イベント案内/「ブックデザインにおけるフォント活用とDTPの今」

投稿:  著者:  読了時間:1分(本文:約400文字)


デジタル化の進展により、DTPの技術は表現の可能性の幅を大きく広げてきています。この様な時代の流れの中で、改めて「美しい組版」、「内容に相応しいフォント」に焦点を当て、ブックデザインにおいて重要な“文字”にまつわるお話を、第一線で活躍する方々にしていただきます。その奥深い世界をどうぞご堪能ください。(サイトより)

出演:太田克史(講談社・講談社BOX)、坂野公一(welle design/グラフィックデザイナー)、祖父江慎(cozfish/ブックデザイナー)、紺野慎一(凸版印刷/ディレクター)


日時:11月11日(日)15:00〜17:00
会場:印刷博物館 グーテンベルクルーム(東京都文京区水道1丁目3番3号 トッパン小石川ビル TEL.03-5840-2300)
料金:無料(但し展示場入場料が必要)
主催:凸版印刷 企画:凸版印刷グラフィック・アーツ・センター
詳細・申込:サイト参照

< http://biz.toppan.co.jp/gainfo/event/index.html >

[map:東京都文京区水道1丁目3番3号]