展覧会案内/土門拳写真展「日本のこころ」

投稿:  著者:  読了時間:1分(本文:約400文字)


名作写真館 6 土門拳 1―The Photography Pavilion 写真を楽しみ、写真を語る (6) (小学館アーカイヴスベスト・ライブラリー)会期:12月16日(日)〜2月11日(月)10:00〜19:30 1/30休
会場:武蔵野市立吉祥寺美術館(武蔵野市吉祥寺本町1-8-16 FFビル7F TEL.0 422-22-0385)
入館料:100円、小学生以下・65歳以上・障害者は無料
前期展示(〜1/16)後期展示(1/17〜2/11)


◇土門拳展関連講演会
「プレ/ポスト土門拳〜写真史のなかの土門拳〜」
講師:飯沢耕太郎(写真評論家)
日時:1月27日(日)14:00〜15:30
会場:吉祥寺美術館音楽室
定員:80名(先着順。当日10時より整理券を配布)
入場:美術館入館券(100円)が必要 但し、小学生以下・65歳以上・障害者は無料

< http://www.musashino-culture.or.jp/a_museum/ >

[map:武蔵野市吉祥寺本町1-8-16]


photo
木村伊兵衛と土門拳 写真とその生涯 (平凡社ライブラリー)
三島 靖
平凡社 2004-01-25
おすすめ平均 star
star近寄り難さ、親しみ易さ
starやはり土門拳だ。
star写真が「人の心」を映した時代
star撮り方にも色々あることを分からせてくれます

僕とライカ 木村伊兵衛傑作選+エッセイ 土門拳の写真撮影入門―入魂のシャッター二十二条 土門拳 古寺を訪ねて―斑鳩から奈良へ (小学館文庫) 死ぬことと生きること 土門拳 腕白小僧がいた (小学館文庫)

by G-Tools , 2008/01/16