買い物の王子さま[132]長距離移動を快適に/石原 強

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,500文字)


マンダリナ ダック ヴィータ キャリーケース グリーン 高42×横31×奥行18cm今年一番活躍した持ち物と言えば、出張用のキャリーケースです。毎週、仕事で東京-名古屋を新幹線で移動する時に、いつも重宝しています。それまで使っていたショルダーバッグは、書類とパソコンに着替えを詰めるともうパンパン。重さで体が傾く感じがして移動も辛かった。

以前、重い鞄を肩に下げて出張に出かけようとした時、エレベーターに乗合わせた同僚が背の低いキャリーケースを持っていました。使い心地を聞いてみると「必要なものを放り込んで行けるから便利だ」とのこと。私の場合は、せいぜい一泊だからちょっと大げさかなとも思ったけど、肩凝りにも悩まされているので探してみました。


デパートのビジネスバッグ売り場に行ってみると、いくつか見つかりました。ビジネスマンに人気のブランド「TUMI」のものは、つくりも良くて見た目もカッコいいけど、値段は10万円を超えています。あまり使わないかもしれないから、あまり高いお金も出せません。

その点、国産のものは値段は手頃だけどイマイチ垢抜けないのです。それに、どうせ買うなら他人が持ってなさそうものが欲しい。お店やネットをいろいろ探して選び出したのが、イタリアのバッグブランド「マンダリナダック」のキャリーケースです。独特の丸みを帯びたデザインのかわいさに惹かれました。機能性も十分。

---
水はじきがよく、耐久性の高い軽量素材であるポリウレタン樹脂を採用することにより、鞄自体のキャパシティーを拡げ様々な状況にも対応し得るパフォーマンスを備える。
---

最近、マンダリナダックは日本での販売から撤退してしまったので、デパートに並ばなくなり手に入りにくくなっていました。そのため、ネットでマンダリナダックのバッグの在庫が充実しているお店を選びました。他にもゼロハリバートンやリモワなどを扱うビジネスバッグの専門店です。

PCケースが付属して3万円を切る値段に納得して注文。確認メールの指定口座に代金を振り込むと、翌日には発送のお知らせがあり、3日後には手元に届きました。

実際に使ってみると、歩くたびに肩に食い込んでくるショルダーに比べて、引きずってあるくキャリーケースはずっと快適です。スペースに余裕があるので、書類などの持ち物が多少が増えても問題ありません。

旅行に使うような背の高いケースは、イスの上にある棚に持ち上げるのが大変だし、混んでいると入らないことがあります。足下に置くと窮屈になります。その点これなら、半分の高さだから足の下にぴったり収まります。

道の段差に引っかかったり、雨の日は濡れてしまったりと、ちょっとした不便も感じます。特に駅は階段が多いので困ります。それでも大概はエスカレーターやエレベーターがあるし、大きめの取っ手も持ちやすい。

使って問題はないけれど気になる点もあります。引き出し式の取っ手にちょっとぐらつきがあること。あまり一杯に詰め込むと、置いた時にバランスを崩して転がってしまうことです。このあたりはイタリアブランドらしいおおらかさということであきらめるが肝心です。

キャリーケースを買ったお店「トレジャープラネット」
< http://www.rakuten.co.jp/glv/ >

【いしはら・つよし】info@muddler.jp
ウェブプロデューサー、ウェブアナリスト
カレンダーもいつのまにか最後の一枚。毎年この季節はせわしない。メンバーの年末年始の休暇を確認して、いつもより速くスケジュールを立てなければならない。しかも、私は三が日の休みを確保するので精一杯。
・ウェブアナ
< http://www.muddler.jp/ >