[1361] 少なくとも経済の復興には絶対役に立たない質問&回答集(下)

投稿:  著者:  読了時間:21分(本文:約10,200文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.1361    2003/07/31.Thu発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 20083部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

          <私は毎朝写経をしています>

■笑わない魚 79
 少なくとも経済の復興には絶対役に立たない質問&回答集(下)
 永吉克之

■Powerbook Publishing Project ~ (58)
 夏休みにはこんな本いかが?
 8月サンタ

■ライフスライス研究所
 オリジナルデジカメ開発奮闘記(2003年7月31日木曜日)
 第7回「ライフ・イズ・ビューティフル」
 ユビキタスマン

■ブックガイド&プレゼント
 超実践的最新DTP入門 こちら大久保デザイン事務所 
 ここまでできる ファイルメーカー Pro ヒント&テクニック



■笑わない魚 79
少なくとも経済の復興には絶対役に立たない質問&回答集(下)

永吉克之
───────────────────────────────────
■【grisgrisさん】
私は料理関係の仕事をしているのですが、雑誌や本などに載っている料理は、
おしゃれで素敵でヘルシーでなければならず、なんとなく違和感を感じます。
そこで料理と笑いは組み合わせられるのか漠然と考えたのですが、既存のもの
を思い浮かべると『びっくり大きい一万円パフェ』や『おっぱいチョコレート』
など、なんとなくこてこてで美味しくなさそうなものが多いようです。そもそ
も、料理と笑いは同時に存在できるものなのでしょうか。

【回答】要するに、美味しそうで笑ってもらえる料理は可能か、ということが、
ご質問の主旨だと判断しますが、「笑い」といっても「微笑」「爆笑」「哄笑」
「苦笑」「嘲笑」「冷笑」「失笑」など様々です。このなかで「微笑」を誘う
料理なら可能です。ピカチュウをかたどったピザを見て微笑まない人類はいま
せん。もしいたら、そいつは骨の随まで腐った汚物野郎です。

しかし「爆笑」はどうでしょう。ニシンの入っていないニシンそばや、うどん
の入っていないキツネうどん、どこからどう見てもカレーにしか見えないし、
食べても百%カレーの味しかしないにもかかわらず、「冷やし中華」という名
前のついた料理などは「爆笑」あるいは「嘲笑」を呼ぶ可能性がありますが、
洒落というものが分らない馬鹿な客を怒らせてしまうリスクも覚悟しなければ
なりません。

しかし、料理の形態で笑いを誘うというのは、本来の料理道からすると邪道に
なるかもしれません。あくまで「味」で笑わせるのがプロというものでしょう。
「この料理人のテンプラを食べた客はみな、焦点の定まらない眼つきで、狂っ
たようにケタケタ笑いながら店を出てくる」という評判が広まれば、料理人と
しての面目躍如というものです。

■【いずみさん】
私は専業主婦で現在の生活費は夫任せですが、いずれ、今はまだ自分でも未発
見の特殊能力が発動し、金をガッポガッポと稼ぐことになっています。これは
古代の予言書にもそう記されているので、疑いのない真実です。夫も私のおか
げで将来は安泰なのですから、私に家事をさせようなんてとんでもない身の程
知らずだと思います。毎日家に帰ってきて食事をする夫に、そのことを思い知
らせるにはどうしたらいいでしょうか。

【回答】言語道断な夫君ですね。古代人の言ったことは何から何まで全て真実
で、その予言書に記されたことは、ひとつ残らず実現しているというのに、そ
れをないがしろにするとは、神をも畏れぬ不逞の輩といえましょう。

そんな方に、いずみさんの気持ちを理解してもらうためには、率直に不満を述
べることです。「毎日毎日、馬鹿の一つ覚えみたいに家に帰って来るんじゃな
いよ」と言えば「なんだ、そうだったのか」と気づいてくれるかもしれません。

また食事を作ることを拒否する、あるいはブタですら反吐を吐くようなマズい
食事を作る、泣きながら実家に帰る、切腹するなどの実力行使も効果的ですが、
夫婦間に亀裂が入る場合もあるので、ここは冷静に根気よく説得するのが賢明
といえるでしょう。

まずは古代人がいかに優れていたかを教えなければなりません。当然、夫君は
頑迷に抗論されることでしょうが、以下に挙げたような本質的な点を了解させ
れば説得は可能です。

・古代人はいい人たちだ。
・古代人はとっても偉大だ。
・古代人は非常に素晴らしい。
・私は古代人が大好きだ。
・古代人になれるのなら酒をやめてもいい。
・こだいじん さかさによむと んじいだこ

もし、これで納得しなかったら、離婚してください。 

■【パゴスさん・神奈川県】
私は毎朝写経をしています。PCを導入してからこのようにカット&ペーストに
より劇的に生産性が向上しました。

 仏説摩訶般若波羅蜜多心経観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見五蘊皆空度一
 切苦厄舎利子色不異空空不異色色即是空空即是色受想行識亦復如是舎利子是
 諸法空相不生不滅不垢不浄不増不減是故空中無色無受想行識無眼耳鼻舌身意
 無色声香味触法無眼界乃至無意識界無無明亦無無明尽乃至無老死亦無老死尽
 無苦集滅道無智亦無得以無所得故菩提薩捶依般若波羅蜜多故心無罫礙無罫礙
 故無有恐怖遠離一切顛倒夢想究竟涅槃三世諸仏依般若波羅蜜多故得阿耨多羅
 三貌三菩提故知般若波羅蜜多是大神呪是大明呪是無上呪是無等等呪能除一切
 苦真実不虚故説般若波羅蜜多呪即説呪曰羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩
 婆訶般若心経

今まで、一度写すのが精一杯であったものが、Ctrl + Vを連続して押下するこ
とで、平均して8~9回は毎日写すことが出来、hannya030717.txtというような
ファイル名ですべて保存し、バックアップを厳蔵寺データセンターに ftp送信
して預けています。このテイラー以降とも思える絶大なる時間短縮による生産
性向上と御利益との関係の損益分岐点を教えてください。

【回答】テイラー主義では、徹底した科学的人事管理が時間短縮をもたらすと
考えたわけですが、一方、ノン・テイラー主義においては、労働者自らが目標
を設定し、それを達成することが組織に対する献身の意欲を生むとしています。
従って、PCによる写経の生産性向上はノン・テイラー主義の産物と考えてもい
いでしょう。

しかし、テキストデータのコピーによる写経では御利益がありません。なぜな
らデータが軽すぎるからです。1ファイルにつき10Kもないようなデータでは、
一万点作成しても、阿弥陀如来の慈悲は望めません。それどころか、このまま
続ければ、死後、餓鬼道に堕ちることも考えられるので、現在の時点では損益
分岐点(収支ゼロ状態)をはるかに下回って、R=255,G=0,B=0 の赤字です。

PCによる写経で損益分岐点をクリアするには、テキストデータではなく、容量
の大きいラスタデータを使わなければなりません。

・ソフトはPHOTOSHOPを使います。画像サイズは最低タテ2000pxヨコ5000px。
・写経ですから、モードはグレースケールでいいのですが、データを重くする
 ために、CMYKにします。
・次に、お経のテキストデータを PHOTOSHOP の新規ファイルにペーストして、
 それをラスタライズします。
・さらにデータを重くするために、フィルターでボカシをかけます。
・その他にも、必要があろうがなかろうが、とにかくレイヤーやアルファチャ
 ンネルををたくさん作る、などの方法で、少しでもデータ量を水増しして、
 ひとつのファイル容量が最低でも100MBを越えるようにしてください。

この手法で作成した写経を、大量にコピーして納め続ければ、極楽浄土はあな
のものです。

【ながよしかつゆき/アーティスト】katz@mvc.biglobe.ne.jp
「西東京市」というのは地上最悪の市名だと思っていたが、なんと我が大阪府
にも「東大阪市」という市があったのだ。布施、河内、枚岡という由緒ありそ
うな名前の市が1967年に合併して「東大阪市」という無機的な名前になったわ
けなのだが、当時も新市名についてケンケンゴーゴーの議論がなされたのであ
ろうか。そういえば福岡県の「北九州市」なんて九州の北半分を牛耳っている
ような名前の市は1963年に門司、小倉、戸畑、若松、八幡の 5市が合併してで
きた。「西さいたま市」も「四国中央市」もそうだが、芸を見せんかい、芸を。
・EPIGONE
http://www2u.biglobe.ne.jp/~work/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Powerbook Publishing Project ~ (58)
夏休みにはこんな本いかが?

8月サンタ
───────────────────────────────────
●もうすぐ締め切り、モニタープレゼント(再掲)&Tシャツプレゼント!

▼高機能キーボード+ワイヤレスマウスのセット、ロジクールさんのご提供で、
あと一週間で締切です。再度掲載。高級品なので、どしどしよろしく~

これをプレゼント、ロジクール CK-87MX
http://logicool.co.jp/products/c_keyboards/ck_87mx.html

株式会社ロジクール
http://www.logicool.co.jp/

プレスリリース
http://logicool.co.jp/press/press_100.html

このCK-87MXを、モニターとしてレポートしていただけるという条件で、1名の
方にプレゼントいたします。使用後に、インプレッションをメールで報告して
いただきます。当レポートは基本的に提供スポンサーの方に転送しますが、良
い情報の場合、デジクリ本誌にも掲載させていただく場合があります。

ですので、無作為抽選ではありません。上記URLにある製品仕様をごらんの上、
自己アピールを添えて下記ページからどしどしお申し込み下さい♪
http://www.dgcr.com/present/p_ck87mx.html

▼また、ファイルメーカー社さんからは、デジタルキャンパス・キャンペーン
パックの期間延長のご案内と、販促用のTシャツをいただいてます。
http://www.filemaker.co.jp/promos/digital_campus.html

ファイルメーカーPro 6とファイルメーカー Mobile for i-modeをセットにし
て、なおかつ、通常版より安い35000円という、最初に買うなら実はかなりお
すすめなパック(購入時に学生証のコピーなどは特に必要ではありません)。

今回特にデジクリの読者向けに、袖にワンポイントのロゴが入ったTシャツ、
3名様にプレゼントします。応募は下記から。どしどしどうぞ!
http://www.dgcr.com/present/p_tshirt.html

●今週は夏のおすすめ本

今年は???といいたくなる、1993年を思い出す冷夏だけれど、とにかく夏休
みはやってくる。今週は手っ取り早く、おすすめ本のお話で…

『回転木馬のデッドヒート』 村上春樹著
講談社文庫刊 381円+Tax
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3f27f08860bd7010418b?aid=&bibid=00572617&volno=0000

村上春樹で一冊といえばこれを挙げる。薄くて軽くて読みやすく、他の村上春
樹の本にない魅力がある。その魅力が何かといえば、押さえられた表現(淡々
と書かれた、ノンフィクションともフィクションともいえない短編)で、ちょ
っとした日常を書いている作品なのに、運命的としか思えない何かを見せられ
てしまうから。

筆者は前書きの中で「とにかく、このような形で書かれるしかなかった物語」
と書いているが、まさにそんな感じ。作者としては、このふしぎなお話たちを、
この形式でしか外に出すことが出来なかったのだろう。

内容は作者が体験した、あるいは他人から聞いた「印象的な話」を集めた短編
集である。少なくとも事実を基にしているが、そのままともいえない、小説と
もいえない、手をたたいて面白いともいえないが、深く体に響いてくる小話ば
かりが納められている。

とにかく前書きだけでも読んで欲しい。20代以降の私の人生観そのものと化し
ている、象徴的記述あり。また、素敵に歳をとった美術商の女性の一言「人は
物事を忘れることは出来ません。忘れるのを待つことしか出来ないのです」な
ど、素晴らしい言葉満載。

『ニューヨークは闇につつまれて』 ジョン・アーヴィング著
講談社文庫刊(何故かamazonでもbk1でも買えないですが、街にはあるはず!
Go Your Bookstore!)

姉妹編の『夏服を着た女たち』を季節がら、ご紹介するのが筋だろうが、こち
らの方が好きなんだからしようがない。NYを舞台にした、気持ちのよい短編集。

どれも珠玉の一編だが、特に名物バーテンダーが主役の「モニュメント」は、
なんとなく「生きてて良かったな」と、また人間を信じたくなる。アーヴィン
グの短編は、長編とまた違った爽やかな味がある。

『心臓を貫かれて』 マイケル・ギルモア著 村上春樹訳
文藝春秋刊 2816円+Tax
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3f27f08860bd7010418b?aid=&bibid=01358629&volno=0000

『あえて一言でいってしまうなら、本書は殺人事件を題材にしたノンフィクシ
ョンである。しかしただそれだけではない。そこには身の毛もよだつ、ゴシッ
クホラー的な因縁話がある。』(「訳者あとがき」より)

santa8がこの5年間で一番印象に残った本。あとがきの言葉は嘘ではない。人
間の業というか、怖くて悲しくて、でもあまりの迫力に読ませられてしまう。

殺人者と、その家族の年代記なのだが、これが果たしてノンフィクションなの
だろうか。次から次へと投げ込まれる事実に驚きながらページをめくるしかな
い。胃袋にずしんとくる、途方もない、本物の力を持った本。

今回ご紹介の本は、いつ読んだってかまわない素晴らしい本達です。どれも、
ちょこっと時間を止めてくれます。では、今年も良い夏休みを!

【8月サンタ】LondonとLyallとLeCarreを愛する34歳  santa8@mac.com
・大山のぶ代さんがTVドラマに出てるらしいのだが、見た人によると「ドラえ
もんが大山のぶ代の皮をすっぽりかぶって演技をしているように」見えるとい
う。思わずのけぞって笑ってしまった。
・今週は、これはもう、サム・クックの"サマータイム"。良い夏休みをお過ご
し下さい。では!

・ロンドン好きのファンサイト
http://www.londontown.to/

・投稿ロンドン写真館に写真よろしく~
http://www.londontown.to/cgi-local/upppu/upppu.cgi

・デジクリサイトの「デジクリ・スターバックス友の会」
http://www.dgcr.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ライフスライス研究所
オリジナルデジカメ開発奮闘記(2003年7月31日木曜日)
第7回「ライフ・イズ・ビューティフル」

ユビキタスマン
───────────────────────────────────
自分が望む「未来」に変えるためには「現在」を正確に認識し、「変える」
もしくは「変えていく努力をする」必要があります。

「ライフスライス」をしてみると分かるのが、そこに写る画像は自分のライフ
スタイルそのものです。ライフスライス研究所は昨年ある実験をしました。そ
れは東京に住むひとりのサラリーマンにお願いして、半年間ライフスライスを
続けてもらったのです。そして同じ時期に世界中でライフスライスをしてもら
い、その両方のデータをA0という巨大な大きさのポスターにしたのです。この
作品は昨年の文化庁メディア芸術祭で特別賞を受賞したのですが、非常に鮮明
に人生の色が浮かび上がったのです。

http://www.cgarts.or.jp/festival2002/special/special.html

午前8時の出勤のラインを堺として3ヶ月きっちり揃った横軸。昼食のあとに寄
るコンビニでの立ち読みという習慣が赤い色となって揃う午後1時の横軸など。
これは多くの日本人の現在のライフスタイルに近いものだと思います。いつの
まにか、人が写るよりパソコン画面が写るほうが多くなってしまった私たちの
日常。その画像も私たちにとっては、当たり前の風景の繰り返しにしか見えま
せん。

しかし、私たちが当たり前と思っている風景がいかに特殊で、歪んでいるか?
そんなことを考えさせてくれるライフスライスがあります。解説も文字も撮影
された時間も分からない不親切と思えるくらいのコンテンツですが、これはア
フリカにあるニジェール共和国に住む少年の1日です。

http://www.jica.go.jp/kids/

カメラマンが意図的に切り取ったのでもなく、本人が撮影したものでもない。
「ライフスライス」が持つリアリティは同時に見る側の「想像力」を要求する
画像でもあります。ジョンレノンの名曲を思い出して下さい。「平和」に必要
なのは「想像力」であると歌ったことを。

画素が500万あるとか、薄さが25mmであるとか、そんなことはどうでもいいの
です。多機能と利便性で失われつつある「想像力」を取り戻し、その人の「ラ
イフ」にプラスの影響を与えるツールを作りたい。それが私が「ライフスライ
ス」をこれから作ろうとしている理由なのです。

では、8月後半にまたお会いしましょう。

ユビキタスマン(川井拓也)
http://www.lifeslice.net/
jp_kawai@lifeslice.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブックガイド&プレゼント
超実践的最新DTP入門 こちら大久保デザイン事務所
http://book.mycom.co.jp/book/4-8399-1123-1/4-8399-1123-1.shtml
───────────────────────────────────
著者:木村菱治[文] カムカム[イラスト]
定価:本体1,780円+税
A5判 240ページ
ISBN4-8399-1123-1
発売日:2003年7月30日 毎日コミュニケーションズ刊

「Mac Fan」の人気連載「こちら大久保デザイン事務所」の単行本化。連載に
加え、実践的なDTP資料集付き。さらに、実際にMac OS X&InDesignで作成し
たページもあり、DTP最新事情に合わせた内容です。
超実践的3大見本
・付録1 色見本
 本文奇数ページに右上隅に色見本をつけました
・付録2 紙見本
 本書では1折(16ページ)ごとに印刷用紙を変えています
・付録3 書体見本
 本文奇数ページ右欄外にDTPでよく使用されるフォントを集めました

●本誌を毎日コミュニケーションズよりデジクリ読者2名様にプレゼント。
応募フォームをつかってください。締切は8月14日(木)14時。
当選者(都道府県、姓)はサイト上に15日頃掲載予定です。
http://www.dgcr.com/present/p_dtpnyumon.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブックガイド&プレゼント
ここまでできる ファイルメーカー Pro ヒント&テクニック
http://book.mycom.co.jp/book/4-8399-1028-6/4-8399-1028-6.shtml
───────────────────────────────────
著者:西村早苗(有限会社ファクトリー)
定価:本体3,000円+税
B5判 416ページ
ISBN4-8399-1028-6
発売日:2003年7月30日 毎日コミュニケーションズ刊

データベースソフト「ファイルメーカー Pro」の実務者ユーザーのニーズに応
える、TIPS&テクニック集。フィールドやレイアウトのテクニックから、関数、
スクリプトのワザまで、簡単理解。初心者にもわかりやすい、順を追ったステ
ップ解説。

●本誌を毎日コミュニケーションズよりデジクリ読者2名様にプレゼント。
応募フォームをつかってください。締切は8月14日(木)14時。
当選者(都道府県、姓)はサイト上に15日頃掲載予定です。
http://www.dgcr.com/present/p_dekirufm.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(7/31)
・昨日の午後は、ずいぶん蝉の鳴く声が聞こえていた。今日は曇のち晴れ、す
ごく蒸し暑い。どうやら明日からが本格的な夏らしい。そして、待ちに待った
夏休みだ。年末年始、GW、そして夏に長期の休みをとるようになって数年経つ。
休みといっても、メールマガジン2誌の発行を原則休むだけで(といいつつ、
必ず休み中にも何号か発行する)ほかの仕事は休むわけではない。だから長期
どころか数日の「本当の休み」もままならないのが現実。前からトライしたか
った青春18切符の旅も当面は無理だ。仕事以外にも家庭でやるべきことが山と
控えていて、そんなにのんびりと過ごす夏休みではなさそうだ。おそらく、こ
こ数年で一番ハードな夏休みだ。楽しみはすいかとビールだけかも。(柴田)

・おおー、明日からデジクリは夏休みか。少しはのんびりできるかな。水曜日
に人と話していて、「えっ、今日は火曜日ですよ」と言い張っていた。相手が
冗談を言っていると思っていた。当然、デジクリの原稿の手入れも一日ずれて
いた。仕事の納期は明日、あさってという形で覚えていたからいいものの。こ
の休みで宿題をどこまでクリアできるかなぁ。素敵な夏をお過ごしください。
次にお会いするのは火星接近二週間前。わくわく。     (hammer.mule)

<応募受付中のプレゼント>
 ロジクール CK-87MX 1356号。
 ファイルメーカーProによるシステム構築 1356号。
 3DCGテクスチャ スーパーテクニック 1358号。
 ファイルメーカー特製のオリジナルTシャツ 本日号。
 超実践的最新DTP入門 こちら大久保デザイン事務所 本日号。
 ここまでできる ファイルメーカー Pro ヒント&テクニック 本日号。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ <http://www.dgcr.com/ >

編集長     柴田忠男 <mailto:tdo@green.ocn.ne.jp >
デスク     濱村和恵 <mailto:zacke@days-i.com >
アソシエーツ  神田敏晶 <mailto:kanda@knn.com >
アシスト    島田敬子 <mailto:keiko@days-i.com >
リニューアル  8月サンタ <mailto:santa@londontown.to >

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
                        <mailto:info@dgcr.com >
登録・解除・変更・FAQはこちら <http://www.dgcr.com/regist/index.html >
広告の御相談はこちらまで   <mailto:info@dgcr.com >

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://mag2.com/ >、
E-Magazine<http://emaga.com/ >、カプライト<http://kapu.biglobe.ne.jp/ >、
Pubzine<http://www.pubzine.com/ >、Macky!<http://macky.nifty.com/ >、
melma!<http://www.melma.com/ >、めろんぱん<http://www.melonpan.net/ >、
MAGBee<http://magbee.ad-j.com/ >、posbee<http://www.posbee.com/ >、の
システムを利用して配信しています。

★携帯電話対応メルマガもあります。<http://dgcr.com/i/ >
★姉妹誌「写真を楽しむ生活」もよろしく! <http://dgcr.com/photo/ >

Copyright(C), 1998-2003 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■