買い物の王子さま[134]毎朝の習慣を見直す/石原 強

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,300文字)


年末、仕事が忙しかったせいか「ちょっと顔色が悪いんじゃない?」と言われてしまいました。ネットで「健康的な肌をしていると、その人の“格”をもうひとつ上げる云々…」という記事をみかけて考えました。新年からは、これまでよりもきちんとスキンケアをしてグレードアップしよう。

手始めに、毎朝の「ひげ剃り」から。いままでは毎日やらなければならない面倒事と思っていたけど、シェービング用品専門店サイトの記事で考えを改めました。スキンケアとひげ剃りについて丁寧に解説していました。やり方ひとつひとつに意味があることがわかると、なかなか奥が深い。書いてあるようにやってみたくなります。


まずは道具を見直します。なくてはならないシェービングホルダー。これまでも、カミソリで剃っていたのでホルダーは持っていたけど、重さが大事ということ。サイトには色んな形のものがありましたが、金属製でシャープなデザインのものを選びました。今使っているカミソリの替え刃がそのまま使えることも大事です。

それにシェービングブラシ。シェービング剤を塗るだけなら必要ないと思って、これまでは使っていませんでした。本当は石鹸を泡立てるだけでなく、顔の上でブラッシングすることで毛穴の汚れもとれるのだそうです。それに適したブラシの素材は「アナグマ毛」とのこと。

---
アナグマの毛は油がたっぷり含まれているので、1本1本の毛先がシャープでこ
しがしっかりしています。そのため、毛穴の中まで毛先が入り込み、汚れや古
い角質を更にかき出します。
---

このお店オリジナルのものを選びました。昔ながらの雰囲気を持ったものが多いのですが、柄の部分がカラフルな色のストライプという軽い雰囲気で気に入りました。しかも他のものよりちょっとリーズナブル。シェービングホルダーとブラシをあわせて注文すると、2日後には手元に届きました。

早速実践です。まずは泡立てから。石鹸は子供用に使っている無添加のものを流用します。ブラシに石鹸を付けて、これを顔の上で泡立てます。最初くすぐったい感じがしたけど、これが癖になるほど気持ちが良い。

シェーバーは、これまで使っていたものよりグリップが太いので濡れた手でも持ちやすい。でも「重さ」は使い心地に影響するものかと半信半疑でした。実際にやってみると、確かに顔の上をすーっと滑るように自然に剃れるのです。

やってみると、なんとも言えないアナログな感覚が心地よくて新鮮です。しばらくしてから鏡を見たら、ちょっと健康的になったみたいと自己満足。でもスキンケアの効果以上に、年末年始の休暇で息子と一緒に早寝早起きの生活改善をしたことの方が良かったのかもしれません。

シェービングホルダーとブラシを買ったお店「カミソリ倶楽部」
< http://www.kamisoriclub.co.jp/ >

【いしはら・つよし】info@muddler.jp
ウェブプロデューサー、ウェブアナリスト
ちょっと遅くなりましたが、今年もよろしくおねがいします。お正月は近くのお寺に初詣。願いは「今年も良い買い物ができますように」
・ウェブアナ
< http://www.muddler.jp/ >