[1063] 春眠暁をおぼえず

投稿:  著者:  読了時間:21分(本文:約10,200文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.1063    2002/04/08.Mon発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 20528部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 <いつも自分が旅行者だって感覚があると元気になれる>

■デジクリトーク
 春眠暁をおぼえず
 神田敏晶

■デジクリトーク
 椅子のはなし
 中川佳子

■新サービス案内
 @pay(アット・ペイ)へのご招待

■展覧会案内
 ~ ゴールデンウィーク恒例・春の銀座CG展のお知らせ ~
 今年もやります!『ディジタル・イメージ2002 東京展』



■デジクリトーク
春眠暁をおぼえず

神田敏晶
───────────────────────────────────
KNN神田です。

先週、8年ぶりに起業してようやく1週間がたちました。お祝いメールにもなか
なか対応できですみません。このデジクリが発行されてから、エイプリールフ
ールサイトを見にきていただいた方もありがとうございました。本当に会社な
の? という質問もありましたが、これは本当です。

本当は今ごろ、ラスベガスのコンベンション会場の模様をお伝えしていなけれ
ばならない頃なのですが、本日、ようやく日本を出ることとなりました。事務
所のスペースもただ今、引越しがままならない状態ですが、連日、営業モード
で開始しております。

パイナップルカンパニー時代から、お世話になっているスタッフ和田夏子さん
にもKNNに来ていただき、かなり楽にはなっているはずなのですが、原稿書き
に追われる日々です。しかし留守の会社でも電話がつながるとか、いろんなメ
リットは会社になったことで助かることも多いですね。

IT業界をふと見渡してみると、働く女性の頼もしいこと! 北欧の企業では役
員の1/4は女性でなければならないなんて豪語するところも多いので頼もしい
ですね。

男性、女性と差別すること自体が問題なのかもしれませんが、バリバリ働いて
いる姿を見ると、男の自分も「しっかりしなきゃ!」とハッパがかかります。

男性でも細やかな気遣いができる人とそうでない人がいるように、女性でもふ
とした心遣いで印象はかなり変わります。書類の渡し方、ホッチキスのとめ方、
帰る時の整頓の仕方、果てはマウスのおいておく方向にいたるまで。男のワイ
シャツの袖まくりや、車をバックするときの手に惚れる人がいるように、そん
な些細なしぐさに「美しい仕事」を感じることがあります。

きっと整理整頓の上手な人は、無意識のなかで片付けているんでしょうね。こ
の書類をどこにおいておいたほうが、後の仕事がしやすいかなどが、ものすご
いスピードで計算されているんだと思います。

ボクにはその能力は皆無で、いつも何か探していたりします。探しているうち
に他のところに興味がうつり、今何をしていたんだっけ? とフリーズするこ
とが1日に最低5回はあります。とくにメールやネットの場合は、同時に複数の
ことをやりだすと、その倍、また倍で興味がわいてきちゃいます。

今、何をやろうとしていたんだろう…。これは、前にやったことがあるかもし
れないと仕事もいつしかデジャブ状態になったりします。これって何の仕事だ
ったんだろうとか。

基本的に好きなことを仕事にしているだけに、その好きなことがうまくいかな
いときほど、大変な時はありません。締め切りです。もっと調べたい。もっと
知りたい。だけど時間は、冷酷にもやってきます。

好きなことをしている時ほど時間がはやいのです。ボクの時間の中では昼間は
まったく調子が出ずに長いのですが、深夜の12時がすぎてからは、とっても早
く時が過ぎ去っています。いつも気がつくと太陽がのぼっていて、午前中は使
いものにならず、昼はしゃべりまくって、夕方になるとまた元気に…。

社会に適応するまで、少し時間がかかりそうです。といいつつもすぐにアメリ
カ時間での生活を考えると、いつも時差がある感覚なのかもしれません。

そんなボクにも特技があるようで、いつも元気なオーラを放っているようです。
これにはワケがあって、いつも自分が旅行者だって感覚があると元気になれる
ようです。片付ける時もホテルのチェックアウトだと思えば、すべてを梱包で
きるパワーを持っているはずなのです。

旅行の時ってみんな元気がありませんか? 常に変化を求めているし、少々寝
不足であっても、体のほうがワクワクしてきて、動き出したり、見るものすべ
てが違って見えてきたりします。

桜の日本を見逃してしまいましたが、この時期の日本はとても満喫できます。
花粉の時は大変ですが、梅雨になるまではこの国のすごしやすさはウキウキし
ますね。

さらに昨日は下北沢の「築地すし好」にいき、
http://www.tsukiji-sushiko.com/
日曜日の25時に美味しい寿司が食べられる幸せに酔いました。値段もリーズナ
ブル。

考えてみると、寿司を食べたくなるのは、海外にいる時。日本にいるときには
あんまり食べなくても平気なのに。あと、アメリカにはわさびのチューブがあ
ると、まずい肉の時もわさびをチューブから取り出しつけて食べるとなかなか
いけます。ポン酢もあるとカキ料理がさらに美味しくなったり、サムソナイト
製の調味料入れなんてどうしてないんだろうといつも不思議に思っています。

役立ちグッズはいろいろと開発したくなります。

オフィスで役立つのが、飛行機の中でもらえるスリッパ類。重くなく、軽くて、
すぐにボロボロになってしまいますが、素足ではいてるととてもリラックスで
きます。時々、パーサーにお願いして、枕ももらってきますが、これもまた使
えます。飛行機のなかの枕って小さくて、オフィスの机の上でノートパソコン
を閉じてたてかけたスペースに枕を置き、しばし10分でも寝ると気分すっきり。
アスクルのメニューにも紙スリッパとかあればいいのに。

そんな時に欠かせないのがキッチンタイマー。携帯電話よりも断然、タイマー
設定が簡単。このキッチンタイマー、名前がよろしくない。基本的にも時間の
工程管理にも使えるのですから、ビジネスタイマーなんていうのもあっていい
はず。

タイマーで時間管理しようとしても、スケジュールソフトが、1日24時間で終
わってしまうのも問題です。まだ寝ていないときは、その日の25時とか27時ま
でできるスケジュールをつくってもらいたいものです。

ボクの時間は朝の4時台で1日が入れ替わるという感覚です。個人的には27時と
いうところですが。Webのスケジュールなどで土日が半分というのもどうしよ
うもなく使いにくい。土日ほどスケジュールを入れて、遊びと仕事に有効に使
いたいのに。

まだまだ世の中、ヘンな人がいる限り、風変わりな製品をだしてくれてもよさ
そうな気がします。みんなが同じソフトで同じように仕事をしているってちょ
っと退屈そうじゃない?

会社になったら社長らしくとも思ったのですが、これからの新しい会社の社長
像を作るためにも、もっとはじけてみたいと思います。儲かっていれば、オッ
ケーだし、儲からなければ社長らしくします。はい。

明日からは、ラスベガスで下記の取材をおこなってきます。
http://www.nab.org/conventions/nab2002/

今週の土曜日にはロサンゼルスで「虫食いリンゴの会」で講演してきます!
こちらの方面の人よろしければ見にきてくださいまし!
http://www.ringo.org/event413/event413.html

KandaNewsNetwork,Inc. http://www.knn.com/
CEO Toshi Kanda mailto:kanda@knn.com
45-14 Oyama-cho,Shibuya,Tokyo,Japan151-0065
Phone81-3-5465-6555 Fax81-3-5478-8719

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■デジクリトーク
椅子のはなし

中川佳子
───────────────────────────────────
私たちのような一日中座って仕事をしてる人の共通の話題が、肩こりと腰痛。
(もちろん、コンピューターがらみの話題が一番多いのだけど)そのあたりで、
割と椅子の話題も、、、今回、柴田さんと腰痛の話から、椅子の話になったの
で、この文章を書いています。

私が、今使ってる椅子は、ノルウェー産のバランスチェアー。
●素材:ビーチ材
●デザイナー:ピーター・オプスヴィック
木製フレームで、真っ赤な座面のなかなか可愛いデザインです。(私にすれば
かなり高かったので、買うまでは随分迷いましたが、、、)
参照:http://dgcr.com/kiji/nakagawa2/

なんとなく、座る姿勢もよくなったような気がします。座った姿勢は、どちら
かというと正座に近い感じで、しかも足もしびれないし快適です。使いはじめ
は、座り方が多分変だったので膝っ小僧に体重がかかりすぎて、ちょっと痛か
ったけど、今は慣れましたね。肩こりはともかく、腰痛は、随分ましになった
ような感じです。だいたい、元々、腰痛が始ったのは、自宅でイラストの仕事
をしていた時に。こたつで、横座りして延々描いてたのがきっかけ。ホント姿
勢は大切です。

仕事でチェックに来られたクライアントが大抵一回は、座ってみたいと言われ
ます。ただし、人が座っているのを横から見ると結構滑稽な感じも、、、(普
段は、自分では見えないですが)まあ、体にいいから良しとしよう。

私が、椅子について多少なりとも興味を持ったのは、今を去ること十数年前、
初めて仕事についた、イラストレーターの事務所での事でした。事務所の先生
は、椅子のコレクターでもあり、数百脚はお持ちだったらしい。事務所には色
々な椅子が入れ代わりで置いてありました。

座ってもよかったので、色々、楽しませて頂きましたが、中でも、○○○○の
椅子は、座りごこち満点(とはいえ、これは仕事向きではなくて、お休み、お
くつろぎ用。当時50万くらいとか、、、ビックリ!)黒の革製で、リクライニ
ングのアングルと、フィット感が心地よい超高級品。さすがに、こんな椅子に
は滅多にお目にかかれるものではなかったので、早出をした時には、お掃除が
終ってからゆったりと座ってその日の仕事の資料を読む等、勝手に有効活用し
てました(早出をすると、一人でゆったりとした気分で仕事ができるし、特に
資料を見るとかラフスケッチを考える時など、私にとっては、結構貴重な時間
でもありました)。

そのかわりというか、なんというか、時には先生の趣味の手伝いに、椅子の資
料を作ったり、私的なお買い物のお使いにやらされたりと、イラストの仕事に
雇われたはずが、あれれ!と思うこともしばしば。個人事務所の仕事って、こ
んな感じなんだと、思ったりもしました。

とはいえ、おかげ様で、色々な、椅子の事とかを、知るきっかけにはなったし
(今は、随分忘れたけど)椅子のデザイナーの名前とか、多分、あの事務所に
入らなかったら、興味を持つこともなかったかもしれないことに目が向くきっ
かけになったので、まあ、いい経験をさせていただいてるんだろうなあと、思
ってましたが……まあ、なんでも、物の見方で印象が変わるというのは、こ
ういうことなんでしょうね。

もう一つ、私にとっての高級イスは、電動マッサージ機!「あんまり肩こりが
ひどいので、マッサージ機が欲しいよー」なーんていっても、それなりに高級
品、20数万円では、当時、HD2Gあたりと同等の値段です。(いつ頃かわかるか
な?)

仕事関係の人との会話で、「どっちにしよう、迷っちゃいますね。」なんて話
をしていたら、「そりゃー買うなら、マッサージ機でしょう!」「んんー、そ
りゃ欲しいのは欲しいけど、仕事的には、HDなんですよね、、、両方買うのは
ちょっと今はつらいしなあ……」

しばらくして、その事務所にいったら、ちゃーんとありました。うらやましい。
私はついつい、もったいなくて。後で「どっちにしたの?」「結局HDを買っち
ゃいました……」「あらら……」

で、その後3年ほどたって 結局は、買っちゃったんですけど、でも、現在の
状況を考えると(イスの値段はたいしてかわってないですね、今買っても似た
ような感じです。中身は随分良くなってるかもしれないけど……)HD2Gに20数
万円というのは……ほんと! 色々高かったなあと今更ながらに思います。だ
ってIRISのメモリーって、初めの頃は、8Mで1,000,000円だったもんね! 現
在の私のDOS/Vには、1.5Gのメモリーがはいってますが、その金額たるや……
世の無常を感じるなあ!

なんだか、イスの話が、結局はこういう話になっちゃいますね。もうちょっと
高尚な話にならないもんかねえ! と自分ながらに思いますが、まあ、今のと
ころはこんな感じで とりあえず、おしまい!

【なかがわ・よしこ】arian@dream.email.ne.jp
1986年よりNHK特集「驚異の小宇宙 人体1、2、3」プロジェクト参加。1990年
よりDIGITALIMAGE展(東京、大阪にて毎年各一回その他各地にて開催)に出品。
1994年「人体2 脳と心」より”MEMORY”SIGRAPH入選(VIDEO REVIEW収録)。
1993年より”音楽ファンタジー夢”(NHK)にてオリジナルCG作品制作。2000
年連続テレビ小説「オードリー」(NHK)タイトルCG制作。インターメディウ
ム研究所、武庫川女子大学等 非常勤講師。(株)アイ・コム代表。
テレビ番組、展示映像、教育用コンテンツ等、CGパートのディレクション及び
アニメーション、イラストレーション制作等 ビジュアルクリエーション全般。
http://www.ne.jp/asahi/arian/image-composer/

▼モミモミ リアルプロ 35万円! 売れてるんだって ほしい!
http://dmedia.mew.co.jp/wellness/jsp/wellframe.jsp?sg=16

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■新サービス案内
@pay(アット・ペイ)へのご招待
http://www.nifty.com/pay/
───────────────────────────────────
個人が広く一般に写真や絵、文章といったコンテンツを公開し、利用してもら
う。感想を聞く。仲間をつくる。インターネットは、それを可能にしました。
でも、足りなかったことがありました。それは、「価値のあるコンテンツに、
対価を支払う」ことでした。

@niftyでは、価値のある個人のコンテンツの売買を、売り手も買い手も安心し
て行える仕組みを考えました。それが@pay(アット・ペイ)です。

例えば、人気のあるホームページを運営する個人の方は、案外ファンの期待を
裏切れないという理由で、予想以上に負担が出たり、出費も多くなることで、
「燃えつき」て、途中でやめてしまう人もいます。才能があるにも関わらず、
非常に残念な話です。

私たちは、この「@pay」を提供すれば、人気ホームページ作者や才能あるク
リエーターたちも、今まで無料で公開していた情報やコンテンツを自分たちの
自由な方法で販売し、お金を得ることができる。そのお金で、少しでも今まで
制作のために使った苦労や負担(もちろん費用も)をカバーしてもらい、継続
して活躍していただけるだろうと考えました。

また、才能や努力次第で、いくらでもお金を得るチャンスがあるんだ、そんな
ワクワクする気持ちをもってくれる個人であれば、願ってもないツールになる
はずです。

例えば、写真画像を売ってみるのはいかがでしょう。自慢の写真をあつめて写
真集としたり、決定的瞬間的写真を商品にするという手もあります。文章を書
くのが好きな人は、オリジナルのコラムやポエム、小説などの読み物を、グラ
フィックやイラストが得意な人は、ウェブ素材集や壁紙、スクリーンセーバー、
アイコンなどでもいいですね。さらに、3DCGでキャラクターや、ショートムー
ビー、マンガ、アニメだって販売できるわけです。

こういった、自分の得意なコンテンツやら情報やらを、手探りで売ってみては
いかがでしょうか。自分のホームページを訪れる人、応援してくれるファンの
ニーズにあわせコンテンツを考え、誠意をもってコミュニケーションすれば、
きっと買ってくれる人がでてくるはずです。

それが、100円だとしても、売れた時はお金を得る喜びとともに、「自分のコ
ンテンツを買ってくれる人がいる」という事実が充実感でいっぱいにしてくれ
るでしょう。

@payをスタートした当初、正直どんなコンテンツが販売されるのか不安でし
た。が、オープンしてすぐに、あの「ゲームセンターあらし」を描かれた「す
がやみつる」さんが、初期の自作マンガをpdf形式にして販売していただけま
した。そのほか、脚本のドキュメントとか、子育て相談、占い、ペーパークラ
フトなどなど。こういう売り方もあるんだなぁと正直、ニフティのスタッフも
驚いています。アイデアや工夫次第で、面白いコンテンツがどんどん生まれて
くるものなんだと実感しました。

まだまだインターネットの世界は、個人ホームページのコンテンツは無料だと
いう認識が強いですが、これからはオリジナリティある楽しいコンテンツをど
んどん世に出し、「価値あるものは有料もあり!」という文化を、@payを使
っていただける人と一緒に作っていければと思っています。

@payは、まだ生まれたばかりです。これから個人のみなさんからいただくご
意見や要望にあわせてどんどん成長していきたいと考えています。

4月末までは登録料は無料ですから、ぜひこの機会に利用して販売してみてく
ださい。

ニフティ(株)@pay担当者より
@payホームページ:http://www.nifty.com/pay/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■展覧会案内
~ ゴールデンウィーク恒例・春の銀座CG展のお知らせ ~
今年もやります!『ディジタル・イメージ2002 東京展』
http://www.digitalimage.org/topnews/news_2002tokyo.html
───────────────────────────────────
<主催者情報>

私たちの集まりはアーティストの自主的なものです。活動の発端はパソコンに
よるCG黎明期とも言える1989年にさかのぼり、当時11名でスタートしました。
現在は226名ものアーティストが参加する国内でも類を見ないグループに成長し、
昨年はロボットCG展、こどもCGコンテスト「デジタルキッズ」を開催するなど
時流を見越して活動の幅も広げております。そして今回も、発足当時より活動を
ご支援頂いております銀座ワシントンさまで春の銀座・恒例とも言えるCG展を
開催します。豊かな感性と想像力で描かれたコンピュータ・アート作品100点以
上をご紹介致します。是非皆様お誘い合わせの上ご来場下さい。

なお、今回の展示をベースとした巡回展を大阪、長野、中国でも行う予定です。
7月には別企画の東京都写真美術館(渋谷区恵比寿)での展示も控えています。
今年もディジタル・イメージの活動に注目して下さい。

会期 4月29日(月・祝)~5月5日(日)11時~19時(最終日は18時終了)
会場 銀座ワシントンアート/入場無料
   東京都中央区銀座5-7-7 銀座ワシントン7F TEL.03-3571-8532(会期中)
   地下鉄銀座駅A2出口1分/JR有楽町駅徒歩7分

展示内容:プリント作品110数点展示 映像作品17点上映 参加作家115名(予定)

主催 ディジタル・イメージ
特別協賛 銀座ワシントン
後援 CG-ARTS協会(財団法人画像情報教育振興協会)
   財団法人デジタルコンテンツ協会

●出展アーティスト

朝倉民枝 阿部知弘 雨宮由里子 アライ・マサト 荒木慎司 井沢洋二
石井拓弥 石川浩二 石黒正春 石原博志 岩渕泰治 上畠益雄 大賀葉子
大島宏文 大都博之 岡 達也 小笠原たけし 岡部タカノブ 小川アリカ
加藤俊明 叶 雅生 上口睦人 神谷一郎 川口吾妻 川野隆司 川野光弘
川本O.規子 北岡久美子 北古賀紀行 喜多見康 木村智博 公庄 治
國島宣弘 楜沢 順 桑島幸男 ケイヤマシタ 小泉麻友美 小坂 徹
小澤貴也 小林健三 小松 修 斎賀和彦 齋藤 浩 酒井和男 柴田敏明
清水宏美 杉谷泰宏 鈴木明実 鈴木 守 多賀泰孝 高橋里季 武田瑛夢
Yume(竹久マサオ) 田中修一郎 田中 誠 ダバカン 駄場真弓(夢姫)
杖村さえ子 筒井海砂 所 幸則 富岡 聡 ドルバッキーヨウコ 中井勝郎
中川佳子 中川悠京 中野博文 なかばやしたける 中村浩ニ 中山嗣朗
永吉克之 なりた麻美 韮沢 薫 袴田一夫 パメラ・ホッブス 早坂光平
林 ノブ HAL_ 樋口 誠 福間晴耕 藤井啓誌 藤田 潔 古岡ひふみ
外園 勉 セドラック星沢順子 町田ひろゆき 松永 順 松原浩司 松本明彦
丸子博文 三河一郎 溝川秀男 南 光英 みむらよういち 向垣内良明
六浦丈雄 武藤 修 村上佳明 目黒詔子 望月澄人 本吉なおこ 森 俊憲
森谷信敏 安井千博 やなぎもとSHOZO 山岸直子 山田ケンジ 山田博久
山本健介 山本里士 横井由美子 横山弥生 吉井 宏 ROGMA6 和田貴紀
渡辺秀樹(50音順)

ホームページ:http://www.digitalimage.org/
最新のお知らせ、組織の概要、活動報告、アーティスト紹介を掲載。

問合せ先:ディジタル・イメージ事務局
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-7-14 K-BLDG.B1
株式会社マルチメディアセンター内
TEL.03-5212-1633 担当:長田・渡辺 (平日午前10時-午後6時)
mailto:info@digitalimage.org

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(4/8)
・プロ野球が始まって、また夕食時はナイトゲーム中継を見ることになる。妻
がジャイアンツファンだから仕方なくつきあっているが、ほんとうに野球中継
はやかましい。でしゃばりアナウンサーがうるさい。ひっきりなしにしゃべっ
ている上、ジャイアンツにホームランが出ようものなら絶叫するんだから。解
説者もうるさい。んな初歩的なことオレだって言えるわい、ト必ずまぜっかえ
すが、どこが専門家の発言だよと思うことばかり。マラソンや駅伝の解説の増
田明美をみならえといいたい(何度もこんなことを書いた覚えがある)。先日、
コダックのセミナーに参加した帰り、東京ドームの書店店頭のディスプレイに
は驚いた。海老沢泰久の文庫オリジナル「『読売巨人軍』の大罪」が山と積ま
れていたのだ。ジャイアンツの本拠地に。この本はじつに読ませる。ファン不
在、プレー不在の堕落したプロ野球を一刀両断していて痛快だ。  (柴田)

・阪神7連勝。いい夢見させてもらいました。いや、そんなに阪神好きってわ
けじゃないんですが。野球にも詳しくないし。しかし、死ぬまでにあと一回く
らいは優勝してもらいたいっ。もうシーズン終えようよぅ。 (hammer.mule)
プレゼントの応募受付中です! クリエイター本の当選確率高し。
http://dgcr.com/present/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 
デスク     濱村和恵 
アソシエーツ  神田敏晶 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら <http://www.dgcr.com/regist/index.html>
広告の御相談はこちらまで  
メーリングリスト参加者募集中  <http://www.dgcr.com/ml/>

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。携帯対応メルマガもあります。
 お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://rap.tegami.com/mag2/>、
Macky!<http://macky.nifty.com/>、カプライト<http://kapu.cplaza.ne.jp/>、
Pubzine<http://www.pubzine.com/>、E-Magazine<http://www.emaga.com/>、
melma!<http://www.melma.com/>のシステムを利用して配信しています。

Copyright(C), 1998-2002 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■