展覧会案内/安齊重男の"私・写・録(パーソナル フォト アーカイブス)"1970-2006

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約500文字)


国内外で高い評価を受けている、アーティストを被写体にしたポートレートで有名な安齊重男が、日本の現代美術を「私」的な視点で「写」し取った現代美術の動向の記「録」、約3000点を一堂に展示するもの。

◇安齊重男トーク「で、思い出すままに現代美術」
9月 8日(土)第1回「アーティストからアート・ドキュメンタリストへ」
9月15日(土)第2回「ヨーロッパへ」
9月22日(土)第3回「日本の現代美術と海外」
9月29日(土)第4回「80年代の作家との共同作業」
10月6日(土)第5回「ギャラリーから都市へ」
10月13日(土)第6回「そして90年代へ」
10月20日(土)最終回「国際展へ 横浜トリエンナーレ、越後妻有アート・ト
リエンナーレなど」
最終回のみ特別ゲスト:村田真氏(美術評論家)
毎週14:00〜
会場:国立新美術館 企画展示室2E
聴講無料(ただし本展の入場券が必要)


会期:9月5日(水)〜10月22日(月)10:00〜18:00 金20時
会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京都港区六本木7-22-2)
入場料:一般1000円、大学生500円、高校生300円

< http://www.nact.jp/exhibition_special/2007/anzai/index.html >

[map:東京都港区六本木7-22-2]