買い物の王子さま[125] 美味しくなる器/石原 強

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,400文字)


暑い夏を乗り切るにはビールが欠かせません。渇いた喉に冷えたビールを流し込む、その瞬間がたまりません。家で飲むのはもっぱら缶ビール、つい一気に飲んでしまいます。そのまま2本、3本と続けては、すぐお腹が一杯になってしまうしカロリーも気になります。少し控えめに飲みたい。

すこしずつ飲むにのなら、缶そのままでなく小さめのカップに移せばいい。雰囲気良く美味しく飲めるようなカップを探してみました。目をつけたのがウェッジウッドのナイト&デイシリーズのビアマグです。


ウェッジウッドは、言わずと知れた創業200年を超えるイギリスの陶磁器メーカー。伝統の技術に美しさを兼ね備えた一流ブランドです。ブランドを代表するのが「ジャスパーウェア」。釉薬を使わずに生地に顔料を練り込んで作り出す独自の製法で、しっとりとした質感が魅力です。優雅な形に繊細な模様は、食器だけではなく装飾品やアクセサリーとしても人気があります。

豪華な食器では普段使うには躊躇してしまいますが、中にはシンプルで日常でも使えるような商品もあります。ストライプの模様がシャープな印象のナイト&デイシリーズもその一つです。ジャスパーウェアの素材感に現代的なデザインを施したのがナイト&デイシリーズのビアマグなのです。

---
このビアマグは、雑誌などで「ウェッジウッドのビアマグで飲むとビールの味が違う」と紹介され人気が出ました。クリーミーな泡が立ちやすく、保冷性が高いためにビールがぬるくなることを気にせず楽しめるという点は、とても魅力的!
---

見つけたのは洋食器専門店の「夏のビールは誰と飲む?」と題した特集ページです。ヨーロッパの有名ブランドの製品は一通り揃う圧倒的な品揃えが魅力のお店。しかも現地で直接買い付けるためにデパートで買うより2割〜3割安い。このビアマグも標準価格の3割引です。

中でも一番小さいSサイズで、他の食器とマッチするアースカラーの「プリムローズ」を選びました。届いたカップは、うっすらとグリーンがかったクリーム色でサイトで見たよりも繊細な印象です。手に取るとざらっとした石の感じが温かい。

ゆっくりとビールを注ぐとサイトの言葉どおりきめ細かい泡が立ちました。麦芽100%のプレミアムビールから発泡酒、最近流行の第3のビールまでこのカップに入れてしまえば、銘柄を気にすることなくどれも一段上の美味しさで楽しめます。

予想以上に手軽で美味しく飲めるカップだと一人悦に入っていたら、カップを洗っていた家人から「ふうん、これってウェッジウッドだったんだ、地味だから、どこか田舎の窯元で作っているのかと思ってた」とのお言葉。笑って聞き流したけど、内心穏やかではないのでした。

ビアマグを買ったお店「ル・ノーブル」
< http://www.le-noble.com/ >

【いしはら・つよし】info@webanalyst.jp
ウェブプロデューサー、ウェブアナリスト
発泡酒や第3のビールには味に物足りなさを感じていました。最近ではずいぶん美味しくなったし、ビールとはちょっと違った飲み物と考えれば、すっきりした風味が蒸し暑い日にはぴったり。新製品を飲み比べるのも楽しい。
・ウェブアナ
< http://www.webanalyst.jp/ >

photo
The Prestige ウェッジウッドの芸術
講談社
講談社 2004-06-23
おすすめ平均 star
starとにかく美しい。

ヨーロッパ アンティーク・カップ銘鑑 欧州陶磁紀行―マイセン|ウェッジウッド|セーヴル ウェッジウッド物語

by G-Tools , 2006/07/25