公募案内/第12回文化庁メディア芸術祭

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約600文字)


<主催者情報>

CG-ARTS協会は、文化庁、国立新美術館とともに「第12回文化庁メディア芸術祭」の作品募集を行います。募集はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門、募集期間は7月17日から9月26日までです。

対象としている作品は、インタラクティブアート、映像、グラフィック、デジタルフォト、ウェブ、ゲーム、アニメーション、マンガなどで、プロ・アマチュア、自主制作・商業目的作品については問いません。

メディア芸術祭では、今の時代をとらえ、時代に先駆けた作品を積極的に評価しています。さらには新たな才能を発掘し世界に送り出していくこと、日本独自の評価軸を確立していくことを目的としています。



前回のメディア芸術祭には世界43の国と地域から2,091作品の応募があり、受賞作品展の来場者数は4万人を超えるなど、アジアを代表するメディア芸術の祭典として注目が高まっています。今回の受賞作品展は来年2月4日から15日まで、国立新美術館(東京・港区)で開催します。

さらに今年度は、海外での企画展や、メディア芸術祭つくば展を開催するほか、アルスエレクトロニカ(オーストリア)、シーグラフ(米)、ジャパンエキスポ(仏)、広島国際アニメーションフェスティバルなど20以上のフェスティバルで受賞作品や優秀作品を紹介していく予定です。

・作品推薦
Webサイトにて優秀作品の一般推薦を受け付けています。
推薦期間:6月25日(水)〜8月29日(金)

< http://plaza.bunka.go.jp/festival/2008/ >