[0784] 今夜はWow!Night!

投稿:  著者:  読了時間:19分(本文:約9,200文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.0784    2001/01/22.Mon発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 17287部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 <運命的な出会いを感じる瞬間>

■デジクリトーク
 今夜はWow!Night!
 神田敏晶

■特別企画
 ★デジクリ・スターバックス友の会 第一号★
 santa8



■デジクリトーク
今夜はWow!Night!

神田敏晶
───────────────────────────────────

KNN神田です。

インプレスTVの打ち合わせをかねて、サンフランシスコのIPGN(インプレスグ
ループネットワーク)の中島さんを訪ねてきました。中島さんとはInternet
Magazine編集長の頃から、展示会などでいろいろお話をさせていただいていま
した。

今回、インプレスTVの件で、ゆっくり飯でも食いませんか? と話をしたとこ
ろ、速攻で、ぜひ紹介したい人がいるのでとコールバックをいただきました。

アメリカでは、いままで社会保障番号がなかったので、携帯電話を持つことが
できなかったのですが、今回ATTがようやくプリペイド携帯(日本でいうとこ
ろのプリケー)が登場したので、早速購入したのです。40ドルで本体充電器つ
きで、一時間しゃべれます。空港でレンタルするよりも、プリケー買ったほう
がこれからは安いですよ。使い捨てでもいいそうです(ああ、、もったいない)

そして、ダウンタウンから金融街の立派なIPGNのオフィスに訪ねたところ、運
命の人と出会ったのです。「はじめまして大橋禅太郎です」「え、ガズーバ!
の大橋さん?」「そうです。そうです」…これが、大橋禅太郎さんとの出会い
です。

ボクは、アメリカにいる時には、ぜひコンタクトを取りたいと思っていた一人
だったのです。中島さん、ありがとうございました。みなさん、「ガズーバ!」
読みましたか? あれを読むと、「いっちょ、おいらもアメリカでやっるで!」
と勇気がわく一冊です。

大橋さんは、「ガズーバ!」をすでにイグジットされて、新たなプランを構想
中とのことで、Wow!な人いませんか? と昨日中島さんにリクエストされて
いたそうなのです。それで中島さんがとってもWowな人として、光栄ながらも
ボクをご紹介いただいたのです。

そして、3人でベトナム風のカニを食べにいきましょうということで、大橋さ
んの車にのったところ、なにやら助手席に、差し押さえ(?)のような紙がデ
カデカとはってありました。なになに…。

「コミットメント 20001/7/4までに自分の納得のいく明るく、オプティミス
ティックで、エネルギーに充ちたビジネスを日本又は、シリコンバレーのどち
らか正しいほうに設立する」

ボクも、奇怪な行動をする人としてはオーソライズされてはいますが、さすが
の大橋さんには、完全に脱帽です。また、さらに大いに触発されました。

7月4日とは、もちろん七夕さんではなく、「米国独立記念日」で、アメリカで
は特別な日なのです。また、どちらかで起業ではなく、正しいほうでというフ
レーズに、ガツン! と触発されました。それからのカニを食べながら、話は
弾む! 弾む!

「ガズーバ!」の執筆中との話、本文に登場するアンドレとの次回のコンタク
ト。ボクの夢である「マイクロ・メディア構想」などカニと格闘しながらの大
いに楽しい夕べでした。

この時、ふと、こんな楽しいお話をボクだけで聞くのは、もったいないと思い、
大橋さんに、日本に来られる機会がないのですか? と確認すると、2月の後
半にいらっしゃるとのことなのです。それで日程をいろいろ問い合わせをした
ところ、IDGが開催するベンチャーイベントのDEMOの最終日に、ちょうど日程
が空いているとのことなのです。

このDEMOはまたおもしろいイベントで、まだ出資やビジネスプランが決定しな
いベンチャーが自分の思いをプレゼンテーションするイベントであり、かつて
マークアンドリューセンが「ナビゲイター」をデモし、ジェフ・ホーキンスが
パームをデモしたイベントなのです。アメリカで2月11~13日に開催され(取
材にいってきます)、日本では2月27~28日に開催されるのです。
http://www.demo.com/
http://www.idg.co.jp/event/demo.html

そして、その夜は大橋さんがWow!な人たちと会いたいということで、ボクが日
本側でとってもWow!な人を集めるパーティーにしましょうと提案すると、いろ
んなアイデアが、カベルネ・ソヴィニョンンのエンジンを借りて、ガンガンと
レンダリングされていきました。大橋さんとは発想のしくみが似ていて、行き
着くところを知りません。2人のノリに中島さん、ちょっとあきれ気味…。

それでとりあえず、決まったことは2月28日の夜にWow!なパーティーを行う。
入場料に「ガズーバ!」をもってくるとチケット代わりになる(はたして予算
は大丈夫か?)インプレス社のジャッジを待っていては時間がないので、とり
あえず勝手にやるということで、決定しました。決めていくうちに、いろんな
ことができてしまうものなのです。確かに月末処理なのに…とかいう声が聞こ
えてきそうなのですが、"Wow!"なことはそんな事を気にしていたら起きないの
です。

ボクのイメージとしては、マイケル・コズニーがやっていたバーバムのパーテ
ィーやDigital Be in 、そしてリチャード・ソールワーマンがやっているTED
カンファレンス、そして初期の頃のBitStyleのようなイベントにできればいい
なあと思っています。

インプレスTVやアスキーラジ@での生放送もいけるでしょうし、いろんな「ネ
ット・セレブレティ」が集まる夜にしたいなあと話をしています。

さて、次は場所探しです! 東京の夜で、「Wow!Night」というコンセプトで、
安いけどとってもWow!な場所を探しています。みなさんも企画段階から注目し
ておいてくださいね。

ボクは小さな頃から大好きな「南総里見八犬伝」や「水滸伝」のような運命的
な出会いを感じる瞬間が大人になってからいろいろ登場するのですが、また、
牡丹のあざがある八犬士とであった気がした一日でした。やっぱり、大橋さん
もある意味での"止まらない男"でした。

2月28日の夜はスケジュールあけててね!
出合った人にはPalmでBeamしてあげるね! では!

・書籍「ガズーバ! 奈落と絶頂のシリコンバレー創業記 」(インプレス刊)
http://www.ips.co.jp/items/1396/1396.htm

The smallest digital TV station in the world
KandaNewsNetwork http://www.knn.com
Toshi Kanda mailto:knn@rr.iij4u.or.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
特別企画
★デジクリ・スターバックス友の会 第一号★

santa8
───────────────────────────────────
~二十一世紀にいきなり発足!
★デジクリ・スターバックス友の会★

・いきなりですが
「スターバックス・カフェ」通称「スタバ」、「ドトールの二倍とられる喫茶
店」。全国&世界にチェーン展開していますから、少なくとも名前はお聞きに
なったことがあるでしょう。流行りものには腰が引けるわたしですが、いざ入
ってみたらこれがなかなかよくて、久しぶりに「香りの良い、おいしい飲み物
を飲める場所」を発見したというわけなのです。

・全国、全世界いろいろ楽しめる
スタバの私的な案内帳を、デジクリMLに投げてみたら、好反応。想像以上にみ
んな街のスタバを楽しんでいる様子。スタバってデジクリの読者にあった場の
ような気がします。今回特に、空飛ぶスタバ中毒者のKNN神田さんよりプッシ
ュをいただいて、デジクリ本誌にも掲載させていただくことになりました。な
お柴田デジクリ編集長は名誉会長就任の模様です。みんな好きだな~。

・初めまして
ご挨拶が遅れました。デジクリの皆様、初めまして。私、Santa8と申します。
普段は工務店・住宅業者向けのASP仕事、休日にはロンドン好きのサイトを運
営しております。酒・タバコがだめで、ありていに言えばボンビーな私にとっ
て、散歩&スターバックスは、今や休日に欠かせない娯楽の一つになってしま
いました。今回は、そんなsanta8がお届けする、東京都心のスタバ私的ガイド
です。

・皆さんも
全世界、全国津々浦々とっておきのスタバ情報をお持ちのはず。是非旅する人
や住人にも役立つような、スタバ情報を公開しませんか。デジクリMLでお待ち
しています。
http://www.dgcr.com/ml/

・読んだら街へ出よう
それでは是非、すてきなカフェタイムをお過ごし下さい。

★デジクリ・スターバックス友の会★ にようこそ!

※初心者の方へ~

・リピーターが多いカフェなので、混雑していてびっくりされると思います
(これって東京だけなのでしょうか?)。でも、ゆっくり座って飲みたいもの。
ちょっと待てば座れる場合も多いので、あきらめずに頑張りましょう。また、
下記のガイドではどうしようもなく座れない店舗は<混雑度高し>と断ってあ
ります。

・最初に注文するとき何を頼んでいいか迷います。ブラック党なら「本日のコ
ーヒー」、カプチーノが飲めるなら「キャラメルマキアート」、どちらもショ
ートサイズをおためし下さい。

★デジクリ・スターバックス友の会★ santa8による私的都心スタバガイド

~新宿近辺~

●南口・サザンテラスにある店舗「ボードウォークスタバ」
甲州街道の南側、JRの本社、マイクロソフトのビルのあるサイドにあります。
キレイですけど、混雑度は最悪。ここで飲み物を買ったら中で座ろうとは考え
ず、高島屋側に渡って鉄道を見渡すベンチに座って飲むのが正解。雨の日は不
可ですが。

●東口・JR東口地上に出たところ「デパスタバ」
デパート(マイシティ)と地続きのスタバ。雰囲気悪し。混雑度高し。買い物
帰りの客が利用。テイクアウトだけの利用が無難。

●西口・ヨドバシカメラ向かい「ヨドバシスタバ」
巨大。座れる確率高し。雰囲気はそれほどでも。あと窓際は日当たりが良すぎ
る。客筋はヨドバシ組のほか、高層ビル街から流れてくる外人客率高し。デジ
クリレギュラーの須貝さんによると、一番奥の席には「お使い下さい」と書か
れた電源タップがあるそうです。(倍率高し)

●新宿三丁目、丸井メン・伊勢丹クィーンズシェフの向かい「文化スタバ」
新宿近辺で一番おすすめ。混雑度・15分待てば座れるレベル。ここの特徴は客
筋。新宿二丁目・花園神社からもっとも近いスタバなので、ゲイ&新宿文化関
係者多し。ラガーメン系のがっしりしていて、髭の精悍、かつファッショナブ
ルな男たちが寒さをものともせず、外の席でフラペチーノなど飲んでる姿はな
かなか味があって良いです。客をみてるだけで退屈しないのはここ。

新宿はあとマインズ・タワー店などありますが、まだ未探訪。どなたか教えて
くださいね。

~その他都心のスタバ~

●麹町・新宿通沿い北側(日本テレビ側)「都心のスタバ」
千代田区半蔵門近辺を散歩することがあったら、是非。混雑率低し。雰囲気・
休日は非常に良し。平日は会社員だらけ。この当たりは英国大使館とかカメラ
博物館とか、落ち着いて静かな街の中に、すてきな場所が一杯あります。散歩
中に一服するのに最適です。

●四谷三丁目・新宿通沿い南側「ファッションスタバ」
四谷や麹町など新宿通沿いのスタバの特徴は、休日は非常に静かで、都心の住
人のオアシスのようになっているところです。オフィスアワー以外は座れる確
率高し。ここは上にデザイン系の専門学校があって、そこの学生が皆こぎれい
でファッショナブルでとんがっているので、マイカップユーザー率都内一。し
かし雑誌から抜け出たような男女を見ていると時々ムカムカします(笑)。そ
れ以外は特に特徴なし。

●表参道・246沿い・富士銀行の並び「OLの墓場スタバ」
ある意味で最悪。客は90%が20~30代の女性で、それなりにキレイでファッシ
ョナブルなのだが、全員が全員キャラメルマキアートのSを頼んで二階の席で
も座れずに踊り場ですすっているのを見ていると、全員豊かなのにロボットみ
たいな気がしてきて、「幸せはどこ?」という無常観が漂います。もちろん混
雑率高く、座れたことがありません。

●外苑西通り・青山三丁目・ベルコモンズ向かい「マイベストスタバ!」
santa8のお勧めベストスタバ。混雑率はそれなりだが、座れなかったことはあ
りません。雰囲気良し。客層も住人が多く、適度に落ち着いて肩の力が抜けた
大人多し(買い物アワーは別として)。席数と需要がうまく釣り合った稀有の
スタバではないでしょうか?
二階の窓際、一階の窓際、どちらもゆっくり落ち着ける特等席です。昨年暮れ
のある日、一階で飲んでいたらフロアでジャズのミニライブが始まりました。
ライブ中には小さなカップにいれた新製品のサンプルをくれたりして、とにか
くいい気分になるお気に入りのスタバです。

★裏技★ここに限らず「スタバのトイレ」は店舗以上に混雑しているため、緊
急時には役に立たないのですが、ここのスタバではトイレに行きたくなったら、
向かいに渡って無印良品青山店のトイレを拝借しましょう。女性でもほとんど
大丈夫です。そしてこの無印良品青山店自体も広くてすいてて絶対お勧めです。

●外苑前246沿い、BMWの向かい「犬スタバ」
上の青山三丁目マイベストスタバに近いのでほとんど行きません。何故か住人
がいつも犬連れでテラス席にいるので「犬スタバ」と呼んでいます。客の平均
所得は一番高そう。

●渋谷ハチ公向かい、QFRONT店「世界一スタバ」
ご存じ売り上げ世界一のスタバ。メニューからして選択の余地はありません
(ワンサイズオンリー)。並んだけどもちろん座れなくて、階段でフラペチー
ノを食べた2000年の夏。

●六本木交差点・乃木坂側 大江戸線六本木駅向かい「穴場スタバ」
穴場。場所柄、絶対座れないだろうと思っていると、意外にすいている。二階
窓際は六本木の人通りを眺められてなかなか落ち着けるが、ちょうど向かいに
あったカフェが撤退して風景は寂しい。六本木は最近会社帰りに通るようにな
りましたが、別に華やかで楽しいところではなかった。カラオケや風俗店の客
引きだらけの街で結構がっかり。六本木にはアマンド側にもう一店ありますが、
混雑度高く未探訪。

●日本橋・高島屋向かい「オバスタバ」
広くて雰囲気はいいのだが、客層は高島屋で買い物帰りのおばさんでほとんど
占められている(全員凄くタバコを吸いたそう)。スタバの入れ物にサッチー
を詰め込んだらこんな雰囲気になるのではないでしょうか。混雑率は普通。座
れないほどではありません。

●虎ノ門・パストラル側「早じまいスタバ」
会社に近いのだが一度も閉店時間に間に合ったことがない(どうやら20時には
閉店している模様)。お願いだからせめて22時までは開けてもらえないもので
しょうか・・・。あるいはJTに近いから遠慮があるのでしょうか(スタバは全
店禁煙空間!)。

●赤坂・246沿い青山側・「ペットショップスタバ」
ここも未探訪。ここの並びに高級ペットサロンがあり、貴賓室らしきものが道
路側から見えるので、いつも夜通るたびに「お犬閣下」か「お猫様」がいない
か目をこらしていることから命名。ここもいつも閉まっている。人通りはある
んだから23時までは開けましょうよ!

●銀座・松屋裏「お買い物スタバ」
銀座は知り合いに会うときくらいしか行きませんが、ここはまあ見事に「お買
い物スタバ」。でも雰囲気は場所柄華やかでなかなか良し。混雑度は非常に高
いです。座れればめっけもの。

~その他スタバいろいろ~

・アメリカではインターネットカフェ化が進行中
http://japan.internet.com/busnews/20010104/12.html
ノートPCを持ち込めば、ワイヤレスで簡単接続出来る日も近い? デジクリの
たまり場になりそう・・・。

・エクストラショートサイズが欲しい
日本のスターバックスのショートサイズはアメリカにはないサイズだそうです
が、小食の私はその半分のサイズが欲しいです。そう思っているのは絶対私だ
けじゃないはず。

・キャラメルミルク
年末体をこわし、ついにキャラメルマキアートすら飲めなくなりました。そこ
でスチームドミルクにキャラメルシロップを垂らしたものを飲んでます。ホッ
ト・キャラメル・ミルクで通じる店舗と通じない店舗あり。

・ココアまずし
スタバのココアはミルクにチョコシロップを垂らしただけなので、どうもいま
いち。やはりコーヒーを飲めということでしょうか。

いつの間にやらスタバ中毒・・・なお、上記ガイドは勿論すべてsanta8の独断
と偏見によるものです。街角で、ふと思い出して参考にしてくださればこれ程
うれしいことはありません。

●ご案内はsanta8@新宿在住・ロンドンとル・カレを愛する32歳
santa@londontown.to
ロンドン好きのファンサイト
http://www.londontown.to
どこかのスタバでお会いしましょう!

▼わたしはあまりスタバに入ったことはないんですが(都心に出る回数が少な
いもんで)、禁煙というのがサイコーですね! 名誉会長? いいですよ~。
じゃ、北京のスタバ(星巴克珈琲=珈琲は王偏じゃなくて口偏)について。街
中にはけっこう見られます。わたしが入ってみたのは西単の百貨店の一階にマ
ックと並んであった店。わたしの北京ルポ写真集の最後に掲載しました。
http://www.dgcr.com/report/di_Beijing/

英語は通じない。仕方なくそのへんのカップを指す。なにか複雑なことを聞か
れたようだったが、わからないト言うと、マグカップにたっぷりのコーヒーを
お盆に載せて出してくれた。どうやら、テイクアウトか? 店でか? ト聞い
たらしい。これで9元(約120円)は安いが、現地では高いはず(ちなみに、マ
ックのハンバーガー+コーラで9元)。非常にうまかった。北京飯店の40元と
いうトンデモ価格のコーヒーよりはるかにうまい。故宮博物院の中にもあの緑
と白のマークがあるそうだが、二度目に見たときは外に看板は出されていなか
ったト経験者は語る。ものすごいミスマッチであることは確かだ。 (柴田)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(01/22)
・「これってマジか?」ト怒り心頭なのは平井和正の「時空暴走気まぐれバス」
(集英社文庫書き下ろし)である。タイムスリップと異次元スリップのダブル
ショック、主人公はなんと30年前の自分の母親(ここでは年下の女子高生だ)
と一緒に理不尽なサバイバルに~というストーリーは、まったく結末の予想も
できない面白い仕掛けだ。どう収めてくれるのか、お手並み拝見ト期待がふく
らむ。が、結局たくさんの謎はまるで解決しないばかりか唐突に終わる。なん
じゃ、こりゃ~、サイテー。作家自身の解説によると、これは高校時代の習作
をもとに長編化したものだという。「言霊を呼び込むという魔法使いのわざを
お目にかけたのである」と得意そうだが、この出来では「幻魔大戦」時代の言
霊はとっくに去ってしまったようだ。この人、既に終わってしまった。(柴田)

・平井さん読んだなぁ。ウルフガイに幻魔大戦。終わっちゃったかぁ。/島田
氏とのデータのやりとりはサーバを介していたが、ノート同士なら赤外線ポー
ト接続があるやん、とトライ。実は半年ほど前にもトライしていたが、何故か
繋がらなかったので忘れていた。今回こそと意気込んだがやはり無理。ドライ
バのことなど、わからないことがたくさんあるので、知識をつけねばのぅ、と
思いつつネット内を探す。どんなサイトでも簡単にできるように書かれてある
し、特別な方法などない。初めてサポートセンターなるものに電話までしてし
まったが原因わからず。ふと、デジカムのナイトショットが頭に浮かぶ。半分
おふざけのつもりが、島田氏の「伊藤家の食卓でそういうのあった!」に気を
よくして覗く。おお! 赤外線が見える! 結論として、島田氏のメビウスさ
んから赤外線の出ていないことが判明。赤外線モニタでは働いていることにな
っているので、どうも故障のようだ。そりゃ繋がらないよなぁ。しかし目に見
えないものが見えてしまうのって面白い。しばらくリモコンやら何やらではし
ゃぎながら試す。情報や知識先行の世の中、予想外のことや発見ってとてもわ
くわくするよね。実験とかって好きだったなぁ。      (hammer.mule)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ
     <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 
デスク     濱村和恵 
アソシエーツ  神田敏晶 
        森川眞行 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら <http://www.dgcr.com/regist/index.html>
広告の御相談はこちらまで  
メーリングリスト参加者募集中  <http://www.dgcr.com/ml/>

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.com/>、カプライト<http://kapu.cplaza.ne.jp/>、
Pubzine<http://www.pubzine.com/>、E-Magazine<http://www.emaga.com/>、
melma!<http://www.melma.com/>のシステムを利用して配信しています。

Copyright(C), 1998-2001 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■