[2115] ショックな年の瀬

投稿:  著者:  読了時間:13分(本文:約6,400文字)


<素晴らしいひとたちですありがとうどうもありがとう>

■音喰らう脳髄[18]
 ショックな年の瀬
 モモヨ(リザード)

■クリエイター手抜きプロジェクト[112]Photoshop CS2編
 引用符を変換する
 古籏一浩

■泰国パパイヤ削り[X6]
 販売代理契約草案。
 白石 昇

---PR-----------------------------------------------------------------
  ポスター印刷やチラシ・小冊子の印刷は特売プレスにおまかせ下さい!
 B1サイズ ポスター100枚 81,900円〜   ポケットフォルダー印刷も対応
   〜印刷業界向けPDFであるPDF/X-1a入稿も多数実績があります〜
                     http://www.ddc.co.jp/tokupre/
        入稿データについては→[ http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/ ]
-----------------------------------------------------------------PR---


■音喰らう脳髄[18]
ショックな年の瀬

モモヨ(リザード)
───────────────────────────────────
これほどショッキングな年越しを、私はいまだかつて経験したことがない。なにがショックかと言えば、フセイン元大統領の処刑である。ネットなどで処刑の隠し撮りムービーが流出していたようだが、私が受けた衝撃はそうしたもの由来ではなく、その処刑理由についてであった。その一つ、人道についての罪、これである。

その後、幾人かの論者が私と同じショックを受けたようで、テレビでも論じていたが、これはまさにこの国が第二次大戦敗戦処理の中で行われた東京裁判の断罪事由そのものであり、この法的根拠のない判決のおかげで、私たち日本人は長きに渡り苦しみ、論争を続けてきたはずのものである。

いま、私は『法的根拠のない判決』と書いた。しかし、この文章は実は既に破綻している。実は、判決というものは、常に法的根拠を持たねばならないはずのものだからだ。いや、そもそも裁判というものは、ある法規制のもとで裁かれるべきはずのものである。一定の法をもたずに人を裁くなど、考えてみれば、たんなる裁判ごっこ、茶番でしかない。

この点、裁判中「この裁判は茶番だ」と叫んだフセイン元大統領は正しかった。

せっかく裁判という手続きを設けたのだから、まさかこれほど拙劣な最後を迎えるとは思わなかったが、結局、この私刑に等しい処刑である。数年の長きに渡ったイラクの問題もたぶんさらに紛糾するだろう。同じ事が繰り返されていけば、この国から血の臭いが消える日は遠のくばかりだから。

そんな年の瀬の出来事があったせいで、正月は東京裁判に関して手持ちの書籍をあちらこちらと眺めていた。この裁判があって、鵺のような似ても焼いても食えない保守政党の一党独裁に似た体制のもと、私たちは高度経済成長期と称される冷戦時代を過ごしたのだ。そんなことを考えていたのであった。

背後にその鵺のような怪物がうごめいている。私には、そうとしか見えないのが、年明け、首相が口にした『美しい日本』である。白を黒といい黒を白という、あるいは白黒をはっきりさせずに灰色の中に全てを誤魔化す、戦後期の日本は、そうやって難局をしのいできたが、それが日本人の美徳だとは思えないし、美しいとも思えない。

水墨画のごとき、白紙に墨で美を現出させたことがあるのが日本人である。明晰なものを見る目を忘れてしまえば、美しさも見えなくなろう。

なんて少し気張った新年。今年は勝負だ。

Momoyo The LIZARD
管原保雄
< http://www.babylonic.com/ >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■クリエイター手抜きプロジェクト[112]Photoshop CS2編
引用符を変換する

古籏一浩
───────────────────────────────────
今回はPhotoshop CS2で引用符である "〜" を “〜” のように変換するスクリプトです。前々回のWeb編とは少し異なっています。Photoshop CS2で動作確認していますが、CSでも問題なく動作するはずです。

スクリプトは3種類用意しました。スクリプト1は、変換したい引用符があるテキストレイヤーを選択してから実行します。選択したレイヤーのみ引用符が変換されます。

スクリプト2は全てのレイヤーを調べてテキストレイヤーだった場合に引用符を変換します。スクリプト3はスクリプト2の改良版で、引用符が正しく閉じられていない場合、レイヤー名を表示するものです。

いずれのスクリプトも文字の色などを指定する前に実行してください。


【スクリプト1】
LQ = "“"; // 開始カッコ
RQ = "”"; // 閉じカッコ
layObj = activeDocument.activeLayer;
if (layObj.kind == LayerKind.TEXT)
{
count = 0;
result = "";
text = layObj.textItem.contents;
for (j=0; j< text.length; j++)
{
c = text.charAt(j);
if (c == '"')
{
c = LQ;
if (count & 1) c = RQ;
count++;
}
result += c;
}
layObj.textItem.contents = result;
}


【スクリプト2】
LQ = "“"; // 開始カッコ
RQ = "”"; // 閉じカッコ
layObj = activeDocument.artLayers;
for (i=0; i< layObj.length; i++)
{
if (layObj[i].kind == LayerKind.TEXT)
{
count = 0;
result = "";
text = layObj[i].textItem.contents;
for (j=0; j< text.length; j++)
{
c = text.charAt(j);
if (c == '"')
{
c = LQ;
if (count & 1) c = RQ;
count++;
}
result += c;
}
layObj[i].textItem.contents = result;
}
}


【スクリプト3】
LQ = "“"; // 開始カッコ
RQ = "”"; // 閉じカッコ
layObj = activeDocument.artLayers;
for (i=0; i< layObj.length; i++)
{
if (layObj[i].kind == LayerKind.TEXT)
{
count = 0;
result = "";
text = layObj[i].textItem.contents;
for (j=0; j< text.length; j++)
{
c = text.charAt(j);
if (c == '"')
{
c = LQ;
if (count & 1) c = RQ;
count++;
}
result += c;
}
layObj[i].textItem.contents = result;
if (count & 1)
{
alert("【"+layObj[i].name+"】レイヤーの括弧が閉じられていません");
}
}
}


【古籏一浩】openspc@po.shiojiri.ne.jp
< http://www.openspc2.org/ >
あけまして、おめでとうございます。今年もよろしく、お願いします。
何となくハイビジョン映像素材で24フレーム素材も用意してみました。
< http://www.openspc2.org/HDTV/ >


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■泰国パパイヤ削り[X6]
販売代理契約草案。

白石 昇
───────────────────────────────────
白石昇です。

二千冊以上のエロ本を彼らの宿に運び終えると、手伝ってくれた二人と一緒にごはんを食べました。ちょっとした店はまだ開いていない時間だったのでそのあたりの屋台で食べました。

そして一緒に食事をとりながら、この人たちはいい人だな、と心の底から思いました。

いきなり連絡もなく押しかけて来たと思ったら、朝から叩き起こされて拉致されるように連れて行かれ、変なおじさんに怒鳴られたのです。

そして、総重量三百キログラムもの荷物を運ばされたあげく、一食日本円にして一五〇円未満の朝食をおごられるだけで何の不満もも言わないどころか、良かったですね、と言ってくれるのです。

素晴らしいひとたちですありがとうどうもありがとう。

感謝の気持ちを強く惑じつつ彼らの宿に戻る途中、新しく代理人になってくれる予定の会社にいる友人に電話して、うまくいきました、と報告しました。

そして、販売代理をしてもらう予定の冊数を聞いてから、その分だけをタクシーに乗せ、友人がいるその会社へと向かったのです。

残りはとりあえず二人の宿で預かってもらって、明日この近くの郵便局から船便で全部送ってしまえばいいと思っていたのです。

会社に着くと、いきなり友人女性から日本語と英語の販売代理契約書の草案が渡されました。その書類には昨日、北京ダックとハイネケンを摂取しながら話し合った条件通りで、これ以上ないほどにきちんと出来上っていました。

白石さん、ちゃんと見てチェックして下さいね、と彼女に言われ、ちゃんと読んでみたのですが二度読んでも三度読んでも四度読んでみても、そこに書いてある事には全て昨日話したことと同じで何一つとして問題はありませんでした。

全部売れたにしてもたかだか日本円にして一万円かそこらの利益しかないのにここまで時間と手間を使って、ちゃんとしてくれる事を単純にうれしく思いました。

そしてすぐに電話を借りてノート=ウドム・テーパー二ットの事務所に電話したのです。運良く本人がつかまりました。

今日か明日に新しい代理人を紹介したい、と言うと、今日の午後ならいる、という答えが返ってきました。受話器の口の所を手で塞ぎながら友人女性にその旨を告げると、こっちの方は今からでもいいですよ、とおっしゃいます。

じゃ今から行きます、と言って電話を切り、会社の外からタクシーに乗り込みます。友人女性とその会社の経理担当女性との三人で。なにもかもが急激に動きだしていました。

ほんの何時間か前には、変なおじさんのマンションで生まれてから今まで一度も受けたことがないような高密度かつ高強度の罵倒と非難を浴びていたこと自体、違う世界で起こったことのような気がしました。

この流れなら記者会見の件もなんとかなるのではないかと思えて来ました。

つづく。

【しらいしのぼる】< http://www.mag2.com/m/0000012912.htm >
言語藝人。昭和44年5月1日長崎県西彼杵郡多良見町生まれ。『抜塞』で第12回日大文芸賞を受賞。訳書にノート=ウドム・テーパニット『エロ本』『gu123』。

バックナンバー
< http://ana.vis.ne.jp/ali/antho_past.cgi?action=article&key=20050618000038 >
< http://bn.dgcr.com/archives/18_/ >
エロ本販売サイト↓
< http://hp.vector.co.jp/authors/VA028485/erohonyakaritenpo.html >
報道実績
< http://hp.vector.co.jp/authors/VA028485/erohonyakaritenpomedia.html#erhn-press >
書評リンク集(書評wiki)
< http://mystery.parfait.ne.jp/wiki/pukiwiki.php?%A5%CE%A1%BC%A5%C8%A1%E1%A5%A6%A5%C9%A5%E0%A1%A6%A5%C6%A1%BC%A5%D1%A1%BC%A5%CB%A5%C3%A5%C8 >
mixi —エロ本コミュニティ
< http://mixi.jp/view_community.pl?id=38847 >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(1/9)

・大晦日にテレビが来た。といってもフルスペックハイビジョンの最新鋭機ではない。娘の家で粗大ゴミに出すという超古(フル)スペックの15インチテレビデオだ。わたしの仕事部屋の机に15インチモニタがアイワ、三菱、ソニーと3台並んだ。この正月は箱根駅伝をちらちら見ながらデータ入力を続けていたが、この実況中継はとにかくCMが多すぎる。そんな中で異色のCMが「ないものはつくるしかない」というサッポロビールの社員60人によるミュージカル巨編(笑)だった。これは大変な衝撃だった。感動したのではない。あまりの素人芸に鳥肌が立った。サブイとかイタイとか表現すべきなのだろうか。その歌のひどさといったら。そのミュージカルの恥ずかしことといったら。いや、ほんと胸がドキドキしてきた。いまどきこういうヘボい企業広告を大まじめでつくる、おおらかな会社があるというのはある意味うれしいけど。誰がつくったんだ、責任者を呼べってんでサッポロのサイトにいってみたら、特集サイトがあってあの恥ずかしい歌が延々と流れているのが恐怖だった。制作スタッフは外国の有名なクリエイターたちらしい。美術も振付師もメジャーなお方らしい。そうか、それは悪かった、わたしに見る目がなかった、本当はすごい作品なのだ。あらためてサイトにあるムービーを見たが、やっぱり恥ずかしいだけでちっともいいとは思えない。駅伝復路では、このCMが出たら即行テレビを消した。120秒もガマンできるか。「ないものはつくるしかない」という会社のこだわりは立派だとは思うが、歌って踊らなくてもちゃんと伝える方法はあると思う(もっとリーズナブルに)。なんだか壮大な無駄遣いをしているように感じる。広告代理店にのせられたのか。わたしが株主だったら怒るよ。(柴田)
< http://www.sapporobeer.jp/naimono/ > ミュージカル!

・年末のイベントに来てくださった皆様、ありがとうございました! 「話し上手な変態は受け入れられる」という言葉がツボ。言葉だけ書いても真意は伝わらないかも。他にもいくつかあってメモしたよん。ペレストロイカのメイキングも興味深かったよ。イベント後は打ち上げやって、大人数でカラオケボックスへ。Wiiを持ってきている人がいたので、カラオケボックスの大画面テレビで遊ぼうと画策したが接続できず断念。一応、注意書きは読んだんだけど、やっぱまずいでしょ、という話にもなったのさ。大人数でWiiやったら面白かったと思うんだよね。/日刊バトル大賞で丸藤三冠。/Mさんに「塊魂くん」を教えてもらう。FOMA携帯でできるファミコンみたいなゲーム。結構難しかったよ。/洋服の青山でgigabeatが安い。うちの弟は30ギガに魅力を感じ、持っているUSBメモリの容量が足りないからと思わず並んでしまったそうだ。明日からはネット予約がはじまるって。(hammer.mule)
< http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20061225-134746.html >  丸藤三冠
< http://www.bandainamcogames.co.jp/mobile/imode/namcogames/ >  塊魂くん
< http://wws.aoyama-syouji.co.jp/gigabeat/ >  gigabeatが洋服の青山で