イベント案内/凸版印刷、世界初VRコンテンツ「故宮VR《紫禁城・天子の宮殿》」を一般公開

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約700文字)


凸版印刷株式会社は、2000年からスタートした中国・故宮博物院との共同研究プロジェクトで制作をすすめている、バーチャルリアリティコンテンツ「故宮VR《紫禁城・天子の宮殿》」の一般公開を、1月5日(土)から東京・飯田橋のトッパン小石川ビル地下1階、印刷博物館内のVRシアターにおいて開始した。

このコンテンツは今回の一般公開まで、故宮博物院内に設置されたシアターとトッパン小石川ビルのシアターで、招待者や一部関係者のみに公開されており、一般への公開は世界で初めてとなる。

今回上演する作品は、2003年に完成したコンテンツ、第一部「太和殿」。この作品は、皇帝即位の儀式が行われた故宮最大の宮殿「太和殿」を中心に、天安門から連なる壮麗な紫禁城全景を再現したものである。


上演日:1月5日(土)より毎週土・日・土日に続く祝日
上演時間:1回目/12:30〜13:00、2回目/13:00〜13:30、3回目/13:30〜14:00、4回目/14:00〜14:30、5回目/14:30〜15:00、6回目/15:00〜15:30、7回目/15:30〜16:00、8回目/16:00〜16:30
観覧料:印刷博物館の当日入館料が必要

< http://www.toppan.co.jp/news/newsrelease655.html >
< http://www.printing-museum.org/floorplan/vr/index.html >

[map:東京都文京区水道1丁目3番3号]



photo
紫禁城の栄光―明・清全史 (講談社学術文庫)
岡田 英弘 神田 信夫 松村 潤
講談社 2006-10-11
おすすめ平均 star
star中国史だけではない東洋史
star元朝は滅びていなかったというのが新鮮
star帝国的中華の完成過程を簡明に説明

誰も知らなかった皇帝たちの中国 (WAC BUNKO) 世界史の誕生 (ちくま文庫) だれが中国をつくったか 負け惜しみの歴史観 (PHP新書) 中国文明の歴史 (講談社現代新書) 中国意外史 (Shinshokan History Book Series)

by G-Tools , 2008/01/10