展覧会案内/森村泰昌─美の教室、静聴せよ

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約500文字)


「美しい」ってなんだろう?―美術のすすめ本展では美術館を教室に変え、フェルメール、セザンヌ、ゴッホ、ゴヤといった西洋美術史上の名画に扮する「美術史シリーズ」の作品に焦点をあてて、初期から現在にいたる約80点を、まるで学校で授業を行っているかのように紹介します。

本展は、ホームルームにはじまり、1時間目から6時間目まで、モリムラ先生による授業(無料音声ガイド)として展開します。さまざまな「美=Bi [bi:] 」について学んだ後は、最後のセクション「放課後:ミシマ・ルーム」で、一転、三島由紀夫と三島の美学を具現化したアポロンの姿になった森村泰昌に出会います。(サイトより一部転載)


会期:7月17日(火)〜9月17日(月)10:00〜18:00 金20時 木休
会場:横浜美術館(横浜市西区みなとみらい3-4-1 TEL.045-221-0300)
観覧料:一般1100円、大高生700円、中学生400円、小学生以下無料、障害者手帳をお持ちの方とその介護者(1名)無料

< http://www.yaf.or.jp/yma/exhibition/2007/special/02_morimura/ >

[map:横浜市西区みなとみらい3-4-1]


photo
芸術家Mのできるまで
森村 泰昌
筑摩書房 1998-04
おすすめ平均 star
star本でしか分からぬ芸術家の姿。

踏みはずす美術史―私がモナ・リザになったわけ 美術の解剖学講義 空想主義的芸術家宣言 「まあ、ええがな」のこころ 時を駆ける美術



photo
「美しい」ってなんだろう?―美術のすすめ
森村 泰昌
理論社 2007-04

オンナらしさ入門(笑) 生き抜くための数学入門 世界を信じるためのメソッド―ぼくらの時代のメディア・リテラシー おばあちゃんが、ぼけた。 ひとりひとりの味

by G-Tools , 2007/07/17