[1497] 日本だってアジアだぞ

投稿:  著者:  読了時間:16分(本文:約7,500文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.1497    2004/03/30.Tue発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 19287部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<されるのではなく、する側なのが残念ですが>

■デジタルサウンズ研究室
 日本だってアジアだぞ
 モモヨ(リザード)

■買い物の王子さま 33
 くつろぎの演出
 石原 強

■セミナー案内
 カラーマネジメント実践セミナー

■イベント案内
 SKIPシティ国際Dシネマフェスティバル、授賞結果

■マガジンガイド&プレゼント
 Web Site Design vol.10(最終号)



■デジタルサウンズ研究室
日本だってアジアだぞ

モモヨ(リザード)
───────────────────────────────────
かねてから噂があったとおりにEU・欧州連合、欧州委員会は、マイクロソフト
に独占禁止法違反があったとし、噂でいわれたように、この種の訴訟での過去
最高額、6億1300万ドルの制裁金支払いを命じた。

独占禁止法といえば、アメリカでも、似たような裁判が行われた。その時は、
インターネットイクスプローラーとイクスプローラーを切り離すかどうかが検
討された。つまり、OSとHTTPブラウザーを別個にできる仕様にし、かつ、ブラ
ウザーをOSと抱き合わせで販売しないよう求めたわけだが、これも、いまだに
係争中。

もっとも、ブラウザーを製造販売する競合他社は、マイクロソフトが現行のOS
がすべての機能を切り離すのは不可能と抗弁する間に、じわじわと経
済的ダメージを受けて衰退。訴訟を続ける体力もなくなっている。

今回もそうした問題だと思っていたら、なんと、今度はメディアプレーヤーに
焦点をさだめたものだったから驚いた。Microsoftがサーバソフトウェア市場
での公正な競争に必要な情報をライバル各社に提供せず、またWindowsの提供
に関してもWindows Media Playerのバンドルを条件にして競争を妨げた、この
ことを問題視した裁定だったのである。

この裁定の中で、委員会側は、ウェブブラウザーとメディアプレーヤーのOS統
合化は、PCのパフォーマンスを損なっていることも指摘している。これは、従
来、私が感じていることでもある。

実際のところ、PCハードウェアは、万能マシンにはなりえない。外部機器搭載
数も制限があり、周辺機器と組み合わせて使う以上、物理的な混乱、障害が生
じてくる。

できれば自分に必要なサービスだけを起こしておきたい、ヘビーユーザーな
ら、そう考えるのが自然だ。ネットにつないでいないPC上でブラウザーがいつ
も稼動している必要もなく、また、セキュリティの観点からも有益だ。

私の個人的意見ではあるが、マイクロソフトは、この裁定に従い、現行OS、そ
して旧来のバージョンもぜひ、これらのサービスをOSから切り離したものをリ
リースしてもらいたいものだ。

しかし、マイクロソフト側は、そう素直なはずもなく、以前からのコメント、
「すべてのユーザーのために、WindowsからウェブブラウザとMedia Playerを
切り離すことはできない」というやつを繰り返すばかりだ。それは不可能であ
るとも言っている。

が、実は、そうとばかりも言えない。さきごる、国民にオープンソースソフト
が動作する低価格なPCを提供するというタイ政府のプロジェクトに対して、マ
イクロソフトはWindows XPとOfficeの機能縮小版を組み合わせた特別パッケー
ジを40ドルで提供するという提案をした。この廉価版提供はマレーシアでも始
められているらしい。

この40ドルXPの日本語版があれば私だって欲しい。価格に魅力は感じないが、
OSが必要最低限搭載されているところが魅力だ。日本だってアジアである。差
別はいけない。日本語版のリリースを希望する。

モモヨ(リザード) 管原保雄
http://www.babylonic.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■買い物の王子さま 33
くつろぎの演出

石原 強
───────────────────────────────────
慌しい平日はシャワーで済ませても、休日は昼間からのんびりお風呂に入りま
す。そんな時、入浴剤は欠かせません。ただのお湯よりゆっくり浸かれるし、
肩こりもぐっと楽になる感じ。いつもは「バスクリン ゆずの香り」を使って
ますが、せっかくの休日のバスタイム、こだわりの入浴剤でもっと優雅にくつ
ろぎたい。

入浴剤を扱うネットショップは多いのですが、花やフルーツの香りのカラフル
系や、美肌効果をうたった化粧品系ばかり。いかにも女性向きでピンときませ
ん。温泉系の入浴剤は肩こりには効きそうですが、イオウ成分が風呂釜を傷め
そうでNG。天然素材の本格派は、うたっている効果もお値段もご立派で、ちょ
っと胡散臭い。

そんな時、雑誌で気になるものを見つけました。ブルーのボトルに木をかたど
ったラベルがシンプルでセンスの良さに惹かれます。書いてあったURLにアク
セスしてみました。たどり着いたのは、英国のアロマセラピー製品メーカーの
サイト。雑誌で見たパッケージと同様にシンプルなデザインが好印象です。

ラインナップされた製品はスーパー自然志向。合成着色料、香料不使用はもち
ろんのこと、主原料は有機機栽培の植物で、低刺激の使い心地にこだわって鉱
物油すら使わないという徹底ぶり。巷の自然素材をうたった製品よりも踏み込
んだ姿勢を感じます。

またその自然志向は、製品だけにとどまりません。企業紹介ページでは「遺伝
子組み替え反対」「動物実験を行わない」「リサイクルの推進」などのポリシ
ーを掲げています。できるだけ自然に近い形のものを提供するために、自ら自
然を守るという一貫した姿勢には共感を覚えます。

---
古くから伝え、受け継がれてきたメディシナルハーブ(薬草)。ニールズヤー
ド レメディーズでは、その効果に着目し、植物成分の確かな効果と安全性の
研究を重ねてきました。植物の癒す力は、ストレス環境に身を置く、私たちの
肌、体、そして心をやさしくいたわります。
---

丁寧で淡々とした語り口には説得力があって、「ちょっと高いけど試してみよ
う」と思えます。せっかくなのでゼラニウム&オレンジのバスオイルと一緒に、
筋肉疲労や体の冷えなどに効果があるという、マッサージオイルも合わせて購
入。カタログも同封してもらいます。

届いた箱には、小さいボトルが2つ。早速、お風呂にはちょっとぬるめにお湯
を張ります。清涼感のある香りとうっすら白い半透明のお湯が、自宅のお風呂
ではないような非日常感を演出。かなり贅沢な気分です。

そしてお風呂上りにはマッサージ。されるのではなく、する側なのが残念です
が、「バスオイルのせいでお風呂掃除が大変」との家族の文句を封じるために
は仕方がありません。

バスオイルを買ったお店「ニールズヤード レメディーズ」
http://www.nealsyard.co.jp/

【いしはら・つよし】info@webanalyst.jp
後から聞くと女性には良く知られたお店とのこと。アロマテラピーなんて「香
りをかいだからってなにがいいんだ?」と大きな偏見を持っていたけど、これ
がけっこうハマりそうなのです。
・ウェブマスターの情報源「ウェブアナ」
http://www.webanalyst.jp/mt/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■セミナー案内
カラーマネジメント実践セミナー
<http://www.too.com/event/2004/color04/ >
───────────────────────────────────
Tooは、プロカメラマンとプリプレスのエキスパートを講師に迎え、入力側と
出力側のカラーマネージメント事情とともに、Mac OS Xへの移行にも着目しな
がら、結果の出せるシステム構築のガイドラインを紹介する「カラーマネジメ
ント実践セミナー」を、4月21日(水)、Too本社セミナールームにて開催する。
また、当日は、カラーマネジメントツール及び対応モニタなども展示する。参
加費無料。申し込みはサイトから。定員(50名)を越えた場合は抽選。

日時:4月21日(水)13:30~17:00(受付開始13:00)
会場:Too本社セミナールーム(東京都世田谷区桜新町1-34-25 2F)
http://www.too.com/map/index.html#anchor1

セミナー内容
・カラーマネジメント、Tooからの提言/お客様にとって最適なカラーマネー
ジメントとは?(13:30~)
講師:DTPエキスパート 森山隆次
・入力側からみたカラーマネジメント/デジタルカメラデータの正しい色管理
方法は?(14:30~)
講師:(有)マミンカ 上原ゼンジ
・出力側からみたカラーマネジメント/雑誌広告基準カラーなど印刷の標準化
が進むなか、最適なプロファイルの運用とは?(15:30~)
講師:(株)プロバンク 庄司正幸

出展機器/ソフト(予定)
Power Mac G5/NMV RDF225WG(Adobe RGB色域 CRT)
ナナオColorEdge CG19、CG21(TFT)/BARCO Coloris Calibrator
GretagMacbeth i1シリーズ/Monacoシリーズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■イベント案内
SKIPシティ国際Dシネマフェスティバル、授賞結果
<http://www.skipcity-dcf.jp/daily/ >
───────────────────────────────────
Dシネマ国際コンペティションの長編映画部門、短編映画部門並びに川口市民
賞の表彰式が、3月28日(日)彩の国ビジュアルプラザ4階 映像ホールにて行
われた。表彰式、受賞者記者会見並びに「デジタルシネマ21世紀の展望」と
「デジタル時代のクリエイター」各シンポジウムなどの抜粋は、上記映画祭ホ
ームページから見られる。

Dシネマ国際コンペティション授賞結果
【長編映画部門】ノミネート作品7本
・最優秀作品賞/ソニーDシネマアワード最優秀作品賞(賞金1,000万円)
『ウィルバー・ウォンツ・トゥ・キル・ヒムセルフ』(デンマーク)監督:ロ
ネ・シェルフィグ
・作品賞/ソニーDシネマアワード作品賞(賞金100万円)
『エディ』(ポーランド)監督:ピョートル・トーシャスカルスキ
・新人監督賞/ソニーDシネマアワード新人監督賞(賞金200万円)
『ソルト』(アイスランド=アメリカ)監督:ブラッドリー・ラスト・グレイ

【短編映画部門】ノミネート作品11本
・最優秀作品賞/ソニーDシネマアワード最優秀作品賞(賞金100万円)
『クラスメイト』(スウェーデン)監督:ビョルン・カールストロム、ステフ
ァン・トウンベリィ
・作品賞/ソニーDシネマアワード作品賞(賞金各50万円) 『カワードリー・
ヴィシャス』(韓国)監督:リー・クワン/『エターナル・ゲイズ』(アメリ
カ)監督:サム・チェン

【特別上映(川口市民賞)部門】ノミネート作品17本
特別上映部門は、日本の映像クリエイターを支援する目的で設けられ、Dシネ
マ国際コンペティション部門で上映された日本映画が対象となる。
・川口市民賞(賞金100万円)『人形芸人 Dont & Not』(日本)監督:船引
亜樹
・奨励賞(賞金各50万円)
『犬と歩けば~チロリとタムラ~』(日本)監督:篠崎誠/『美女缶』(日本)
監督:筧昌也

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブックガイド&プレゼント
「Web Site Design vol.10」(最終号) 技術評論社刊
<http://www.gihyo.co.jp/magazines/wsd >
───────────────────────────────────
<編集部より>
しばらくごぶさたしておりましたが、「Web Site Design」の最新号がようや
く発売です。いよいよ第10号です。というより最終号です。

そ、そうなんです。応援してくださった皆様にはたいへん申し訳ありません
が、今号をもってお休みさせていただくことになりました。

さて、最終号の特集はずばり「ウェブサイトデザイン」。情報アーキテクチ
ャやインタラクションデザイン寄りの話題ばかりです。しつこくてすみませ
んが、こここそがウェブサイトデザインの要です。分量もたっぷり90ページ
です。

くわしい内容については、キーワードをあげておきましょう。
ユーザー調査の計画・予算、非誘導型インタビュー、ユーザー経験のモデリ
ング、サイトコンセプトのモデリング、ペルソナ、設計用ドキュメント、ウ
ェブアプリのデザイン、認知的デザインと誘因的デザイン、二十歳になった
Macの教え、“一目瞭然でわかる”の設計、脱構造化……。

ピンと来ない方が多いかもしれませんが、ピンと来る方もきっとどこかにい
るはずです。そんな方々だけがこっそり読み、ひっそりお役に立てていただ
ければ、もう十分に幸せです。
定価(本体1,480円+税)技術評論社刊

●本誌を技術評論社よりデジクリ読者3名様にプレゼント。
応募フォームをつかってください。締切は4月9日(水)14時。
当選者(都道府県、姓)はサイト上に4月12日の週頃掲載予定です。
http://www.dgcr.com/present/p_wsd10.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(3/30)
・土曜日の夕方は、中学校の同級生10数人が母校に集まって、グランドの桜を
愛でてから居酒屋に行くという毎年恒例のイベント。ところが、母校に来たの
はわたしを含めてわずかに四人、ほかの連中は居酒屋直行というていたらくで
あった。もっとも、二年前はたった一人しか集まらず(一人じゃ集まるとは言
わないか)その一人が怒り狂っていたものだ。この年齢の飲み会では(いつも
女性の方が多い)、健康と家族(とくに孫)という身の回り何メートルな話題
ばかり。インターネットユーザーはおそらくゼロ、でもほとんどが携帯電話を
持っていた。なんだか居心地はよくない。10年後だったらまったりひたれる雰
囲気かなあ。初めて行った二次会のカラオケを早々に脱出して、帰ってからモ
ニタに向かうと、いつもよりのって仕事できた。こっちのほうが居心地がいい
ってのは年齢相応ではないのかも。でも、面白いのは断然こっちよ。(柴田)

・メディカルチェアの話をいつでも出せるネタとしてキープしていた。ら、新
聞広告が出てしまった。/朝起きたら喉がひりつく。頼むから今月いっぱいは
(元気)もってくれと思いながら外出。帰宅途中、あまりの喉の痛みとだるさ
にたまらず病院に行く。今朝からじゃないでしょ、それまで身体にムチうって
たでしょ、と叱られる。そうなの。でも終わらないの、仕事。どころが予測の
つかないことがいっぱいあるの、今月は。点滴をうたれた。明日も来いと言わ
れたがどうするか。時間ないってーの。安静になんてしてられないってーの。
今夜も徹夜なの。期末なの。4月になったらいくらでも寝てやる~。同じ状態
の人、お互い乗り切ろうね~。              (hammer.mule)
http://www.family-chair.co.jp/lineup/d1/d1_index.html  手から足まで

<応募受付中のプレゼント>
SOHO起業家として生きる 1489号
Web Designing 2004年4月号 1489号
DTPWORLD70号(2004.4月号) 1496号
Web Site Design vol.10 本日号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ <http://www.dgcr.com/ >

編集長     柴田忠男 <mailto:shibata@dgcr.com >
デスク     濱村和恵 <mailto:zacke@days-i.com >
アソシエーツ  神田敏晶 <mailto:kanda@knn.com >
リニューアル  8月サンタ <mailto:santa8@mac.com >
アシスト    吉田ゆうみ <mailto:yoshida@days-i.com >

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
                        <mailto:info@dgcr.com >
登録・解除・変更・FAQはこちら <http://www.dgcr.com/regist/index.html >
広告の御相談はこちらまで   <mailto:info@dgcr.com >

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://mag2.com/ >、
E-Magazine<http://emaga.com/ >、カプライト<http://kapu.biglobe.ne.jp/ >、
Pubzine<http://www.pubzine.com/ >、Macky!<http://macky.nifty.com/ >、
melma!<http://www.melma.com/ >、めろんぱん<http://www.melonpan.net/ >、
MAGBee<http://magbee.ad-j.com/ >、posbee<http://www.posbee.com/ >、の
システムを利用して配信しています。

★携帯電話対応メルマガもあります。<http://dgcr.com/i/ >
★姉妹誌「写真を楽しむ生活」もよろしく! <http://dgcr.com/photo/ >

Copyright(C), 1998-2003 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■