イベント案内/横浜シャシンエキスポ

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約700文字)


【プログラム1】表現者たちの未来創造スペース「御苗場」
これからの時代をつくる新世代の表現者たちに開放された作品展示スペース。1ブース幅1500mm×高さ1800mmの木製壁面を使って、自由に作品を展示する。テーマは「横浜再発見!」。プロデューサーのテラウチマサト氏をはじめ、人気デュオ「ゆず」の北川悠仁氏、ワタミ(株)社長取締役・CEOの渡邉美樹氏、クボタマサヒコ(Beat Crusaders)氏、写真家の横木安良夫氏らも特別出展決定。

【プログラム2】「御苗場」トークセッション
9月22日(土)15:00〜
テーマ:「広告を撮って欲しい写真家とは」
並河進(コピーライター)×テラウチマサト

9月23日(日)15:00〜
テーマ:「写真集にしたい写真の撮り方教えます!」
飯沢耕太郎(写真評論家)×畑中章宏(編集者)×テラウチマサト

9月24日(月・祝)15:00〜
テーマ:「広告・雑誌で仕事がしたい写真家とは」
佐々木孝行(アマナイメージズ取締役・ファットフォトス審査員)×田綿和人(雑誌SWITCH アートディレクション)×テラウチマサト


会期:9月21日(金)〜9月28日(金)11:30〜19:00
会場:BankART 1929 Yokohama(横浜市中区本町6-50-1)
主催:横浜写真プロジェクト実行委員会、読売新聞社東京本社
入場料:500円、中学生以下・60歳以上無料

< http://www.terauchi-yokohama-project.jp/ >

[map:横浜市中区本町6-50-1]


photo
写真とことば―写真家二十五人、かく語りき (集英社新書)
飯沢 耕太郎
集英社 2003-01
おすすめ平均 star
star揺らぐ写真評論家の必要性

犬の記憶 (河出文庫) 天才アラーキー 写真ノ方法 (集英社新書) 写真美術館へようこそ (講談社現代新書) 36フォトグラファーズ―木村伊兵衛写真賞の30年 (Asahi original―アサヒカメラ) 犬の記憶 終章 (河出文庫)

by G-Tools , 2007/09/20