展覧会案内/第26回『ひとつぼ展』グランプリ受賞者個展

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,100文字)


内容:グラフィックアート部門のYUKARINAは、「強そうに見えて脆いもの、脆いように見えても強いもの」をテーマに日々描き続けています。例えばレースのように繊細さと強さを合わせ持つ素材を、色鉛筆で緻密なタッチで描き込み、画面からはもろく、はかなげな雰囲気が漂います。明るい色調で描かれた生き物たちは、怪しい魅力を持ち、花や木などいくつもの要素が絡み合い、心象風景を表しています。審査会でも「今の時代を象徴している表現」と評価されました。

内容:写真部門のうつゆみこは、「気持ち悪くて可愛くてグロい」をキーワードに被写体を細部まで作り込んで撮っています。おもちゃのヘビにたかるアリ、コーラのグミを人間の胎児にみたてて撮ったものなど、グロテスクで人間が誰しもがもつ陰の部分に関わらざるをえない衝動を作品化したものです。『ひとつぼ展』では、100冊の手作り写真集を展示した彼女が、今度はどんな風に作品を見せてくれるのか大変楽しみです。(サイトより)


●YUKARINA展「くちばしとメトロノォム」(グラフィックアート部門)
会期:3月12日(月)〜3月22日(木)12:00〜19:00 日祝休
会場:ガーディアン・ガーデン(東京都中央区銀座7-3-5 リクルートGINZA7ビル B1F TEL.03-5568-8818
内容:グラフィックアート部門のYUKARINAは、「強そうに見えて脆いもの、脆いように見えても強いもの」をテーマに日々描き続けています。例えばレースのように繊細さと強さを合わせ持つ素材を、色鉛筆で緻密なタッチで描き込み、画面からはもろく、はかなげな雰囲気が漂います。明るい色調で描かれた生き物たちは、怪しい魅力を持ち、花や木などいくつもの要素が絡み合い、心象風景を表しています。審査会でも「今の時代を象徴している表現」と評価されました。(サイトより)

●うつゆみこ展「なまなま」
会期:3月26日(月)〜4月5日(木)12:00〜19:00 日休
会場:ガーディアン・ガーデン
内容:写真部門のうつゆみこは、「気持ち悪くて可愛くてグロい」をキーワードに被写体を細部まで作り込んで撮っています。おもちゃのヘビにたかるアリ、コーラのグミを人間の胎児にみたてて撮ったものなど、グロテスクで人間が誰しもがもつ陰の部分に関わらざるをえない衝動を作品化したものです。『ひとつぼ展』では、100冊の手作り写真集を展示した彼女が、今度はどんな風に作品を見せてくれるのか大変楽しみです。(サイトより)


< http://www.recruit.co.jp/GG/exhibition/2007/gg_0703.html >

[map:東京都中央区銀座7-3-5]