イベント案内/世界ピンホール写真デー WPPD in 北海道

投稿:  著者:


<主催者情報>

4月29日は世界各地で同時にピンホール写真を楽しみましょう、という世界ピンホール写真デー(WPPD)です。WPPDは、2001年アメリカで創設され、レンズのないカメラで撮影するピンホール写真のイマジネーションには限界はないという思いで、昨年は世界各国から2267名が参加、そのうち日本からは223人が参加しました。限られたプロ作家だけではなく、広く一般の写真愛好家の皆さんの目を通した北海道の神秘的なピンホール写真による風景を世界に向けて発表する貴重な経験を、皆さんと共有したいと思います。

今年は札幌芸術の森を撮影舞台に、下記の二日間の内容でピンホールカメラを組立て、モノクロ現像のレクチャーとプリント。後日、お気に入りの写真を札幌市写真ライブラリーロビーにて展覧会を行います。ピンホールって何? 変わったモノクロ写真を撮ってみたい! 現像の工程を見てみたい、など写真はまったく初めての方などお気軽にご参加ください。


●撮影会およびプリントレクチャー 2日間
日時:4月29日(日)30日(月・祝)10:30〜16:00(両日)
札幌芸術の森・札幌芸術の森版画工房(札幌市南区芸術の森2-75 TEL.011-592-5111)
29日(日)カメラの組立、芸術の森園内にて撮影
30日(月・祝)芸術の森版画工房にてモノクロプリント

●展覧会およびギャラリートーク
会期:5月16日(水)〜6月10日(日)10:00〜19:00 月休
会場:札幌市写真ライブラリー(札幌市中央区北2条東4丁目サッポロファクトリーレンガ館3F TEL.011-207-4445)

主催:世界ピンホール写真デーWPPD in 北海道実行委員会
WPPD2007参加費用:4500円(カメラ、フィルム等込み)当日、会場で受付。
<使用カメラ:くま35>協賛(有)鈴木廻漕問屋
かわいいクマのフォルムで、おもちゃのようですが撮影する範囲すべてにピントがあっているピンホール特有の撮影が可能な実用機です。また、一般的な35ミリのフィルムを使用するので、WPPD参加後もご自身で存分に楽しめます。
フイルム:協賛 富士フィルムイメージング(株)

参加申し込み・お問い合わせ
エムフォトワークス株式会社内 WPPD 2007 in 北海道実行委員会
担当:浅野久男 TEL.011-883-7245 FAX.011-883-7285
< http://jppshokkai.exblog.jp/ >

< http://www.pinholeday.org/?setlang=ja >

[map:札幌市南区芸術の森2-75]



photo
エドワード・レビンソン写真集 「タイムスケープス・ジャパン」―針穴で撮る日本の原風景
Edward Levinson エドワード レビンソン
日本カメラ社 2006-06
おすすめ平均 star
starピンホールという不動の世界

by G-Tools , 2007/04/05