イベント案内/TENORI-ON Launch Event in Tokyo at SPIRAL HALL

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約500文字)


メディアアーティスト岩井俊雄とヤマハが、6年の歳月をかけて開発した光と音を同時に演奏できる21世紀のインターフェース。16×16個のLEDボタンを使って、音楽の知識がなくても視覚的・直感的に作曲/演奏することが可能である。楽器の未来をひらくTENORI-ONの魅力と可能性を体験できるスペシャルイベントを開催。ベルリンを皮切りに、7都市で開催される。サイトから申し込み(4/7締切)、抽選で参加者が決まる。入場無料。

パフォーマー:Jim O'rourke、Atom heart、To Rococo Rot、Paul de Jong(The Books)


会期:4月25日(金)17:00〜22:00
会場:スパイラルホール(東京都港区南青山5-6-23 スパイラルビル3階)

< http://www.yamaha.co.jp/tenori-on/event/index.html >

・TENORI-ON開発日誌
< http://tenorion.exblog.jp/ >

[map:東京都港区南青山5-6-23]


photo
Sound Art: Beyond Music, Between Categories (Book & CD)
Jim O'Rourke Alan Licht
Rizzoli Intl Pubns 2007-11-06

Background Noise: Perspectives on Sound Art Audio Culture: Readings in Modern Music メディアアートの世界―実験映像1960-2007 Anthology of Noise & Electronic Music, Vol. 5 サウンド・アナトミア―高柳昌行の探究と音響の起源

by G-Tools , 2008/04/07