気になるデザイン[9]Gem Collectionのカバーに潜んだ謎/津田淳子

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,700文字)


みなさんは、長崎出版から刊行されている「Gem Collection」という、海外ミステリシリーズの小説をご存知だろうか?

--
海外ミステリ〈ジェム・コレクション〉
英国本格クラシック・ミステリを軸に、新本格・ハードボイルド・サスペンスなどジャンルを広げ、他国の作品も随時取り上げていきたいと思います。Gem〈ジェム〉はもともと宝石・宝玉を指しますが、他にも珠玉・逸品などの意味があり、深い味わいをもった言葉です。歴史のなかに潜んでいるGem〈ジェム〉となる名作を、これから日本に紹介していきたいと思います。ご期待ください。
< http://doremifa.net/nagasaki/ >
--

私はもともとミステリが好きだったこともあるのだが、このシリーズは、相も変わらず書店店頭でジャケットに惹かれて、「なんかおもしろそう」と思って買ったものだ。シリーズ7冊目までが第1期、8冊目からが第2期として、現在まで12冊が刊行されている。


証拠は語る (海外ミステリGem Collection)私が最初に目にしたのは1冊目『証拠は語る』。茶色い未晒クラフトの上に、アルファベット(伏せ字多数)がグルグルと渦巻き状に白で印刷され、背には銀の箔押しがズバッとされている。シンプルながら、なんだか謎が頭の中をグルグルまわりそうなストーリーを予感させてくれ、ミステリ好きの私に、非常におもしろそうだ、という期待を抱かせてくれた。
< http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860951425/dgcrcom-22/ >

嘘は刻む (海外ミステリGem Collection 4)読んでみると、予感通りにおもしろく、またシリーズ2冊目以降もずっと買っていたのですが、4冊目、エリザベス・フェラーズの『嘘は刻む』に「海外ミステリGem Collectionは、カバーと帯に仕掛けがしてあります。第7回配本で謎が解けます。」と書いてあるではないか! なにーっ!? そんなしかけが施されているとはまったくわからなかった……。

7冊目まで揃ったところで、表紙をすべて1列に並べてみたり、カバーを重ねて透かしてみたり、帯にある絵柄を繋ぎ合わせるように並べてみたり……といろいろと試してみたのですが、わからない……。内容自体も最後を読むまで、犯人やなぞがわからないことが多々あったのですが、カバーと帯に潜んだ謎は、答えがないだけに、自力で解くしかない。

じっくり見たり、遠くから眺めたり、並べてみたり、煮たり焼いたりしてみたけど、一向にわからず。悔しくて着物の袂をキィーっと噛み締めていたら、あるとき「本の雑誌」で謎解きされていて、サッとこころのつかえが取れたものの、自力で解けなかった悔しさが今も残ります。はい。

でも、内容でも楽しめ、そしてカバーや帯でも楽しめる。そんなブックデザインもいいよなぁ、と思いつつ、7冊すべて揃えないとわからない謎、ということで、すべて買ってしまう私。出版社の思惑にまんまと乗ってしまったのか!?ということを思わないでもないが、内容がおもしろかったし、これだけ楽しめたから、まぁいいか。

ちなみにこのシリーズ、第2期のブックデザインもすばらしいです。またもやジャケ買いしてしまいました。どうやらこの第2期のカバーにも謎が潜んでいるそうで、「今度こそ自力で解いてやる!」と鼻息荒い毎日です。てへ。

【つだ・じゅんこ】tsuda@graphicsha.co.jp
あの表紙はなんなんですか! と言われることが多い、『デザインのひきだしvol.4』。Gem Collection同様、ジャケ買いして悔いなし、と思ってもらえてたらいいなぁ。新刊『デザイン事務所の封筒・名刺・ビジネス文具コレクション』も好評発売中です。
最近作った本は『デザインのひきだし vol.3』『田名網敬一 デイドリーム』『デザイン・制作のセオリー』『しかけのあるブックデザイン』など。
< http://www.graphicsha.co.jp/ >

photo
デザインのひきだし 4―プロなら知っておきたいデザイン・印刷・紙・加工の実践情報誌 (4)
グラフィック社編集部
グラフィック社 2008-02
おすすめ平均 star
starマニアックでおもしろい!

デザインのひきだし 3―プロなら知っておきたいデザイン・印刷・紙・加工の実践情報誌 (3) 工場へ行こう!!―デザインを広げる特殊印刷の現場 PAPER SHOW デザインのひきだし 2―プロなら知っておきたいデザイン・印刷・紙・加工の実践情報誌 (2) デザイナーズ カラー チャート



photo
証拠は語る (海外ミステリGem Collection)
マイケル・イネス 今井 直子
長崎出版 2006-12-06

アララテのアプルビイ (KAWADE MYSTERY) アリントン邸の怪事件 (海外ミステリGem Collection 5) 死のチェックメイト (海外ミステリGem Collection) 失われた時間 (論創海外ミステリ) アプルビイズ・エンド (論創海外ミステリ)

by G-Tools , 2008/03/18