展覧会案内/ゼラチンシルバーセッション展

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約700文字)


16名の写真家が3つのテーマに即して4点のプリント作品を制作し、合計64点を展示する。二会場とも入場無料。

●テーマ1
写真家が二人一組になり、自身のネガから仕上げたプリントと互いに交換したネガから仕上げたプリントの展示。
・B&W
上田義彦×三好耕三
笠井爾示×操上和美
菅原一剛×広川泰士
鋤田正義×平間至

・カラー
小林紀晴×泊昭雄
小林伸一郎×本城直季
瀧本幹也×M.HASUI
蜷川実花×藤井保

●テーマ2
「時を経ても残るもの」というコンセプトをもとに、学生時代やデビュー当時につくった懐かしいプリントなど、写真家の思い思いのプリント作品の展示。

●テーマ3
セルフポートレイトの代わりに「暗室」の写真を撮りおろし、展示。「暗室」はフォトグラファーそれぞれの聖域でもあり、顔ともいえるスペース。そして、なによりも銀塩写真にはなくてはならない場所でもある。


◎会場1:アクシス ギャラリー(東京都港区六本木5-17-1)
会期:10月2日(火)〜20日(土)11:00-19:00
初日の一般公開は16時まで。その後17時よりプレス内覧会。最終日17時まで。
◎会場2:art project room ARTZONE(京都市中京区河原町三条下ル一筋目東入る大黒町44VOXビル1・2階)
会期:10月24日(水)〜11月7日(水)12:30〜20:00 最終日17時まで

< http://www.gelatinsilversession.com/top.html >

COMMERCIAL PHOTO (コマーシャル・フォト) 2007年 10月号 [雑誌]玄光社「COMMERCIAL PHOTO 2007/10」で43ページにわたって特集を組んでいる。多くの写真関係雑誌が「ゼラチンシルバーセッション展」を記事にしているが、これほど充実した記事はほかにない。ネガプリントセッションの全作品を紹介し、上田義彦×三好耕三、鋤田正義×平間至の対談もある。

[map:東京都港区六本木5-17-1]