イベント案内/「ASIAGRAPH 2007」で行われるシンポジウム、セミナーなど

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,400文字)


アジア地域で活躍するCG分野の研究者とクリエイターが集まり、学術発表や作品展示を通してアジア独自のメディア芸術文化について情報発信と交流を行なう、学術性と芸術性を兼ね備えた国際的CGイベント。

会期:10月11日(木)〜14日(日)(11日は招待者デー)
会場:秋葉原UDX(JR秋葉原駅より 徒歩2分)
実施内容:記念講演パネル、国際シンポジウム、トーク&上映、CGアートギャラリー、CGアニメーションシアター、セミナー、ワークショップ、クリエイティブファクトリー、プレゼンテーション、先端技術展、適職フェアなど。主催:アジアグラフ2007実行委員会、経済産業省、財団法人デジタルコンテンツ協会(DCAJ)
共催:日本バーチャルリアリティ学会


以下、入場料・受講料無料 定員175名 事前登録制

●記念講演パネル アキバ3Dシアター(UDX 4F)
・アジアの映像表現の魅力を探る
10月12日(金)10:35〜11:55
河口洋一郎、押井 守、さかもと未明

・日本のコンテンツの表現力
10月13日(土)13:00〜14:20
中谷日出、富野由悠季、玉木正之


●国際シンポジウム アキバ3Dシアター(UDX 4F)
・アジアの文化芸術の多様性とメディア文化
10月12日(金)13:15〜14:35
浅葉克己、金鍾棋(木ヘンではなく王ヘン)、余為政、魯暁波

・新しいバーチャルリアリティ技術が拓くアジアのコンテンツ
10月12日(金)14:55〜16:15
廣瀬通孝、梁玄承、潘志庚、岩谷徹

・アジアのCGコンテンツ制作事情
10月12日(金)16:35〜17:55
塩田周三、大島景絋、郭景洲、李鍾元


●トーク&上映 アキバ3Dシアター(UDX 4F)
・CGアートギャラリー・CGアニメーションシアター
アジアの若きクリエイティブ
10月13日(土)11:00〜12:20
喜多見 康、黄穎、雪渦

・メタバース:3Dヴァーチャルコミュニティ
〜メタバースとメタバース・クリエイターの将来像
10月13日(土)14:40〜16:00
三淵啓自、森山雅勝、梶塚千春、小川剛

・「ALWAYS続・三丁目の夕日」VFX のひみつ
10月13日(土)16:20〜17:40
今間俊博、山崎貴、渋谷紀世子、高橋正紀

・映画『西遊記』にみる宣伝手法と特徴的プロモーション、特撮・VFXの世界
10月14日(日)12:30〜13:50
増田真一郎、尾上克郎

・韓国デジタルコンテンツ産業の未来を語る〜韓国立体アニメーションの最高
傑作「土偶大将チャチャ」と韓国アニメーション事情
10月14日(日)14:10〜15:30
金相賢、崔宰源、金洙勳


以下、入場料・受講料無料 定員60名 事前登録制

●セミナー&ワークショップ UDX Conference(UDX 6F)
・立体コンテンツ制作の現状と課題
〜魅力ある立体コンテンツの普及を目指して
10月12日(金)12:30〜14:00
泉邦昭

・バーチャルアナトミア
…最新の医用画像技術を駆使したリアルタイム四次元人体モデル
10月12日(金)14:20〜15:50
平井直哉、大竹義人、鈴木薫之

・アート展におけるCG利用の可能性
10月12日(金)16:10〜17:40
森山朋絵、永井智子

・セカンドライフの制作事例
10月13日(土)12:30〜14:00
井上幸喜、川村順一

・CGテクニカルセミナー由水桂のキャラクターデザイン術
10月13日(土)14:20〜15:00
由水桂

< http://www.asiagraph.jp/ >