グラフィック薄氷大魔王[122]油絵具と嗅覚タイムスリップ/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,200文字)


最近、アナログの絵を描きたくてたまらなくなり、ついに禁断の油絵具セットを買ってきてしまいました。「禁断の」ってのは、ニオイが好きではないのと、道具が増えるのがイヤでずっと避けてきたから。

描いてみました。やっぱダメでした〜。クサすぎです。頭いたい〜。30分でギブアップ。

部屋をシンナー臭で充満させながらフィギュア作ってるくせに、と言われそうですが、僕にとってラッカーのシンナー臭は、どちらかというといい匂いなんです。しかし、油絵具のニオイは、頭の奥をギュウ〜〜っと押さえつけられるようなしつこい感じ。とても長時間は耐えられない。描いてる時だけじゃなくて乾くのに長時間かかるわけだし。


母親が公募展会員だったので、油絵具のニオイが充満した部屋はよく知ってるつもりだった。閉め切った部屋で、100号の絵を何点も同時制作中のニオイも知ってる。でも、自分の鼻先で描くのは別次元。このニオイが心地よくてクセになるという人もいるようだけど、少なくともパソコンと同じ部屋を油絵具クサくしたくない。

なぜ油絵具を使ってみようかと思ったかというと、乾燥の早いリキテックスは、画面上で色を混ぜ合わせてボカシを作るのがむずかしいことがずっと不満だったから。油絵具で試し描きしてみると、確かにボカシがラクに作れて具合がいい。臭気に耐えてそのまま作業を続ければ、いい感じに仕上げるのも可能だったろう。

反面、加筆したい部分が乾くまで待たなきゃならないのは、せっかちには向かないかも。画面に手を置けないのもツライ。やはり、性質を100%把握してるリキテックスで描くほうがいいんだろうな〜。………というわけで、油絵具、終了〜。

ニオイといえば、嗅覚タイムスリップ。シンナーの匂いで、夢中でプラモデルや模型飛行機を作ってた中学二年生の頃の感じが蘇るんですよ〜。塩素のニオイも好き。プールの消毒臭です(あの白い大きな錠剤みたいなヤツ)。小学校で水泳選手だった頃の感じが蘇る。鼻うがいでキュウーッて痛くなると、モロにプールで鼻に水が入った瞬間にタイムスリップ。新しいビニールのニオイは頭が痛くなりそうだけど、小学校入学のときの真新しいカバンや文房具が目の前に出現。墨汁や糊の匂いもそう。

石油ストーブやジッポのニオイは、スキー場のロッジに連れてってくれる。稲刈りの終わった田んぼの野焼きの匂いも好きだし、夕立の降り始めの道路の土埃が湿ってきたニオイも好きだなあ。わくわくする。フィギュア材料関連では、型取り用シリコーンは甘くて爽やかな香りで好き。ポリエステルパテはダメ。油絵具と同類の頭の奥に来る感じ。

他に好きな匂いとしては、新しい雑誌の印刷のニオイ。買ってきた雑誌を開いて鼻をくっつけてクンクンやって奥さんに変な顔される。カビくさい古本がいい匂いという人がいるけど、僕はあんまり好きじゃない。

ところで、香水つけすぎ、いわゆる「香害」についてはWebでもいろいろ語られてるけど、マジにクサイです。ゲホゲホとむせます。体臭を気にしての人もいるでしょうけど、(僕は鼻が利くほうですが)満員電車でもクサい人なんてそうそういないので安心してください。香水クサイ人は多いですが。香水をつける習慣がある人は、すでに鼻が麻痺してる可能性があるかもしれないので注意。鼻はニオイにすぐ慣れてしまうから、つける量が次第にエスカレートしていくんじゃないかな。つけたかどうかわからないくらいの少量で十分に香ってるはずですので、よろしくお願いします。

【吉井 宏/イラストレーター】 hiroshi@yoshii.com

「匂い、臭い、におい、ニオイ」、「くさい、臭い、クサい」、「臭い臭い(くさいにおい)」など、非常にむずかしい〜。意外に日本語は嗅覚の表現に弱いかも。ところで、ソリッドステートドライブ(SSD)について、気になるGIGAZINEの記事が二つ。ひとつは「転送速度は従来の5倍、Intelなどが超高速フラッシュメモリを開発」。これでSSDが作られるようになれば、HDDの時代は一気に終わりに向かうかも。
< http://gigazine.net/index.php?/news/20080204_intel_nand/ >

もうひとつは、「USBメモリの書き換え限界寿命が来ると何が起きるのか、実際に寿命が来たケースをレポート」。使用頻度は少ないにも関わらず一年以内にエラー頻発。JPEG画像が壊れ、ZIPファイルが開けなくなるとのこと。おそろしい〜〜。いくらバックアップをとっても、壊れたファイルをせっせとコピーするなんて……怖すぎる。それならクラッシュの心配込みでも、まだHDDのほうがいい。
< http://gigazine.net/index.php?/news/20080204_usb_memory_life/ >

フラッシュメモリの寿命は種類や品質に大きく左右されるらしい。書き換えは種類によって「10万回程度が可能なSLCに対し、MLCは1万回程度とされる」だそう。MacBook AirのSSDがどうなのかわからない。すでに発売以来ずいぶんたってるVAIOなどのゼロスピンドルモデルのSSDがすげ〜ダメという話も聞かないし、どうなんだろう。もし寿命に問題があるとしたら、残念だけどちょっとうれしい。だって、安いほうのHDD搭載版MacBook Airなら買えそうだも〜ん。

HP < http://www.yoshii.com >
Blog < http://yoshii-blog.blogspot.com/ >