展覧会案内/ヘルムート・シュミット「helmut schmid : design is attitude」

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約600文字)


タイポグラフィ・トゥデイヘルムート・シュミットは、タイポグラフィの基礎理論が構築された1960年代にスイスで、一流の、かつ当時最も革新的であった教育を受けました。ヨーロッパ各国で活躍した後、現在は大阪を拠点にデザイナー、タイポグラファとして、世界中に多大な影響を与え続けています。

一方、ドイツ中西部にあるデュッセルドルフ応用技術大学デザイン学部では、教授と学生とが共同で近代タイポグラフィ史の研究に取り組んできました。2003年よりシュミットについての研究プロジェクト「シュミット・トゥデイ」を立ち上げ、3年間の成果として「デザイン・イズ・アティテュード」と題した書籍と展覧会、またデジタル・シュミット・アーカイブにまとめました。展覧会は韓国、スイス、ドイツ、東京と巡回し、各国で好評を博しました。本展は、同展覧会にシュミット本人による代表作を加え、彼のデザイン活動の全貌を紹介するものです。(サイトより)


日程:8月23日(木)〜9月26日(水)11:00〜19:00 最終日18時 日月祝休
会場:dddギャラリー(大阪市西区南堀江1-17-28 なんばSSビル)
< http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/ >
詳細はサイト参照

< http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/dki/d155/d155ki.html >

[map:大阪市西区南堀江1-17-28]


photo
タイポグラフィ・トゥデイ
ヘルムート シュミット Helmut Schmid
誠文堂新光社 2003-01
おすすめ平均 star
starタイポグラフィとはなにか?と悩んだら。
star良い本です

新撰 日本のタイポグラフィ 欧文書体―その背景と使い方 (新デザインガイド) モダン・タイポグラフィの流れ―ヨーロッパ・アメリカ1950s‐’60s 構成的ポスターの研究―バウハウスからスイス派の巨匠へ TYPE DESIGN -INNOVATIONS AND EXPERIMENTATION タイポグラフィの実験、デザインの挑戦

by G-Tools , 2007/08/27