音喰らう脳髄[4] フリークスを解放せよ/モモヨ(リザード)

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約900文字)


ジムノペディアfunction code(); は、先週末に大阪でDVD発売のコンサートを敢行したという。結果はまだ聞いていないが、うまくいっていることを願う。

その週末、私は荒川区内で、この春、私をバックアップしてくれたAUTO-MODのメンバー、マネージャーの方々とミーティングをしていた。この秋、新宿ロフトでやるギグでのライブセットを話し合うためである。

フライヤーができていたので、それを持参してくれていたが、タイトルは「FREEKS OF THE LEGEND」という。伝説の怪人たちということである。

で、どのような怪人達が出演するかといえば、AUTO-MODは当然ながら、モモヨ&リザード、それにM.J.Qというラインアップだ。M.J.Qとは、遠藤みちろう、クハラカズユキ、山本久土からなるユニットだ。DJは高木完。出演者のラインアップを見ても、なんかとんでもない感じだよね。フライヤーもかなり危ない感じに出来ている。どちらかと言うとゴス風味というか。


私は、春にAUTO-MODのバックアップで演奏した、その展開版をやる。あとの二つは、いまの有様をそのままみせてくれるだろう。私自身は、いつも書いているとおり、本気でロックする、それしか考えていないが、やはり一つの企画でみんなと共闘して、何かが生まれてくれれば、それは嬉しい。

ロックを健全な人類の手から、ふたたび、フリークスの手に奪還する。このタイトルにこめられているのは、そうした意志であろう。健全な人としての人生も実際は、ワイルドサイドぎりぎりいを歩いているのが、現代の特徴である。

いわば、今やすべての人類の中にフリークスが宿っているのだ。こうした視点からタイトルを見直すと、私たちの内部、檻に閉じ込めておいた封印されたモノを解き放とうではないか、そういう意味にもとれる。

……とにかく、ロックするのだ。この秋。

これまで、ひとのことばかりを書いてきた。おまえはどうなのだという声が聞こえてきそうなので今回は、10月20日に新宿ロフトでやるイベントのことを書いた。

モモヨ(リザード)管原保雄
< http://www.babylonic.com >

photo
岩石庭園
LIZARD
徳間ジャパンコミュニケーションズ 1991-08-25

by G-Tools , 2006/08/29