セミナー案内/扇町クリエイティブクラスターセミナー2008 コンサルタントに学ぶ、クリエイターの生き残り方

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,400文字)


<主催者情報>

1ページいくら? 1枚いくら? 1カットいくら?
そんな仕事をしているのに、「クリエイター」だと思い込んでいませんか? 忙しいのは事実でも、社内で、あるいは自分のオフィスで、ルーティンワーク化した作業を繰り返しているだけかもしれません。クライアントは、きれいなデザインを求めているだけなのでしょうか? おしゃれなキャッチフレーズで満足しているのでしょうか?

Webの台頭とともに、広告はイメージの世界から投資の世界へと変化してきています。クリエイターもコンサルタントのようにビジネス脳を磨き、クライアントとのニーズのズレを修正していかなければ、生き残っていけない時代なのです。

「きれいな」とか「おしゃれな」とか、そんな言葉に埋没する「ただの職人」で終わってしまわないためにも、この機会に、ぜひ、コンサルタントのノウハウを学びませんか。


●No.1 勝ち残るために、自分と仕事をブランディングする

明日は打ち合わせだ。そんなとき、あなたはどんなスタンスで会議に臨んでいますか? 自分と仕事(商品)をブランディングし、競争力を高めていく。会議では、流れにまかせず意見をリードする。資料づくりも、誰よりも深く考え、自分流のアプローチや味付けを忘れない。そして、求められていることに120%の満足度で返す。浅野仕様の提案書は「浅野ブランド」となって一人歩きし、別の部署から新しい依頼を引っ張ってきます。浅野流の提案書からはじまるブランディングを学んでください。

日時:7月16日(水)19:30〜21:00(受付開始19:00)
講師:浅野泰広 戦略コンサルタント(元コピーライター)

●No.2 クライアントがスッキリするヒアリング

クライアントは常に問題を抱え、それを解決するために外部の専門家を招いて意見を聞きます。コンサルタントもクリエイターも、同じ外部の専門家。しかし、クライアントと向き合った時の姿勢に大きな違いがあります。コンサルタントは、問題を解決するために話を聴く。クリエイターは、制作物を完成させるために話を聞く。この違いが、あとあと明暗を分けるのです。明日、販促ツールの件で初めての打ち合わせだ。
そんなあなたに、吉尾式ヒアリングを、ぜひ!

日時:7月23日(水)19:30〜21:00(受付開始19:00)
講師:吉尾直記 プロセスプランナー(元イベントプロデューサー)

●No.3 強みを知れば、もっと戦える

クリエイターのみなさん、自分や会社をまず「商品」だと考えてみてください。他の商品と何が違いますか? 生産コストはいくらですか? 利益率はどのくらい? 賞味期限は? 将来の売れ行き予測は? クリエイターに最も欠けているのが、自分や会社という「商品」を時代に照らして客観的に分析してみるチカラなのです。「商品」の強みを認識できなければ、ビジネス活動はできません。クライアントの強みばかりを考える前に、ぜひ、あなたやあなたの会社の商品価値を、片岡方式で徹底的に分析してください。

日時:7月30日(水)19:30〜21:00(受付開始19:00)
講師:片岡巧男氏 経営コンサルタント(アトムボーイ創業者)

対象:クリエイティブに携わる方全般
定員:60名(各回)
受講料:2,000円(各回/税込)
会場:メビック扇町(大阪市北区南扇町6-28 水道局扇町庁舎2F)
詳細・申込:< http://www.mebic.com/seminar/751.html >
主催・問合:メビック扇町 TEL.06-6316-8780 E-mail info@mebic.com
企画協力:ライターズナイト