クリエイター手抜きプロジェクト[113]Illustrator CS2編 引用符を変換する/古籏一浩

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,500文字)


今回はIllustrator CS2で引用符である"〜"を“〜”のように変換するスクリプトです。(まあ、前回のIllustrator版です)

スクリプトは二種類あります。スクリプト1は、変換したい引用符があるテキストフレームを選択してから実行します(テキストフレーム/テキストエリア内の文字を選択しないでください)。テキストフレームは複数選択でき選択したテキストフレームのみ引用符が変換されます。

スクリプト2はスクリプト1の改良版で引用符が正しく閉じられていない場合、警告を表示します。どちらのスクリプトも文字の色などを指定する前に実行してください。文字の色などを指定してしまった場合には文字のみ置換され色などは最初に置換された引用符の属性が反映されてしまいます。


【スクリプト1】
LQ = "“"; // 開始カッコ
RQ = "”"; // 閉じカッコ
function convertQ()
{
selObj = activeDocument.selection;
for (i=0; i< selObj.length; i++)
{
for (j=0; j< selObj[i].paragraphs.length; j++)
{
count = 0;
result = "";
try { len = selObj[i].paragraphs[j].contents.length; }
catch(e) { break; }
for (k=0; k< len; k++)
{
c = selObj[i].paragraphs[j].contents.charAt(k);
if (c == '"')
{
c = LQ;
if (count & 1) c = RQ;
count++;
}
result += c;
}
selObj[i].paragraphs[j].contents = result;
}
}
}
convertQ();


【スクリプト2】
LQ = "“"; // 開始カッコ
RQ = "”"; // 閉じカッコ
function convertQ()
{
selObj = activeDocument.selection;
for (i=0; i< selObj.length; i++)
{
for (j=0; j< selObj[i].paragraphs.length; j++)
{
count = 0;
result = "";
try { len = selObj[i].paragraphs[j].contents.length; }
catch(e) { break; }
for (k=0; k< len; k++)
{
c = selObj[i].paragraphs[j].contents.charAt(k);
if (c == '"')
{
c = LQ;
if (count & 1) c = RQ;
count++;
}
result += c;
}
selObj[i].paragraphs[j].contents = result;
}
if (count & 1)
{
alert("括弧が正しく閉じられていません");
}

}
}
convertQ();


【古籏一浩】openspc@po.shiojiri.ne.jp
< http://www.openspc2.org/ >
夕方5時〜5時半あたりはアクセスが集中してサーバーにつながりにくい状態になってます。できれば違う時間帯にアクセスしてもらえると助かります。頑張れば6回に1度くらいはつながりますf(^^;
今月末にAjaxライブラリリファレンスが発売されます。こちらも、よろしく。
< http://www.bnn.co.jp/books/2007/01/ajax_1.html >


photo
改訂第4版 JavaScript ポケットリファレンス
古籏 一浩
技術評論社 2006-10-18
おすすめ平均 star
star中級者向けです。

[改訂版] PHP ポケットリファレンス プロとして恥ずかしくないJavaScriptの大原則 改訂新版 SQLポケットリファレンス プロとして恥ずかしくないスタイルシートの大原則 詳解 HTML & XHTML & CSS辞典

by G-Tools , 2007/01/15