[1365] MK+Sチャット鼎談:休み明けはハプニング

投稿:  著者:  読了時間:21分(本文:約10,100文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.1365    2003/08/20.Wed発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 20134部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

          <もどってこないねえ(笑)>

■MKチャット対談
 MK+Sチャット鼎談:休み明けはハプニング
 笠居トシヒロ&まつむらまきお

■買い物の王子さま 第6回
 買ってしまう自分へのいいわけ
 石原 強

■ライフスライス研究所
 オリジナルデジカメ開発奮闘記(2003年8月20日水曜日)
 第9回「足りないコト~デジカメ」
 ユビキタスマン

■新刊案内&プレゼント
 Mook1 Substance ビー・エヌ・エヌ新社刊



■MKチャット対談
MK+Sチャット鼎談:休み明けはハプニング

笠居トシヒロ&まつむらまきお
───────────────────────────────────
かさい: おひさしぶりですー、笠居です。みなさま休み中なんかいいことはあ
    りましたか?
まきお: おひさー、腰がくだけてました(;_;) まつむらですー
かさい: またいわしたんか(^^;)
まきお: まいったよー。ようやくおさまったとこー
かさい: ごしゅーしょーさま(^^;)
まきお: そちらはー?
かさい: わしもようやく風邪がおさまったとこ。休みになると風邪ひくねー
まきお: わたしも風邪もひいてたー
かさい: ええとこなしですなぁ・・・
まきお: で、よーやく復旧、遊ぼうと思ったら、デジクリがはじまった(笑)
かさい: こっちは仕事たまりまくりじゃー(ーー;) FLASH-JPの移転重なって、
    踏んだり蹴ったり(T_T)
まきお: 気になってたのだが、進展したの?>いてん
かさい: なんか綱渡り状態ですが(^^;) あ、前回のコラムを読んで心配してメ
    ールくださった皆様、本当に感謝です。m(__)m まだご報告できる状
    態じゃないですが、無事に事が運ぶよう、祈っててください。

<ゲスト登場~>
さぶり: こんばんわ
かさい: おー、来た来た(笑)
まきお: どもども、ネタにこまったので、ゲストを呼ぼうと(笑)
さぶり: お二方、お体は大丈夫ですか(笑)?
まきお: ボロボロです(/_;)
かさい: 何とか復帰したとこっす
さぶり: よかったですー>笠居さん、そんなところかと>ネタ
かさい: また病気ネタかー(^^;)
さぶり: だって(笑)ボロボロって話ばかり。指とか腰とか
まきお: ジジ臭いから却下です(笑)で、最近はどーっすか>さぶりん
さぶり: 最近は…
まきお: 少林サッカー2の公開はまだ?
さぶり: 少林サッカーは、ボクのパート終了しましたが、まずはアメリカでの
    1の公開を控えてるんですよねえ
まきお: あー、米国!
かさい: それはおめでとう~
さぶり: どれだけBOXオフィスいくか楽しみ>SHAOLIN SOCCER
まきお: 米国のスクリーンでもサブリンやられまくるわけですね(笑)
かさい: わはは(笑)
さぶり: だから、ちゃうって
まきお: ちゃうんかなぁ(笑)
かさい: って、このままズルズルいっちゃうの? とりあえず、なんかネタ決
    めとく?
まきお: まだはじまってないの?(笑)
さぶり: 映画ネタにするのも微妙だしなぁ…って対談はじまってるんだかはじ
    まってないんだか
まきお: ゲスト呼んだ時点で、それがもう、テーマかと(笑)
さぶり: おぉ! オレか!(笑)
まきお: そう、キミがテーマじゃ(笑)
さぶり: ども~サブリンです~ テーマです~
かさい: どーやって整理せーちゅーねん(^^;)
さぶり: できんな(笑)
まきお: アクターズスタジオ、今日はサブリンです
さぶり: そんなコーナーあったんすか?(笑)
まきお: 今、作りました(笑)
さぶり: 今かい!
かさい: んじゃまあながれのままに・・・(^^;)
さぶり: わはは
かさい: まずは自己紹介でもしてもらおうか>サブリン(笑)
さぶり: えー、どもです、いつもマツカサの二人がネタ切れの時にいじられて
    るサブリンです~ 最近アニメの重要さを痛感してる次第です。で、
    勝手に了承もなくいじられまくるのも何なので登場してみました
かさい: わはははは
まきお: Flashのエライ人、佐分利さんです~
さぶり: まつむらさんに言われるとなんかなぁ(笑)あんたらの方がエライ!
まきお: 腰がエライ....
かさい: 体がエライね
まきお: なんかイトコイみたいになってきたなぁ>松笠
さぶり: 病気ネタはナシじゃなかったんかー(笑)
かさい: そもそも、本業は何なのか、みんな知ってるのかな?
まきお: 本職は...香港映画俳優...
かさい: (笑)何度かデジクリにも寄稿してるよね>サブリン
さぶり: デジクリは1回だけですけどね
まきお: 名前はやたらでてるけど(笑)あの1回だけなのかー
さぶり: そうそう、そのネタをネタ元に何回かいじられてますが、このマツカ
    サで(笑)
まきお: なんかね、いぢりやすいので(笑)
さぶり: ゲームのインターフェイスを見習えな話。もちろん、なんでもいい、
    って意味で書いたわけじゃないんですけど
まきお: それに対して、まつむらがなんか言った、と。忘れたけど(^_^; )
さぶり: わはは。ゲームって入力装置が進化してないんです。インベーダーの
    頃から
まきお: 入力! 今のはボタン多すぎ~
さぶり: ジョイスティックとボタン。数は増えたり減ったりですが、実質かわ
    ってない
かさい: えー、でもぶるぶる震えたりするじゃん<コントローラー(笑)
さぶり: いや、そういうギミックではなく、ゲーム内のキャラを動かしたりす
    るための装置
かさい: わかってるって(^^;) ちょっとボケただけじゃん
さぶり: それをとりあえずツッコム主義なんで(笑)>笠居さん
まきお: グローブとか....最近だとロトの剣とか....
さぶり: あとは、クルクルまわすブロック崩しのやつとか、トラックボールの
    サッカーとかありましたが
まきお: ゲームボーイのコロコロカービーとか
さぶり: わはは、多少の工夫は時代時代あるんです
まきお: そういえば、初代ファミコンのコントローラーってマイクついてたよ
    ね、今思い出した
さぶり: あ、ついてましたねえ>マイク
かさい: そういやあったな
まきお: スピーカーはついてなかったっけ
さぶり: 片方マイクと片方スピーカーじゃなかったっけ? ファミコンって。
    記憶があいまい…
かさい: PICOには音声入力あるけどね
かさい: 何に使うんだ?<マイク
まきお: 叫ぶのよ
さぶり: 叫べた(笑)
まきお: なんかそういうゲームがあったのね
さぶり: で、話を戻してみるが
まきお: 静聴
さぶり: 表示が3Dになったからって、結局ジョイスティックで操作しないとダ
    メ、ということは、平面にしか対応できないんで、3次元中1次元を殺
    さないとダメなんです。飛行機やクルマなら、進んでるんで、進む方
    向を殺せるし、対戦格闘ゲームだと、2名対戦なので、そのライン上
    の1次元が殺せる
まきお: ふんふん
さぶり: 必ず1次元を殺して、操作系統に合わせて2次元に落とし込まないと行
    けないんです。新たなコントローラーは、家庭用だと結構出てたり、
    ゲーセンでも太鼓叩くやつみたいに、工夫は出来るんですが
まきお: 太鼓(笑)異常だよなぁ、太鼓って(笑)
さぶり: やはり、コストとの問題がどうしてもあるんです。電車走らせるやつ
    とかね(笑)
まきお: 電車のは、買うキモチはよくわかる(笑)
さぶり: そうすると、よほどのひらめきが無い限り、新しいジャンルを生み出
    せない。マニア心をくすぐる場合、買ってくれる、という計算もあり
    ますが(笑)また、そのコストをかけて、本当に新しいものでも売れ
    るか保証がない
さぶり: んで、2とか3とか続編攻勢になる
まきお: ※1
かさい: あとで「実は名作だった」って言われることはあるかもよ
さぶり: それはよくある(笑)>実は名作 でも、その時売れないと、なかな
    か継続できないのも商業的な話
かさい: そりゃそうだ(^^;)
まきお: その、「新しいの」って
さぶり: いままでにないジャンル>新しい。 で、何が言いたかったのかと言
    うと、進化してないなりに、結構ちゃんとしたゲーム会社だと、イン
    ターフェイスのノウハウがジョイスティックに対してあったりするん
    ですよ。 特にRPGとか尺の長いゲームだと、操作系統が劣悪だと、ユ
    ーザーが面白いと思って進める前にイヤになっちゃうわけで、ちゃん
    と細やかに色んなことを考えてあったりするんです。そういうのって、
    ウェブのインターフェイスとかゲームで大事なんですよ、本当は
かさい: 前に「マウスではアクションゲームにはまれない」って話をしたな、
    そういえば。
さぶり: そういう話をしてたんだー
かさい: まつむらさんが言い出したんだよ
さぶり: わはは、やっぱまつむらさんかい(^^; でも、マウスでちゃんと、考
    え抜いて、ユーザーがハマれるように設計し、もちろんゲーム自体が
    面白ければハマれるはず、と言いたかった
かさい: なるほど
さぶり: インターフェイスも考え抜かれてて、使いやすかったら、まつむらさ
    んが嫌うFlashのインターフェイスも減るはず(笑) そういう配慮み
    たいなところを、結構良いゲームは良く出来てるんで、そのまま利用
    するのではなく、PCのマウスなどに対して考え抜けば、いいインター
    フェイスができるでしょ? という話
かさい: ふむふむ
さぶり: ただ、まつむらさんの言い分もわかるんですよね。ちゃんと考え抜い
    たコンテンツが少ないので、その分、イライラなんが多いのも確かな
    んで

*makio0 quit (Ping timeout)

さぶり: って、まつむらさん?(笑)
かさい: おっさん黙ってると思ったら落ちてやんの(^^;)
さぶり: 一番おっさんに聞いて欲しいのに(笑)

----
その頃、まつむらは......
実は上の※1の段階でまずIRC(チャット)が落ち、接続できなくなり、IRCサ
ーバのせいかと、色々やってみるが、ダメ。あれ、iChatも落ちてる....まさ
か、と思い、ブラウザを見ると、あー、ネットが完全に落ちてるじゃん! 傷
害は内部か外部か? ADSLモデムをチェック、一旦接続を切り、再接続するが、
うまくいかない。くそっ、こんな時のために、アナログモデムじゃっ! と内
蔵モデムからアクセスポイントに接続! 接続されるも、IP的に接続できない
状態。結局プロバイダ側の傷害で、復旧まで1時間以上かかる。
ゆーときますが、落ちたのはまつむらのスカラー波のせいではないです(笑)
-----

さぶり: もどってこないねえ(笑)
かさい: ダメみたい。なんかネットそのものに出られなくなったらしい(^^;)
さぶり: あらら?
かさい: えーと、どうもプロバイダの障害らしいので、すぐに復旧は無理みた
    いだ
さぶり: あらら
かさい: どーすっかね、ここまで続いてる話はまつむらさんに反論だからなあ
さぶり: そうですね(笑) っていうか、大抵まつむらさんがサブリンに反論、
    ですもん(爆)
かさい: わははははは(笑)んじゃあね、来週この続きをすることにしよう。
    ここまでのところは、ほぼこのまんま原稿にして今週流しちゃう。
さぶり: 逃げたな、ってことで(笑)
かさい: というわけで、続きはまた来週~~(^_^)/~
----
まきお: ものすごく歯がゆかったぞ(^_^;)


【サブリン/WEBデザイナー、コンテンツプロデューサー】
話の冒頭でのアニメの重要性を痛感のことだが、やっとこさ新マシンにタブレ
ットを接続。ADB時代のタブレットは持ってるんだけど、USB用のintuos2をや
っと購入した。
アニメ長編とかじゃなくても、ちょっとインターフェイスにある旗アイコンを
なびかせたりするのに、A.e.Suck師のFlash講座を熟読したり、アニメの教本
を買ったり。
Flashって両方できるんだから、アニメだけとかスクリプトだけってつまらな
いじゃん、って最近思うワケ。
<http://www.saburi.com/ > <mailto:jin@saburi.com >

【笠居 トシヒロ/WEB&グラフィックデザイナー】
風邪引きのままテニス旅行へ。深夜まで痛飲した翌日、炎天下で3時間+屋内
で2時間テニスをしたら風邪が治った。
<http://www.mad-c.com/ > <mailto:kasai@mad-c.com >

【まつむら まきお/まんが、イラスト、アニメーション作家】
あー、びっくりしたぁ~。長年デジクリチャットやってるけど、チャット中に
まったく接続できなくなったのは初めて。一人「ニューヨーク大停電」状態で
した(笑)非常用にどっかプロバイダ確保しとかなくちゃ....
<http://www.makion.net/ > <mailto:makio@makion.net >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■買い物の王子さま 第6回
買ってしまう自分へのいいわけ

石原 強
───────────────────────────────────
人とちょっと違ったものを持ちたい。そんな人たちの間で、デザイン雑貨、デ
ザイン家電と呼ばれるものに注目が集まっている。区分は曖昧で、キッチン用
品やインテリア、家電など。ブランドではないけれど、著名なデザイナーの名
前とともに紹介される。生産数が少なくて手に入りづらいことが多く、コレク
ターも少なくない。私もその一人だ。

デザインやセンス良さを売り物にしているだけに、クールなサイトが多い。写
真がメインで、テキストは小さく最小限に、サイズやデザイナーの名前など、
もの自体の説明が中心。あとは、作ったデザイナーのコメントを紹介するくら
い。この手ものを好んで買う人は、マニアックだから、下手な説明は逆効果に
なる。

そんなお店が多い中で、私がちょくちょく買っているお店はにぎやかです。店
長さんがセレクトした、センスのいいもの。そのひとつひとつについてたっぷ
りウンチクを語ります。コレクションじゃなくて、いいものは積極的に使おう
というのがこのお店の主張。だから、読み進んでいくと、どうやって使うか、
使い心地はどうかなど、詳しい解説をしています。説明は文章ににとどまらず、
店長さんは自ら身につけて、使ってみた姿を写真で掲載。モデルとしても活躍
しています。だから、使う時の感じがよくわかります。買うつもりはなかった
ものも、だんだん気になってきてしまいます。

私がコレクションをしているのは、「フィリップ・スタルク」名前は知らなく
ても、「浅草の金色のオブジェ」と言えば知らない人はいないだろう。アサヒ
ビール吾妻橋ホールをデザインした、有名なフランス人デザイナーです。その
お店にはフィリップ・スタルク特設コーナーがあって、様々なメーカーから発
売されているものを一覧できます。当然変わった形のものが多い。

そこで見つけたのがケーキサーバー。ケーキを取り分けるときに使う大きく平
べったいナイフのようなものです。今までどこのお店でもみかけたことがない。
でも、MOMA(NY近代美術館)展示品に選定された傑作品らしい。

ちょっと待て、欲しいけれど、必ずしも必要なものではない。ケーキなんてめ
ったに食べないのだから、どうせ使わないじゃないか。値段も高いし、ここは
我慢だ。私は買わない理由を列挙して立ち去ろうとする。

---
フラットな面は限りなく平らに、曲線は限りなく美しく。そこに(ハンドル部
分の)白木の風合いが加われば、ハッキリ言って“感動”です!
---

ものを手にした瞬間の、満足感が伝わってくるメッセージは、買いたい気持ち
に火をつける。そうだ、無駄なものじゃない! 永く大事に使えるものなんだ。
だから長い目で見ればリーズナブルなんだと、自分に言い訳をして、結局買っ
てしまった。買うときの決め手になるのは、ものの魅力だけではなく、その魅
力を見事に引き出す店長の言葉なのです。

そのケーキサーバー、今は戸棚にしまわれて、たった1年に一度、クリスマス
の出番を待っている。

ケーキサーバーを買ってしまったお店「NUTS」
http://www.rakuten.co.jp/nuts/

【いしはら・つよし】t.ishihara@compolex.jp
ウェブプロデューサー、サイトアナリスト
ショップからの入荷情報メールはすぐに開けてみる。限定商品など、数の少な
いものは、早い者勝ちだからだ。この間、買いたいと思ってページを見ていた
ら、目の前でみるみる在庫が減っていくのを見てビックリした。その商品の人
気ではなく、時間が深夜の2時頃だったからだ。ライバルはやっぱり自分と似
た人なんだろうなあ。

ウェブマスター養成マガジン『お金をかけないサイト運営術』
読んでみる → http://www.compolex.jp/magazine/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ライフスライス研究所
オリジナルデジカメ開発奮闘記(2003年8月20日水曜日)
第9回「足りないコト~デジカメ」

ユビキタスマン
───────────────────────────────────
デジカメは高画質で複雑になっていきます。35mmカメラは通常撮影とパノラマ
撮影などの切り替えはレバーひとつで簡単にできましたが、ことデジカメとな
ると画像解像度の設定変更などはメニューをたどってピッピッとやらなければ
ならず大変です。

高画質で撮影しているとあっという間にメモリーカードを使ってしまうし、低
解像度で撮影していると印刷してがっかりしてしまいます。ほとんど使わない
シーンセレクトのようなものはダイヤルになっているのに、解像度切り替えや
フラッシュのオンオフなどをどうしてもっと簡単な切り替え装置にしないので
しょうか?

そんな操作性の煩雑さはメーカーごとの違いがありますが、全体のトレンドと
して電源オンですぐに起動することや、シャッターを押してから記録されるま
でのタイムラグが短いなど軽快な操作性を持つようになってきました。しかし、
これらの要素もよく考えれば、デジカメ業界特有の欠点を今になって改善でき
たのでPRしているだけです。フィルムカメラは「起動」というような概念すら
なかったですし、シャッターを押したときの絵が正確に撮れるというのが当た
り前だったのです。

デジカメに足りないコト、それは「本来カメラが持っていた当たり前のこと」
です。

ちなみに、私が今一番ほしいデジカメはカメラと再生のダイレクト電源ボタン
がついたコレです。
http://www.casio.co.jp/QV/Info/qv_r40/

ユビキタスマン(川井拓也)
http://www.lifeslice.net/
jp_kawai@lifeslice.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■新刊案内&プレゼント
Mook1 Substance ビー・エヌ・エヌ新社刊
http://www.bnn.co.jp/books/
───────────────────────────────────
<出版社より>
Sony AIBOの映像やNIKEのイベントVJ、プロレスラー蝶野正洋氏の入場映像な
どを手がける現役VJ、Mook1氏のインタビューと作品を収録したDVD付き書籍。
映像作品は著作権フリーです。

著:MOOK1
定価:本体\4,800+税
A5変型判 32ページ、DVD 1枚
ISBN:4-89369-978-4
発売日:8月22日予定 BNN新社刊
http://www.cbook24.com/bm_detail.asp?sku=4893699784

・BOOK部分
Mook1氏に聞いた、VJとは?、プロでやっていくには?、何かをつくるときに
必要なひらめきはどうやってひねり出すのか? などのロングインタビュー。

・DVD部分
オリジナル映像作品を約60点収録。全て著作権フリー。
映像素材…57点(Windows&Macintosh専用)
映像作品…2点 (市販のDVDプレイヤーなどで再生可能)

・Mook1氏経歴
10代後半から20代前半を単身アメリカで過ごし、その間、パーティのオーガナ
イズやバンド活動などを行う。帰国後、出版社などに勤めるかたわら、趣味で
クラブなどで映像を流しはじめ、後にVJと呼ばれるようになる。
Sony AIBOの映像やNIKEのイベントVJ、プロレスラー蝶野正洋氏の入場映像、
AUDIやヨーロッパファッションブランドなどのショウVJなど、幅広い活動を展
開中。

●本誌をビー・エヌ・エヌ新社よりデジクリ読者2名様にプレゼント。応募フ
ォームをつかってください。締切は9月3日(水)14時。
当選者(都道府県、姓)はサイト上に4日頃掲載予定です。
http://www.dgcr.com/present/p_mook1substance.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(8/20)
・台風の中、FM-Tokyo 8月オフラインミーティングに参加したのは10日も前。
ものすごい雨で、小降りになるまで駅で待機、それでも一番に着いてしまった。
この「ファイルメーカーPro東京ユーザーズミーティング」は、8月サンタさん
に誘われての参加だったが、こんなにディープで楽しい会合は初めてだった。
若い女性が何人もいたが、話を聞いているとそれぞれが相当の使い手らしかっ
た。わたしはまだユーザーとはいえないので、正直言うと、話されている内容
の9割はわからなかった。今はわからないが、勉強すればきっと仲間に入れて
もらえるに違いない。知的に興奮できる、じつにいい雰囲気だった。(柴田)

・昨日の宅配便。事務所には集荷に来てもらってますです。急ぎ外出する予定
があったので、どこかで手続きすればいいやと荷物を持って出たのが運の尽き。
いかに日頃インターネットの恩恵にあずかっているかと感じた出来事。/今朝
の朝日新聞に、本のあとがきについての記事がある。最近は編集に文句を言う
ような過激なものが増えたそうだ。            (hammer.mule)

<応募受付中のプレゼント>
 Mook1 Substance 本日号。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ <http://www.dgcr.com/ >

編集長     柴田忠男 <mailto:tdo@green.ocn.ne.jp >
デスク     濱村和恵 <mailto:zacke@days-i.com >
アソシエーツ  神田敏晶 <mailto:kanda@knn.com >
アシスト    島田敬子 <mailto:keiko@days-i.com >
リニューアル  8月サンタ <mailto:santa@londontown.to >

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
                        <mailto:info@dgcr.com >
登録・解除・変更・FAQはこちら <http://www.dgcr.com/regist/index.html >
広告の御相談はこちらまで   <mailto:info@dgcr.com >

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://mag2.com/ >、
E-Magazine<http://emaga.com/ >、カプライト<http://kapu.biglobe.ne.jp/ >、
Pubzine<http://www.pubzine.com/ >、Macky!<http://macky.nifty.com/ >、
melma!<http://www.melma.com/ >、めろんぱん<http://www.melonpan.net/ >、
MAGBee<http://magbee.ad-j.com/ >、posbee<http://www.posbee.com/ >、の
システムを利用して配信しています。

★携帯電話対応メルマガもあります。<http://dgcr.com/i/ >
★姉妹誌「写真を楽しむ生活」もよろしく! <http://dgcr.com/photo/ >

Copyright(C), 1998-2003 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■