサイトに入ることです。接続と同時に、音が途切れることなく
スムーズに動く映像。このようなことは、電話回線では体感できなかったこと
で、100%一般ダイヤルアップユーザーであった僕にとっては、新鮮かつ衝撃
的な出来事の数々でした。これはベラボウに速い!(笑)

となると、今までの電話(ダイヤルアップ)による接続方法は何だったのか? 
幻想だったの? と、素朴に正直に思ってしまいます。ある種の既成事実を掴
まされていたような…。インターネット専用線でありながら、地域IP網にダイ
ヤルアップ接続するISDN独自のサービス「フレッツ・ISDN」も、どうも胡散臭
い。ホントはそれ、アナログ回線でもできるでしょ? 

そもそも一般的なISDNの使われ方(INSネット64)が幻想だったんじゃないか? 
デジタル電話回線と謳いながら、アナログの電話機、ファクスをつないで、何
も疑いもなく使っている人々…。わが国の通信(インターネット)事情は、な
んか遠回りをさせられてるような気がします。

ADSLだ! 光ファイバーだ! と言われている昨今。真の(?)ブロードバン
ド事業の一日も早い実現に向けて、利用する我々も積極的に、意識改革してい
かなければならない…日本人よ、目を覚ませ! で、僕は早々に「フレッツ・
ISDN」を解約いたしました。これからは電話料金に悩まされることなく、快適
に平穏に暮らしていけそうです(笑)。         --完結編おわり--

さまざまな分野のいろんな方々から、励ましやご声援、心温まるご意見をいた
だきました。この場をお借りしお礼申し上げます。m(_ _)m

【ふるおか・ひふみ】1958年京都府出身。グラフィックデザイナー。1999年第
3回「東レDCA」入選。ディジタル・イメージ会員。大阪市在住。
http://www06.u-page.so-net.ne.jp/rf6/hifumi/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■デジクリトーク
アナログからフレッツISDNへ・我が家の場合

尾上まりあ
───────────────────────────────────
我が家のネット接続アナログ時代。設定は正しい。でも、複数の回線・プロバ
イダで試しても、48Kでしか繋がらない。同居人と都合し合いながら、テレホ
を目一杯使う毎日。ネット用1回線の電話料金は月1万数千円位だった。

集合住宅だから CATVは望み薄。ISDNが一番現実的。そんな中、一部でISDNの
常時接続が始まる。地域での開始時期をNTTに尋ねると、開始の際には連絡し
てくれるとのこと。

ここは東京都調布市。世田谷区と隣接し、市内の一部には局番03地域もある。
だが、我が家は03地域ではない。恨めしい~。

そーんな我が家のフレッツへの道。ご参考までにご報告させていただきます。

7月下旬。NTTからフレッツ開始の電話。手続き後、約2週間かかるとのこと。

8月下旬、TAを購入。複数のパソコンで接続できるTAだから、同居人との同時
作業も可。もう奪い合いをしなくってもいいんだ!5000円の値引きに釣られ、
購入店でISDNへの変更とフレッツを申し込む。1週間後にNTTから連絡がある
そうだ。

NTTから電話。フレッツまで約1ヶ月かかるといわれ、更に、その間に回線等
の増強が必要になったら、2ヶ月位かかるとのこと。はっきりしない。態度も
とっても横柄。

電話の人はNTTの者だと言っていたが、どうも代理店等ではないかとの疑惑浮
上。NTT本体ならもっと早いんじゃ・・・?(何とかしたい一心)

そこで、NTTのフリーダイヤルに電話攻撃。なかなか繋がらない。家の電話3回
線をフル動員してかけまくり、数十分後にやっと繋がる。事情を説明し、本当
にそんなに時間がかかるのか等を調べてもらうと、なんと! ISDNへの変更と
フレッツの手続きが、TA購入店で申込書に記入した回線ではなく、家の別回線
に対して行なわれていたことが判明。電話してみて良かったー。2ヶ月待った
あげくに別回線じゃあ、たまりません。

電話が行き交い、結局、NTTからTA購入店での申込分を解除してもらい、別に、
こちらが希望していた回線への手続きを申し込む。NTTとは数人とやりとりを
したが、対応の感じもいい。どこまで本当だか不明だが、できるだけ早くでき
るよう、頑張ってみますとのこと。

翌日に開始日の報告電話があり、騒動から約10日でフレッツスタート。開始数
日前にNTTから書類、セットアップガイドが届く。現在、フレッツで快適環境
~です。
*以上の対応は同居人が行ない、私は横で事の成りゆきを見てました。

10日というのは、かなり早い方かもしれません。実はNTT嫌いなんですが、今
回は、本当にNTTの人が頑張ってくれたように思います。感謝!

そんなわけで、我が家のフレッツISDNへの移行は、一部ドタバタしましたが、
概してスムーズにいきました。速度面でも料金面でも移行して正解。でも、二
つだけ気になることが・・・。

その1:TA購入店から値引の5000円を払え~!と言われるのではないかと心配
しています(小心者)。現在のところ、そんな連絡等はありません。

その2:その後、マンションの大家さんがCATVでのネット接続に対応する工事
を手配したようです。地域のCATVの営業手法が気に入らないので、絶対入るも
のか~と未加入のままですが、気になります。テレビも見れるし。一地域に一
社、あれを何とかしてほしいなあ。

以上、拙い体験談ですが、少しでもご参考にしていただければ幸いです。皆様
の地域での状況や、CATVやADSLでの接続は、どんな感じですか?

【おのうえ・まりあ】onoue@prost-ep.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■連載「ip2000」プロジェクト・サンドイッチコラム 150 9/26
フェーズ2への胎動「テンポアップの予感」

川井拓也@land
───────────────────────────────────

上のパン●エコロジーとデジタル

プリンターの紙の単位はB5とかA4になっているのが普通である。しかし、プリ
ントしたい範囲がその紙の範囲に満たない場合がよくある。ちょっとした住所
のメモや地図、ビデオのラベルなど。そんな時に印刷すると余白が無駄になる。
特にビデオラベルなどは通常A4全体を使わないのに、シール用紙を使わなけれ
ばいけないのでその余白が気になってしょうがない。

エプソンが写真画質のロール用紙プリンターを出していたが、あれのモノクロ
レーザー版という製品があるといいなと思う。印刷した部分だけを切り取るこ
とができるプリンターである。A4などを指定すればその大きさでカットされ、
そうでないメモモードはロールFAXのように任意の場所で切り取れるというもの。
しかし私のイメージの究極のプリンターの姿は・・・ (続く)

具●新しい流れ

まず10時に水天宮にあるソフトバンク・ブロードメディアへ。コンピューター
チャンネルの木原氏に紹介されふたりの担当の方と話をする。ip2000のリール
を見ながらブレスト。互いの腹を探りながら、ニーズが一致するか軽い問答が
行われた。手ごたえは・・微妙だ。その二人の担当の方の個性が妙にアタマに
残ったので次の企画を送ろうと思う。

そして次は赤坂にあるフォーリンTVへ。ビルの8階にあるそのフロアのインテ
リアにまずびっくりした。電通のインターネットビジネス局並の凝り方だ。特
に外資系らしいというか、英語による標語や照明と共に浮かび上がるエントラ
ンスはユニークだった。電話の様子から「敏腕」のムードを感じていた事業開
発本部長の板谷氏と会う。フォーリンTVのコンセプトと今後の展開を聞きつつ
ピースボートと行ってきたip2000について説明する。そして今後の展開として
「ピースボートチャンネル」の開設に協力してくれる旨とオリジナル番組の可
能性を探るというふたつの方向を確認できた。

「すぐ動きましょう」
眼光鋭い板谷氏からテンポ感を感じる。私は今晩にでもピースボートに話週末
にプランをある程度固めて来週には具体的な打ち合わせに進めるよう頭の中に
フローを描いた。そして次はビデオニュースドットコムだ。(続く)

下のパン●十番開港

麻布十番の南北線の駅が開通した。今まで十番は「陸の孤島」でありその経緯
はタクシーの運転手に聞いた話では、以前の日比谷線の誘致で環境悪化を予想
して六本木に譲ったという過去があったと聞いた。ほんとかどうか知らないが
その後やはり駅を誘致したくなり・・というような展開だったようだ。駅がな
いことが独自の文化やムードを守ったともいえるので、今回の駅開通が果たし
てこの街になにをもたらすのか都市学として興味深い。早朝駅を早速視察。

深い3段のエスカレーターで下がると、なんのことはない普通の駅だった。デ
ジカメで写真を撮っている若者が微笑ましい。紅白まんじゅうくらいもらえる
ものかと思ったが、迎えてくれたのは自動改札だけだった。

http://www.ip2000.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■セミナー案内
ヒットするWebサイト、成功するe-ビジネス Part3
「ネットビジネス"次の戦略"」
http://www.dhw.co.jp/school/tokyo/map.html
───────────────────────────────────
<主催者情報>

~最新業界動向と問題点、その時必要なスキルとは?~

ブロードバンド(広帯域)ビジネスへと変貌をとげるネットビジネスに対し、
あらゆる企業体が本格的な取り組みを見せはじめています。混沌としたネット
ビジネスの世界の中で、その可能性を見出そうとしているビジネスモデルを例
に挙げ、そのビジネスの仕組みと今後の問題点を具体例を用いて解説します。
また、そのような状況の中で、私たちが身に付けるべきスキルの在り方を解説
します。

講演 桜井敏昭(日経ネットブレーン編集長)

日程 10月1日(日)14:00~15:30
会場 デジタルハリウッド東京校(御茶ノ水)
  東京都千代田区神田駿河台2-3 DH2001Bldg.
http://www.dhw.co.jp/school/tokyo/map.html
定員 100名/予約制
費用 無料
申込 電話またはEメールにて 電話:03-5281-9221
  mailto:tokyo@dhw.co.jp
  ※タイトルに「DC0922」と記載して下さい。
  ※住所・氏名・年齢・職業・電話番号・E-mailアドレスを
  明記して下さい。折り返し確認メールをお送りいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(9/26)
・23日のお彼岸の中日に実家に行って、おはぎをもらう。これは我が家の年中
行事のひとつなのだ。母がつくってきたおはぎは兄嫁に伝えられ、すでにその
娘までが伝統の味を引き継いでいる。で、母が言うには「そんな髪して、太っ
ているから誰かわからなかったよ」ガガ~~ン! 親って遠慮しないで言うか
らな~。ふ・と・っ・た・か! まずい。デスクにこっそりうち明けたら、サ
イクリングしなさい、トノコト。ウ~ン、この夏のビール(正確には発泡酒)
をずいぶん消費したからな。ところで、マグナムドライばかり飲んでいると、
かつてうまかったブロイや端麗<生>がまずく感じられる、なぜだ!(柴田)
●今日で700号! よく続く部活ではある。
・よく続きますよね、部活。1年半ほどですから2年生ですね。そろそろ後輩が
出てきて、道具の片づけくらいはしてくれるといいのですが(笑)。国体への
準備はいつ?っていつから体育会系になってるねん(笑)! マイペースで動
ける部活は好きです。もっと仕事減らして打ち込みたいなぁ。どっちも中途半
端になるもんなぁ。じっくり編み物もしたいし、ライブにも行きたいし、本や
映画という潤いを得る時間も欲しい。トイレにある島田氏お薦め「ガンバの冒
険」読了。トイレで泣いてしまったぜ。あんたらええ男鼠やでぇ! /継続に
ついて、だって。と島田氏に言ったら「中谷美紀のでてたやつ?」「‥稲垣吾
郎の出てたやつは睡眠」「それは催眠じゃ~!」平和な我々。(hammer.mule)

----------------------------------------------------------------------
■ 日刊デジクリは投げ銭システム推進準備委員会の趣旨に賛同します ■
http://www.nagesen.gr.jp/  <投げ銭システムをすべてのhomepageに>
----------------------------------------------------------------------


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 
デスク     濱村和恵 
アソシエーツ  神田敏晶 
        森川眞行 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら <http://www.dgcr.com/regist/index.html>
広告の御相談はこちらまで  

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.com/>、カプライト<http://kapu.cplaza.ne.jp/>、
Pubzine<http://www.pubzine.com/>、E-Magazine<http://www.emaga.com/>、
melma!<http://www.melma.com/>のシステムを利用して配信しています。

Copyright(C), 1998-2000 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■