[1112] FPS2002 終了!

投稿:  著者:  読了時間:20分(本文:約9,900文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.1112   2002/06/26.Wed.発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 21192部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

     【デジクリは「メディア規制三法案」に反対します】

■デジクリトーク MKチャット対談
 FPS2002 終了!
 笠居トシヒロ&まつむらまきお

■デジクリトーク
 Side-A「メタセコイアで3D入門(11)」
 Side-B「アイデア袋」
 根本和昭



■デジクリトーク MKチャット対談
FPS2002 終了!

笠居トシヒロ&まつむらまきお
───────────────────────────────────
かさい: まいど笠居ですー、先週は僕が風邪引いたせいでお休みしちゃいまし
    て、どうもすいませんでした~m(__)m
まきお: ほんまに FPS寸前に風邪ひくんやからなー。どもども、健康体のまつ
    むらですぅ
かさい: いやー、気をつけてたつもりやったんやけどねえ・・・でも FPSまで
    に声が出るようになってよかった(^^;)
まきお: というわけで~~、今回は、先週の20日木曜日に、東京で行われた、
    FlashPowerSessionのご報告ですね
かさい: はいはい。私らも前回に引き続き、東京まで喋りに行ってきました~
まきお: それ、ちょっと違うよぉ
かさい: ん?
まきお: 前回の大阪では、わたしらは司会だったので、スピーカーは初体験だ
    ったのだー
かさい: あ、そーかあ、私らFPS2001では司会しかやってなかったねえ(笑)
    あははは、声は出してたんやけどなぁー(^^;)
まきお: そうなのじゃ(笑)。今回は当日あいにくの雨だったんだけど、だい
    たい前回大阪と同じくらいの参加者だったね
かさい: そうだねえ。会場になった青少年オリンピックセンターが、かなり広
    い施設なんで、大阪よりまばらに感じたけど、数的には同じくらいだ
    ったんだよね
まきお: うん。しかし、あの施設はすごかったなぁ~(^_^;)東京のど真ん中だ
    もんなぁ
かさい: だよねえ。でかいし、何でもあるし、それが新宿副都心の目と鼻の先
    だもん。施設の建物間を移動するとき、備え付けの傘があるのは便利
    だったな(笑)
まきお: 研修施設って聞いてたんだけど、なんか大学みたいでしたね~
かさい: 宿泊棟はユースホステルとビジネスホテルを足して2で割った感じで
    したね


まきお: で、今回は総合司会がsuckさん!
かさい: そうそう(^^;) A.e.Suckさんが総合司会、って聞いて、行く前からか
    なーりフアンな感じでしたが(笑)
まきお: いやー、もう、なんちゅーか、キャラクターですね(^_^;)大好評でし
    たよ~
かさい: そうなんやー、僕は、ほら前半ステージ見れなかったから、Suckさん
    の名(迷?)司会ぶりをあまり見てないんですよねー
まきお: 控え室で残業しとったもんな、おっさん(笑)セミナー中は、最前列
    のFlashフーリガンが、うるさい、うるさい(笑)
かさい: フーリガンて、後半のおおぎりに出るスピーカー連だろーが(^^;)
まきお: そう~(笑)そのうちの、あえて名は伏せるが、サ●リンと、わしな
    (笑)あと、モ●リンの三人で、えらく盛り上がってました(^_^;)
かさい: 伏せてないやん(^^;) ぜんぜん。あとでワシもちょっと参加したけど
    人のネタに難癖つけるつける(笑)
まきお: 「あの技はすげー!」とか「それは難しすぎてわからんぞー」とか、
    大声には出しませんが(^_^;)
かさい: ほめてたこともあったんかいな(笑)
まきお: ありますよぉ~(笑)で、あとで観客の人に聞いたら、ぼくらがむず
    かしいと思ったことがわかりやすかったとか、ぼくらがすげーと思っ
    たことが、それほどでもなかったとか、いろいろあって面白かったよ
    ん


かさい: へえ、そうかー、僕は前半のミートさんのネタが見れなかったのが心
    残りじゃ~~ 
まきお: おもしろかったよー。なんで、あれで絵が描けるのか、不思議でね。
    マジックショーのようでした
かさい: あうー、見たかった見たかった見たかった×100 (/_;)
まきお: 後半は野中さんのスクリプトの話ね
かさい: そこからは、僕も見てた。functionの話をしてくれたよね。野中さん
    の口調で説明されると、解りやすーく感じるのはナゼダロウ?(笑)
まきお: そうそう! 優秀な保険の営業マンみたいな(^_^;)
かさい: わはははは。でもやってたことは、けっこうめんどくさいことをやっ
    てたんだけどね(^^;)


まきお: で、第二部が、恒例の大喜利ね~。えっと、7人だっけ?
かさい: 今回は、大重美幸さんが土壇場で出演不可能になったからねえ。惜し
    かった・・・
まきお: しかし、この大喜利は前回もそうだったけど、めっちゃオトクよねぇ
    これだけ多種多様なスピーカーのプレゼンを受けるって、そうでき
    ないもんね
かさい: サブリン、森さん、タケサト君、ノリさん、香西さん、でワシらMKで
    しょ、ピンでできる人ばっかりだし、今回もネタカブリ全くなかった
    もんね(笑)
まきお: 今回、はじめてだったでしょ? 高座。横並びになるから、けっこう
    ドキドキだよねぇ
かさい: そーかな? 僕は大阪のFPSみたいに、一人づつ上がるほうが、出待ち
    でドキドキすると思ったよ。プロジェクターの入力をちゃんと人数分
    用意してもらってたのがよかったね
まきお: あれ、お金かかってるらしいよー。でもあれはよかった。大阪はお金
    ケチったから、コネクタ抜き差し大変だったもんね。て、そういう意
    味じゃなくて、前の人がウケると、ドキドキするのよ(笑)
かさい: あ、そかそか(笑) 自分のがウケなかったらどうしようとかは、僕
    も考えた
まきお: あれね、Bak@Flaと同じだなーって
かさい: 並び順で、ネタウケが変わってきたりするから?
まきお: 並び順ではなくて、みんな並列にならんでやるってことね。サブリン
    と、コンテストの時に話してたんだけど、 Bak@Flaに投稿してくる人
    たちは鍛えられてるって。自分の作品を自分のページで見せてるだけ
    のとね、やっぱ違うって。評価がでるわけではないんだけどね
かさい: ああ、そうか。同じ土俵で勝負するってかんじだもんな。みんなでス
    テージに上がるって
まきお: そうそう。ピンのセミナーなら、こんなもんだ、ってな話だけど、7
    人も並ぶとね~(^_^;) ある意味、非常にコワイですね、 FPSのスピ
    ーカーは(笑)
かさい: 自分のネタだけが見劣りしたらやだもんな~~(^^;) 正直、あぶなか
    ったよ。タイトル画面作ってなかったの、ワシだけだったし(笑)


まきお: わたしも背水の陣でネタを6本くらいもっていきました。持ち時間10
    分なのに(笑)。で、そのあと、宴会をやりつつ、今回はムービーコ
    ンテストがあったのね
かさい: うん、去年の大阪 FPSでも、一般から公募しようという話はあったん
    だけど、結局、人手不足やら、いろいろ準備できなくて、やめちゃっ
    たんだよね
まきお: そうそう。どれくらい応募があるかわかんなかったし、期間もなかっ
    たし。で、今回初の試みだったけど、あーた 165本も応募があったの
    よ
かさい: すごい本数だよねえ。このイベントが、すごくたくさんの人たちに注
    目されている、ってのがわかる数字だと思うなぁ
まきお: で、見た?
    <http://www.f-site.org/fps/>
かさい: 全部ってこと? 全部は見てません(^^;) ごめんなさい・・・
まきお: みなさいっ(^_^;)。いやー、すごいっすよ。人気投票上位はもちろん
    それ以外もいいのが多くてねぇ~
かさい: うん、すぐには無理かもだが、ちゃんと全部見るよ。次の FPSには僕
    も匿名で出そう(笑) 実は今回もアイデアはあったんだけど、作る
    時間が無かった・・・
まきお: 案外、アニメーションが多くてね。あと、テクニックに走るというよ
    りどれも個性があって、うれしかったな
かさい: そうらしいね。以前 Shockwaveさんが公募で作品募集したときには、
    インタラクティブ物が多かったので、今回もそういう傾向になってく
    るだろうなあ、と思ってたんだけど、意外でした


まきお: で、いろんな人と会って、話してね。楽しかったなぁ~。
かさい: 懇親会終わってから、泊まり組とスタッフで飲みに行ってね。そこか
    らまた朝まで話してたもんなぁ(^^;)
まきお: 大阪を始め、遠方から来た人も多くてね。そうそう、濱村デスクも大
    阪から自転車で駆付けてくれて
かさい: 自転車ちがうって(^^;)
まきお: 東名を時速120kmで走り抜ける濱村デスクを見たという報告が....
かさい: あれへんあれへん(^^;) でも、セミナー掛け持ちしたらしいな。 FPS
    の後、日経BPのセミナーへ行ったとか。パワフルであるのは間違いな
    い(笑)
    大阪でも沖縄から来てくれた方とか居ましたが、今回もたくさん遠く
    から来てくれてたね。できるだけ沢山の人に参加してもらいたいし、
    これからも FPSはいろんな土地で開催していきたいなぁ、っていって
    も主催するのはしんどいから誰かに音頭とって欲しいけど(^^;)
まきお: そうそう。勉強は独学や本でできるし、作品はネットでみれる。でも
    直接会って話をして、顔をみて、っていうのは、なにものにも代えが
    たいねぇ
かさい: 沢山の人に会えても、なかなかじっくり話するとこまでは行かない、
    でも Flashというソフトを媒介にして、少しでも知り合いが増えると
    いいよね


まきお: あと、「週末にしてくれないと、アマチュア Flashクリエイターは参
    加できないー」って話を聞いたんですが、これはなかなか難しくてね。
    土日は会場押さえるのがまず難しいんすよ
かさい: たしかに週末のほうが参加しやすい人もいると思うんだけど・・・ど
    うしてもね、難しい面はあります。主催する側にしてみればね・・・
まきお: 運営も、みんなボランティアだから、甘えるわけではないけれど、そ
    のあたりはご理解いただければと。で、運営といえば、前回もそうだ
    ったけど「え、あの人が、あの人だったのぉ~」みたいなね(^_^;)
かさい: あ、ネットでしか知らない人に実際会うと、けっこうイメージ違うこ
    とが多くて驚くよね(笑)
まきお: うん。それもそうなんだが、受付応対してた人が、実はあの有名な、
    とかね(^_^;)。まぁ、そういうイベントなんですよ
かさい: あはははは、そういう等身大なところが FPSの魅力だったりするわけ
    だよね。ところで、次はどこでやるかねえ・・・(笑)
まきお: 一応、会場で決定、宣言したんだけどね(^_^;)
かさい: 「A.e.Suckの生まれ故郷・名古屋!」ってね(笑) やってくれるス
    タッフ居るかなあ・・・?
まきお: いるから宣言したんだよ(^_^;)。笠居さんはおらんかったな、あんと
    き(笑)
かさい: そうなんか。じゃあ決まりだな(笑)来年は名古屋だ。 再来年 FPS
    を誘致したい都市はそれまでに立候補募ろうか(笑)
まきお: こういう風にね、ユーザが熱いのがFlashのいいところだよなぁ

かさい: だね。ぜひ次の名古屋も熱く盛り上がって欲しいねー
    最後に、SIHOさん始め、今回のFPSスタッフに向けて一言
まきお: いやー、ほんと、おつかれさまでしたっ。協賛いただいた企業の皆さ
    んもありがとうございましたっ。このご恩はきっとみんなの素晴ら
    しい作品で返っていくと思います。
かさい: 本当にご苦労様でした。皆さんの力で、すばらしいイベントになった
    と思います!
まきお: さて、FPSが軌道に乗った?現在、次なる野望であるが....
かさい: なぬう?(^^;) このうえまだ野望があるのか?
まきお: あるよぉ~(笑)
かさい: なんやね~~ん(^^;) また面倒なことに巻き込まれそうな予感が…
まきお: まぁ、それはもうちょっと根回ししてからね(笑)
かさい: いやーん(^^;) いけずう
まきお: というわけで、今回はこれまでっ! また来週~
かさい: またね~~

【笠居 トシヒロ/WEB&グラフィックデザイナー】
ひさしぶりにテニスをしたら、体中筋肉痛でガタガタです(笑)でも、シャワ
ーの後のビールが美味かった~~!この味忘れてたよ。また来月もやろうっと!
<http://www.mad-c.com/>

【まつむら まきお/まんが、イラスト、アニメーション作家】
MacPeopleにて、Flashのおちゃらけ講座連載開始!
<http://www.makion.net/>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■デジクリトーク
Side-A「メタセコイアで3D入門(11)」
Side-B「アイデア袋」

根本和昭
───────────────────────────────────
●Side-A「メタセコイアで3D入門(11)」

文章中の図はこちら http://www.system-assist.com/nemoto/metaseq11-1.html

<11-0.前説~『黄金戦士ゴールドライタン~最終回』>

元サッカー部の僕ですが、ワールドカップネタは残念ながら披露出来ません。
社内及び友人間で最もワールドカップに疎いのは何を隠そう、この僕です。

さてさて、そんな世間ズレしている僕が今気になっていること。それは「雨」。
梅雨入りして空はぐずつきはするものの、まとまった雨が少ない気がします。
妙に気になるダムの貯水率。雨が好きなんです。ダムが気になるんです。

不安は的中。調べてみると利根川水系ダムの貯水量が給水制限のあった平成6、
8年よりも下回っています。このまま雨が降らなかったら…。いやいやこのご時
世、突然の豪雨で洪水が…。

嗚呼、本当はそんなことどうでもいいのです。眠るときにシトシトと降り続く
雨の音、あの音が欲しいだけなのです。雨の音を聞きながら眠るのが大好きな
んです。支離滅裂です。ガンバレニッポン。

<11-1.頭の作成>

いよいよ残すは頭のみ。そろそろ飽きてきた人いませんか? このくらいで飽
きてたら凝ったモデルなんて出来ませんよ。…え、飽きたのは僕のせいですっ
て?(しまった。墓穴を掘った)

あぅ、頭を押し出しましょう。まずは押し出す部分を図1のように整えておき
ます。このまま押し出すわけですが、念のため前回説明した「頂点の位置を揃
える」を実行しておくと良いでしょう。頂点を揃えることができたら、図2の
ように押し出します。

<11-2.ミラーリング時押し出しの罠>

罠を仕掛けてあるわけじゃないんですが、今回の頭の押し出しではまりやすい
点が一つあります。

作業画面左上、「簡」と書かれたボタンがあると思います(図3)。これを押
してみてください。どうなりましたか? モデルの半分が表示されなくなった
と思います(図4)。このボタンは簡易表示に切り替えるボタンです。ミラー
リングや今後解説する曲面化などの機能を表示しないようにするモードです。

さて、この状態でこのモデルの内側を見てみましょうか(図5)。なんと、今
回押し出した頭の内側にも面がありますね。そしてこの状態をミラーリングし
ているということは…。

そうです。このままだと頭の中で面が2枚重なり合って存在する状態になって
しまいます。別に問題ないじゃない? いやいや、大問題なんです。詳しくは
割愛しますが、不要なポリゴンですのでこの面は削除しましょう(図6)。
これはミラーリングと押し出しを使う際に必ず付きまとってくる問題です。知
らないで放っておくと後で泣かされることになりますので覚えておきましょう。

<11-3.さらに押し出し>

次は帽子(?)のつばの部分です。…余談ですが、頭のあれ(図7)は、帽子
なんでしょうか? ゴールドライタン通の方、教えてください。

話がそれました。押し出しただけだと図8のようになりますので、ポイントを
移動して調整します。内側のポイントについては「頂点の位置を揃える」で
X=0にするのがベストな方法ですね。あっと、上で説明した面の削除も忘れず
に。図9のようになりましたでしょうか?

次に顔の側面を押し出します。図を見てもらった方がわかり易いですね。図10
のようにしましょう。さらに前方へ押し出し(図11)、後ろ側の点を調整(図
12)します。

<11-4.目を入れる>

あと少しです。顔に目を入れましょう。これも押し出しで作るのですが、押し
出しのオブションを「通常」から「ベベル」に切り替えてみてください。図13
のようにします。ベベルだけでは上手く出来ませんので、点を移動して調整し
ます。操作パネルで移動・縮小すると簡単です。同じことをもう一回。図14の
ようにするとなんだか強そうですね。

<11-4.完成!>

はい、できました!色をつけます。色のつけ方は覚えていますか? まず材質
パネルで新規の材質を作成して、色を設定。それを材質コマンドで面に割り当
てます。けれど材質コマンドで一枚ずつ面をクリックして色を入れるのは大変
ですね。そこで頭を使います。

まず全ての面を選択してください。それから選択部処理→面に現在の材質を指
定を実行です。全ての面に一度に材質を割り当てられてとても便利です。あと
は、目の部分だけ指定しなおしてあげればOK。

さて、うまくできましたでしょうか?わからないところは遠慮なく質問してく
ださい。参考までに今回の作例をサイトににアップしておきますので、参考に
してみてください。

はい今日はこれまで。次は何を作ろうか。

───────────────────────────────────
●Side-B「アイデア袋」

何か新しいものを、人とは違う新しい何かを。
もはや脅迫観念にも近い思いが四六時中僕の背中にまとわりつく。

他所様のモノに似ていてはいけない。過去の自分の作ったモノとさえ似ていて
はいけない。パクった? 使いまわした?
胸を張って「ああそうだ。悪いか。」と言ったら相手はどんな顔をするだろう。
違うんだ。そうじゃないんだ。

アイデアはどこから出てくるのかを話し合っていた。今見た夢の中で。
誰だか知らないが、話し相手の彼は両手で抱えるほどの大きな袋を僕に見せ、
「ほら、ここからこうやって出てくるんだよ」といって袋の中からキラキラ光
るアイデアを一つ見せてくれた。

「キミも持ってるんだろ?みせてごらんよ」
僕は恥ずかしそうに、彼の十分の一にも満たない手のひらサイズの小さな袋を
取り出す。
「ちゃんとあるじゃない」
そう言われてとても恥ずかしそうにしている僕。取り出した豆粒ほどの小さな
アイデアは微弱な光を放っている。
彼との袋の大きさの違いに居たたまれなくなった僕は思わず問う。
「どうすればそんなにたくさんのアイデアを持てるのですか?」
「さぁ。なんでだろうね。気が付くと袋一杯アイデアが詰まってるんだ」
がっくり肩を落とす僕。これが才能の違いという奴なのだろうか。
「ただね…」彼は僕に構わず話を続ける。
「色々なモノを見る度に考えるんだ。これは一体なんだろうって。そしたらど
んどん膨らむんだ」
「…」
間の抜けた顔でしばらく考える僕。全く理解できていない。
彼は立ち上がる。
「袋を大きくする事を考えるんじゃないよ。それが何なのかを考えるんだよ」
そう言い残して彼は去ってゆく。僕は自分の豆粒ほどのアイデアをつまみあげ、
それが何なのかを考え始める。

そこで目が覚めた。
僕の手には袋も光る豆粒ほどのアイデアも何もなくて、聞きなれたパソコンの
駆動音と空気清浄機のファンの音と、蛍光灯の白と固い床しかなかった。
「それが何なのか」
そう耳の奥で響いた瞬間、胃の不快感で我に返る。
僕は「それが何なのか」を考え始める。
せめて夢の中でくらい、両手一杯のアイデアを持てれば良い物を。
僕は苦笑いを浮かべた。

【根本和昭】nemopo@din.or.jp
システム・アシスト所属、悩めるCG屋さん。
プライベートサイト「TWO HEARTS」 http://www.din.or.jp/~nemopo/
(有)システム・アシスト http://www.system-assist.com/
自転車ネタが流行っているようですが、僕は昨日自転車を盗まれてしまいまし
た。そんな哀れな僕に励ましのメールをお待ちしております。ってか僕の自転
車、返して下さい(;_;)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(6/26)
・いろいろ複雑な思いをこめて、とりあえずよかったと思う。もちろんその思
いは日本がトルコに破れたときに歓喜したという、共同開催国のあの人たちの
思いとは全然違う。暴走して礼節を忘れた人たちを気の毒に思う。朝日新聞に
よれば昨夜の国立競技場の人出は約6000人、赤が2/3だったそうで、批判勢力
のコメントも一応記事になっていた。イベント主催者への抗議も相次いだとい
う。そして相変わらずマスコミは表面上のきれいごとを伝えるだけで、その美
辞麗句にはうんざりさせられる。しかし、韓国サッカーは本当に強い、これだ
けは認める。とりあえずなにかが終わったというかんじ。そうこういっている
うちに、やっていたのねプロ野球(ははは)、いつのまにか阪神が4位に沈ん
でいるではないか。これって、サポーターの狂気が不足?     (柴田)

・根本さんの自転車が戻ってきますように。明日は我が身。/昨日の試合は、
見ていて気持ちいいものだった。(どちらの国も)審判替えてもらって良かっ
たね。あとから文句言われる試合なんてイヤだもんね。にしても、中継アナの
ひどさは何なんでしょ。ホスト国が韓国贔屓アナウンスなんて。日本は一参加
国じゃないんだってば! 親戚の子供が生徒だからって、先生が贔屓したらダ
メでしょ。そんな最低限の礼節すら忘れたのかな、この国のメディアは。自国
応援や個人で贔屓応援するのはいいのよ。スター選手をフューチャーするのと
も意味が違う。日本は負けたけど、ホスト国としてしっかり最後まで務めまし
ょうぜ。/カーンは一失点のまま。どこまでセーブし続けるんだろ。今日のブ
ラジル対トルコ、私はトルコ応援するぞー。決勝はブラジルと皆が言うし、そ
の通りだとは思うんだけど、だからこそ頑張れトルコ! マスコミの皆さん、
アズーリ、ベッカム、アンジョンハン去った後(三位あるけど)、イルハンで
W杯を引きつけておくのだ。W杯終わってないよ。      (hammer.mule)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 
デスク     濱村和恵 
アソシエーツ  神田敏晶 

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
 担当:濱村和恵
登録・解除・変更・FAQはこちら <http://www.dgcr.com/regist/index.html>
広告の御相談はこちらまで  
メーリングリスト参加者募集中  <http://www.dgcr.com/ml/>

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://mag2.com/>、
E-Magazine<http://emaga.com/>、カプライト<http://kapu.biglobe.ne.jp/>、
Pubzine<http://www.pubzine.com/>、Macky!<http://macky.nifty.com/>、
melma!<http://www.melma.com/>、めろんぱん<http://www.melonpan.net/>、
ほっとマガジン<http://hotmagazine.jp/>、MAGBee<http://magbee.ad-j.com/>
ココデ・メール<http://mail.cocode.ne.jp/>のシステムを利用して配信して
います。
★携帯電話対応メルマガもあります。<http://dgcr.com/i/>

Copyright(C), 1998-2002 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■