[1966] いつもポケットにP..

投稿:  著者:  読了時間:24分(本文:約11,700文字)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【日刊デジタルクリエイターズ】 No.1966    2006/05/10.Wed.14:00発行
http://www.dgcr.com/    1998/04/13創刊   前号の発行部数 17901部
情報提供・投稿・広告の御相談はこちらまで mailto:info@dgcr.com
登録・解除・変更・FAQはこちら http://www.dgcr.com/regist/index.html
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

            <もの作り日本の危機!>           

■MKチャット対談 
 いつもポケットにP..
 笠居トシヒロ&まつむらまきお

■グラフィック薄氷大魔王[51] 
 作る楽しみ(プラモデル篇)
 吉井 宏



■MKチャット対談 
いつもポケットにP..

笠居トシヒロ&まつむらまきお
───────────────────────────────────
かさい: まいどー笠居です。皆様、連休はいかがお過ごしでしたか? オレは
    仕事ばっかりしてましたー orz
まきお: ども、まつむらですー。 まつむらは連休前半、おしえてFLASHの最終
    校正でした~
かさい: やっと終わったんやねー(^^;) お疲れさんでしたー
まきお: たぶん....(^_^;)
かさい: たぶんかよ(笑)
まきお: まだ、編集部の方は校了迎えてないから...ドキドキ(^_^;)
かさい: 5/2の AppleStoreイベントの時、晴れ晴れしてたんで、すっかり終わ
    ったと思ってましたよ(笑)
まきお: そうそう、心斎橋のイベントに呼ばれて、ちょこっとFLASH8新機能セ
    ミナーやってきたんですが、出かける寸前にもファイルの差し替えが
    発生して、おおわらわ(笑)晴れ晴れというか屍というか(笑)
かさい: なんかよけいなファイルが紛れ込んでたそうで(笑)
まきお: しーっ(笑)
かさい: なんかよけいなファイルは、某書にも入ってるらしいですー(声大)
まきお: いやいやいやいや(笑)まぁ、そんなんで、よーやく5月下旬には出
    る予定であります。
かさい: わはははは(笑)まあでも終わってよかったよね。今回は、オレも順
    番がいつもと逆だったんで、ある意味苦労しました(^^;)
まきお: あ、そういえば、おしえてDreも、一週間くらい前に出ますね
かさい: そうですね、カバーデザインも、ちょうどそのくらいのタイミングで
    入れましたから
まきお: なんで笠居さんがスケジュールを左右するんじゃ(-''-;) さっさと仕
    事せんかいっ
かさい: 左右してないって(^^;)w
まきお: まぁ、終わったからいいようなものの(^_^;) 基本的には従来の改訂
    ですが、時間がかかったぶん、きめ細かくアップデートされてますの
    で、FLASH新人の方や、ひさしぶりにFLASHバージョンアップした方に
    おすすめです。ぜひぜひ、よろしくぅ
かさい: オレからも、よろしくぅ(笑)で、AppleStoreのイベントですが、MK
    としては、ちょっとまた間が空いてましたが、どうでした?
まきお: 衆人の目前で、おしえてFLASHの校正をやっているような気分でした
かさい: (笑)意識しすぎ。ま、ちょっと今回は、ウェブアニメとのセッショ
    ンだったんで、客層がいつもと若干違いましたけどね
まきお: とりあえずアニメに興味のある人中心だったので、ある意味やりやす
    かったですが。まぁ、また、機会があればやりましょう
かさい: そですね。なんかFLASH8の新機能って、あまり浸透してないみたいな
    んでね
まきお: まぁ、マクロメの新機能は一年寝かせてからいただくのが通ですから
かさい: 腐りませんか?(^^;)
まきお: 一年以内に使って問題がなかったことが、かつてあっただろうか(い
    やない)(笑)
かさい: 反語か(^^;) 怒られるで。それにもう今はアドビですから(^^;)
まきお: がんばってください(^_^;) 
 
●W-Zero3、これはケータイではない
 
まきお: それはそうと、笠居さんがいつまでも公約を守らないので、わたくし
    が買ってみましたよ、Willcomのスマートフォン、W-Zero3
かさい: ををを、そういえば「買う」とか言いましたね>オレ(^^;)
まきお: いうてましたよ!(笑)
かさい: もうちょっとこなれてから…(^^;) とか思ってたら、買ったんですか
まきお: うそつき(環ちゃんの声で)(笑)
かさい: えーと、「たまき」ですから
まきお: わかってたらええやん。あれ、DVD出したら売れるだろうねぇ(笑)
かさい: 買います
まきお: わははは(笑)おもわぬツボをついてしまったようですな(^_^;)
かさい: まさに…ってそんなことはどうでもええねん(^^;) どうですか?
    使い心地は
まきお: いやね、ほんとはもっと早いうちに導入したかったんですよ。が、お
    しえてFLASHが押しちゃったので、なかなか導入できなくて、つい先
    日、よーやくですわ
かさい: やっぱ学校に居る時間が長いと、モバイル環境必要ってこと?
まきお: いや、通学が長いので(^_^;)
かさい: 通勤といえ(^^;) ま、滋賀やからなあ
まきお: まぁ、電車乗ってるのは一時間くらいなんやけどね
かさい: まつむらは、その一時間が我慢できない、と…φ(・_・)メモメモ
まきお: いやいや(笑)
かさい: んで、どないやねん、W-Zero3
まきお: んとですな、一言で言えば、PCの便利さとPCのウザさが、あなたの手
    のひらに(笑)
かさい: (^^;) どーゆーことや? えーんかわるいんか
まきお: えーやらわるいやら(笑)まず、言えるのはこれはケータイではない
    です(笑)
かさい: ケータイ電話としては役に立たんと?
まきお: いや、そうじゃなくて。電話もメールもできますよ。でも、ケー
    タイの文法ってのがあるじゃないですか。あれが通用しない(笑)
かさい: んー・・・・よくわかりませんが(^^;) 文法?
まきお: 全体の機能や操作がツリー状になっていて、といいますか、当然、イ
    ンターフェイスも統一されてますよねぇ、ケータイは。ところがこい
    つは、まぁ、一言でいえば、Winだわぁ(笑)
かさい: まぁそらそうでしょうなあ。画面見てもそうだし(^^;)
まきお: ウィンドウの閉じ方が複数あったりしおる(笑)
かさい: Winの画面なんで、ケータイ操作してる気になれないってこと?
まきお: つか、アプリによって、操作がてんでバラバラなので困る(^_^;) ど
    うみても、複数のインターフェイス思想が混在しとる
かさい: なるほど。言われてみれば、必然的にそうなるであろーなあ
まきお: しかし、Winになれていれば、すっと使えるのかってーとですな
かさい: ちゃうんか
まきお: うん(笑)スタートメニューが上にあって、アプリのメニューは下か
    ら昇ってくる(笑)
かさい: 位置の入れ替えはでけんのか?(^^;)
まきお: でけんぽいなぁ(^_^;)あと、わけわかんないのが、OKボタンってのが
    あって、それを押すと、ウィンドウが閉じるの(^_^;)
かさい: OKなのに?
まきお: ダイアログのOKを閉じるのがOKボタンなのはいいんだけど、そうじゃ
    ない普通のウィンドウもOKで閉じるから、多分そういう文法なんだと
    思う(^_^;)
かさい: んー(^^;)えーと・・・・買わなくてよかった(笑)
まきお: それは言ってはいけない(^_^;) いや実際、おいら、Macユーザーじゃ
    ないですか。買って2時間くらいで後悔した(^_^;) 6時間ぐらいで持
    ち直したけど(^_^;)
かさい: 持ち直したのか(笑)
まきお: なんとか(^_^;) 操作ロックボタンって、あるじゃないですか、携帯
    は~
かさい: あー、外側に出てるボタンを操作不可能にするロックね
まきお: うん。これが、OSが用意しているのと、ハードが用意しているのと二
    種類あるんですよ。ハードの方はボタンになにも書いていないので気
    が付かないし、OSの方はデフォルトで隠れてて、気が付くのに三日も
    かかりました(^_^;)
かさい: ケータイはよくありますね。これはデフォルトでON(またはOFF)に
    しとけよ、みたいな機能
まきお: でも、普通、その機能の面のメニューの中に設定があって、そこから
    設定すると思うのだが、ロック機能はコンパネの中にあったのだ
かさい: コンパネというと、Winの機能設定? それはわかりづらいね(^^;)
まきお: とまぁ、どうもPCっぽくて、戸惑うことが多いですが、馴染んではき
    てます(^_^;) まだ買って3日目だしね
かさい: でもあれやね、ロックに限らず、ハードメーカーとソフトメーカーで
    同じ機能を別の操作方法で用意してるってことが、他にもありそう
まきお: うん。買うまですっかり忘れてたよ。Winってそういうのは多そうだ
    よなぁ
かさい: ま、外からOSにアクセスできる経路は多いわな>Win このロックは逆
    だけど>経路
まきお: つか、ハードとOSが別のメーカーだから、シャープなり、松下なり、
    SONYなり、それぞれ、拡張しまくってるでしょう。そんな感じかなー
かさい: やっぱややこしそう(^^;) 今度さわらせてw
まきお: 買えー(笑)まぁエクセルやらなんやら付いてるのは便利っす
かさい: 最近、ケータイにもそういうの(ExcelとかPDFとかのブラウザ)つい
    てるの多いけど、やっぱ画面が小さいから見づらいんよね。W-Zero3
    は、多少なりとも画面サイズあるじゃない。QVGA(240×320)よりは
    マシでしょう。スクロールしないと見られないってのはストレス大き
    いよ
まきお: うん。まぁ、これ、640×480で最初に買ったMacと同じサイズ(^_^;)
    メモリもクロック数も数十倍ですよ(^_^;) メールやWebの一覧性は大
    きい。仕事のメールで引用がたくさんあったりすると、携帯で読めな
    いんよね。まぁ、そのあたりが買った理由ですわ。あと、キーボード
    とメモ帳が優秀
かさい: ほお、Winのメモ帳じゃなくて、だね?
まきお: うん。手書きとタイプが完全に混在できるの。CLIEも手書きメモはあ
    ったけど、手書き中心だったんだよね
かさい: ちゃんと文字認識するの?
まきお: あ、いやいや、描画ね。文字認識入力は、ザウルスゆずりのがちゃん
    と搭載されてますよ
かさい: あ、PICTとTEXTが混在できるってことか
まきお: そそ、ハイパーカードみたいよ
かさい: なるほど。ところで、本体色は何?
まきお: くろー
かさい: 黒か、新色のシルバーは、お気に召しませんでしたか
まきお: あ いや、店頭で迷っていたら、ふとみると「W-Zero3とTTのセット」
    ってのがありましてねぇ
    <http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ws/001in/index.html>
かさい: ん? セットって?
まきお: ほら、両方W-Simだから
かさい: あ、SIMが1個でガワが2つってことか! それはええかも
まきお: プラスたったの3,000円
かさい: じゃぁTTもGETしたんかい?
まきお: そそ(笑)色はZero3が黒で、TTが白、の固定セットだったの
かさい: そーゆーからくりか(笑)人気ない色抱き合わせセット(^^;)?
まきお: いやいやいや白のTTは、今回のセット用につくられたものです(^_^;)
かさい: そういえば、ブルーとグリーンとエンジでしたな>TT
まきお: TT、いいっすよ、かっこいー。電話しかできんけど(^_^;)
かさい: 電話できたらエエがな。電話機やもん
まきお: ちっこいので、非常用電池がわりですな(^_^;)
かさい: 画面も正方形でちっこいよね。まつばらさんとオソロー(笑)
まきお: あ、そうなんか、勇気あるなぁ、まつばらさん(^_^;) これ、一応Eメ
    ール機能あるんだけど、限定版なので、文字数限定されるから、本格
    的には使えない
かさい: エエのよ。あの人は(笑)電話としてしか使ってないとみた(笑)
まきお: それしかできません(^_^;)
かさい: 見た目、重たそうなんだけど>TT どない?
まきお: 軽いよ~。ちっこいし。液晶もキレイだし、音も凝ってる。いわゆる
    デザインケータイっぽいのかな?
かさい: 今スペックみた。66gかぁ、二つ折りケータイの約半分だね
まきお: 実際、キーとかすげー小さいので
かさい: 使いにくいか
まきお: いや、使いやすいよ、ボタンは押しやすい。でもこれでメールができ
    ても、おいらの視力ではむずかしい(^_^;) 数字はいいけど、英文字
    が読めません(^_^;)
かさい: 視力的にね(笑)もうあかんねー、わしら。老眼やし(^^;)
まきお: W-Zero3の電話ボタンはでかいよー(笑)
かさい: いや、普通の携帯でもボタンは見えますって(^^;) 画面の文字は読み
    づらいけど(笑)
まきお: で、W-Zero3でFLASHなんですが、まだよーわかりません(^_^;)
    どうやらIEでは見れるっぽい
かさい: 見れるはずでしょ(^^;) Winモバイル用のSDK配布されてるし
まきお: いやそれが、Operaだと見えないっぽい
かさい: えーそうなん?
まきお: うーん。まだよーわからんが、IE専用かも。あと、FLASH8だとだめ 
    ねぇ
かさい: それはまだやろー
まきお: いやほら、MX2004だと、FLASH7でパブリッシュしても、基本機能しか
    使ってなかったら6とか5のプレイヤーで見れたじゃない。FLASH8だと
    ケースバイケースではあるものの、シェイプとか、見えなくなるケー
    スが多いんだよね
かさい: FLASH8は、描画のアルゴリズムが違うっぽいもんね
まきお: なまじっかパソコンに近いだけに、どうもそのあたりの、届きそうで
    届かない感があるねぇ
かさい: ま、PCと同等の機能を求めるのは、まだ無理だねえ
まきお: そういえば、PSPも最近、FLASHプレイヤーが搭載されたとか
かさい: ですね。4/25にアップデータが公開されて、FLASHの閲覧が可能にな
    りました
まきお: なんかどんどん、CLIEになっていくねぇ。CLIE続けりゃよかったのに
かさい: 目指してるでしょうね。ゲームを媒介にしてメディアへのアプローチ
    ってのは、どこのメーカーもやってるし
まきお: あれも、ブラウザで見る形?
かさい: そそ。ブラウザに搭載された形です>FLASH まだ、メモステにSWFぶ
    っこんで見てないんで、その場合はどうなるのか、ちょっとわかんな
    いっすけど
まきお: PSPの場合は、まず、ブラウザにURL打ち込むのが一苦労(^_^;)
かさい: ですね(^^;)
まきお: まぁ、よーできてるんですけどね。そこまでやるならキーボードなん
    とかせいよ、みたいな感じはあるね(^_^;)
かさい: とりあえず、Googleをブックマークしてあるんで、そこに検索語入れ
    てジャンプ、ってやってますけど(^^;)
まきお: そんな感じでしょうねぇ(^_^;) あれはあれで、なんだかわからない
    機械になってきてる気がするよ(^_^;)
かさい: 正直、文字入力は、もうちょっと何とかしてほしいです(^^;)
まきお: まぁ、こういうデバイスでFLASH見たいとは思わないので、いいんだ
    けど(^_^;)
かさい: えーとね、これはこれで、FLASHとFLASH Liteの中間くらいのものが
    欲しいと思いましたね
まきお: というと?
かさい: UMD入れてると、すぐにメモリ不足になるし、PC用に作ったコンテン
    ツだから、PSPだと動作が重いんですよ>FLASH ちゃんと普及させる
    なら、PSPのスペックを大幅にアップするか、FLASH for PSPが必要
まきお: ああ、それはCLIEの時もそう思ったねぇ。もちろん、作り手側がそれ
    を意識して、最適化したswfを作れば可能なんだけど、PSPなり、ポケ
    ットPCなりにフォーカスしたコンテンツが出てくるほどには、メイン
    ステージではないからねぇ
かさい: 今だと、ブラウザで閲覧する方式だけど、単独のプレーヤが欲しいで
    すね。そうすれば、FLASHのゲームとか、ダウンロードして遊べると
    思うのよ。ケータイよりはずっと制約少ないと思うし
まきお: W-Zero3の方は、モグリのSAプレイヤーがあるようですよ
かさい: ベースWinだもんね
まきお: まぁ、ゲームはあんまりやんないからな、おいら
かさい: PSPはブラウザも改良すべきです。少なくとも、画面にスクロールバ
    ー付けなさい
まきお: キーでスクロールだっけね
かさい: そそ。それもガバッと移動するから、みたいところで止められない。
    上下キーでスムースにスクロールするモード付けてくれるのでもいい
    です。文字入力と、ブラウザの操作性、この2つがちゃんとできない
    と、なんぼFLASH見れるっても、誰も見ないよ>SONYさん
まきお: いやきっとそれはアレだよ、ゲーム感覚(笑)うまくコントロールで
    きればボーナスポイントが(笑)かさい: ゲームしてどうする(^^;)
まきお: ゲーム機なんだから、ゲームしないでどうする(笑)
かさい: あああああああああ(^^;)
まきお: URLも復活の呪文だと思えば(笑)
かさい: 復活の呪文のほうが入力しやすかったわい(^^;)
まきお: W-Zero3がいいマシンに思えてきたよ(^_^;)
かさい: 「塊魂」ができればW-Zero3に乗り換えます(笑)

【笠居 トシヒロ/WEBコンテンツクリエイター・デザイナー】
督促の電話やメールがないので、ちょっと空き時間が出来ると「MOTHER3」を
やってしまう、自制心の無いオレ…orz もう第7章まで来ちまった。
<http://www.mad-c.com/>

【まつむら まきお/まんが、イラスト、アニメーション作家】
つーわけで、「おしえてFLASH」は5月下旬発売予定です。よろしく~<(_ _)>
<http://book.mycom.co.jp/book/4-8399-1961-5/4-8399-1961-5.shtml>
ZERO3はもうちょい使い込んでまたレポートします。
<http://www.makion.net/>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■グラフィック薄氷大魔王[51] 
作る楽しみ(プラモデル篇)

吉井 宏
───────────────────────────────────
この連載に書いただけでも、絵・3Dアニメ・音楽・フィギュアなどなど、やた
らと何でも夢中で作りたがる僕なわけですが・・・。

「作る」ってことは僕にとって100%娯楽であり快楽なのです。クリエイター
が多いデジクリ読者には理解してもらえると思いますけど、作る楽しみにくら
べればあらゆる娯楽は一段落ちる。もちろん感銘したり楽しめた作品があるか
らこそ、「僕も作ってみたい」と思うわけなんだけど。スポーツを見て「楽し
そう。やってみたい」と思うのと似てるかもしれない。

感銘を受けたもののうち、作る過程が面白そうで、なんとか手が届きそうに思
えるものは、実際に自分で作ってみないと気が済まない、という感じ。

最近、フィギュア制作に使えるものを探しに久しぶりに模型店に入って実感し
たのは、プラモデルが少ないこと。ガンダム関係はまだまだ豊富っぽいけど、
戦車・飛行機・船などのスケールモデルが極端に少ない。僕が模型店に出入り
していた30年ほど前(ぐわっ!大昔だなあ)には、田舎の小さな店でさえ国産・
輸入物を問わずスケールモデルがギッシリ山積みだったのに。

73~74年の小学4年生の頃から、タミヤのMM(ミリタリーミニチュア)シリー
ズがブームになり、バンダイも1/48スケールの電撃機甲師団シリーズで後追い。
同時に、タミヤなど4社共同の艦船プラモのウォーターラインシリーズもブー
ムだった。タミヤニュースで最新情報を仕入れ、小遣いの続くかぎり買いまく
り、友だちと塗装の技を競いあい、トレードしあい、ジオラマを作り、そりゃ
もう大変な騒ぎ。みんな、子供部屋に連合艦隊やドイツ軍のコーナーがあった
りした。ただし、閉じこもってるわけではなく、みんなで野球したり秘密基地
作ったり、野山や海岸を駆け回ってちゃんと遊んでました。

だいたい、宇宙戦艦ヤマトがあれほどウケた理由に、戦艦大和がどういう船で
どういう最期を遂げたのかってことを小学生の男の子ならだいたい知っていた、
ってことがあるはず。ニチモ(日本模型)の1/200スケール(全長130cm)の戦
艦大和がみんなのあこがれだった。たしか2万円くらいで、当時の小学生には
高嶺の花(Web検索したら現役で売っててビックリ)。やはり映画や戦記マン
ガやプラモデルの影響だろう。また、「実在した本物」を縮小したスケールモ
デルには、テレビの空想SFの乗り物やロボットなど足下に及ばない「重み」を
感じた。

余談1。同級生T君のお父さんが趣味に打ち込む人で、ラジコン飛行機で部屋中
いっぱいにしたり、庭全部を大小さまざまな池にして鯉を飼ったりとか。一時
期はプラモに熱中したらしく、押し入れの上下いっぱいに未組み立てのプラモ
デルの箱が詰め込まれていて、それらを近所の子供達に市価の何分の一で分け
ていたことがあった。おかげで普通の子の何倍もたくさんのプラモを手に入れ
られた。

とにかく作りまくった。地元のプラモコンテストにも出したし、模型店のウイ
ンドーに飾られもした。作らなくなったのは高校2年頃。興味がイラストに移
り始めたこともあったが、200円の1/72スケールのメッサーシュミット戦闘機
なんかを作るのに何千円の資料写真集を集めたり必要以上に凝りまくって何か
月かかっても完成しない。楽しみのバランスが破綻し、手軽の域を超えてしま
ったのが原因だろう。最期に作ったのはなぜかミリタリーものではなく、当時
のあこがれのクルマ、ホンダステップバンだった。

ところで当時、プラモデルには「部品を組み立てるだけで誰でも同じものが出
来てしまう、作る楽しみが少ないインチキ模型」というイメージが残っていた。
今の子には信じられないだろうけど、(プラモデルでない)模型飛行機のキッ
トの箱には、木ぎれ・竹ひご・翼に張る和紙くらいしか入ってなかったのだ。
接着剤は当然自前。それらを説明図を見ながらナイフ等の工具を使って整形・
組み立てるのは、男の子にとって普通のことだった(僕の場合、竹ひごを曲げ
るのが苦手で、ゴム動力ライトプレーンがまともに仕上がったことはないのだ
が)。

プラモデル登場以前には木製のスケールモデルキットというものがあり、上の
世代のお兄ちゃんたちはひたすら木片を削っていたはずだ。僕の時代でさえ、
Uコン雑誌の図面や解説を参考に自分でバルサ材などを買ってきてゼロから作
っていた。もっと以前の小学低学年の頃には図書館で借りた「子供の科学」の
記事を見て、厚紙を積み重ねてクラシックカーや飛行機模型を作っていたもの
だ。そりゃーもう、楽しい世界だった。

作る楽しみを手軽に味わえるプラモデルさえ衰退してるのは、もの作り日本の
危機だと思う。もちろん、先日書いたワンフェスの人々をはじめ、ものすごい
作り手がまだまだ日本に大勢いるのは知っている。しかし30年ほど前までは、
マニアでない普通の小学生までもが第一級の娯楽として、(模型に限らず)工
作を楽しんでいた。

今は娯楽が多いから、手間暇のかかる模型作りが廃れるのはしかたないんだろ
う。テレビゲームやマンガさえ面倒な子供が増えているとも聞く。ミニ四駆で
もガンプラでもなんでもいいから、作ったり工夫する楽しさを子供のうちに知
ってほしい。あ、子供のクッキングなどは盛んかもしれんけど。

(今回、まるきりオジサンの思い出話&説教じゃないかー。)

余談2。先日テレビで見た、加山雄三氏が友人を招待して「和洋中華どれにす
る?」。全部自分で完璧に作れちゃうって話。おまけに中華回転テーブルまで
自作。「えっ? 簡単だよ」。金持ちなんだから買えばいいのに、楽しいから
作っちゃうんだろうな。

【吉井 宏/イラストレーター】hiroshi@yoshii.com
フィギュア制作の経過は、ブログを見てください~。シリコン型取りとレジン
流し込みのテストに成功し、現在、本番第一作目の仕上げ過程中。とはいえ、
かかりきりになれないのがツライところ。

HP <http://www.yoshii.com>
Blog <http://graphic.pastel.co.jp/yoshii/>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(5/10)
・「アジアグラフ」参加裏話、その2。90センチ×45センチの薄い板16枚を束
ねて、手持ちで横浜まで運ぶ。重いしかさばる。満員電車には乗れないので、
早朝6時半の電車、それにしても早すぎて開場までの1時間を海の見える公園で
過ごす。展示が始まると、最初与えられた4メートル壁面は6メートルまで拡張
された。うれしいけど計算が狂う。とにかく壁面の製作に入る。大間違いだっ
たのは角材を切断したことで、つなぎあわせて金属ジョイントを木ねじで止め
ても、ふにゃふにゃで、とっても弱く使いものにならない。板を打ち付ければ
補強されるかと思ったが、板のほうもちいさく切ってしまったので、これで角
材を支えることは不可能だ。木製の壁面計画は大失敗である。A3パネルは吊る
ことで解決したが、小さくて数の多いA3パネルはどうすればいいんだと泣きた
くなる。そこに現れた助っ人。わざわざ長野から来てくれた作家さんが、わた
しがあきらめて捨てようとした角材と板を器用につなぎあわせて、小さな壁面
をつくってくれた。そこにぴったりとA3パネルを配置できたのであった。いや
はや、この人が現れなかったら展示はいつになっても終わらなかったのでは。
ラッキー。整然とした展示が完成し、広大な展示スペースすべての中で一番の
密度と濃度(なんの?)を誇る一区画となったのであった。いい教訓を得た。
展示物を支える角材は、絶対に途中で切ってつないだりしてはダメ。(柴田)

・類焼した友人らと会った。会うのは数年ぶりなのに、つい最近まで会ってい
たような感覚で話してしまう。被害に遭った友人は、想像していたよりは元気
そうだった。必要なものを購入したり、新しい家を探していたりと、心が未来
を向いている。もう一人の友人からはマンションを買ったばかりと聞かされて、
頭を鈍器で殴られたようなショックを受けた。一人暮らしなのに市内中心地に、
家族持ちサイズの24時間有人管理体制の高層マンション。結婚している友人か
ら買ったと聞かされても気にならないのだが、彼女は独身、事務員をやってい
る。男性なら年収が上がっていくだろうが、女性の事務員というのはさほどお
給料はあがらないし、同年代の男性よりは遥かに少ないだろう。頭金と残りの
ローンも、そのお給料から捻出。楽しみは残しつつ、締められるところは締め
た堅実な生活。マンションを買うこと自体が凄いことなんじゃなくて(凄いけ
ど)、自分の人生に真剣に向き合い、設計後に計画をたてて実行し、努力し続
けてきたことが凄いの。そして、これからもそれを続けていける強さもあるの。
仕事が~などと話している自分は、生活をおろそかにしてしまっているし、ど
うにかなるやとどんぶり勘定、覚悟が足りない。彼女が輝いて見えました。
                            (hammer.mule)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行   デジタルクリエイターズ <http://www.dgcr.com/>

編集長     柴田忠男 
デスク     濱村和恵 
アソシエーツ  神田敏晶 
リニューアル  8月サンタ
アシスト    鴨田麻衣子

情報提供・投稿・プレスリリース・記事・コラムはこちらまで
                        
登録・解除・変更・FAQはこちら <http://www.dgcr.com/regist/index.html>
広告の御相談はこちらまで  

★等幅フォントでご覧ください。
★【日刊デジタルクリエイターズ】は無料です。
お友達にも是非お奨め下さい (^_^)/
★日刊デジクリは、まぐまぐ<http://mag2.com/>、
E-Magazine<http://emaga.com/>、カプライト<http://kapu.biglobe.ne.jp/>、
Ransta<http://ransta.jp/>、melma!<http://melma.com/>、
めろんぱん<http://www.melonpan.net/>、MAGBee<http://magbee.ad-j.com/>、
のシステムを利用して配信しています。配信システムの都合上、お届け時刻が
遅くなることがあります。ご了承下さい。

★姉妹誌「写真を楽しむ生活」もよろしく! <http://dgcr.com/photo/>

Copyright(C), 1998-2006 デジタルクリエイターズ
許可なく転載することを禁じます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■