イベント案内 GINZA PHOTOGRAMM 2006〜瞬間(とき)を銀座から

投稿:  著者:  読了時間:1分(本文:約400文字)


CAPA’S EYE―ロバート・キャパの眼が見た世界とニッポンGINZA PHOTOGRAMM 2006実行委員会の主催。銀座の目抜き通りを会場にした屋外写真展。世界初の屋外での焼き物(陶板・タイル)仕様のフォトギャラリーと、銀座の街路灯でのフラッグ(幅70センチ、高さ180センチ)による作品展示。陶板・タイル作品は、銀座通り歩道植栽部(35ヶ所)に秋の植栽と共に展示。高精細で両面同時熱転写プリントしたフラッグ作品は、銀座通り・晴海通りの街路灯(129カ所)に展示している。また、携帯電話用共通ICリーダ・ライタやQRコードを活用して詳細情報へアクセスできる。写真はロバート・キャパやアンリ・カルティエ・ブレッソンなど世界の写真家28人による44点。


会期:9月9日(土)〜10月13日(金)但し、陶板・タイル展示は12月10日まで。

< http://www.ginza.jp/ga-gf2006/index.html >

photo
アンリ・カルティエ=ブレッソン写真集成
Henri Cartier‐Bresson 堀内 花子
岩波書店 2004-07
おすすめ平均 star
starもしお持ちでないなら、買っておいて損はないです。

Henri Cartier-Bresson (Masters of Photography Series) A Propos De Paris 僕とライカ 木村伊兵衛傑作選+エッセイ Henri Cartier Bresson: City and Landscapes The Mind's Eye: Writings on Photography and Photographers

by G-Tools , 2006/09/11