展覧会/第10回亀倉雄策賞受賞記念佐藤卓展

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約600文字)


グラフィックデザイナー亀倉雄策の生前の業績をたたえ、グラフィックデザイン界の発展に寄与することを目的として、1999年亀倉雄策賞が設立された。この賞の運営と選考は社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が行い、毎年、年鑑「Graphic Design in Japan」出品作品の中から、最も優れた作品に対して贈られる。

第10回となる今回は、佐藤卓氏の“21_21 DESIGN SIGHT 第2回企画展「water」のVI、ポスター、会場デザイン”に決定した。water展受賞対象作品の展示に加え、2004年に発表した紙の積層技術を活かした「紙の化石」をさらに発展させた新たな作品の発表。そして、パッケージメディアの今後の可能性を示す立体物投影の実験を会場で試みる。


会期:3月31日(月)〜4月25日(金)11:00〜19:00 土日祝休 水20:30
会場:クリエイションギャラリーG8
(東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル 1F TEL.03-3575-6918)

< http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/g8_exh_200803_2/g8_exh_200803_2.html >
< http://www.jagda.org/ass_act_kame10.html >
< http://www.tsdo.jp/ >

[map:東京都中央区銀座8-4-17]